« 「源氏パイ」の由来 | トップページ | 肥さんの「大雑把な日本の歴史」 »

2017年11月 6日 (月)

八雲神社・天王様と東山道武蔵路

そういえば,家から所沢駅に向かう時の
坂の上の神社を「天王様」と呼んでいたっけ。
(坂の下の神社は,日月じつげつ神社)
何神社だったかな?
この疑問が出発点だった。

行ってみたら「八雲神社」と書かれていた。
ずいぶん出雲くさい名前だなと思って帰宅し,
検索したらこう出ていた。

ウィキペディア「八雲神社」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE

なんと,所沢市には、10もの「八雲神社」があるそうだ。
本当に出雲だらけである。
これをまず確認してみたい。

(1) 北秋津・八雲神社

https://tesshow.jp/saitama/tokorozawa/shrine_akitsu_yakmo.html

(2) 美園上・八雲神社

https://tesshow.jp/saitama/tokorozawa/shrine_yama_misono.html

その2

http://buraritabi305.blog.fc2.com/blog-entry-170.html?sp

(3) 有楽町・八雲神社

http://tokorozawa.bon.co.jp/event/post_528

(4) 下富片側・八雲神社

https://ameblo.jp/omicankorokoro/entry-11759111500.html

(5) 岩岡・八雲神社

http://www.hikarimail.com/spots/detail/201100096

(6) 中富・八雲神社

http://www.parafado.com/spots/detail/201100066

(7) 北野天神社内の八雲神社

http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1055301367.html


(8)
(9)
(10)

7個まで行けたが,それ以上は今後の楽しみということで。

次に,「福ちゃん」でお会いした会長さんに,
「野際神社」(東村山市久米川町)というのも教えていただいた。
これも検索してみた。

「野際神社」

https://tesshow.jp/tama/emurayamakiyose/shrine_kumegawa_nogiwa.html

やはり「スサノヲ」が祭神ということで,ここも出雲系ということであった。
すごいすごい。
所沢市から東村山市にかけては,
出雲系の神社がたくさんあるということがよくわかった。

そして,ここを通過している古代官道が東山道武蔵路である。
「九州王朝が巾12mに拡張したということには変わりはないが,
その基礎は出雲王朝が作っていた」と言って良いのではないだろうか。

« 「源氏パイ」の由来 | トップページ | 肥さんの「大雑把な日本の歴史」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

九州王朝が作った古代官道の前には、出雲王朝が作った官道があった。
これが仮説として成立するには何を明らかにしたら良いか。
 肥沼さんの妄想の基本になったのは、東山道武蔵路沿線の所沢市周辺には出雲系の神社がたくさんあるという事実でした。
 これを基礎にすると仮説とするためには次の事実が必要だ。
1:古代官道周辺には出雲系神社が多数ある。
2:古代官道から離れた地域になると出雲系神社があまりない。

 すくなくとの1の事実は必要だと思います。これがあって初めて仮説になる。

 ではこの仮説を証明するにはどんな事実が必要か。
3:今見つかっている七世紀ごろの古代官道の下に、それより古い官道の遺構もしくは遺物が発見される。しかもこの官道の年代が弥生時代であること。

 ここまで事実が確認できれば、仮説どころか一つの歴史認識になりますね。

 この3を目標に、事実の掘り起こしをやってみてください。

追伸
 肥沼さんお得意の、地図に古代官道と出雲系神社を入れてみるという図があるとわかりやすいですね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

とりあえず,「出雲系の神社は,東山道武蔵路に沿って存在している」を
検索作業で明らかにしていきたいと思っています。
そして,ある程度それがたまったら,地図上にマークする。
先ほどまで,狭山市・川越市・坂戸市の3市で20くらい見つけました。
東村山市と所沢市で10ですので,合計30の出雲系神社がマークできることになります。
今度は南下して,小平市・府中市といくつもりです。

発掘の方は,なかなか難しい。なにしろ九州王朝の古代官道も認識されていないのですから。
でも,弥生土器が出てくればOKとしたら,情報だけは気にしていたいと思います。

また新しい着眼点から、チャレンジが始まりましたね。
またこのスピードの速いこと

近所の神社はどうなっているのか気になりますね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

今はパソコン検索という武器があって,
歴史調査には必需品ですね。

「宗教法人一覧(〇〇市)」サイトが便利ですよ。
試しにご自分の市でやってみてはいかがですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「源氏パイ」の由来 | トップページ | 肥さんの「大雑把な日本の歴史」 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ