« 近くの出雲系神社をフィールドワーク | トップページ | 「福ちゃんズ」の誕生か »

2017年11月12日 (日)

合田さんの“「温湯碑」の建立の地は”論文に,牛頭天王

サイト内検索というのが便利で,時々使っているが,
多元的古代の論文については,
新・古代学の扉サイト(下にリンクしてあります)のものを利用している。

いくら多元的古代の研究をされている方が集まっていても,
すべての研究をすることはできないわけで,
それはおのずと濃い・薄いが出てくる。

試しに「牛頭天王」(ごずてんのう)と入力して検索してみると,
ヒットするのは上記の論文1つだけである。

私は出雲王朝・・・スサノヲ・・・牛頭天王という流れからも
九州王朝説を補強できるのではないかと考えているので,
「2件目」のヒットになるように頑張りたいと思う。

「新・古代学の扉」サイト

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jfuruta.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20,『伊予国風土記』に出雲の神である大己貴命・少彦名命による温泉開発説話は、
湯郡とあることから従来説はその地を温泉郡にある道後温泉としていた。
しかしながら、前述の通り温泉郡の設置は奈良時代中期以降であり、
また朝倉中心の越智国には出雲の影響が数多ある(隠岐島産の黒曜石の鏃出土や、
神社の祭 神は出雲系が多く見られ、特に牛頭天王<スサノオノ命>を祀る神社がやたらと多い)ことから
この説話も道後ではなく朝倉中心の越智国であった と思われること。(合田論文より。アンダーラインは肥沼)

« 近くの出雲系神社をフィールドワーク | トップページ | 「福ちゃんズ」の誕生か »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近くの出雲系神社をフィールドワーク | トップページ | 「福ちゃんズ」の誕生か »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ