« 本日は「運慶展」へ | トップページ | 様々な駅鈴の突起の数 »

2017年11月23日 (木)

「東南西北」の順の四海竜王の話

山田さんが「皇太子は東宮に住み,それ以外は南宮で・・・」
というようなことを話題にされていて,
東(とん)南(なん)西(しゃあ)北(ぺえ)だと麻雀みたいだ(笑)と
オチを付けられていた。

私がヒマに任せて「東南西北」と入力して検索していたら,
面白い話題にぶつかりました。
麻雀以外にも「東南西北」があったのです!
「肥さんも歩けば 棒に当たる」かな?

ヒマな人はお付き合い下さい。
それは「四海竜王」という話です。

四海竜王

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%B5%B7%E7%AB%9C%E7%8E%8B

これが山田さんの探している「東南西北」かどうかわからないけど,
麻雀以外にもそれがあったことを報告しておきますね。

« 本日は「運慶展」へ | トップページ | 様々な駅鈴の突起の数 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

Wikipediaのリンク、ありがとうございます。
ただ、「四海竜王」は残念なことに「竜王」が主で、
「四至(東西南北)」が「全ての海」を表す手段として使われているようです。

「北→東→南→西」という順位に関していると良かったですね。
この順位に関しては否定でも肯定でも良いですが。

でも、検索とリンク、ありがとうございました。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

されは残念!
竜王(権力者)が自分の宮殿を中心に,
息子たちを配したのかと思いました。
東宮竜王が最も大きい領土をもつというので,
長男の皇太子なのかと考えた次第です。


)

肥さんへ

すみません。見落としていました。
東が子供の筆頭ということなのですね。
確かに、東西南北でも東南西北でも、
東が筆頭となっていますね。
あらたな説の登場ですね。

ありがとうございました。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 東が子供の筆頭ということなのですね。

そうなんですよ。行けそうでしょ。

肥さんへ

「四海竜王」=周礼型、
「北東南西」=北闕型、
なのかも。
風呂敷を広げ過ぎているかな。

山田さん
コメントありがとうございます。

「大風呂敷」も大いに結構。
大切なのは,真実ですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日は「運慶展」へ | トップページ | 様々な駅鈴の突起の数 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ