« 明神大社が可能性あり? | トップページ | 便利になる「近所」の環境 »

2017年11月27日 (月)

「神は乗り越えられない試練は与えない」というが

「神は乗り越えられない試練は与えない」というが,
昨日はちょっとショックなことがあった。
というのも,一昨日例の「上賀茂神社と駅鈴」の話の確認に,
善は急げと京都に電話をしたのだ。

ところが,あちらの話では,「神霊に降りてきてもらうような必要はないので,
そのようなものを鳴らすこともないし,「そもそも神様はここにいらっしゃる」」
というのだった。(録音していたわけではないので,その趣旨のみ)

なので,あのブログの話はいったいどういうことだったのかと,
思案に暮れてしまったという次第だ。
皆さん,どう考えたらいいと思いますか?

私の予想

ア・そもそもそのブログの記事が間違っていた
イ・内容は合っていたが,それがもとで神社側が実施を取りやめた
ウ・ブログはこの件で取りやめとなり,神社側も実施しなくなった

なおこのサイト( )は,「下鴨神社について」の記事(2013年9月30日)のあと,
約1か月半の11月13日の記事を最後に更新されていません。

« 明神大社が可能性あり? | トップページ | 便利になる「近所」の環境 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 肥沼さんの質問の仕方がわるかったのじゃないかな。
 たぶん神霊を下す儀式とは、賀茂祭(葵祭)に先だって行われる。
 御阿礼神事のことではないだろうか。
 上賀茂社のサイトの賀茂祭のところに次のように説明があります。
 http://kamigamojinja.jp/kamo/index.html
御阿礼神事(みあれじんじ)とは賀茂祭に先立つ5月12日夜に斎行される、当神社祭儀中最も古く且つ重儀の神事であります。

 この御阿礼神事(みあれじんじ)において神霊を移す際に駅鈴を鳴らすのかと聞けばよかったのではないでしょうか。

 上賀茂神社嘉元年中行事 御阿礼の祭祀構造の諸問題
          <斎院制時代の御阿礼祭祀の復元>
 http://www.geocities.jp/yamauo1945/kagen.html
 という論文には、現行の御阿礼神事は「御囲(おかこい)前、神館(こうだち、かんだち)跡から御幸(みゆき)にて本宮へと場所を移動して行われる」とあるので、別に神山に行くのではないと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

私の準備が足らなかったことと,
一般に非公開・秘儀ということでもあったと思います。
今一度チャレンジしてみますかねえ。
「謎は解けた!」という気はしますが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明神大社が可能性あり? | トップページ | 便利になる「近所」の環境 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ