« 2018 年賀状(案) | トップページ | 明神大社が可能性あり? »

2017年11月27日 (月)

郷土史の講演会からうどんの「ますや」まで

郷土研の会長さんの誘いに乗って,
楽しい一日を過ごさせていただいた。

(1) 「石造物の記憶」という題名の講演会

ふるさと歴史館の学芸員の方(大藪さん)を講師に,
市内(廻田町・多摩湖町)の石造物の学習をした。
個々の石造物を組み合わせて歴史を再構成する方法は,
とても参考になるものだった。

Dscn0083

Dscn0085

Dscn0087

(2) 「東村山の神社」展

写真を撮ってはいけないので,以前購入した冊子を掲載するが,
この地区には出雲系のスサノヲや大国主,
それと関係の深い牛頭(ごず)天王を祭神とする神社が多い。
八坂,白山,野際,氷川,八雲神社である。

Dscn0049

(3) まち歩き(フィールドワーク)

ふるさと歴史館~鎌倉古道~本町にある石造物~東山道武蔵路
~猿田彦神社~東村山停車場の碑

Dscn0090

Dscn0091

Dscn0092

(4) うどんの「ますや」・・・肥さんが中1の時から46年間営業しいる。

店の名前はおかみさんの名から付けられたとのこと。
なお,この店で会長さんと私がうどんちを食べていたところ,
そこに同じ郷土研の高校の日本史の先生が登場したからびっくり!
まさに歴史的邂逅(かいこう)があっという間に実現してしまったのでありました。

Dscn0097

Dscn0098

Dscn0099

私が応援している「愛の世代ズ」に,「雲上(うんじょう)にて」という素敵な歌があるのだが,
それにかけて言えば,昨日は「うどん上にて」というような幸せな気分でありました。
「♪まるで夢のような,昨日の1日でした~♪」


« 2018 年賀状(案) | トップページ | 明神大社が可能性あり? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018 年賀状(案) | トップページ | 明神大社が可能性あり? »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ