« 「福ちゃんズ」の誕生か(2) | トップページ | 今年の新語・流行語大賞は? »

2017年11月17日 (金)

日本では「九輪」が多いが・・・

塔の相輪について,少し調べてみました。
すると,談山神社のことを書いているサイトがあって,
塔の相輪に注目して報告していました。

Q 談山神社の十三重塔の相輪の数はいくつでしょうか?

予想 ア.9個  イ.13個  ウ.その他

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

A 実は,ウの7個が正解です。

Q その他の寺の塔についても,予想してみて下さい。

興福寺の五重塔・・・

当麻寺の三重塔・・・

法起寺の三重塔・・・

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

A 興福寺の五重塔・・・9個

当麻寺の三重塔・・・8個

法起寺の三重塔・・・9個

ということで,日本では「九輪」が多いが,例外もある!
というところでしょうか。
外国はどうなのか,誰かご存知ないですかね?


« 「福ちゃんズ」の誕生か(2) | トップページ | 今年の新語・流行語大賞は? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

九輪とは限らない!
肥さんに軍配が上がる。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

なんか「九輪」だけではないような気がして,
「五輪 七輪 九輪」で検索したら,ヒットしました!
私って天才かも!!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「福ちゃんズ」の誕生か(2) | トップページ | 今年の新語・流行語大賞は? »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ