« コラム 九州王朝は駅鈴も作ったか?(11/21版)  | トップページ | 昨日の部活動 11/21 »

2017年11月21日 (火)

東大寺の移築~倭會の最期の地・小倉山東大寺のこと

多元的「国分寺」研究サークルの盟友の1人である山田さんが,
このところ魅力的な論考を連発され,
再び川瀬さんと私に「復活の時」を迫っているように思える。
それは,以下のような論考である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東大寺の伽藍配置について
― 不思議な中軸線のずれ ―

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして,以下のようにまとめておられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妄想すれば、中門・大仏殿・講堂を造った時期と、
東西塔院・廻廊を造った時期が異なっているのではないでしょうか。
どんな理由にせよ、中門が廻廊南辺の中央にない
(大きく違うのならまだしもわずかに違う)のは不審です。
廻廊を後から作ったのであれば南辺の中央にできたはずだからです。
そうすれば講堂・大仏殿・中門・廻廊が一つの中軸線によって整ったのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は故米田良三氏の『逆賊磐井は国父倭會(いわい)だ』(新泉社)を読んでいて,
いつか氏の著作が役に立つ時が来ると思ってきた。
それが「今」ではないかと思ったので,使わせていただく。

氏によると,薬師寺,長谷寺とともに東大寺も,奈良に移築されたということだ。
あんな巨大な寺院を移築するなんて!
と誰しも思うところであるが,木は水に浮き,
運ぶのは陸上より楽だということを忘れてはならない。
九州(大分県)と奈良県は,ほぼ瀬戸内海という水路でつながっているのである。
そこで,山田さんの論考に,さらに私の考えを乗せてみる。

① まず,九州(大分県)からの移築と「サイズ縮小」によって,
 「東大寺(1)」(中門・大仏殿・講堂)が作られた。・・・7世紀末
② さらに,741年の「国分寺建立の詔」を出すにあたって,東西の塔を移築し,廻廊を作った。・・・8世紀半ば
➂ 鎌倉時代に南大門を移築される。運慶らの金剛力士像が入れられる。

①と②との間に約半世紀の時間があり,一方は政権を握る前,一方は握った後である。
そんな事情もあって,南北方位が一致していないのではないか。
もしかしたら,尺法が変化したため,そのずれが出たのかもしれない。(南朝尺→唐尺)

前にも書いたが,「少しの違いが大きな違い」ということがある。
山田さんの「わずかな違い」の発見が,歴史上の「大きな違い」の発見であることを祈る。

Dscn0069

Dscn0070

Dscn0071

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで,南大門には「大華厳寺」という扁額が掛かっています。
東大寺の「異称」と言われているそうですが,
正式名は「金光明四天王護国之寺」なわけで,
どうしてこの名が付いているのか,「ひょっとして本来の寺の名なのか,
「謎」として付け加えておきます。
国分寺の本山「東大寺」も,多元的に考えないと,
本当のことはわからないということでしょうか。゜

東大寺・南大門の「大華厳寺」の扁額

https://www.jalan.net/yad395879/blog/entry0004039344.html


« コラム 九州王朝は駅鈴も作ったか?(11/21版)  | トップページ | 昨日の部活動 11/21 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

山田さんご指摘の、東大寺伽藍には二つの中軸線があるということ。
次の図面を見れば一目瞭然です。

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m104401-89318/up.jpg

たしかにこれは、まず
①講堂ー北中門ー大仏殿ー南中門 が最初に作られ
②東西の塔・回廊・食堂・僧坊 などが後から作られ
たことを示していますね。

つくられた時期が異なることは確かです。

ただしこれをもって米田氏の東大寺移築論がなりたつわけではありません。
あれは一仮説。それもかなり思い込みの強いものだと判断しています。移築したとの物的証拠を示していませんから。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

米田良三氏は,大分県の小倉の池廃寺がそうらしいと考えているようです。
「付近に廃寺が多いこと」や「かつてここに大きな山門が建っていた」といった現地伝承。
そして,米軍が撮影の航空写真を使って本を書かれています。
川瀬さんは,『逆賊磐井は国父倭會(いわい)だ』(新泉社)はお持ちなのですね。

持っています。そして一読しました。
 東大寺移築論が成り立つためには、創建当時の東大寺遺構とほぼ同じものが、大分の小倉池付近から見つかることが必要です。
 米田さんが、法隆寺が観世音寺の移築だとしたときの証拠は、観世音寺の古い絵図の伽藍の図が、法隆寺伽藍とほぼ同じで、金堂と塔の位置と向きが逆ということ。しかしこれはのちに、観世音寺の古い伽藍の基壇の大きさと法隆寺伽藍の基壇の大きさが異なるとの理由で一旦否定されたが、さらに観世音寺に残る塔心礎の柱の直径と、法隆寺五重塔の柱の直径が同じことが確認されて、米田説は復活している。
 こうした伽藍の遺構という物的証拠がないと、移築説は成り立ちません。
 米田氏はこうした証拠を提示していませんので、せいぜい一仮説です。

肥沼様

「大華厳寺」という扁額については、「大仏」がそもそも「毘廬舎那仏」であるとされており、それが「華厳経」において重要な「仏」であることが関係していると思われますが、「大仏開眼」時の「導師」であった「婆羅門僧正」(菩提遷那)が「華厳経」に通暁していたとされることがそもそもの起点となっているのではないでしょうか。彼を招いて「東大寺」を造り上げ、また「大仏」を造るという時点で「華厳経」がその中心として据えられたと見れば「大華厳寺」という名称も不自然ではないと思われます。ところが「聖武」の詔等では「金光明経」や「法華経」あるいは「大般若経」についての転読や写経の指示は見られるものの、「華厳経」については何も書かれていません。どこかの時点で「華厳経」から中心経典が「金光明経」へシフトしたように思いますが(それが「大華厳寺」の額が外されていたことと関係しているように思います)、子細は明らかではありません。ただし、推測によれば元々「菩提遷那」が来日した事情としては中国側に「高僧」派遣を要請したものの拒否されたという可能性もあり(「鑑真」の時と同様玄宗皇帝に拒否されたという可能性も考えられます)、そのためインド僧であった「菩提遷那」に白羽の矢が立ったのかもしれませんその意味で彼が「華厳経」に傾倒していたというのは一種の想定外であったという可能性もあります。
彼は七五一年に僧正となったという記事があり、また「鑑真」来日時には彼と面会したという記録はあるもののそれ以降消息が不明です。「鑑真」来日時点付近で「菩提遷那」より格が上の僧が来日したわけですから、この時点付近がその転回点なのかもしれません。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  東大寺移築論が成り立つためには、創建当時の東大寺遺構とほぼ同じものが、
大分の小倉池付近から見つかることが必要です。

それは,『逆賊磐井は国父倭會(いわい)だ』掲載の
P160の図7などでは,証拠にならないということでしょうか。
東大寺南大門もこの地から鎌倉時代に移築されたようですし・・・。
これらは,ただの米田氏の妄想だったのでしょうか?

James Macさんへ
コメントありがとうございます。

聖武天皇の「国分寺建立の詔」で強調していた「金光明経」ではなく,
「華厳経」であるというところが,私には引っかかります。

肥沼さんの悪い癖です。 人の言うことをそのまま信じてしまう。
 米田氏の東大寺移築論が、どのような論理構造によって成り立ち、どのような証拠(直接証拠と状況証拠)を示して論証(もしくは実証)しているのか。
 ここをつかんでおられるのでしょうか。
 どうも結論だけに引きつけられていて、その論証過程を精査されていないように思います。
 米田氏の著書のp160の米軍による航空写真が何を証明したというのでしょうか。
 分ることは不自然なくらいに直線的な道路で地域の存在。何かあるなとは思います。でも。
 ここからどんな遺跡が出ているというのでしょうか。

 だいたい東大寺の現在の南大門が鎌倉時代に小倉から移築されたと、どのようにして論証・実証したのでしょうか。
 あの門はその建築様式からしても宋代のもの。古代ではありえません。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

1つ質問してよろしいでしょうか?
検索したら,東大寺南大門について,こんなふうな説明がありました。

「鎌倉初期に東大寺再建のため,宋から大勧進俊乗坊重源(ちようげん)が取り入れた建築様式で,
そのため大仏様(だいぶつよう)ともいう。
後に禅宗建築に採用された唐様(からよう)(禅宗様(ぜんしゆうよう))が
宋の中央様式であったのに対して,天竺様は江南,福建などの地方様式であったらしい。」

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 分ることは不自然なくらいに直線的な道路で地域の存在。
何かあるなとは思います。でも。ここからどんな遺跡が出ているというのでしょうか。

残念ながら発掘調査が行われていません。
大分県に行く機会があったら,ぜひ現地を訪ねてみたいです。

肥さんへ

James Macさまがブログに詳しい解説と考察を掲載されました。
http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/4b9947bea0fae340f32932ebf76ec039

山田さんへ
コメントありがとうございます。

さっそくJames Macさんのサイトを訪問し,
「夢ブログ」にリンクさせていただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コラム 九州王朝は駅鈴も作ったか?(11/21版)  | トップページ | 昨日の部活動 11/21 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ