« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

家宝「金属器レプリカ群」

家宝「金属器レプリカ群」を紹介しよう。

(1) 吉野ヶ里遺跡・把頭飾銅剣

Dscn0116

初めて吉野ヶ里遺跡を訪問した際,原寸大のレプリカが売店に売っていた。
それが欲しくなり,旅行から帰って注文した。№リング「14」が桐の箱に書かれている。
古田武彦氏が開催した白樺湖シンポジウムにも,金印レプリカとともに飾られた。

(2) 志賀島の金印

Dscn0121

5つのレプリカの中では,最も安く手に入った。「真鍮製」である。
しかし,持ってみると,意外に重く,純金製の本物はさぞかし重いものだと想像する。

(3) 加茂岩倉遺跡・銅鐸

Dscn0117

荒神谷遺跡と前後して発掘された金属器群。そこには「×」という刻印が付けられていた。
もしこれが,出雲王朝の矛を交差させた紋章だとすると,「〇」は九州王朝の天照大神や太陽を
象徴する印かも。「〇」が良くて,「×」が悪いイメージがここから来たとしたら,大変怖い話である。

(4) 青龍三年・銘鏡

Dscn0119

鏡の裏面(表面?)はピカピカに磨かれていて太陽を反射する。中国ではお化粧用の道具が,
天照大神の倭国では神器となったとしたら,これは歴史を大きく変える道具だったと言える。

(5) 隠岐国・駅鈴

Dscn0118

最近この「夢ブログ」で話題になっていた駅鈴。隠岐国の2つだけが現存していると言われているが,
「南宮大社の駅鈴」問題から発展して,後一条天皇の即位に際して四十八社に献納された駅鈴が,
隠岐国のものも含めて残されており,上賀茂神社のことに関するブログで「現在も使用されている?」
などというすごい話にまで広がってしまった。真実はいかに?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ これらの家宝たちのお陰で,授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」を盛り上げることができます。
このプランは,仮説実験授業と古田史学の成果を融合したものと自負しております。授業評価も良好。
希望者には,送料の負担だけで全部お貸しします。(送料は,往復で2000円位です)

※※ レプリカは本物ではありませんが,本物にはできない「いつでもそばに置いておける」,
「授業に持ち込める」,「生徒たちに持たせたり,触らせたりすることができる」という点で,
「本物より優れている」という点があります。

この3日間の驚異的な「授業率」

月曜日・・・5時間授業で「空き時間」が1+学年会
火曜日・・・4時間授業で「空き時間」が0
水曜日・・・4時間授業で「空き時間」が0+出張

成績処理のための短縮授業で,
消えてしまったのが「空き時間」ということで,
13コマのうち12コマが授業という
9割2分3厘という驚異的な「授業率」となった。

そして,この3日間で2学期の評価・評定と
内申書の数値を入力しなければならなかった。
いったいいつその仕事をやればいいのか。

私の場合,月曜日に評定の数値を入れ,
火曜日に評価の記号を入れ,プリントアウト。
水曜日に1時間早く出勤して,修正した。

しかし,驚異的な「授業率」は授業プリントの軽減には大いに役立った。
あと2日,数時間頑張れば北辰テストの範囲はクリアだ。
そのあとは,「刑事裁判」のビデオや「株を買ってみよう・売ってみよう」など,
たのしい時間が持てるようになる。(o^-^o)


2017年11月29日 (水)

北海道小樽市の手宮洞窟

私は知らなかったのだが,
1866年に北海道小樽市で洞窟の発見があったらしい。

北海道小樽市の手宮洞窟

https://www.city.otaru.lg.jp/simin/gakushu_sports/bunkazai_isan/bunkazai/temiya_cave/dokutsu.html

夏井いつきさんは,元中学国語の先生だった

『プレバト!!』の俳句添削で人気の夏井いつきさん。
もとは中学国語の先生だったと昨日知った。※

とても親しみがあり,厳しい中にも温かい添削指導は,
中学校の現場仕込みのものだったのかもね。
(8年間勤めたらしいから,けっこうたくさんの生徒を教え,
担任もしたのでしょうね)

高校の国語の先生だった俵万智さんも,
『サラダ記念日』でブレークしたが,
夏井いつきさんの本があったらぜひ読んでみたいものだ。※※

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 『心の疲労回復読本』(PHP1月増刊号)
 「イヤな感情も,俳句に変える」といういい話だった。

※※ たくさん書かれています。その半生も波瀾万丈。

ウィキペディア「夏井いつき」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E4%BA%95%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8D

ブログ「夏井いつきの100年俳句日記」

http://100nenhaiku.marukobo.com/

今後の社会科の授業

今は「北辰テストの範囲クリア」が最優先だが,
来週からは本来のゴールを見据えながら展開していく予定。
主なものは,以下の通り。もちろん楽しいもの優先です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 「刑事裁判」という模擬裁判のビデオ

中3の生徒たちに毎回好評のビデオである。覚せい剤不法所持で現行犯逮捕された青年は,
果たして無罪か有罪か。それは,裁判官であるあなた(生徒たち自身)が決める。

(2) 株を買ってみよう・売ってみよう

冬休みをはさんで,東証第一部の株を1000万円買ってもらう。たくさん値上がりした人と
たくさん値下がりした人に景品を出す。それは両方とも貴重な情報だからだ。

(3) コンビニの経営者になろう

これは本来「よのなか」科の教材だと思うが,東京書籍はちゃっかり取り入れてしまっている。
まあ,生徒が喜ぶなら,私は授業に使うけれど・・・。

(4) 私の商品開発

夢のような商品でもいいから,オリジナルの商品を考えて,発表するというもの。
私が見本に見せるのは,「食べれば食べるほど痩せるハンバーガー」。本来パンの部分が野菜なのだ。

(5) できたら,最後は仮説実験授業で

1時間でもいいから,最後に仮説実験授業をしたい。板倉さんの「たのしく学び続けるために」を
読むほどはやれていないので,それは「歴史を学ぶ中学生のために」(肥さん版のもの)で。
さて,何の授業書がいいかな?
 

今後の部活動の予定(12/2再開)

部活動は,テストの2日目の12/2に再開されるのだが,
もう1人の顧問の先生との打ち合わせ事項を書いておきます。
今後の体育館割は,再開の日に配ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月2日(土)・・・女子のUー13たちとの練習試合が1日中半面で行われ,
 午後はとなりで男バレが活動します。(私は不在となります。もう1人の先生にお願いしてあります)

12月3日(日)・・・午後,東村山四中が練習試合に来ます。(私がいます)

12月16日(土)・・・午前中,霞ヶ関中が練習試合に来ます。(私がいます)

12月23日(土)・・・午前中,男バレ。(私は不在となります。もう1人のお願いしてあります)

12月26日(火)・・・1なのですが,なくなるかも。(私は不在となります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今のところの異動は,これくらいです。私が男女とも見る日もあります。

2017年11月28日 (火)

忙しすぎた昨日

昨日は忙し過ぎました。
倒れそうです。
心身を休ませたい。(。>0<。)

(1) 授業が5分の5の「満杯」。空き時間ゼロ

成績処理のために,1時間時間割がカットされているのだが,
それが私の「空き時間」と重なるため,1日中授業していた。
北辰テスト(埼玉県の学力テスト。生徒の多くが受験する)の
テスト範囲をクリアしておく必要があり,それに集中しています。

(2) 成績の締め切りが本日

3年生の成績の締め切りが本日ということで,
昨日の放課後はそれに掛かっていました。
パソコンでコピー&ベイストできるところはしているのですが,
本等なら丁寧に一人ずつ出していきたいところです。 

(3) 母の代わりの仕事

母のお兄さん(私のおじさん)が一昨日90歳で亡くなりました。
母はショックでよう動かず,母の本来すべき仕事が私に任されれています。
おそらくおじさんのお通夜も私が名代で行くことになりそうです。
それプラス,母屋が火災保険の更新の時期になっていて,話がいろいろ面倒くさいです。

(4) 新々アパートの建設計画

私の「賞味期限」を最大限に利用した,新々アパートの計画が進んでいて,
本来は考えていなかった時期にその仕事が飛び込んできています。
一昨日旧アパートの住人の方々に,取り壊し・移転のお願いを建設会社の方々にしてもらったので,
その報告をしたいからこれから来てほしいと言われたのですが,
「今日は,もうこれ以上体が動きませんので,すいません。30日の打ち合わせの時にお願いします」と
せっかく車でお迎え(約束はない)があったのですが,帰っていただいたほど疲れていました。

(5) ここのところの,駅鈴研究の進展

駅鈴について,さらに研究が進みつつあり,睡眠不足に拍車を掛けています。
川瀬さんには山ほどの貴重なアドバイスをいただいて,本当に感謝感謝なのですが,
私が倒れてしまっては,研究に最大のブレーキとなりますので,
今はアクセルとブレーキとを加減させて下さい。 

上賀茂神社の御阿礼神事

川瀬さんからのご教示により,葵祭(5月15日)に先立って行われる
御阿礼神事(みあれじんじ)(5月12日)の存在が明らかとなった。
一般には非公開で,秘儀となれば,
とうてい私の電話などでは,「太刀打ち」できるものではなかったのかもしれない。

ともあれ,「先立って行われる」という日程や
「阿礼」という名称は物を指すとともに神霊の降臨を願うということだろうから,
当たらずと言えども遠からずどころではなく,
ドンピシャの情報だったと言えるのではないだろうか。
ブログの更新がその1か月半後に途絶えたのが,少々気になりますが・・・。

上賀茂神社の御阿礼神事

http://kyototravel.info/%E5%BE%A1%E9%98%BF%E7%A4%BC%E7%A5%9E%E4%BA%8B

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大辞林 第三版の解説
あれ【阿礼】

〔動詞「ある(生)」の名詞形か〕
神霊の出現の縁となる物。榊さかきの木など。
綾絹あやぎぬや鈴などを飾りつけて使う。
賀茂社や松尾社のものが知られている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
御阿礼神事 みあれしんじ

御阿礼祭ともいう。京都賀茂別雷神社の祭事。
5月 12日夜に行われ,神霊が神籬 (ひもろぎ) に降臨し,本社に神幸して鎮座するまでの過程をいう。
「みあれ」は出現,誕生の意で,神の出現,天降りをいう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界大百科事典 第2版の解説
みあれしんじ【御阿礼神事】

毎年,古くは旧暦4月の中の午の日,現在は5月12日の夜,
京都市北区の賀茂別雷(かもわけいかずち)(上賀茂)神社で行われる,古来の神迎えの神事。
御阿礼祭ともいう。〈みあれ〉は出現・誕生を意味する。
神社の北西約880mの御生野(みあれの)という所に祭場を設け,
ここで割幣をつけた榊に神を移す神事を行い,これを本社に迎える祭りである。
祭場には,720cm四方を松,檜,賢木(さかき)などの常緑樹で囲んだ,特殊の神籬(ひもろぎ)を設け,
その前には円錐形の立砂一対を盛る。

公民的分野の学習と成長段階

先週の土曜日に「三権分立」までの授業プリントは作ってしまったので,
昨日からそれらを使っての集中講義をしている。
先月衆議院選挙が行われたのは,その点ではラッキーだった。
「3分の2以上」というイメージも伝えやすい。
また,選挙権が18歳以上に下がったことで,
より政治が身近になったこともプラスに働きやすい。
「君たちもあと3年すると投票するよね」なんて表現になる。
さらに,以前裁判を傍聴した経験(ハイジャック事件)は,
やはり説得力を持ち,私のテンポも自然と上がっていく。
世の中に関心を持ち始める成長段階というのは,
やはり公民的分野の授業には向いている。(o^-^o)

2017年11月27日 (月)

便利になる「近所」の環境

我が家から約200mのところに例の「福ちゃん」がある。
そのすぐ横に本家が今建設中のコンビニがある。
つまりこれから3か月後には,大変便利な環境になるということだ。
これまでコピーを取りに行くのに,500m以上あったのだが,
私が新生活を始める4月には,300mの短縮ということになった。

Dscn0110

Dscn0114


「神は乗り越えられない試練は与えない」というが

「神は乗り越えられない試練は与えない」というが,
昨日はちょっとショックなことがあった。
というのも,一昨日例の「上賀茂神社と駅鈴」の話の確認に,
善は急げと京都に電話をしたのだ。

ところが,あちらの話では,「神霊に降りてきてもらうような必要はないので,
そのようなものを鳴らすこともないし,「そもそも神様はここにいらっしゃる」」
というのだった。(録音していたわけではないので,その趣旨のみ)

なので,あのブログの話はいったいどういうことだったのかと,
思案に暮れてしまったという次第だ。
皆さん,どう考えたらいいと思いますか?

私の予想

ア・そもそもそのブログの記事が間違っていた
イ・内容は合っていたが,それがもとで神社側が実施を取りやめた
ウ・ブログはこの件で取りやめとなり,神社側も実施しなくなった

なおこのサイト( )は,「下鴨神社について」の記事(2013年9月30日)のあと,
約1か月半の11月13日の記事を最後に更新されていません。

明神大社が可能性あり?

「1017年の後一条天皇の即位に際して,
駅鈴を四十八社に奉献した」という記事について,
なぜ四十八社なのかということで,川瀬さんが考察して下さった。
その結果,「明神大社」に関係のあるところではないかということで,
関係サイトをリンクしてみる。

ウィキペディア「明神大社」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E7%A5%9E%E5%A4%A7%E7%A4%BE

延喜式内明神大社のサイト

http://www.jinja.in/s/shikinai_myoujin-taisha

ウィキペディア「延喜式神明帳」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%B6%E5%96%9C%E5%BC%8F%E7%A5%9E%E5%90%8D%E5%B8%B3

郷土史の講演会からうどんの「ますや」まで

郷土研の会長さんの誘いに乗って,
楽しい一日を過ごさせていただいた。

(1) 「石造物の記憶」という題名の講演会

ふるさと歴史館の学芸員の方(大藪さん)を講師に,
市内(廻田町・多摩湖町)の石造物の学習をした。
個々の石造物を組み合わせて歴史を再構成する方法は,
とても参考になるものだった。

Dscn0083

Dscn0085

Dscn0087

(2) 「東村山の神社」展

写真を撮ってはいけないので,以前購入した冊子を掲載するが,
この地区には出雲系のスサノヲや大国主,
それと関係の深い牛頭(ごず)天王を祭神とする神社が多い。
八坂,白山,野際,氷川,八雲神社である。

Dscn0049

(3) まち歩き(フィールドワーク)

ふるさと歴史館~鎌倉古道~本町にある石造物~東山道武蔵路
~猿田彦神社~東村山停車場の碑

Dscn0090

Dscn0091

Dscn0092

(4) うどんの「ますや」・・・肥さんが中1の時から46年間営業しいる。

店の名前はおかみさんの名から付けられたとのこと。
なお,この店で会長さんと私がうどんちを食べていたところ,
そこに同じ郷土研の高校の日本史の先生が登場したからびっくり!
まさに歴史的邂逅(かいこう)があっという間に実現してしまったのでありました。

Dscn0097

Dscn0098

Dscn0099

私が応援している「愛の世代ズ」に,「雲上(うんじょう)にて」という素敵な歌があるのだが,
それにかけて言えば,昨日は「うどん上にて」というような幸せな気分でありました。
「♪まるで夢のような,昨日の1日でした~♪」


2018 年賀状(案)

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします (o^-^o)

【仮説】 昨年は,研究授業で授業プラン〈被災地ボ
ランティア参加記〉をやり,生徒たちに好評でした。
また,前任校で担当した男子バレー部の生徒で埼玉
県の小学校に採用された1つ下の代の生徒が,勤務
校に週1回来ることになり,とてもうれしい気分です。

【古田史学】 多元的「国分寺」研究サークルは2年目。
途中で3つ目の「古田史学の継承のために」サイトを
作るという波乱もありました。『古代に真実を求めて』
に「古代日本ハイウェー」と「駅鈴」が掲載予定です。

【ブログ】 「夢ブログ」が120万アクセス(13年間)を
越えて,毎日150人程の方の訪問があります。
昨年の「夢パ」を拡大した教員最終年=新たな人生
の出発年を祝し,「卒パ」を企画しています。(o^-^o)

住所・氏名・電話

『たの授』プレゼント

これまでの教員生活で,実習生や講師の先生方に
『たの授』をプレゼントしてきた。
その人数は,どれくらいになるのだろう。

1年に春と秋の2回教育実習生が来る。(合計5人くらい)
産休・病休等での行使派遣でやはり,派遣講師も数人は来る。
仮に合計8人の方にプレゼントしたとして,
36年をこれに掛け算すると,288冊ということなる。
その中で学校の先生になっている人がどのくらいになるのかわからないが,
『たの授』の存在を知っている人がそれだけいることは,わかっていただけるだろう。

お寺の鐘を指で押す。1回ではもちろん動かない。
10回でも変化は見えないだろう。
しかし,100回,1000回とやっていったら,
あの思いお寺の鐘も動き出すに違いない。

『たの授』には編集委員というものがあって,
ただで毎月『たの授』をいただけるのでこんなこともやれるのだが,
これからも『たの授』プレゼントの力積を信じて,
対話を続けていきたい。

ある意味怖~い話

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」という怖い作品があるらしいが,
その題名に「歴史の通説」と「インプット」というキーワードを入れることもできるという,
ある意味怖~い話である。

こちらの話の場合,1度目のインプットは学校の先生によって行われる。
もちろん無意識にだが,学校の先生はたいてい優等生なので,
通説(ほとんど日本書紀と同じ)で綴られている歴史教科書をそのまま教える。

2回目のインプットは,地域の歴史解説者によって行われる。
これももちろん無意識だが,かつての優等生のように思える方々が,
通説(ほとんど日本書紀と同じ)で綴られている観光ガイドで教える。

私も人が悪いもので,質問をしたりする。
私「東山道武蔵路が作られたのは,いつ頃のことですか?」
ガイドさん「701年から制度化されました」
私「それは何天皇の頃のことですか?」
ガイドさん「天武天皇の頃でしょうか」
私「じゃあ,600年代には東山道武蔵路はできていたわけですね」
ガイド「そういうことになりますね」
私「それは白村江の戦いの前でしょうか,後でしょうか?」
ガイド「後だと思いますが・・・」
私「すると,唐の軍隊は驚きませんか。負かしたと思った相手国が
このような幅12mもある軍用道路を作り始めていると知ったら・・・」
ガイド「・・・そうですねえ」

2017年11月26日 (日)

川瀬さんの「駅鈴」新情報

川瀬さんから教えていただいた駅鈴の新情報を,
見やすいようにリンクしておきます。
のちのち役に立つかもしれませんので・・・。

(1) 堀家の駅鈴の絵がある論文

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspeconf/30/0/30_101/_pdf/-char/ja

(2) 駅制度が廃止になって駅鈴を祭った常陸鈴之宮稲荷神社

http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page001450.html

(3) 郵政博物館「楕円駅鈴」

http://www.postalmuseum.jp/collection/genre/detail-201756.html

調(つき)神社のこと

ウィキペディア「調(つき)神社」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE

浦和駅で電車を降り,浦和仮説サークルに向かう時,
いつも道路の左側にこの神社が見える。

神社の名前も読めないし,
聞いてもすぐ忘れてしまい,
そのままになっていた。

天照大神とスサノウが同時に祀られているので,
もともと出雲系の神社だったものが,
その後変化したものと想像している。

もう一柱の祭神・豊宇気姫命は,
古事記には登場するが,
日本書紀には登場しない神様だそうな。
何か臭うなあ。

何かわかったら,また報告します。
とりあえず,備忘録として。

朝の「駅鈴」検索で「お手柄!」

なにげなく「全国の大社」にリンクしている下鴨神社を検索してみた。
すると,とんでもない記述が目に飛び込んできた!

下鴨神社について

https://ameblo.jp/ananda-light/entry-11625014006.html

「上賀茂神社の御神事では神山の磐座に行き、鈴を鳴らして御神霊を降ろすそうです。
こっちはちゃんと磐座がありますから。
その鈴とは、駅鈴というそうです。

 駅鈴  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%85%E9%88%B4

この駅鈴と似ているものだそうです。
現存する駅鈴が島根にあるということはもともと出雲族が使っていたものかも、なんて想像しちゃいます。
駅鈴を御神事に使ったのか、御神事の鈴を駅鈴として広く配布したのか?
昔は鈴といえばこの形態だったのか?ウィキを見ても御神事に使うものとは書かれていませんよね。
でも、河合神社の神職は確かに、「隠岐国造家の駅鈴に似ているものです。ネットで見れますよ」と言っていた。
この方は河合神社の神職なので、2回ほど上賀茂神社の御神事に参加したことがあると言っていました。」

これってビッグニュースですよね。
そこで,上賀茂神社のサイトを検索してみることにしました。
ところが期待した駅鈴についての記述は出ていませんでした。

上賀茂神社

http://kyototravel.info/%E8%B3%80%E8%8C%82%E7%A5%AD

ウィキペディア「加茂別雷神社(上賀茂神社)」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E8%8C%82%E5%88%A5%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE

官幣大社鹿島神宮の「駅鈴」

https://gumroad.com/l/kUhZr#

これは「駅鈴」というより,密教の法具かな。
そういえば奈良県西吉野の「駅鈴」も三鈷鈴という密教の法具だったなあ。

駅鈴をめぐる思考の整理

川瀬さんの度重なるアドバイスもあり,
駅鈴についての思考を整理してみようと思う。

(1) 最初「隠岐の駅鈴のみ」が九州王朝のものと考え,
11世紀に奉納された駅鈴はその時点での「特注」と考えていた。

(2) 続日本紀に出てくる「刻みのある駅鈴」が大和政権のもので,
それがないものが九州王朝のものと分類。
(なので刻みがないのが,かえって「本物の証拠」である)

(3) ところが,「底部の乳状突起」問題が出てきた。
「刻み」の前には「乳状突起」だったのではないかという問題だ。

(4) すると,九州王朝の作った駅鈴には「乳状突起」があり,
大和政権の作った駅鈴には「刻み」がある,
という外的特徴から区別できることになる。

(5) 隠岐の駅鈴と南宮神社の駅鈴は,「乳状突起」=九州王朝の作のようである。
どうも回収はしたが,溶かして鋳直したり,廃棄したりしなかったのではないか。
そして,11世紀になって「神社に奉納してしまう」という手を思いついた。
(寛仁元(1017)年,後一条天皇即位の際,諸国の大社四十八社に奉献された)
平安時代の陰陽師・安倍晴明(921年- 1005年)の時代と近いので,
前王朝の祟りとかを恐れたのかもしれない。

(6) 今後11世紀に駅鈴が奉納された四十八社の神社の探索
(おそらく乳状突起がある)と
「刻みのある駅鈴」の両面作戦で,全国の神社に当たってみたい。
全国の神社と言っても,そんな小さい神社に奉納するわけではないと思うので,
大きなところを当たればいいと思う。

全国の大社の数を検索して調べてみたら,
何と20数社しかありませんでした。
当時と今は違うのですかね。
でも,あの南宮大社も入っています。

全国の大社一覧

http://syuin.kenism.net/shrine/oyashiro

「一石七鳥」の1日

うまく時間が使えると,心と体にいい。
昨日は,そんな1日だった。

(1) 早朝にブログの更新・・・昨日もいくつか書いた

(2) 郵便局へ新しいクレジットカードを取りに行く(自転車で)

(3) そのまま学校に行き,授業プリント(三権分立)を作る(北辰テストの範囲をクリア)

(4) 古いアパートを建てた建設会社へ(新しいアパートを建てる予定の建設会社の車で)

(5) 最近行っていないとこやへ行き,さっぱりする(車で送ってもらう)

(6) 電車で飯能・日高サークルへ(丸屋さんと飯塚さんと私の「3人ぼっち」)

(7) 「福ちゃん」で一杯・・・白鳳優勝!地元の星・北海富士(所沢市)3敗目,残念!

昨日お世話になった方々,ありがとうございました。(o^-^o)

「大華厳寺」という寺名について(James Macさん)

「夢ブログ」で先日取り上げた
東大寺南大門の篇額「大華厳寺」について,
James Macさんが論考(試論)をアップされました。
(「古田史学とMe」というサイトです)

うれしいので,リンクさせていただきました。
古代史に興味のある方は,ぜひ訪問して下さい。
「無位から従五位下への大出世」の話も出てきます。

「大華厳寺」という寺名について

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/4b9947bea0fae340f32932ebf76ec039

『日本駅鈴論』

川瀬さんから教えていただいた『日本駅鈴論』の資料集めです。

(1) 国会図書館リサーチ

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000729037-00

(2) 樋畑 雪湖の肖像(油絵)

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/249433

(3) 『日本駅鈴論』の画像

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%A7%85%E9%88%B4%E8%AB%96

2017年11月25日 (土)

「駅鈴」はなかった!~「三鈷鈴」の画像

川瀬さんによると,奈良県西吉野村関家の「駅鈴」は,「三鈷鈴」らしい。
これは明らかに密教の法具ですね。(「鈷」という字を見た時,あれっと思いました)
奈良県まで行って,この「三鈷鈴」を確認してくる気は起りませんよね。
「知らなくて行く」ならあり得ただろうけど・・・。

「三鈷鈴」の画像

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E4%B8%89%E9%88%B7%E9%88%B4

ミヤコタナゴがやってきた!

「国指定天然記念物・環境庁レッドリスト絶滅危惧種」
という仰々しい宣伝文句の付いた
ミヤコタナゴが所沢市の小中学校に配られるらしい。

オス・メス各5匹ということらしいが,
専門家が育ててもうまく繁殖できない魚を,
果たして素人の私たちができるのかという疑問があるが,
理科室の水槽での飼育が始まる。

Dscn0080

Dscn0082

以上の説明に書いていないが,もし死んでしまったら勝手に処理してはならず,
冷凍保存しておくようになどという注意事項もあるらしい。
しかし,お金をかけ巨大な水槽でやっているプロジェクトではうまくいかないものが,
案外狭い水槽の中ではうまくいったりすることも考えられる。
いずれにしても「ブログのネタ」にはなる。

また教職を志す若者が・・・

昨年「前任校の男バレ部員で小学校の先生になった」という話を書いた。
そうしたら,そのすぐ下の学年で,もう1人小学校の先生の試験を受けたという者がいて,
残念ながら今年は縁がなかったが,さらに中学社会の免許も通信教育で取得して,
ゆくゆくは縁のある方でやっていきたいとの意向らしい。
それだけでもうれしい話なのに,なんとその彼が,
来月から「現場のお手伝い」ということで週に1度来校するというからビックリ!

そういえば,中3の時「バレーボールを続けたい」と言って遠くの学校に通い,
ケガでなかなか思うに任せない3年間であったが,大学に進学して今度は教職を志し,
縁あって私と再会しようという運びとなったのだ。

一期一会という言葉があるが,思うに「バレーボールを続けたい」と思って,
遠くの学校に通う決断をしたところから,彼の「人生」が始まったのだと思う。
そして,教職を選び,母校とは何キロも離れている遠い中学に派遣されたら,
なんとそこには7年前男バレでいっしょに活動した顧問の私がいた・・・。

人間ってどこかでつながっているのだなあ。その縁を大切にしたい。
そのためには,「今を切に生きる」という姿勢が大切だと思う。
今日は,なんだか瀬戸内寂聴さんのような気持ちになっている肥さんなのであった。(o^-^o)

PS 時間がある日には,男バレにも顔を出してくれるとうれしいな。

人間の「賞味期限」!?

4月に新しいアパートを建てたばかりなのだが,
古いアパート(築30年)の今後も含めて,また忙しくなりそうだ。
いずれは建て替えなければならない古いアパート。
その資金調達に私の「賞味期限」があと4か月と迫っているからである。

私は当初「10年後の建て替え」を考えていた。
それまでにローンを返済するとともに,解体資金を捻出し,
その上で銀行から融資を受けようと・・・。

ところが今金融庁からの指導で,退職後の人や年金生活者への融資は,
不良債権の元になる?ということで,かなり難しくなりそうなのだ。
そこで,私の「賞味期限」を考えて,今回の話が浮上してきたという次第。

古いアパートの入居者の引越し先のことも考えなければならず,
今お世話になっている建設会社とマンツーマンでやっていくこととなった。
やはりその道のプロなので,いろいろなノウハウをご存じのようだからである。

ことがことだけに「逐次報告」とはいかないが,
許す範囲で状況は書いていきたい。

奈良県西吉野村の「駅鈴」情報

不空「検索」観音の称号を差し上げたいほど
検索能力にたけていらっしゃる川瀬さんが,
「第三の男」ならぬ「第三の駅鈴」のありかをついに発見!?

場所は,奈良県西吉野村堀家で,御醍醐天皇ゆかりの地のようです。
見つかるべきところで見つかったと言ってもいいかもしれません。

2月~3月とか,11月上旬には公開しているようで,
往復はがきの申し込みが必要とのことです。

柿と梅の里西吉野 その2

http://urano.org/kankou/wyoshino/wyoshino02.html

おもしろ博物館ショップ

山田さんにヒントをいただいて,
「親魏倭王レプリカ」で検索したら,
「おもしろ博物館ショップ」がヒットした。

「親魏倭王レプリカ」はもちろんのこと,
社会科の先生の心を(良い意味で)かき乱すような
魅力的な教材のオンパレードであった。
興味ある方のためにリンクしておきますね。

おもしろ博物館ショップ

2017年11月24日 (金)

レプリカは「本物そっくり」なのか?

私は何年か前に購入したレプリカの駅鈴を持っていて,
それが「本物そっくり」か気になった。
「本物そっくり」だからレプリカとも言えるのだが,
本当に「本物そっくり」なら,
隠岐の駅鈴はこのような形をしているからである。
写真に撮ってみたので,アップしてみる。
なんだか「突起」というより,「座りを良くしている台」
のようにも見える。
一度レプリカの製作会社に「突起までそっくり」なのか,
聞いてみたいと思っている。

Dscn0079

Dscn0075

Dscn0078

駅鈴のレプリカ(夢ブログ)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2013/03/post-39c6.html

JOCジュニアオリンピックカップ抽選結果

我が男バレの元キャプテンも出場する
上記の大会の組み合わせが発表されていた。

JOCジュニアオリンピックカップ抽選結果

http://www.eonet.ne.jp/~joccup-chugakuvb/2017.31joc-cop/2017JOC-G-kumiawase-man11.23.pdf


福井と沖縄と予選リーグを戦う。
両県がどれくらい強いのかわからないが,
例年東京が強いのはわかっているので,
そこに入っていないということは,
とりあえず運は持っていたということになるだろう。

おそらく大阪に行って応援することはできないと思うが,
めったにない全国大会に参加ということで,
無事に行ってきてほしいし,頑張ってきてほしい。

「プレバト」の夏井いつき先生の添削

毎週という訳ではないが,
TBS系列で放送されている人気番組がある。
「プレバト」と省略されて呼ばれる俳句を楽しむ番組である。
(「プレッシャー・バトル」が原題?)

添削するのは,俳人の夏井いつき先生。
厳しくも愛情ある添削で,好評なのだ。
それを収録しているサイトがあったので,
リンクしてみた。

「プレバト」(2015年12月10日放送分)

http://enjoyjazzlife.com/prebato-haiku

採点終了!

テストの採点が終了した。
私にとっては,「ラスト2(ツー)」のテストだった。
これまでおよそ150回超のテストを作り,
そのたびに採点し,返却してきた。
2月には「ラスト」のテストがある。
どんな気持ちで採点しているのだろうか?

ということで,部活動もあと5日間ないし,
テストの採点は終わったで,
次なる目標に向けて歩むことになる。

テストのためにブレーキの掛っていた授業の再開,
北辰テストの範囲クリア,成績処理といろいろやることはあるが,
週末の土曜・日曜は少々息を抜きたい。

土・・・『たの授』公開編集会議や飯能・日高サークル
日・・・今のところ未定(心と体のメンテナンス?)

「お前は生きているか?」~大日如来坐像と40年ぶりの再会

上野の東京国立博物館(平成館)に着いたのが,午前10時半。
文字通りの「長蛇の列につくこと1時間」「見学45分」で,
12時15分に外に出た。
雨は止んでいて,少しずつ青空が出てきた。

Dscn0072

Dscn0073

Dscn0074

・デビュー作の大日如来像(円城寺)が,まず私の心に迫ってきた。
高校生の時赤門塾の仲間と共に見て以来,40年後の再会だが,
「お前は生きているか?」とまた,鋭く問われているような気がした。
あれからの歳月の中で,私は仮説実験授業に出会い,古田史学に出会い,
普通の人がなかなか経験できない貴重な時間を持てたと思っている。
もしそれを大日如来に告げたら,「おお、それはいい人生だったな」と
答えてくれるような気がした。もちろんそれは気のせいだろうが・・・。
運慶のこの作品には,そんなことができる精神性を感じている。

運慶 大日如来坐像(円城寺)

http://www.enjyouji.jp/treasure/p1.html

教員生活最後の年の大日如来坐像との再会は,
私に「信じる道を行け」と励ましてくれる意味が込められていた(ような気がする)。
「55日間の奇跡」というキャッチフレーズの今回の運慶展ではあるが,
私は「40年ぶりの再会」とネーミングしたいと思った。

2017年11月23日 (木)

様々な駅鈴の突起の数

川瀬さんが南宮大社と隠岐・億岐家の駅鈴の突起がよくわかるサイトを
教えて下さいました。ありがとうございます。
さっそくリンクして,皆さんにご覧いただきたいと思います。

南宮神社の駅鈴の突起(1個と2個)

https://4travel.jp/travelogue/11192924

隠岐の億岐家の駅鈴(2個と?個)

http://www.page.sannet.ne.jp/nobumi-saito/kankou/gallery/dougo/dougoE.html

本居宣長記念館の情報(3個と4個)

http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/kuni_miyatsuko.html

隠岐の駅鈴が光格天皇の行列に加わる

http://www.mus-his.city.osaka.jp/education/publication/kenkyukiyo/pdf/no15/pdf15_09.pdf

「東南西北」の順の四海竜王の話

山田さんが「皇太子は東宮に住み,それ以外は南宮で・・・」
というようなことを話題にされていて,
東(とん)南(なん)西(しゃあ)北(ぺえ)だと麻雀みたいだ(笑)と
オチを付けられていた。

私がヒマに任せて「東南西北」と入力して検索していたら,
面白い話題にぶつかりました。
麻雀以外にも「東南西北」があったのです!
「肥さんも歩けば 棒に当たる」かな?

ヒマな人はお付き合い下さい。
それは「四海竜王」という話です。

四海竜王

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%B5%B7%E7%AB%9C%E7%8E%8B

これが山田さんの探している「東南西北」かどうかわからないけど,
麻雀以外にもそれがあったことを報告しておきますね。

本日は「運慶展」へ

昨日テスト前の部活動が終わったので,
今日から一週間は時間ができる。

あと数日で幕を閉じる「運慶展」に行ってこようと思う。
どうせ午前中は雨だから,屋内がいいでしょう。
「55日間の奇跡」と呼ばれているらしい。

午後は晴れるらしいが,あまりはしゃぎ過ぎずに
心と体をいやして,次に向かいたい。

最後は「福ちゃん」でケア

3つのクラスにテスト返却を行い,
3つのクラスの卒業アルバムの個人写真を撮影させ,
午後は生徒会本部の会合に出た。

退庁後は建設会社に寄って,銀行との話し合い。
お金あまりはないのに「資産公開」し,顔が引きつった。
でも,最後は「福ちゃん」にたどり着き,ケアしたけどね。(o^-^o)

昨日の部活動 11/22

昨日は,専門委員会の日だった。
私は生徒会本部に出ていて,
気が付いたら下校放送が始まっていた。

体育館に行ってみると,まだバレーボールはやっていて,
急いで片づけをさせ,下校させた。
そとでは冷たい秋雨が降っていた。

これでテスト前の部活動はおしまい。
1週間後の12/1(金)に再開となるまで休止。

しかし,まだ採点が残っているし,通知表の成績もつけなければならず,
とりあえずそれが終わってひと段落ということだ。

午後6時から行われる建設会社での打ち合わせのため,
私はバス停に向かった。

金光明最勝王経と「大華厳経」の篇額

私は仏教について詳しいわけではなく,
金光明最勝王経と華厳経の違いもよくわからないが,
この2つが同じ東大寺の中に「同居」しているということに,
なんとなく「座りの悪さ」を感じる。

検索してみたら,やはり同じようなことを感じている人がいた。
「raccoon21jpのブログ」というサイトである。

金光明最勝王経と聖武天皇

https://blogs.yahoo.co.jp/raccoon21jp/36302442.html?__ysp=6YeR5YWJ5piO57WMIOiPr%2BWOs%2Be1jA%3D%3D

私は東大寺移築説に賛成の立場なので,

① 7世紀末に,大分県から主要伽藍が移築された(もともとは「華厳経」の寺院だった)
② 8世紀に回廊なとが移築されたが,中心軸にブレを生じた(国分寺建立の詔では「金光明最勝」を強調)
➂ 鎌倉時代に南大門を移築した(そこには「大華厳寺」の篇額があった)

などということを考えてしまった。

凝然というお坊さんのこと

「東大寺南大門」の篇額「大華厳寺」に関して,
山田さんから教えていただいた凝然(ぎょうねん)というお坊さんのことが
ウィキペディアに載っていたので,リンクしてみた。

凝然

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%9D%E7%84%B6

2017年11月22日 (水)

テスト作り&テスト採点&テスト返却

社会科は1年に5回定期テストがあり,
そのたびに上記のサイクルを繰り返している。
場合によっては「テスト勉強」の時間も与えたりするので,
授業が進まないことこの上ない。

今回もテストの採点が,5クラス中3クラス終えたところだ。
今回は生徒たちも,3年2学期期末テストなので,
さすがに気合が入って,平均点が下がらなかった。
(けっこう難しい法律名や制度名もあったのだが)

テスト返却が終わると,点数を入力して個票作り。
それが終わると通知表&内申書(通知書)作りと
師走の名の通り,駆けずり回ることになる。
そのうち,1・2年生たちもテストが終わって,
本当に「やめるまで,忙しさが続く」職業だなあと思う。

でも,1か月後の12月22日は終業式である。
それをめざして頑張ろう!(o^-^o)

「発達段階」の話

「あいせだ★ラジオ」の収録の際,
中学1・2年までと中3とでは発達段階が違うので,
違う対応の仕方をしていると話した。

中1・2~直球勝負
中3~変化球も混ぜて

というような話だ。
これは今中3を教えていて,公民的分野なので,
実感として感じるところだ。

生徒がこれまで「授業の感想」で書いてきた内容としては,

・「障害者」と「障がい者」と「障碍者」の違い
・「国民審査の時に,全員×を付ける人の話」
・「あなたなら4人の候補者のうち,誰を市長に選びますか?」
・「各地の中学生たちの4つの取り組みの中で,どれが気に入りましたか?200字で理由も入れて書きなさい」
・「部落差別と民族差別の2つの作文を読み,関心のある方について400字で書きなさい」
・「Aさんは,有罪だろうか,無罪だろうか?ビデオを視て,裁判官として判決を出して下さい」
・「あなたがコンビニを建てるとしたら,A~Eのどの場所にしますか?」(「世の中」科の最初の発問)

こんな感じで,教科書にあるものも利用しながら,
自分の意見を持ってもらうようにしている。
生き方に正解はないのだが,どんな生き方をするにせよ,
何かこだわりをもって生きてくれるといいなあと思っている。
差支えのないものについては,クラスの人数の分布も知らせ,刺激にしている。

昨日の部活動 11/21

昨日は,自主練の日だったので,
学校での部活動はなかった。

では朝練はどうかというと,
探し物に全員が関わっていて,
私が注意しなければ
まるまる朝練が無駄になるところだった。
何回同じところを探しても,出ないものはでない。
時間というものは,取り返せないものだから,
時間を決めてやるとか,交代でやるとか,
頭を使ってほしい。(これはバレーボールも同じ)

12月16日(土),午前中に霞ヶ関中が練習試合に来るとの報が入った。
その前週の9日(土)にももしかしたら来るかも。(こちらは未定)

2017年11月21日 (火)

東大寺伽藍主要部復元図

山田さんと川瀬さんと私で話している東大寺伽藍配置というのは,
こういうものであるということを,リンクしてみました。
なるほど,中心線からずれて回廊や塔があることが読み取れます。
ということは,建てたり移築したりした時期が違う可能性が高い訳です。


東大寺伽藍主要部復元図

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m104401-89318/up.jpg

作文付き授業プリントの効果

公民の教科書には,けっこういい文章が載っていて,
生徒たちに権利や差別について考えさせるのに役立つ。
しかし,これらの教材が入試に出ないこともまた確実で,
単元を先に進めたい私としては,矛盾に悩むところである。

そこで,「作文付き授業プリント」というものを作ってみた。
「P〇〇~〇〇の〇個の文章を読み,
そのうち1つに対して自分の意見を書きなさい」
というような形式にしてみたのだ。(200字と400字)

最初は苦労していた生徒たちも,
私がいくつか作文のコツを教えると,
それを利用してどんどん書けるようになっていった。
今期末テストを採点しながら,
「2学期後半の授業について」という感想をよんでいるのだが,
そのなかで公民かるたや一問一答式と並んで,
「授業でやった作文が北辰テストで役に立った」
「文章を書くのが楽になった」との感想が少なからず出てきた。

矛盾の止揚から発展へ。
「作文付き授業プリント」は,けっこういいですよ。(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』で作文のコツを書いたことがある。

2003年6月号 [ No.268 ] 75ぺ(1)
筆者 肥沼孝治
記事 形式を教えちゃおう~気軽に作文してもらうために
概要 ※中学生に作文を書いてもらうときは,「形式を教えてしまう」。
 程よい束縛なら,かえって書きやすくなる。
 4月には「○年生になって」。夏休み後は「私の夏休みベスト3」。
 気軽に作文してもらうのが一番。

昨日の部活動 11/21

昨日は,家の用事で早く帰らせてもらった。

朝練で「県大ベスト4をめざして」を集めたら,7冊だった。
これだけでも返事を書くのが大変だったが,
ぜひ全員出してほしいものだ。
1人に半ページ書いているので,
13人だと6ページ半になってしまうが・・・。

本日は,自主練なので,3年生のテストの採点をしまくる。
明日で,1・2年生がテスト期間に入るので,
部活動も1週間お休みとなる。

東大寺の移築~倭會の最期の地・小倉山東大寺のこと

多元的「国分寺」研究サークルの盟友の1人である山田さんが,
このところ魅力的な論考を連発され,
再び川瀬さんと私に「復活の時」を迫っているように思える。
それは,以下のような論考である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東大寺の伽藍配置について
― 不思議な中軸線のずれ ―

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして,以下のようにまとめておられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妄想すれば、中門・大仏殿・講堂を造った時期と、
東西塔院・廻廊を造った時期が異なっているのではないでしょうか。
どんな理由にせよ、中門が廻廊南辺の中央にない
(大きく違うのならまだしもわずかに違う)のは不審です。
廻廊を後から作ったのであれば南辺の中央にできたはずだからです。
そうすれば講堂・大仏殿・中門・廻廊が一つの中軸線によって整ったのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は故米田良三氏の『逆賊磐井は国父倭會(いわい)だ』(新泉社)を読んでいて,
いつか氏の著作が役に立つ時が来ると思ってきた。
それが「今」ではないかと思ったので,使わせていただく。

氏によると,薬師寺,長谷寺とともに東大寺も,奈良に移築されたということだ。
あんな巨大な寺院を移築するなんて!
と誰しも思うところであるが,木は水に浮き,
運ぶのは陸上より楽だということを忘れてはならない。
九州(大分県)と奈良県は,ほぼ瀬戸内海という水路でつながっているのである。
そこで,山田さんの論考に,さらに私の考えを乗せてみる。

① まず,九州(大分県)からの移築と「サイズ縮小」によって,
 「東大寺(1)」(中門・大仏殿・講堂)が作られた。・・・7世紀末
② さらに,741年の「国分寺建立の詔」を出すにあたって,東西の塔を移築し,廻廊を作った。・・・8世紀半ば
➂ 鎌倉時代に南大門を移築される。運慶らの金剛力士像が入れられる。

①と②との間に約半世紀の時間があり,一方は政権を握る前,一方は握った後である。
そんな事情もあって,南北方位が一致していないのではないか。
もしかしたら,尺法が変化したため,そのずれが出たのかもしれない。(南朝尺→唐尺)

前にも書いたが,「少しの違いが大きな違い」ということがある。
山田さんの「わずかな違い」の発見が,歴史上の「大きな違い」の発見であることを祈る。

Dscn0069

Dscn0070

Dscn0071

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで,南大門には「大華厳寺」という扁額が掛かっています。
東大寺の「異称」と言われているそうですが,
正式名は「金光明四天王護国之寺」なわけで,
どうしてこの名が付いているのか,「ひょっとして本来の寺の名なのか,
「謎」として付け加えておきます。
国分寺の本山「東大寺」も,多元的に考えないと,
本当のことはわからないということでしょうか。゜

東大寺・南大門の「大華厳寺」の扁額

https://www.jalan.net/yad395879/blog/entry0004039344.html


2017年11月20日 (月)

コラム 九州王朝は駅鈴も作ったか?(11/21版) 

『古代に真実を求めて』に掲載していただくために,
「九州王朝は駅鈴も作ったか?」を短く縮めてみました。
「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」の方は,
無事掲載の見込みです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
古田史学では、複数の同じ言葉を統計的に処理しながら、「ここではこういう意味で使われている」などと論証を進めていく。自然科学なら仮説を立て、実験で決着をつけることができるが、人文科学ではなかなかそういう機会には恵まれないからだ。
また、大量の考古出土物が発掘されれば、その分布図が描けるので、それを使用したり,埋設したり,廃棄したりした場所の中心が特定できる。すなわち文化圏がわかるのである。
(2種類の銅鏡,銅剣・銅矛・銅戈と銅鐸など)
では、1~2個しかないものだったらどうか?たとえば駅鈴について考えてみよう。
これは現在本物が,隠岐にしかないとされている。(2個だそうだ)当然これでは「分布図」は作れない。※しかも「刻み」がないため、偽物説もある。では、駅鈴は「なかった」ということになるのだろうか。
また、そもそも駅鈴は誰(どこの王朝)がつくったものなのだろうか。そのことは、九州王朝説の強化に使用できないだろうか。ということで、私の考えを書いてみたいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【その1】 改新の詔の「其の二」に駅鈴は出てくる
其の二の最初と最後に「鈴」ということで駅鈴が出てくる。(『日本書紀』孝徳紀)
ただし、川瀬健一さんからご教示いただいたところによると、これは常色三年(六四九)のことらしい。ということは、九州王朝の時代であり、白村江の戦いが迫る時期=古代日本ハイウェーの建設と重なる時期ということになる。まさに古代官道と駅鈴は、切っても切れない関係にあったということではないか。
しかも天武紀には、壬申の乱の描写が駅鈴をめぐって、生々しく迫力満点で描かれている。これで、「駅鈴はなかった」としたら、歴史の研究はまぼろしに終わる。

【その2】 駅鈴は厳重に管理されていた
NHK・BS2で2年前に放送された「古代日本のハイウェー~1300年前の“列島改造”」という番組を観ることができた。(二〇〇九年放送。二〇一二年再放送)その番組の中で、「最近解読された木簡に、兵士が2時間ごとに交代で駅鈴を見張っている」という事実が取り上げられていた。駅鈴は、確かに「あった」である。しかも厳重に管理されていた。

【その3】 だが、現存の駅鈴は隠岐のものだけ
正史(盗用ではあるにせよ)にも書かれ、しかも厳重に管理されていた駅鈴が、さらに天武紀ではあれほど印象的に表現されていた駅鈴が、今は隠岐の2個しかないという事実。私には信じがたい。奈良時代から一三〇〇年経ってはいるけれど、駅鈴の数は多数に上ったと思われるので、それが2個だけしか残っていないのは不自然に思われるのである。私はそこに前王朝の事物の回収・廃棄(金属なので溶かすというのも含め)があったのではないかと思う。これを持たれたままだと、九州王朝側の人たちに使われてしまう危険性があるからだ。

(事実「続日本紀」七〇七年、七〇八年、七一七年の3回にわたって、「山沢亡命」記事が出ている)そして,九州王朝の時代の駅鈴との違いを付けるため,「刻み」を入れたと考えた。(身分により利用できる馬の数が違うようだ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
唯一2個の駅鈴が現存する億岐家。
「億岐家と駅鈴」サイト http://www.rundoki.com/okiietoekirei.htm
上記のサイトには、駅鈴が伝えられたいきさつを書いてある。ぜひ訪問してみていただきたい。また,億岐家の壺は、上記のサイトに写真が出ている。どなたか、年代の鑑定ができる方はいないでしょうか。かなり古そうな壺なのですが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の仮説は、次の3つである。
仮説1 ・・・ 九州王朝は、古代日本ハイウェーの建設と同時に、あるいはそれ以前から駅鈴を作っていた。(それには「刻み」はなく、文書とともに使われた)

仮説2 ・・・ だが、大和政権に主権が移譲されるとともに、それらのほとんどは回収・廃棄された。そして、大和政権によって新しい「刻み」のある駅鈴に作り替えられた。

仮説3 ・・・ しかし、九州王朝の「刻み」のない駅鈴を億岐家は壺の中に隠し保存された。それゆえ、九州王朝当時の駅鈴の2個だけが現存している。(大和政権の「刻み」のある駅鈴は,律令制の衰退とともに廃棄されていった)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ これまで「刻み」がないことで,「偽物扱い」になっていたらしい隠岐の駅鈴。
 逆に「刻み」がないことが、九州王朝時代の「真作」の証明になると思われる。
 なぜなら、もし大和政権の駅鈴を壺の中に隠してもっていたら、意味がないし、逆に公のものを隠していること自体が問題とされよう。 前王朝=九州王朝の時代の駅鈴だからこそ、壺の中に隠し持つ意味があり、当然「口外無用」ということになるのである。ここに多元的「駅鈴」研究の意義がある。

※ 駅鈴に「刻み」を入れて支給した記事が、「続日本紀」に出てくる。
「常陸国に十剋、遠江国に七剋の駅鈴を、伊豆・出雲の二国にも駅鈴をそれぞれ一つ宛を支給した」
これがあの日本書紀の完成のわずか二か月前の「三月二十三日」の記事である。
駅鈴も造り変え、歴史もねつ造し・・・・、と私は勘ぐってしまうが、いかがだろうか。 

『肥さんのこの10年~50代の仕事』の構想

「卒パ」(2018年3月)をきっかけとして,
上記のガリ本を作ろうと思っている。
今回は原稿を印刷屋に入れて200ページで200部作りたい。
(製本だけ頼むと安く済むが,時間がない)


1 仮説実験授業関係

(1) 『歴史地理教育』の「授業書《世界の国ぐに》と「GDPボックス」」(6ぺ)

(2) 「たのしい社会科教育をめざして~仮説実験授業を活用して」(4ぺ)

(3) 『たの授』掲載分の「Xージャイロ」「エレベーター式!?トランプ」「編集委員会ニュース」(10ぺ)

(4) 今月の手品と手品30選(10ぺ)

(5) 肥さんの「はみ出したの」30年(30ぺ)


2 古田史学関係

(1) 「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」(4ぺ)

(2) 「九州王朝は,駅鈴も作ったか?」(2ぺ)

(3) 「多元的「国分寺」研究のサークルへのお誘い」(2ぺ)

(4) 肥さんの「大雑把」歴史論(2ぺ)

(5) 歴史を学ぶ中学生のために(2ぺ)

(6) 古田武彦氏の著作と私( ぺ)


3 被災地訪問

(1) これまで訪問(宮城県~岩手県)

(2) 写真紹介から「おのくん」へ

(3) これからの訪問(福島県)


4 音楽関係

(1) 肥さんの「音楽史」( ぺ)「フォークソング世代」「鬼無里村讃歌」「労働(先発隊の厳しさ)」

(2) 頭慢論( ぺ)「表歌と裏歌」「ハブ空港」

(3) 愛の世代ズ論( ぺ)「おじいちゃんの唄」「新宿の夜」から「雲上にて」へ


5男バレ顧問

(1) 肥さんの「バレーボール」試論(10ぺ)

(2) 男バレ顧問~昨日の部活動( ぺ)


6「夢パ」から「卒パ」へ。そして・・・


冬休みまでの仕事

これから冬休みまでの仕事をチェックしておこう。
たのしいことをするためには,
仕事もやっておかなければならない。

(1) テストの採点~本日期末テストの1日目に社会科がある。
 問題は印刷したので,あとは採点である。返却が水曜から。
 ただし,木曜日課だったはずで,返却順に採点する。

(2) 成績を出す~中間・期末の2回のテストとその他の材料を使って,
 5段階の評定・評価を出さなければならない。しかし,入力してしまえば,
 一応ひと段落という場面もある。(ただし,副担任の仕事が多いので注意)

(3) 卒業アルバムの個人撮影と授業風景
 水曜日に第1回目の個人写真を入れ,様子をみながら第2回を設定したい。
 学校というところは,なかなか1回だけで終わりという訳にはいかないので,
 「とりあえず第1回」が必要だ。

(4) 以上が主な仕事だが,初めて卒業生を送り出す先生もいるので,
 様々な形でフォローしていきたい。そして,私自身も「卒パ」の準備を進めたい。

侍ジャパンが初代王者に

稲葉監督が率いる侍ジャパンが,
アジアプロ野球チャンピオンシップ初代王者に輝いた。

相撲界の騒ぎの陰に隠れ,
私も先週末は忙しくて,
テレビ観戦も出来なかった。

西武の若手選手が大活躍し,
いい戦いをしてくれた。
(MVPも外崎選手に)

東村山四中との練習試合 11/19

昨日は,東村山四中に来ていただいて,
練習試合をした。
木下兄コーチ夫妻にお世話になった。

対東村山四中 6ー0(25ー18,25ー15,25ー14,
 ①25ー13,25ー16,25ー10)

前回彼等と対戦したのは,
8月12日の第2回狭山丘陵杯。
その時のスコアは,25ー23の辛勝だ。
(顧問の先生の悔しそうな顔が忘れられない)

あれから3か月。
そこから私たちは練習し,6校との練習試合をし,
新人戦・市予選を辛勝した。(7点の得失点差)
さらに,練習し,のべ5つの中高と練習試合をし,
新人戦め県大会で1勝をあげ,2位のチームに善戦した。

3か月振りの東村山四中に生徒に,
戦った感想をインタビューしてみた。
「前回と違って,拾い拾いまくられた(リベロが良かった)」
「クイックの攻撃にやられました」
スパイクももちろん以前よりまっているのだが,
相手の生徒にとっては,まだ経験の少ないクイックは
効果があるのだなあと思う。

用事でレギュラーが1人欠けていたらしいが,
とにかく途中まで競っていても,
そこから自然とアクセルが入っていく攻撃は魅力的だ。
多くの上位校との対戦を経験して,たくましくなったのだろう。
コーチもそんな彼らの姿をうれしそうに眺めていた。(o^-^o)

昨日もたくさんの応援,ありがとうございました。
久しぶりに安心して我が子を
応援できたのではないかと思います。

また,高校生のN君も遊びに来て,
後輩たちの相手をよくしてくれました。
特に同じ守備位置のリベロの2人には,
練習相手をよく頼まれていました。

【新チームの対戦成績】

42勝41敗=約5割まで下がってきた勝率は,
この日48勝41敗=約5割4分まで回復しました。
これからの練習試合や冬季大会へのチャレンジで,
さらに先輩たちの数字に近づきたいものです。

2017年11月19日 (日)

肥さんの「多元的古代」研究テーマ

古田武彦氏の『「邪馬台国」はなかった』に出会って40年。
『吉野ヶ里の秘密』で再開して以来,30年近くの歳月が流れた。

最初は著作を渉猟するだけだった私も,
やがて研究会に入り,また講演会に通うようになり,
さらにちゃっかり研究旅行にご一緒するようになり,
自分でも何か研究できたらいいなあと思うようになった。

授業プラン〈「邪馬台国」はどこだ!〉1992年は,
仮説実験授業と古田史学の融合で,
考古出土物(銅鏡,青銅器,鉄器,絹)の分布を予想させ,
「邪馬台国」のありかを探るものである。
シンプルなプランではあるが,中学校に入学してきた生徒たちを,
地理では授業書《世界の国ぐに》の第1部〈いろいろな世界地図〉で歓迎し,
歴史では〈「邪馬台国」はどこだ!〉でまた別の歓迎をするという
地歴両面のサービスをしている。

その後,なかなか研究テーマというものが見つからなかったが,
20年経って,私は思いもよらなかった,地元の古代官道についての文章を書くことになる。
「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」2012年である。
これはNHK・BS2で放送された「古代日本ハイウェー~1300年前の“列島改造”」を視聴し,
これは白村江の戦いの前に九州王朝が作った軍用道路ではないかとひらめき,
「夢ブログ」に書くとともに,「古田史学会報」に投稿した。(2012年2月号)
その後川瀬さんにご批判いただいた部分を手直しして,『古代に真実を求めて』に投稿。
西村さんの「南海道」の発見(王朝の変更でコース変更か)もあるので,心強い。

この経験がさらに,その東山道武蔵路の沿道に建っている武蔵国分寺の研究につながる。
つまり「「国分寺」はなかった!」から始まる多元的「国分寺」研究サークルである。
これは2015年スタートの同名のブログでのサークルであり,
現在は川瀬さんや山田さんが論客の中心であり,私が学ばせていただいているものである。
しかし,最初のところでは,私の活躍もあった。
第1・・・武蔵国分寺の塔は南北の方位なのに,中門や金堂や講堂の方位は7度西偏している。
第2・・・聖武天皇の出した「国分寺建立の詔」の中には,「国分寺」という言葉が一回も出てこない。
 あるのは「七重塔を造れ。そうしたら金泥のお経をあげる」である。「国分寺」はなかった!
大きなテーマとしては,すでに九州王朝が国府寺を置いていて,それに七重塔を追加させようとした。
九州王朝が滅亡し,大和政権が跡を継いだので,自分たちがもとの寺も造ったことに・・・。
通説では,741年の「国分寺建立の詔」が国分寺のスタートだというが,
もっと古い7世紀のかなり立派な寺院跡(廃寺)や7世紀後半の白鳳瓦が各地から出土している。

道に関しては,さらに「「神無月の神話」は実話だった!?」というのも最近書いた。
つまり神無月に神々が集まるというのは,当時(私は弥生時代の前半と考えている)
出雲が日本の中では主権者であり,そこに神無月(10番目の月ではなく,「亥月」=最後の月。
これは山田さんから教えていただいた。さらにJames Macさんから来年の暦をもらいに
行っていたのではないか,などという壮大なテーマにまで発展してしまった。
本当に,人間の想像力というのはすごい!)

また,その道路を通行するのに,駅鈴が必要であった時代もあるわけで,
九州王朝は駅鈴も造ったか?などというのも書いた。
本当に道にはお世話になっていて,寝る時にも「足を向けられない」と思うのだが,
四方に道が張り巡らされているので,勘弁してもらっている。(笑。これはあいせだ・てるちゃんのネタ)

さて,その他の研究テーマを箇条書きにしておく。

(1) ONラインの研究(700年までと,701年からで大きな違い)~大和年号「大宝」のスタート,
 「評から郡へ」(藤原木簡),「朝賀」もなかった!,「無位」から従五位下(貴族)への大出世の謎
 
(2) 続日本紀の「はじめて〇〇した」は,大和政権が主語か?

(3) 東山道武蔵路の下には,出雲街道があるのではないか?(いきなり幅12mの直線道路は
いくら何でも発想しにくいのと,沿道に天王森の字名や八雲・八坂・氷川・白山など出雲系の神社)

まだまだあった気がするが,そろそろ学校に行く時間(休日出勤で,部活動とテストの印刷である。
ああ無情・・・)なので,思い出したら追加したい。

愛機で初めての「テスト作り」

一昨日の帰りしなに,土日は学校のパソコンが使えない
などという,不安情報が流れた。
県大会で3年生のテストを作れなかった私にとっては,
衝撃の情報であった。

そこで,「備えあれば憂いなし」とばかり,
「夢ブログ」を書いている愛機「Surface」を持って行った。
噂は本当だった。
パソコンの管理・修理のために,
土日にまったく使用できないとのことだった。
しかも社会科は,月曜日の教科だから大変だ。

私はテスト作りは,これまで学校のパソコンでやっていた。
今回愛機でやってみて,使いやすいことこの上なし!
生涯最後となる3学期期末テストも,
愛機での作成を考えたい。

建設会社と折衝

昨日部活動を早く終えて向かったのは,
新しいアパートでお世話になっている建設会社。
私の節目となる年だけに,今できることの提案があった。
しかし,それは私の一存だけではできないことなので,
弟にも参加してもらって話を聞いた。

詳しく,行き届いた説明に弟も納得したようだ。
というか,調子に乗って建設会社もビックリのプランを提案していた。
次は母への説明となるが,兄弟の意見が一致していれば,
母の首は縦に振ってもらえると思う。

詳細は,来年以降になるが,
やがては「夢ブログ」でも報告できると思うので,
ゆっくりお待ち下さい。(o^-^o)

今日は「オムライス」

例の「Rosa」に,昨日またお邪魔した。
昨日は,「オムライス」を注文した。

Dscn0061

Dscn0062

昨日は,ご主人と二人で営業され,
夜の部には妹さんもお手伝いに来るとか。

私は家のことで建設会社との折衝があり,
行くことができなかったが,
きっとアットホームな雰囲気で盛り上がったのであろう。(o^-^o)


昨日の部活動 11/18

昨日は,午後1~4時の「変形P」だった。
木下兄コーチにお世話になった。

目標として,冬の5大会を「賞状がもらえる順位」で通過し,
協会長杯・県大会には「ベスト4」をめざすことになった。
コーチもそれを念頭に指導していくことになろう。

私としては,肥さんの「最後っ屁」。
部活ノートを部員たちとすることにした。
せっかくのコーチの指導を意識し,身のあるものにしていくため,
毎日「県大べスト4をめざして」を記入していくのだ。
それに私のアドバイスも毎日書く。

仕事量は増えると思うが,4か月限定だ。
それがもし,「ベスト4」に少しでも近づき,
より深くバレーボールの世界に近づくことにつながるのなら,
私は「仕事が増えること」を歓迎する。
さあ,「善は,急げ!」だ。

Dscn0063_3

この写真を撮影後,下の空欄に個人名を記入した。

朝練で集め,午後練で返却する。

2017年11月18日 (土)

スーパーマン肥さん

スーパーに寄ると,余計なものも買ってしまう。
まあ,それの関連話です。

昨日の「余計なもの」は,普段関心があるものなので,
「無駄遣い」とは思っていない。
皆さん,知っていましたか?

(1) かっぱえびせん(ホタテ醤油味)

Dscn0060

2倍エビが増量されているなんていうのもあるが,
今回のものは「ホタテ醤油味」。
何を隠そう,ホタテ好きの肥さんなので,
自然に手が伸びてしまったのでした。
最初はエビとホタテと口が判別できずピミョ―だったが,
慣れてくるとこれがなかなかイケル。
このホタテ醤油味は「期間限定」なので,
興味のある方は早めにスーパーへ。

(2) あきたこまち(玄米)

Dscn0058

老後は「玄米」&「具だくさん味噌汁」の
スローフード的食事を目指したいと思っている。
その練習にと,昨日あきたこまち(玄米)を買ってきた。
2キロで800円だから,安いと思った。
冬休み(クリスマスやお正月を含む)は栄養過多になりがちな季節。
それを和らげるためにも,スローフードの朝食で過ごしてみたい。

以上,スーパーの男=スーパーマン肥さんからの報告でした。(笑)

今年の新語・流行語大賞は?

今年の「新語・流行語大賞」のノミネートは,
以下の30語だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アウフヘーベン」「インスタ映え」「うつヌケ」「うんこ漢字ドリル」「炎上○○」
「AIスピーカー」「9.98(10秒の壁)」「共謀罪」「GINZA SIX」「空前絶後の」
「けものフレンズ」「35億」「Jアラート」「人生100年時代」「睡眠負債」
「線状降水帯」「忖度(そんたく)」「ちーがーうーだーろー!」「刀剣乱舞」「働き方改革」
「ハンドスピナー」「ひふみん」「フェイクニュース」「藤井フィーバー」「プレミアムフライデー」
「ポスト真実」「魔の2回生」「〇〇ファースト」「ユーチューバー」「ワンオペ育児」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにか,ピンとくるものはありましたか?
「忖度〈(そんたく)」や「ちーがーうーだーろー!」は,
けっこう世を騒がせた気がしますが…。

私的「新語・流行語大賞」のノミネートは,
以下のものかなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽天の快進撃」・・・春先は「優勝間違いなし!」と言われたものですが

「1日2食ダイエット」・・・「1日3食・健康説」に対する疑問。ダイエットの夏

「最後の〇〇」・・・「あと1年」を意識して,過ごしてきた日々

「卒パ」・・・「夢パ」の大成功に続き,肥さんが放つ第2弾の企画

「福ちゃん」・・・この店の暖簾(のれん)をくぐって以来,目くるめく世界が広がっていった

2017年11月17日 (金)

日本では「九輪」が多いが・・・

塔の相輪について,少し調べてみました。
すると,談山神社のことを書いているサイトがあって,
塔の相輪に注目して報告していました。

Q 談山神社の十三重塔の相輪の数はいくつでしょうか?

予想 ア.9個  イ.13個  ウ.その他

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

A 実は,ウの7個が正解です。

Q その他の寺の塔についても,予想してみて下さい。

興福寺の五重塔・・・

当麻寺の三重塔・・・

法起寺の三重塔・・・

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

A 興福寺の五重塔・・・9個

当麻寺の三重塔・・・8個

法起寺の三重塔・・・9個

ということで,日本では「九輪」が多いが,例外もある!
というところでしょうか。
外国はどうなのか,誰かご存知ないですかね?


「福ちゃんズ」の誕生か(2)

来年4月から時間が自由になるので,
「愛の世代ズ」の応援団長としての活動をより活発にし,
地元でも「福ちゃんズ」を立ち上げたいと思っている。

先日書いた通り,若いご夫婦は,ドラムとペースができる。
また,40代の男性は,シンセサイザーができる。
これで不足しているのはギターとボーカルだが,
ちゃっかりその座に私がすわろうという訳である。

とりあえず,2週間に1回くらい練習を行い,
どんなことが出来そうか可能性を見つけたい。
その上でまず地元の文化祭や老人ホームの慰問など,
自由に行えたらいいと思っている。

やがては,「愛の世代ズ」といっしょにコンサートをして,
お客さんに喜んでもらえる会を催したい。
1つのグループだけだと集客力も弱いし,時間も長くはできないけれど,
その弱みが複数のグループだと解消できそうだ。

最初は500円程度の低料金で100人規模。(小さい公民館)・・・練習的
やがては1000円もらって数百人規模。(公民館のホール)・・・営業的
と実績を伸ばしていけたらと思う。

その際,CD「あいせだワールド」があれば,宣伝効果は抜群だ。
ぜひ多くの人に知ってもらい,日本中,世界中に発信していこう!
(プロデューサー肥さん)

その前に,「福ちゃんズ」をまず結成しないとね。(笑)(o^-^o)

今週末を乗り切れ!

ずっと県大会に向けて頑張ってきて,
まだ日曜日まで部活動もあるが,
来週の月曜日には3年生のテストがある。

ということは,部活動と並行して
テスト作りをしなければならないわけで,
同時並行が苦手な私としては,
時間を無駄にしないために,
ブログで計画表を作ろという次第。

本日(金)・・・テスト問題の素材になるものを用意する。

明日(土)・・・午前中に,下書き入力(太字・細字)と「公民かるた問題」の選択。午後,部活動。

明後日(日)・・・午前中は女バレの,午後は男バレ(練習試合)なので,時間を見つけて印刷。

なんとかこれで行けそうな気がしてきた。
学年によって,テストの時期がずれるのは仕方がないが,
今体調が良いとはいえないので,だましだましやっていきたい。

初めての不整脈

人間ドックで「不整脈が出ています」と初めて診断され,
先週精密検査をし,昨日が結果の発表だった。

自覚症状はまったくなく,
24時間検査器具を付けているのが大変苦痛だったが,
心配をなくしていきたいので,頑張った。

その甲斐あって,「心配ありません。心臓自体の働きは良好ですよ」
中年以降になると,多くの人が「不整脈」の疑いが出るらしく,
これも一種の「加齢現象」ということらしい。(来年は「還暦」だものね)
「正しく怖がる」という対処法(寺田虎彦氏の言葉)が良いと聞いた。

そもそも夏休みの人間ドックはダイエット中のもので,
体に負荷が掛かっていたのかもしれない。

以下に,気になる人が読めるように,
サイトをリンクしておいた。

怖い不整脈と怖くない不整脈

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph06.html

昨日の部活動 11/16

県大会のための特別時間「5時半まで」がなくなり,
帰りの会の後はほとんど活動ができない。

朝練は一応50分(7時20分~8時10分)が使えるので,
そちらを無駄にしないで活用することである。

眠いのは,みんな同じ。
動かなければ,眠いまま50分を過ごすだけだ。
日曜日の東村山四中との練習試合まで,
もうひと頑張りである。(o^-^o)

2017年11月16日 (木)

「総国分寺・東大寺」について

「奈良の大仏」考

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2017/11/post-cb80.html

東大寺の東塔跡と西塔跡を訪ねて

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2017/06/post-055d.html

創建時基壇と「七重塔示す」瓦の大量出土

http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/2e3eef0e39c151630dc0436dd116cc45

失われた巨大仏塔

https://matome.naver.jp/odai/2146407176593449601

東大寺の東塔・西塔は,七重塔のようです。

新CD「あいせだワールド」の概要

今朝「あいせだのラジオ」をチェックしたら,
最新の回がアップされていた。

新CD「あいせだワールド」の概要も発表され,
以下の8曲が収録されるとのこと。

(1) 新宿の夜
(2) 痛み止め
(3) 雲上にて
(4) トラウマ
(5) おじいちゃんは人殺し
(6) 大丈夫大丈夫
(7) 幸せであれ
(8) イリュージョン

すでに「あいせだのラジオ」で聴いている楽曲ばかりであるが,
1つのCDの中にこれらが収録されているというのがうれしい。
ぜひこれをきっかけに関係各方面の仕事が増え,
「愛の世代ズ」の時代が来ることを祈る。(o^-^o)

12月の楽しみ

「あと4か月」となる12月は,
どれくらいサークルに行けるのだろうか。
そろそろ「歩け歩け」や「郷土研究会」,「福ちゃんズ」にも
参加していきたいところだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2(土)・・・高崎サークル
3(日)・・・所沢マラソン(応援)

7(木)・・・社会科サークル

9(土)・・・飯能・日高サークル

16(土)・・・昭島サークル

20(水)・・・あいせだ記念日

22(金)・・・終業式

よみがえる肥さん

古田武彦氏の著作名を借りて,
このところの私の体調について報告しよう。

・12日&13日の県大会あたり・・・「肥さんはなかった」

・14日の県民の日・・・「失われた肥さん」

・昨日&本日・・・「よみがえる肥さん」

疲れと風邪と応援による声の出し過ぎから,
熱は出るし,顔は熱いし,関節は痛いし,
とても生きた心地ではなかった。

ようやく昨日の午後あたりからまともな状態に戻ってきて,
週末には「肥さんは輝いていた」ということになる予定である。(o^-^o)

昨日の部活動 11/16

昨日は,午後4時10分~4時15分のコマ(とはいえないが)だった。
新人戦・市予選の賞状を配布した。
以前はマネージャーはもらえなかったものだか,
今はもらえるし,「県大会参加証」ももらえる。

木下兄コーチに来ていただいた。

今週末は,11月18日(土)に顧問が用事のため,
1時間早く午後4時に終了です。(Pみたいだが,実質3時間の活動)
建設会社との打ち合わせがある。

また,11月19日(日)に,東村山四中が来てくれる。
午後1時から5時の練習試合だ。
期末テスト前の最後の練習試合を頑張ろう。

そのあと,テスト期間に入り,
再び再開するのは,28日(火)だろうか。
もう12月も目前だ。

2017年11月15日 (水)

Rosa〈ロッサ〉は素敵なレストランでした

学区内の交差点の近くで,8月に開店したので
一度訪ねてみたいと思っていた上記のレストランに,
昨日勇気を出して飛び込んでみた。

750円+税のランチは,ちょっと贅沢だが,
自然食品へのこだわりもあるし,
ダイエットの進んだ今となっては「程よい量」だ。
(私はハンバーグを注文した。
スープ,サラダ,ライス付はである)
ほかにも,スパゲッティー,オムライス,
カレーライス,チャーハンなど,
おなじみのメニューがあって楽しみだ。

なかなか車を止めにくい場所で,
車での来店はお勧めしないが,
こんな素敵なレストランがこんな身近にあるとは,
肥さんは最後まで幸運の持ち主である。
(「悪運じゃないの?」という読者の声)

これからは夜の部も始め,お酒も飲めるようになるらしい。
ちょっと訪問してみたいなという方は,私に声を掛けて下さい。(o^-^o)

Dscn0051

Dscn0050

Dscn0052

Dscn0054


昨日の部活動 11/14

昨日は「埼玉・県民の日」だった。
だから,大会翌日でもあるし,ダウン的にやることにした。
スタートで,仕事にも関わらず木下兄コーチが話をしてくれた。

私は「バレーボール部通信」を作っており,内容は聞けなかったが,
本日以降その内容を聞いてみたい。

男バスがオフ,女バレが練習試合で冨岡中に行ったため,
なんと大会翌日にも関わらず,全面コートの使用となった。

最後に新人戦・県大会の反省をして終わりにしたが,
「8ー25」と「23ー25」の自分たちのバレーボールから
どれだけ学べるかに今後が掛かっている。

ありがたいことに,男バレには5つの「冬季大会」がある。
それで実力をつけながら,協会長杯・県大会(春の大会),
そとして学総体・市予選&県大会(夏の大会)につなげていきたい。

とはいえ,一緒の学校に所属するのは3月までで,
協会長杯・県大会に私はベンチに入れない。
なので,「冬季大会」も期待しています。(o^-^o)

2017年11月14日 (火)

多元的「苗字」研究

教えていただいた「姫」氏を少し発展させてみる。

歴史で「冠位十二階」を教える時,
「蘇我氏の冠の色は,何色だったでしょうか?」と質問することがある。
これは「馬子も,蝦夷も,入鹿も,伝えられていない。
だから,皇室同様,「冠をさずける側」であり,
「授かる側ではなかった。それほど蘇我氏は権力があった」
というオチになる授業風景である。
ただし,これは歴史教科書の親分である
「勝者の歴史思想書」=「日本書紀」の主張であり,
本当はそうでないかもしれない。

ここでは多元的「苗字」研究ということで考えてみたい。
私が「大雑把な日本の歴史」で考えているのは,次の4段階である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 各地の黒曜石の産地を中心とした縄文時代の「クニ」

(2) 青銅器という金属器(祭器)を中心とした出雲王朝の時代。天王(弥生時代前半)

(3) 青銅器にプラスして鉄器(武器)を中心とした九州王朝の時代。天皇(弥生時代後半)

(4) 白村江の戦いに敗れ,滅亡していく九州王朝に替わり,
 この日本列島の統治者として登場した大和政権(天皇)の時代。

 「続日本紀」等によれば,7世紀末までと8世紀からではまったく様子が違う。
 初めて大和政権が自力で年号を定める(大宝元年)。遣唐使をどんどん派遣する(山上憶良も)。
 「無位から従五位下(貴族)」への大出世。評から郡へ行政単位が替わる(藤原京木簡)。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「神武天皇」以来大和がこの日本列島の統治者であり,
それ以外の者は「豪族」と呼ばれて臣下だったというようなこととは,
まったく違っているのが,7世紀末・8世紀初頭の様相なのである。

(1)と(2)の間の大変動~宗教的権威を背景とした支配。神無月(最後の亥月)の大集合。
(2)と(3)の間の大変動~「国譲り」で,大国主は出雲大社に祀られ,政権を失う。
(3)と(4)の間の大変動~九州王朝の滅亡と大和政権の誕生。

こう考えてくると,大和政権が№1になったのは8世紀初頭からであり,
従ってそれまで九州王朝のトップが名乗っていた天皇の呼称もそこからが始まりである
つまり,持統は天皇ではなく,文武からが天皇と名乗ることが出来たことになる。
なので,№2だった「日本書紀」は持統で終わり,№1となった「続日本紀」が文武から始まるのである。
私には,あまり渡来系の王族への興味がないので,下にリンクするだけにしておくが,
最後に,「天武天皇」の「本名」をご紹介しておこう。

天渟中原瀛真人天皇

このうち「真人」というのが「八色の姓」の最高位なのだが,
上の考察から考えてみると,№1の支配者が「豪族」たちに与えるのが姓である。
最高位とはいえ,天皇がもらってしまったら意味がないではないか。
つまりその時代はまだ別の王朝が№1で,天武はそうではなかったということである。
また,奈良時代に入ると「真人」の贈位がインフレーション的な状態となり,
相対的に「真人」の価値が下がってしまったそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

苗字がないのは,日本の皇室だけ

https://srad.jp/comment/54584

皇室に姓はあるのか

http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-38.html

ウィキペディア「姫」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB

「出雲王朝」の栄えた時期

弥生時代は,いつ頃から何時頃までかを問うと,
大人の中には紀元をはさんで300年ずつくらいと答えるだろう。
(私もそう習った)
しかし,次の歴博の発表によると,現在考えられている弥生時代は,
紀元前10世紀から紀元3世紀の約1000年間ということになり,
昔の教養がぶっ飛ぶのである。

弥生時代

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3

ところで,このところこの「夢ブログ」で盛り上がっている「出雲王朝」は,
いったいいつ頃栄えたのだろう。
また,同時に「国譲り」で政権を奪われたのは
いつ頃と考えたらいいのだろう。

と思ってJames Macさんのサイトを訪問したら,
さすが「早撃ちマック」の名を差し上げたいJames Macさん
以下の話をアップして下さっていました。

この中には,天皇家の苗字は「姫氏」であるという興味深い話も出てきます。

古田史学とMe(弥生時代の始まりと倭王権)

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/f4b594a40f910b3044c4e657d533112e

出雲地方の2つの大出土地

出雲地方の2つの大出土地がこのある。
荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡である。


荒神谷遺跡

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E9%81%BA%E8%B7%A1

加茂岩倉遺跡

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%8C%82%E5%B2%A9%E5%80%89%E9%81%BA%E8%B7%A1

荒神谷遺跡からは,「1984年 - 1985年の2か年の発掘調査で、銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本が出土」した。
これは当時発掘されていた銅剣(銅矛?)の数以上の数だったから,驚愕の発掘だった。

加茂岩倉遺跡からは,「1996年より1997年の2年間にわたり、・・・一カ所からの出土例としては
日本最多となる39口の銅鐸が発見」された。

それまで単なる「神話」の地方だった出雲は,一挙に「出雲王朝」の名前を冠する地と化した。
これらの考古出土物は,共通点として不思議な「×」という文字が刻まれ,謎の記号と思われていたが,
先日James Macさんのブログを読んだら,「出雲王朝の紋章」ではないかとのことだった。

天照大神を祀る伊勢神宮の象徴である鏡の「〇」を良い意味の記号と考えさせ,
大国主やスサノヲを主神とする出雲大社の象徴である銅矛の交差の「×」を
悪い意味の記号と考えさせたとしたら,それはものすごい影響力をもって
私たちの中に洗脳(スポイル)させられていることになる。

古田史学とMe(「牛頭天王」について(二))

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/2c625fee02e83df6b33a954595a744b7

『たの授』11月号の感想

仮説社御中
『たの授』11月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』11月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) たのしさ開眼!心から理解した〈仮説〉のすごさ(峰さん)

仮説実験授業をやることで,子どもたちが成長するのはもちろんですが,
一番効果があるのは「先生自身の成長」だと思います。
子どもたちについて,授業について,学校について,教育について,
見方・考え方が大きく変わるからです。そのへんがよく伝わってきました。
文末にまとめの漫画。峰さんは漫画の才能も素晴らしいと思いました。

(2) ゴーゴーミズキ!(伊勢さん)

小原茂巳さんの『授業を楽しむ子どもたち』(仮説社)に出会って約10年。
伊勢さんのクラスにも,ヒーローが何人も誕生しています。しかもこれは,
法則的なことではないかと,伊勢さんは気が付きます。かつては挫折も
経験したという伊勢さんの快進撃は,これからも続きそうです。

(3) 終戦と南北の分断(二階堂さん)

「第二次世界大戦後の韓国=朝鮮」という連載の1回目でした。
私は社会科を教えているので,気になる記事でした。
二階堂さんの話では,米ソの対立の中,朝鮮半島ではさまざまな勢力が
独自の動きをして,今に至っているとのことでした。
このようなことは,なかなか授業では話せません。連載がたのしみです。

古代史研究にも,インターネットの威力

今や古代史研究にも,
インターネットの威力が欠かせない。

先日の「夢ブログ」の記事で,
「「神無月の神話」は実話!?」というのがあったが,
それに山田さんが「神無月は,亥月(最後の月)である」
とコメントしていただき,話がふくらんだ。

この件をいろいろな人に話してみたが,
私周辺の人は誰もご存じではなく,
「とりあえず言ってみること」の大切さを思った。

その後山田さんは,ご自身のブログ
「「神無月」と「神在月」― 出雲王朝の年度計画会議 ―」を書かれ,
それにたいして西村さんとJames Macさんがコメント。
今は「出雲王朝の暦について― James Macさまのご教示 ―」
という壮大なテーマにまで発展している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後ともインターネットをフル活用して,
歴史解明のお役に立ちたいと思っています。
「肥さんの夢ブログ」はもちろんのこと,
「多元的「国分寺」研究サークル」
「古田史学の継承のために」にも,
ご支援・ご協力いただければ幸いです。

「愛の世代ズ」レコーディング報告

一昨日,私が県大会(1日目)を戦っていた頃,
「愛の世代ズ」はレコーディングを行っていた。
それは日程的に重なっていたので,参加できなかったが,
「こっちも頑張るので,そっちも頑張って」という
気持ちはつながっていた。

8曲の収録!これはもうミニアルバムではない。
立派なアルバムと言っていいだろう。
その楽しいレコーディングの様子を
「愛の世代ズ」がアップしてくれているので,
リンクさせてもらいますね。

あいせだのラジオ(11.12 レコーディング。)

https://www.youtube.com/watch?v=mx0GtJjXpNk

肥さんの一句

「もやし炒め だけでも幸せ レコーディング」(笑)

新人戦・県大会(2目目) 2017

昨日は,上記の大会が川越総合体育館で行われ,
生徒たちと行ってきた。
木下兄コーチにお世話になった。

対蓮田平野中 0―2(8ー25,i23ー25)

2セットの内容は大きく違いましたが,
いろいろと学ぶことが出来ました。
ありがとうございました。

【第1セット】

スタートから5ー5のイーブンと,強豪を順調に滑り出した。
(④⑦××④〇×××⑦)
ところがその後取れたのはわずか3点のみ。
対して平野中は20点。これでは勝負にならない。
考えるに,消極的なバレーのスキを突かれ,
そこに平野中のパワーが爆発した。

【第2セット】

第2セットは,さらに好調にスタートした。6ー4である。
(〇×④④××④④〇×)
そして,リードを保ちながら試合を進め,
一時は15ー10の5点差と突き放した。
ところが,そこから先に県大会ベスト8の「経験の差」が出る。
16ー16で同点となった後,取ったり取られたりして,
最後は3点連続で取られてセットを失った。

「8ー25」の自分たちも事実であり,
「23ー25」の自分たちも事実である。

8点・・・何が足りなかったのか,どう努力していけば良いのか?
23点・・・何が良かったのか,どうすれば勝ち切れるのか?

あまりにも大きな差だけに,学ぶべきことが詰まっていると思う。
そして,所沢高校との練習試合での善戦。(A15ー25,B26ー28)
県大会での善戦。(平野中に,23ー25)
力は確実に付いてきている。
これを「冬場の5つの大会」で発揮しいこう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保護者の皆様。
昨日も,車出し&応援をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

なお,昨日の試合は校長先生にも応援いただきました。
遠路ありがとうございました。
昨日は残念ながら勝てませんでしたが,
「次は勝てる予感」までは行けました。
なおいっそう練習をして,「冬の5大会」で活躍したいと思います。

今後の男バレの大会日程

今後の男バレを展望しておこう。
女バレと違い男バレには,
小さい大会が「冬場」にいっぱいある。

・市民バレー(カップ奪還!)
・ふじみ野高校杯(昔の大井高校杯)
・1年生大会(4人しかいないので,富岡中と合同チームか)
・アザレア杯
・モルテン杯

ざっと数え上げただけでも,5つもあるのだ。
これが3月までにある訳だから,
単純計算でも1ケ月に1つ以上は何かの大会がある。

ケガと病気(インフルエンザの季節)に気を付けて,
これらの大会を乗り切っていこう。
その先に,新人戦の際得ていた「協会長杯・県大会」もある。

「福ちゃん」で女性パワー炸裂

一昨日音楽の話題で盛り上がった「福ちゃん」。
一日たった昨日は女性パワーが炸裂(さくれつ)した。

私は二日酔いのため,
胃に優しい「すいとん」を食べに寄ったのだが,
先着していた&後着した女性たちのパワーにたじたじだった。

さすがに「一回り上の戌年」生まれの会長さんは,
冗談で対抗していたが,私は終始押されっぱなし。
雨が大人しくなったところで退散した。

ママが女性で安心な部分もあるし,
アルコールが入っていたこともあると思うが,
「昔のお嬢様たち」のパワーはすごかった。(^-^;

2017年11月13日 (月)

新人戦・県大会(1日目) 2017

昨日は,上記の大会が新座総合体育館で行われ,
生徒たちと行ってきた。
木下兄コーチにお世話になった。

対深谷幡羅中 2―1(25ー23,16ー25,25ー18)

なんとか1年ぶりの対戦でリベンジできました!
ありがとうございました。
しかし,その陰には様々な苦労が・・・。

第4試合という遅い初戦。
しかも相手は昨年惜敗したのと同じ相手。
せひともリベンジしたいところである。

ところが,第1セットから問題が噴出。
9ー13まであげた得点は,すべて相手のミスという,
情けないスタートだった。
ようやくこちらのペースに持ち込み,
最後は土俵際でうっちゃったが,
相手の声出しの「催眠術」にハマって,
攻撃がなかなか出せなかったのが原因である。

第2セットも「催眠術」を武器とする相手のペースで進み,
自滅的に失点を重ねて取られることとなる。

しかし,ここで負けては2年連続同じ相手に
新人戦・初戦敗退という不名誉な記録が残ってしまう。
雌雄をかけた第3セットは,声が枯れるほど,「もう1点」を連呼し,
なんとかリベンジを果たした次第。

試合後は学校に戻り,対戦相手(蓮田・平野中)との戦いの練習と,
公欠するための手続き&自習課題の準備をして帰宅した。

保護者の皆様。
昨日も,車出し&応援をありがとうございました。
Cコート頭上からの応援,確かにコートに届いていました。
本日の川越総合体育館もよろしくお願いいたします。

「催眠術」に引っ掛からないためのコツ

「催眠術」といっても,コートの中で寝てしまうわけではない。
相手を自分のペースに引っ張り込むのが,「常時の声出し」である。
昨日の対戦相手の場合,「はいっ,はいっ,・・・」と全員で声出しをすることで,
味方の動きの集中度を増すとともに,こちらの集中力をそぐ効果があった。

高速道路では,わざと直線ばかりが続かないように,
時々カーブさせて変化を付けているそうだ。
これは直線ばかりだと同じペースとなり,催眠作用があるらしい。
つまりバレーボールでいえば,攻撃や守備の動きを止める効果だ。

これがもっとも効果的に作用するのは,
黙ってバレーボールをするチームというわけだ。
どこのチームのことか,勘のいい人はわかったよね!

つまり「催眠術」に掛からないためには,
こちらも違う形で「声出し」をするのが一番いい。
昨日の場合,あちらの「はいっ,はいっ,・・・」に対して,
それに同調させて「もう1点,もう1点,・・・」とやったら,
とてもいやそうな顔をしてくれた。
「なんだか,もう1点取られそうだなあ」という気分にさせることは,
大変有効な攻撃(声出し)なのである。

「黙ってバレーボールをするな!」
私やコーチがよく言う言葉である。
それは相手を有利に,味方を不利にさせるからである。

「福ちゃんズ」の誕生か

私の夢をふくらませる話が,また1つ増えた。
「福ちゃんズ」というバンドの結成である。

Nさん(40代の男性)・・・シンセサイザー担当
Jさん(20代の男性)・・・ドラムス担当
Kさん(Jさんの奥さん)・・・ベース担当
肥さん(50代)・・・ギター&ボーカル(今のところ誰もいないので。募集中)

この4人が,昨日「福ちゃん」で,歴史的な出会いをしたのだった。
その意気投合ぶりは,歴史から始まり,音楽を経由し,手品に!
またの再会を約束して別れるまで,大いに盛り上がった。

この4人が住んでいるのは,「福ちゃん」を中心として,
半径500mの円を描くと,全員が入ってしまう狭い範囲で,
またお会いするのはもう約束されたようなもの。

「求めよ,さらば与えられん」とは,
「福ちゃん」の暖簾(のれん)をくぐることと同じ意味であった。

【昨日披露した手品】

「マジック・ワールド」「エレベーター式!?トランプ」
「あなたには「愛の告白」が見えますか?」

2017年11月12日 (日)

合田さんの“「温湯碑」の建立の地は”論文に,牛頭天王

サイト内検索というのが便利で,時々使っているが,
多元的古代の論文については,
新・古代学の扉サイト(下にリンクしてあります)のものを利用している。

いくら多元的古代の研究をされている方が集まっていても,
すべての研究をすることはできないわけで,
それはおのずと濃い・薄いが出てくる。

試しに「牛頭天王」(ごずてんのう)と入力して検索してみると,
ヒットするのは上記の論文1つだけである。

私は出雲王朝・・・スサノヲ・・・牛頭天王という流れからも
九州王朝説を補強できるのではないかと考えているので,
「2件目」のヒットになるように頑張りたいと思う。

「新・古代学の扉」サイト

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jfuruta.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20,『伊予国風土記』に出雲の神である大己貴命・少彦名命による温泉開発説話は、
湯郡とあることから従来説はその地を温泉郡にある道後温泉としていた。
しかしながら、前述の通り温泉郡の設置は奈良時代中期以降であり、
また朝倉中心の越智国には出雲の影響が数多ある(隠岐島産の黒曜石の鏃出土や、
神社の祭 神は出雲系が多く見られ、特に牛頭天王<スサノオノ命>を祀る神社がやたらと多い)ことから
この説話も道後ではなく朝倉中心の越智国であった と思われること。(合田論文より。アンダーラインは肥沼)

近くの出雲系神社をフィールドワーク

昨日は午後時間があったので,
運動も兼ねて上記のフィールドワークに出かけた。

(1) 東村山の市民産業まつり(東村山市役所)・・・会長さんは見つからなかったなあ。

Dscn0020

Dscn0018

Dscn0027

Dscn0021

(2) 八坂神社・・・スサノヲ(牛頭天王)

Dscn0030

(3) ふるさと資料館~企画展「東村山の神社」

Dscn0034

Dscn0049

(4) 白山神社~牛頭天王(スサノヲ)

Dscn0038

Dscn0039

(5) 野際神社~鳥居に天王宮(スサノヲ)

Dscn0040

(6) 氷川神社~スサノヲ

Dscn0045

(7) 八雲神社~スサノヲ・・・子どもの頃,「天王様」と呼ばれていたなあ

Dscn0047

PS 夜「福ちゃん」で呑んでいたら,午前中にママも産業まつりに行ったと言っていた。
昨年より人出は少なかったということだが,初めての私にはすごい人出だった。
ママも会長さんにはお会いできなかったとのこと。

PS2 「マジックワールド(魔法のノート)」と「エレベーター式!?トランプ」の2つの手品を持っていき,
初めての方にも披露した。ご夫婦の息子さんは,私のよく存じ上げている先生方を知っていた。

PS3 子どもの頃よく食べていたので,私は必ず「塩らっきょう」を注文する。
毎年3キロ漬けるそうだが,来年は2倍漬けるようになるかもね。(o^-^o)

昨日の部活動 11/11

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチ夫妻にお世話になった。

いよいよ次の日が県大会だということで,
心なしか緊張感が漂ってくる。
ぜひいい緊張感でありますように!

私は県大会の会場に行くと,
必ずトイレに行って,スリッパを揃えることにしている。
たいていスリッパが乱雑になっているのだが,
それを1つひとつ揃えていくと逆に自分は落ち着けるのだ。

逆に相手が落ち着いていて強そうに見えたら,
それだけで気持ちが負けているということ。
ぜひトイレに行ったついでに,心理的に相手の上に立とう!

先日朝早く体育館を開けると書いたが,
現地でも練習が予定されているので,
私も午前7時頃学校に着くつもりだ。

良い1日になりますように!
いや,良い1日にしちゃおう!!(o^-^o)

2017年11月11日 (土)

頭慢ライブ(11月7日)@たかしの店(石垣島)

なかなかアップされないので,どうしたのかなと思っていたら,
今回は,7日に行われたようですね。
頭慢ライブ,ご一緒に楽しみましょう!

第一部

https://www.youtube.com/watch?v=SQHMkY6csy8&feature=youtu.be

第二部

https://www.youtube.com/watch?v=Kn6ZqalcwAU

新・沖縄ソング「ヤギのお母さん」は,第二部の1曲目です。(笑)

James Mac さんの「牛頭天王」の連載

しばらくJames Macさんのブログ「古田史学とMe」が,
「「伊吉博徳」の「官位」の停滞について」で止まっていたので油断していたら,
なんと3回も「牛頭天王」についての連載が行われていた。(^-^;

応援のような,批判のような,ビミョーな気持ちですが,
勝手に応援と取らせていただいて,勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。
「牛頭天王」の話題にお付き合いいただける方のためにリンクしました。
どうぞ訪問してみて下さい。

「牛頭天王」について(一)

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/4c02efacbfaa4274c76ba816f18d4912

「牛頭天王」について(二)

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/2c625fee02e83df6b33a954595a744b7

「牛頭天王」について(三)

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/ef20f1da29525ea83f6d667aaedf2630

祝 118万アクセス!

たぶん昨日の午前中くらいだと思いますが,
118万アクセスを達成いたしました!ヽ(´▽`)/

これも読者の皆様のお陰です。
私がいくらたくさん「夢ブログ」を書いても,
読んでいただかないことには,
何も始まらないわけですから・・・。

昨年10月23日に「夢パ」をやったのは,
その感謝の気持ちからでした。
そして,来年の3月に「卒パ」をやるのも,
同じ主旨からです。

私の36年間の教員人生は,
私一人で築いてきたものではありません。
生徒たちや同僚の先生たちや
家族たちに助けられてやれたものです。
その感謝の気持ちを形で表すと,
「卒パ」ということになる。
そういう次第です。

現在,参加者募集中。
3月25日頃開きます。

昨日の部活動 11/10

昨日は,午後3時15分~5時15分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

もう県大会が目前とあって,
生徒たちも緊張感が見えてきた。
いい意味の緊張感はプラスになる。
ぜひいい緊張をしてほしい。
その上でパフォーマンスでは
時にマイナスになることがあるので注意を。
だが,先輩たちにいろいろな大会に連れて行ってもらっており,
「初めての経験」という訳ではないのだから,
しっかりその調整をしてほしい。

昨年は深谷幡羅中に惜敗した。
2度同じことを繰り返してはしょうがない。
去年の分も取り返すつもりで,いつもの力が出せれば,
「バレーボールの神様」も微笑んでくれると思うよ。

大会まで,あと1日。
練習時間,合計6時間。(o^-^o)

東山道武蔵路を熊谷市南部まで北上

川瀬さんのアドバイスに従って,
パソコンで検索しながら地図上に赤丸を付けていく。
昨日は,東山道武蔵路を熊谷市南部まで北上した。
もちろん武蔵路の通っている市町村だけでなく,
それと隣接している市町村もやった。
昨日も,数十個の赤丸を付けることが出来た。

出雲系が大多数というわけではないが,
これほどまでに武蔵国が出雲系神社に
占められてくるとは予想していなかったので,
「出雲王朝の実在」という現実的な問題も出てきた。

山田さんにもアイデアをいただき,
「神無月」が別の方向から後押ししてくれている。
ありがたいことだ。

今回の場合,このような図式になるものと考えている。

(1) 文献的論証・・・「神無月」の3文字が持つ意味 → 神無月は「最後の月」だったこと
(2) 考古学的論証・・・東山道武蔵路沿いにに出雲系神社が多いこと → 府中・熊谷間で百数十社見つける

この2つが重なっているところに,今回の研究の強みがある。

坂戸市-熊谷市南部の分布図 

(写真をクリックすると拡大します。
小さめの●が新たなサンプルです)

Dscn0016

「神無月」の3文字には,“出雲王朝”が隠されていた

昨日の山田さんのコメントで,
私は大いに確信した。
何をか?
出雲王朝の実在をだ。

詳しくは山田さんの以下のサイトを読んで下さい。

「神無月」と「神在月」~出雲王朝の年度計画会議

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2017/11/post-d5a1.html?cid=140985349#comments

1年は「子月」から始まり,十二支の順番で,
「子月」「丑月」「寅月」「卯月」辰月」「巳月」「午月」「未月」「申月」「酉月」「戌月」「亥月」
と古い時代には並べられていたらしい。

そして,神無月は,その最後の「亥月」だという。
(今年は,11月18日から12月17日と,「日本歴史研究ブログ」には書いてあった)
ということは,来年度の計画は,その最後の月までに立てる訳で,
内々の発表もその年度内に行われただろう。

卑近な例で言うと,学校の人事も年度内で決定し,
旧年度内(3月まで)に発表され,
4月1日からは新たな先生たちと仕事を一緒にする。
それと同じだと思っていいと思う。

それが昔からのやり方を踏襲したものであって,
そのリミットの最後の月に当たる亥月=神無月に,
神々(地方の豪族たち)は出雲に集められ,
新年度の自分の「校務分掌」を知るのである。
それが出世か左遷か,それはわからないが,
とにかく出雲が主であり,自分が従の立場であることに変わりはない。
=出雲王朝の実在が,「神無月」の3文字には隠されていたのであった。

2017年11月10日 (金)

楽しみなガリ本が届く

ガリ本というのは,仮説実験授業を研究している先生方が,
私費を投じて作っているガリ版刷りの本で,
(今は美しい,活字・製版のものに進化しています)
私は研究会の売り場や「ガリ本プレゼント(有料)」で買っている。

人気のある人が書いたものは,すぐ売り切れてしまう。
なにしろ100~200部のものが多いので,
リストが届いたらすぐに注文するようにしている。
ガリ本の到着と同時に次の注文もするので,
毎月1~数冊買っている計算である。
値段は,500~2000円が多く,
関心のあることであるから安いと考えている。

昨日届いたのは,以下の2冊だ。
一冊は,多久和さんが板倉さんの周辺の記事を集めているもの。
もう一冊が人気ライター荻野さんの周辺のライターが書いたもの。
どちらも明日から「電車のとも」となること必至である。

Dscn0014

このガリ本の存在は,「ガリ本文化」といっても過言ではないくらい,
私の仮説実験授業への理解を深めたと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調子に乗って,私も7冊作ったので,
興味のある方は読んでみて下さい。
送料さえ負担してくだされば,無料で送ります。

『今日までそして明日から』(100部+200部)
『びぃ~すちゃん』(100部。品切れ)
『ぼちぼちいこか』(200部)
『レッツ・ゴー3組』(200部)
『肥さんの「多元的古代」通信』(200部)
『5組かわら版』(200部)
『肥さんのこの10年~40代の仕事』(100部。品切れ)

3月までに『肥さんのこの10年~50代の仕事』(200部)を作る予定です。
「卒パ」の参加者には,プレゼントします。


本日,118万アクセス達成か

現在「1179868アクセス」です。
あと「132アクセス」で,
118万アクセスです。

今夜は,お祝いの乾杯をしましょう。beer
そしてまた,次の目標に向かうのだ!(o^-^o)

昨日の部活動 11/9

昨日は,久々の6時間授業で,部活の開始が4時15分だった。
木下兄コーチにお世話になった。

県大会3日前となり,少し緊張感が増してきただろうか。
心は緊張しても,体はリラックスしている状態が
一番いいパフォーマンスができることをお忘れなく!

県大会・特別時間(1時間の延長練習)もあと1日。
本日は,午後2時半~5時半である。
土曜日は「A」で,午前8時半から12時半。
(もう練習できる時間は,10時間ほどだ)

県大会当日の朝は,午前6時半に体育館をあけるので,
早く来て体をほぐしましょう。

弁当・水筒・ユニフォーム・シューズ・靴下など,
抜かりなく用意をしておくこと。

こんなことも自分でできない人は,
「バレーボールの神様」に嫌われますからね!happy01

周辺の市町村の出雲系神社

昨日帰宅後,気になっていた「周辺の市町村の調査」をしてみた。
煩雑なので1つひとつ記さないが,以下の数が追加された。

これで赤点を追加してみたのが,以下の分布図である。
おおむね東山道武蔵路沿いに分布し,
一部は支道沿いに発達しているところもある,という感じだろうか。

そのうちの多くは,氷川神社・八雲神社・地元の字名の名前が付いた神社であった。
祭神としては,スサノヲが圧倒的で,大国主命や牛頭天王という形も若干あった。
「この神社なら,これが祭神として祀られているだろう」と予想して,
当たっているとすごくうれしかった。まるで,仮説実験授業のようだ。

一方,先日の小川神明宮のように,各時代の代表がたくさん入っているものもあり,
ずいぶん苦労して,運営しているなあと,同情した。

前回の40サンプルに,さらに40サンプル加えた感じで,
扱った市町村の数は何倍もになるから,頻度は逆に少なくなる計算となる。

東山道武蔵路沿いの出雲系神社の分布図(改訂版)

(大きめの●がこれまでのもの。小さめの●が昨日の追加分です)

Dscn0013

【今後の方針】

川瀬さんのアドバイスに従い,まず東山道武蔵路をたどって上野国へ。
その後下野国,常陸国,奥州へと向かいたいです。

2017年11月 9日 (木)

「神無月の神話」は,実話だった!?

仮説実験授業と古田史学の融合から,
授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」が誕生した。
1992年のことである。あれから25年の歳月が流れた。

ここ数日夢中になってやってきたことは,
古田史学と郷土研究の融合である。
果たして皆さんに評価していただけるものになっているだろうか?

出雲王朝は,その支配のために神社と官道を作った。
そのことが分布図からわかると思う。
そして,その天王は,こう命令を出しただろう。
「毎年10月には出雲に集まれ!」と。
それが世にいう「神無月」の由来だ。
(出雲では,逆に「神在月」となる)

世間では「面白い神話だね」と言っているが,
「実はこの神話は実話だった」というのが,
今回の分布図の意図するところだ。
そして,その№1だった出雲王朝もやがて終焉(しゅうえん)を迎える。

対馬の天照(アマテル)神社には,興味深い伝承がある。
「うちの神様は,出雲に一番最後に行って,一番先に帰ってくる」と。
つまり,出雲が№1で,九州が№2の時代があったということである。
そして,それは例の「国譲り」という政権移動に至って逆転する。
弥生時代後半から,九州王朝が№1となったのだ。

以下に,神無月についてのうんちくを取材したブログをリンクしておきます。
お時間が許す方は,お読み下さい。


日本文化研究ブログ

http://jpnculture.net/kannaduki/

坂戸市~所沢市・東村山市~府中市の出雲系神社の分布図

ここ数日かけて調べた上記の分布図を,
ようやくアップさせることが出来た。
残念ながら場所が特定できずに載せられないものもあるし,
ちょっと?のものもないではないが,8割方は大丈夫だと思う。

Dscn0012

(写真上でクリックすると拡大します)

このグラフ(東山道武蔵路に沿って存在する出雲系神社)で
私が分かっていただこうとしているのは,
神無月(旧暦10月)に行われる出雲での催しに向かう地方の豪族や,
税金を納める庶民の人たちが,
この道を通っていたのではないかということである。

幅は1~2間であったかもしれないが,
この道があったからこそ,
7世紀後半の国難(白村江の戦い)に,
道幅を広げて軍用道路化して
備えることにしたのではないかと考える。
何もないところに,いきなり幅12mの直線道路は
とても作ることはできないと思うから・・・。

また,政教分離の今と違い,
「政教一致」が古代の常識である。
神社が果たしたのも,そいういう役割である。

昨日の部活動 11/8

昨日は,午後2時~5時15分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

もうすぐ県大会だというのに,体調や用事で数名が欠け,
「全員バレー」になっていないのが残念だ。
しかし,今までできていなかった技が,
時に出来たりしてうれしくさせてくれることもある。
エースの精神的成長も日々新ただ。
力みの抜けたスパイクこそ,
「力のあるスパイク」につながることが
ようやく体で分かってきた。
やはり「継続は力」だね。(o^-^o)

県大会まで,あと3日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 一昨日の「特別自主練」では,
引退した3年生3名が手伝ってくれて,
いい調整ができたとのこと。
ありがとう3年生たち!
(今,学総体・県大会の写真を回覧中です)

2017年11月 8日 (水)

国分寺市の出雲系神社

国分寺市の出雲系神社

https://tesshow.jp/tama/koganeikokbunji/shrine_index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)熊野神社(旧村社)・・・境内社に八雲神社
国分寺市西恋ヶ窪1-27-17

(2) 平安神社(-)・・・祭神に菊理媛神
国分寺市東元町1-29-20

東村山市の出雲系神社

東村山市の出雲系神社

https://tesshow.jp/tama/emurayamakiyose/shrine_index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 秋津氷川神社(旧南秋津村鎮守)・・・祭神がスサノヲ
東村山市秋津町4-13-1

(2) 秋津神社(-)・・・江戸時代までは牛頭天王社と呼称し、野口の天王さまと称されて大いに賑わいます。
東村山市秋津町5-27-1

(3) 野際神社(-)・・・祭神がスサノヲ
東村山市久米川町3-35-1

(4) 久米川白山神社(-)・・・祭神が牛頭天王
東村山市久米川町4-41-2

(5) 八坂神社(旧野口村鎮守、旧村社)・・・スサノヲ(牛頭天王)
東村山市栄町3-35-1

(6) 宅部氷川神社(旧村社)・・・祭神がスサノヲ
東村山市多摩湖町3-16-30

府中市の出雲系神社

第1次調査の一区切りは府中市における
出雲系の神社の調査である。
「宗教法人一覧(府中市)」サイトはとても助かる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大国魂神社(官幣小社、別表神社)・・・大国主命にあたる大国魂大神

六所八幡神社[非](-)・・・大国魂神社の境外末社

六所日吉神社[非](-)・・・大国魂神社の境外末社

滝神社[非](-)・・・大国魂神社の境外末

三谷神社(-)・・・祭神にスサノヲ

常久八幡神社(旧村社)・・・祭神にホムタワケ(応神天皇)。天王宮につながるか

人見稲荷神社(-)

人見浅間神社(-)

上染屋八幡社(旧村社)・・・祭神にホムタワケ(応神天皇)。天王宮につながるか

下染屋神明社(-)

車返諏訪神社(-)

車返八幡神社(旧村社)・・・祭神にホムタワケ(応神天皇)。天王宮につながるか

車返稲荷神社(-)

押立神社(-)

本村神社(-)・・・祭神にスサノヲ

石井神社(-)

是政八幡神社(旧村社)・・・祭神にホムタワケ(応神天皇)。天王宮につながるか

是政鹿島神社([非])

下河原八幡神社(-)・・・祭神はスサノヲ

芝間稲荷神社(-)

府中熊野神社(-)

本宿稲荷神社(-)

本宿日枝神社(-)

屋敷分浅間神社(-)

天王宮八雲神社(-)・・・祭神はスサノヲ

小野神社(郷社・延喜式式内社)

間島神社(-)

中河原御嶽神社(-)・・・大阿奈牟知命=大国主命

四谷神明社(-)

上ノ島神社(-)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが武蔵国府の地。たくさん神社がある。
そのなかでも,30中半分に近い13社に
出雲系の祭神が祀られていることを確認(推定も含む)しました。

「東山道武蔵路は,出雲王朝が最初は作った」と
言える可能性がますます濃くなったように思います。

これまでの40社ほどの出雲系神社を,
本日は地図上にポイントしていきたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 宗教法人一覧(府中市)

https://tesshow.jp/tama/fuchukunitachi/shrine_index.html

小平市の出雲系神社

今回は南に向かってみる。
「宗教法人一覧(小平市)」を使って,
小平市の出雲系神社を調べてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大沼田稲荷神社(旧村社)・・・境内社に天王宮(崇神天王)とある

武蔵野神社(-)

鈴木稲荷神社(旧村社)・・・境内社の須賀社は,祭神がスサノヲ

回田氷川神社(旧村社)・・・祭神はスサノヲ

堀端野中稲荷神社(旧村社)

上鈴木稲荷神社(旧村社)・・・境内社の須賀社は,祭神がスサノヲ

小平神明宮(旧郷社)・・・境内社に,八雲神社と白山神社

小川日枝神社(-)

小平熊野宮(旧村社)・・・境内社に,白山社


宗教法人ではないものの祀られている神社として,

小平駅前稲荷神社([非])

多摩野神社(延命寺境内)

秋葉神社(海岸寺境内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主祭神ではないものが多いが,12の神社のうち6つの境内社に
出雲系のものが見つかった。


 ★ 宗教法人一覧(小平市)

https://tesshow.jp/tama/kodaira/shrine_index.html

ホルダー型心電図検査(2)

昨日は,一昨日付けた装置を外しに,
市民医療センターに行った。

担当の先生が,
「どこか具合いが悪いところはありませんでしたか?」
と質問された。

私は,
「特にどこが悪いということはありませんでしたが,
この装置を付けているということで鬱(うつ)的になりました」
と答えた。

すると,その先生は,
「さっきの方もそうおっしゃっていました」
と言われた。

「「病は気から」と言いますからね」
2人で笑って昨日はおしまい。

結果は,来週の木曜日に聞きに行く。
手紙ではだめのようだ。
診療とは,時間のある人にしか出来ないもののようである。

大国魂神社の「祭神」は?

上記の問いは,まったくナンセンスなものであった。
大国主命とイコールの「大国魂大神」である。
問題の中に答えがあるみたいなものだ。

大国魂神社・神社の歴史・由緒

https://www.ookunitamajinja.or.jp/yuisho/

つまり大国主命は,武蔵国を一種の「植民地」のような存在として,
政治的に経済的に文化的に支配したということなのだろう。
だから,武蔵の国は出雲系の神社が官道である東山道武蔵路沿いに多い。

その後政権は,九州王朝や大和政権に替わるが,
いまだに各地で出雲系の神社が存在し,
そのお祭りが盛り上がっているところをみると,
意外に好評な政治だったのかもしれない。

くらやみ祭

https://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/5-kurayami.php

しかし,九州王朝は「国譲り」を強行し,政権を奪った。
そして,その九州王朝もやがては白村江の戦いに敗北して,滅亡した。
さらに,それを機に№1となった大和政権も,
第2次世界大戦で滅ぶこととなる。

各地に残る神社は,その歴史の繰り返しを伝え,
平和の大切さを訴えているのかもしれない。

小平神明宮の「証言」

小平の八雲神社について検索を始めたところ,
小平神明宮のところでビックリの光景に出くわした。
「日本の歴史が,刻まれている!」と思ったからである。

主役は「天照大神」なのだが,注目すべきは境内の相殿や末社群である。
天満宮〈九州王朝の象徴?〉・天王宮(出雲王朝の象徴?)・愛宕社(これは?)と並び,
昨日から調べている「八雲神社」「白山神社」の名も続いているからであった。

小平神明宮

http://kodaira-shinmeigu.jp/yuisyo.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア「祭神」

祭神を主神・配神に分けるのは、明治時代に官国幣社で行われるようになったのに始まるものである。
「主神とそれ以外の神」という観念はそれ以前からあり、「前」「相殿神」などと呼ばれていた。
配神は通常は主神にゆかりのある神だが、そのほか様々な経緯により共に祀られるようになった配神もある。
主神と同時に祀られるようになった配神もあれば、後で加えられた配神もあり、
中には本来は配神だったのが後に主神に取って替わったものもある。
明治時代の神社合祀により、多くの配神を祀ることになった神社もある。
相殿(合殿とも)とは、主神を含めて複数の神が祀られた社殿のことを指す。
「相殿神」とは相殿に祀られる神のことだが、主神と配神とがある場合は配神のことを相殿神という

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして,もう1つ。年間に行われる行事の中で最大のものが,
どうも4月の「八雲祭」のように思われるのだ。
なにしろ,「お先祓いの太鼓を前に、
大神輿を氏子や小川睦会会員を始め応援の方々が担って、
早朝から1日かけて延々14kmに及ぶ氏子区域を練り歩き、
氏子各組の「お仮屋」ごとに神事を行います。」というのだから。
(違っていたら,すいません。ご検討願います)

八雲祭

http://kodaira-shinmeigu.jp/gyouzi.html

これは絶対来年4月に,現地に行ってみなければ!

坂戸市の出雲系神社

川越市からさらに北上すると坂戸市となる。
当然ここにも「八雲神社」などの出雲系神社があると予想する。

(1) 八坂神社(スサノヲを祀る)

http://blog.goo.ne.jp/gozutennou/e/1e4741f4d620d35f2843da88d433648a

(2) 氷川神社(スサノヲを祀る)

https://yaokami.jp/1111498/

(3) 白山神社(菊理媛神を祀る)

https://yaokami.jp/1111495/

(4) 勝呂神社(菊理媛神を祀る)

http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/8928/

★ 宗教法人一覧(坂戸市)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0204/shukyo/shukyo-sakadosi.html

坂戸市には「八雲神社」というのはなかったが,
出雲系の神社はやはり多く,
東山道武蔵路は出雲王朝まで遡(さかのぼ)れる気がする。

なお,東松山市には「八雲神社」があり,
「天王神輿」という立派な彫刻もあり,
夏祭り「天王様」で盛り上がるようだ。

2017年11月 7日 (火)

川越市の出雲系神社

狭山市からさらに北上すると川越市です。
川越市にも八雲神社はあるでしょうか?
私はあると確信して検索を続けました。

(1) 八雲神社

http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/9627/

(2) 川越氷川神社(大国主命・スサノヲなど)

http://www.kawagoehikawa.jp/#/shoukai/

ほかにも川越市には,氷川神社がたくさんある。出雲大社が縁結びの神と言われるが,
氷川神社も「簸川・斐川」から来たものと思われ,出雲系なのだろう。縁結びである。

(3) 愛宕八坂神社(氷川神社系,スサノヲを祀る?)

http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=5967

(5) 白山神社(菊理媛神)

https://yaokami.jp/1110306/

(6) 八坂神社(天王様)

http://koedo.info/140718-kujiraidaio/

(7) 神明神社(境内社に天王宮)

https://tesshow.jp/saitama/kawagoe/shrine_imaizmi_sinmei.html

(8) 薬師神社(大己貴神=大国主命を祀る)

https://tesshow.jp/saitama/kawagoe/shrine_saiwai_yaksi.html



★ 宗教法人一覧(川越市)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0204/shukyo/shukyo-kawagoesi.html

狭山市の出雲系神社

東山道武蔵路は所沢市から北上して狭山市に向かう。
きっとそこにも八雲神社があるに違いない。
その仮説をもとに「狭山市 八雲神社」で検索してみることにした。

(1) 下奥富の八雲神社

http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/9685/

(2) 亀井神社(スサノヲを合祀)

https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/jinjya/okutomi_chiku/kameijinjya.html

(3) 白山神社(菊理媛神くくりひめかみを祀る。菊理媛神、又は菊理媛命(ククリヒメのカミ、ククリヒメのミコト、キクリヒメのミコト)は、日本の神。 加賀国の白山[3]や全国の白山神社に祀られる白山比咩神(しらやまひめのかみ)と同一神とされる)

https://yaokami.jp/1110306/

(4) 氷川神社(スサノヲを祀る)

https://yaokami.jp/1110926/

(5) 子ノ神社(大国主命を祀る)

https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/jinjya/irumagawa_chiku/nenojinjya.html

(6) 入間川大国神社(大国主命を祀る)

https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/jinjya/irumagawa_chiku/ookunijinjya.html

(7) 峰愛宕神社(スサノヲを合祀)

https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/jinjya/irumagawa_chiku/mineatagojinjya.html


予想通り,狭山市には八雲神社をはじめ,出雲系の神社がたくさんあった。


★ 宗教法人一覧(狭山市)

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0204/shukyo/shukyo-sayamasi.html

ホルダー型心電図検査

「私を何者かが見張っている」という現実が
本当のことになってしまいました。
夏休みに受けた人間ドックの精密検査で,
上記の装置を昨日の午後4時から本日の午後4時まで,
不整脈の疑いで「24時間監視」されることになったからです。

風呂に入る以外は普通の生活でいいというので,
昨日も「福ちゃん」に寄ったりしているのだが,
アルコールも量を減らすようになるかもしれません。
(知り合いの横山さんは,50歳を機にアルコールをやめています)

「形から入る」という言い方がありますが,
この装置を身に着けているだけで病人のような気がしてくるから不思議です。
「病は気から」とはよく言ったもの。

あと半分の,12時間ほど拘束を受けることになります。
今教えている「身体の自由」は私にはない!(気がします)heart04

ホルダー型心電図検査

http://medical-checkup.info/article/45055759.html


肥さんの「大雑把な日本の歴史」

古田史学や郷土研究から学んで
「大雑把な日本の歴史」を書いてみた。
教科書の通説日本史とは違うが,
これが新しい日本国民の歴史常識
ということになれば幸いである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

縄文時代以前・・・黒曜石の産地を背景に,各地に「くに」ができていた

弥生時代前半・・・金属器である青銅器(祭祀)を背景に,出雲王朝が全国に影響力。天王が主権者
           「神無月」と「神在月」各地を官道で結ぶ → 「国譲り」で滅亡。出雲大社に祀られる

弥生時代後半・・・金属器である青銅器+鉄器(武器)を背景に,九州王朝が影響力。天皇が主権者
           「国譲り」で政権を奪い,年号も200年にわたって制定する(九州年号),
           7世紀後半の白村江の戦いを前に,幅12mの官道に拡張。敗戦で滅亡。
            (ただし,日本書紀ではその存在をなきものにされる。しかし,古田武彦氏の研究に
           よって,全貌があきらかにされた。『失われた九州王朝』=九州王朝説)

飛鳥時代後半・・・大和政権が主導権を握る。701年「大宝」年号で初めて「建元」する(続日本紀)。
           天皇が主権者(大化・白雉・赤烏は九州年号からの盗用である)
           奈良や京都,東京を首都に代が続くが,第2次世界大戦で敗北。戦後改革へ

第2次世界大戦後・・・日本国憲法により,国民が主権者となる。肥さんの社会科かるた(公民編)にも,
             「戦争放棄・戦力不保持の憲法第9条」という読み札がある。       

2017年11月 6日 (月)

八雲神社・天王様と東山道武蔵路

そういえば,家から所沢駅に向かう時の
坂の上の神社を「天王様」と呼んでいたっけ。
(坂の下の神社は,日月じつげつ神社)
何神社だったかな?
この疑問が出発点だった。

行ってみたら「八雲神社」と書かれていた。
ずいぶん出雲くさい名前だなと思って帰宅し,
検索したらこう出ていた。

ウィキペディア「八雲神社」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE

なんと,所沢市には、10もの「八雲神社」があるそうだ。
本当に出雲だらけである。
これをまず確認してみたい。

(1) 北秋津・八雲神社

https://tesshow.jp/saitama/tokorozawa/shrine_akitsu_yakmo.html

(2) 美園上・八雲神社

https://tesshow.jp/saitama/tokorozawa/shrine_yama_misono.html

その2

http://buraritabi305.blog.fc2.com/blog-entry-170.html?sp

(3) 有楽町・八雲神社

http://tokorozawa.bon.co.jp/event/post_528

(4) 下富片側・八雲神社

https://ameblo.jp/omicankorokoro/entry-11759111500.html

(5) 岩岡・八雲神社

http://www.hikarimail.com/spots/detail/201100096

(6) 中富・八雲神社

http://www.parafado.com/spots/detail/201100066

(7) 北野天神社内の八雲神社

http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1055301367.html


(8)
(9)
(10)

7個まで行けたが,それ以上は今後の楽しみということで。

次に,「福ちゃん」でお会いした会長さんに,
「野際神社」(東村山市久米川町)というのも教えていただいた。
これも検索してみた。

「野際神社」

https://tesshow.jp/tama/emurayamakiyose/shrine_kumegawa_nogiwa.html

やはり「スサノヲ」が祭神ということで,ここも出雲系ということであった。
すごいすごい。
所沢市から東村山市にかけては,
出雲系の神社がたくさんあるということがよくわかった。

そして,ここを通過している古代官道が東山道武蔵路である。
「九州王朝が巾12mに拡張したということには変わりはないが,
その基礎は出雲王朝が作っていた」と言って良いのではないだろうか。

「源氏パイ」の由来

昨日スーパーで「源氏パイ」を買った。
なぜ「源氏」という名前が付いているか,ちょっと気になって検索してみた。
ウィキペディアには、以下のように出ていた。
ご存じでしたか?

「源氏パイ」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E6%B0%8F%E3%83%91%E3%82%A4

PS 「南無八幡大菩薩」と祈りながら矢を放ったのは
源義経ではなく部下の那須与一だし,
狙った扇はもともと平家が掲げたものなのだから,
「那須パイ」とか「平家パイ」の方がふさわしい気がする
と思うのは,私だけでしょうか?

所沢高校・東村山七中との練習試合

昨日は,上記の2校との練習試合を行い,
それぞれ収獲があった。
木下兄コーチ夫妻にお世話になった。

午前8時半~12時半

【対所沢高校戦】 0ー2

卒業生たちが何人も在籍している高校である。
それだけで,たくさんの刺激のもらえる4時間だった。
合同練習を3時間行った後,2セットだけ練習試合を行った。
2セットとも相手方に取られたが,内容は濃かった。
レギュラー2人を欠いての、「背水の陣」のような試合。
「こういうゲームをしていけば,県大会でも通用する」
そんな実感を得られた練習試合だった。収獲あり!

午後2時~5時

【対東村山七中戦】 4ー1

顧問の先生が都大会の審判で出かけていて,
女バレの先生(なんと我が男バレの大先輩!)が女バレといっしょに,
しかも我が女バレと練習試合をしながらの兼務で,
さらに6人が全員1年生という「極限状態」での練習試合だった。
(それにしては,いいサーブを繰り出してきていたね)
エース抜きの第4セット以外は快勝したが,そうでないと困る。
後半は来年のことを考えて,1年生を投入しての戦いだった。

保護者の皆様へ。
昨日もたくさんの応援をいただき,ありがとうございました。
いよいよ今週末、県大会となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今後の日程】

6日(月)・・・二者相談のため,午後2時半~5時半
7日(火)・・・市民体育館にて,午後7時~9時
8日(水)・・・二者相談のため,午後2時半~5時半
9日(木)・・・火曜日課の6時間授業のため,ほとんどできない!
10日(金)・・・二者相談のため,午後2時半~5時半
11日(土)・・・A(8時~12時)

12日(日)・・・県大会(新座総合体育館) 午前7時過ぎに会場へ。
        第4試合=対深谷幡羅中戦 
13日(月)・・・県大会(川越総合体育館) 
        第2試合に最初の試合。勝てばもう1試合あり
14日(火)・・・県民の日 冬の「3」なので,1時半~4時半?
15日(水)・・・県大会(川越総合体育館) ぜひ,この日も参加したい!

今後の「多元的古代」研究に向けて

私はこれまで30年近く,古田武彦氏の研究に学んできた。
今後もそれを続けていくつもりだが,
来年以降は,これまでより研究の時間も多く取れるだろう。

なにしろ平日にも,読書や調査旅行に行くことができ、
週末には研究会にも参加できるのである。
もう毎日が日曜日・・・ならぬ研究日と言っても過言ではない。

今の私の関心事を書くことで,自己紹介にもなり,
また協力も得やすいと考え,少し書いてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 古代官道について

誰が,何のために造ったのか,さらに深めていきたい。
「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」(2012年)できっかけはつかんだが,
西村さんの「西海道のコース変更」の発見などで自信を深めた。
さらに最近の郷土研究の「天王森」という字地名と東山道武蔵路の隣接から,
出雲王朝まで古代官道は遡(さかのぼ)れるのではないか,などと考え始めた。
だって,いきなり何もないところに,幅12mの直線道路を作るのは無理だから。
その前に,すでに「出雲街道」があってしかるべきだと・・・。(すべての道は出雲へと続く!)
そんなことを思いついた神無月(全国の神々は出雲に集められた)の次の霜月であります。

「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」(改訂版)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2017/09/post-5cde.html

(2) 「国分寺」について

2年ほど前に始めた多元的「国分寺」研究サイト。
川瀬さんと山田さんという論客に支えられてここまでやってきた。
それを来年度以降は,さらに推し進めていきたい。
そもそも聖武天皇は「国分寺建立の詔」を出したというが,それを読むと,
「国分寺」という言葉は出てこないのである。「国分寺」はなかった!
(これはもちろん,古田武彦氏の『「邪馬台国」はなかった』のマネです)
そこを大和一元史観の学者たちが,日本書紀・続日本紀に騙(だま)されて,
「これこそ国分寺建立の詔だ」と信じているに過ぎない。
実際は「七重塔を造れ。そうしたら,そこに金泥のお経を入れる」という宣言だ。
ということは,それ以外の寺の伽藍があったはずで,それが九州王朝が設置した
国府寺ではなかったかという訳である。(学者たちは国府付属寺院と言っているようだ)
実際「詔」は8世紀半ば(741年)に出されたものだが,各地の「国分寺」は
古式の7世紀の伽藍配置をとっていたり,7世紀後半の白鳳瓦が出土したりしている。
スタートラインは100年遡(さかのぼ)らせるべきなのに・・・。
皆さんの近くにも「国分寺」はあると思います。ぜひ多元的「国分寺」研究にご協力を!
(以下に,「国分寺建立の詔」をリンクしてあります。「国分寺」という文字はありますか?)

(再録)「国分寺」はなかった!

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2016/02/post-4336.html

「国分寺建立の詔」

http://www5f.biglobe.ne.jp/~syake-assi/newpage1099.html

(3) その他「夢ブログ」で取り上げてきた数々のこと

その他にもいろいろ研究したいことはたくさんある。
まずは,古代官道かかわって駅鈴こと。誰が,何の目的で作ったものなのか。
次に,『続日本紀』の「はじめて」記事のこと。大和政権にとっては「初めて」では?
さらに,無紋銀銭・十二弁の菊花紋・上野三碑・多賀城・観世音寺式寺院など、
これまで「夢ブログ」で取り上げてきた数々のこと。

「肥さんの夢ブログ」古田史学

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/cat6963771/index.html

私の命があとどれくらい続くのかわからないが,
命ある限り多元的古代の研究を続けていきたいと思う。
(明日、不整脈と心エコーの精密検査を受けてきます。
健康でないと研究はできないので・・・)

2017年11月 5日 (日)

「長谷川宏、青春を語る。」の会に参加する

昨日は上記の会に参加してきた。
場所は,所沢市上安松の赤門塾。
参加者は,知人・友人・生徒・OB&OGなど約60名だった。
私の母も,「ぜひ聞きたい」ということで参加した。

中学2年で数学ができないために行く羽目になった学習塾。
それが赤門塾であり,その講師が長谷川先生と天野先生(この夏亡くなる)だった。
(数学が得意だったら,この素晴らしい出会いはなかった!)

中学卒業後もOBとして,勉強会を続けるとともに塾の諸行事に参加し,
それも手伝って教員になった後もいろいろと相談に乗っていただいた方である。
その仕事も,あと半年で終わることになった。

世の中的にはヘーゲルの翻訳などで有名であるが,
私としては「赤門塾の講師としての長谷川先生」という訳である。
会は4部構成で行われた。20数回目の「赤門塾・文化祭」の一環だった。
(赤門塾は1970年に始まり,今年で47年の歴史を持つ。あと3年で半世紀!
私は1972年頃からのお付き合いとなる。45年!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1部 ~ 「長谷川宏、青春を語る。(30歳まで)」講演&質疑

       島根県簸川(ひかわ)郡平田町(現在の出雲市平田町)に生まれる。6人姉弟の長男
       平田小学校 → 島根大学付属中学校 → 島根県立平田高等学校 →
       東京大学文科一類 → 同文学部 → 同大学院哲学科・修士課程 →
       同大学院哲学科・博士課程 → 大谷摂子と結婚。所沢にて,赤門塾開設

ウィキペディア「長谷川宏」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%AE%8F

第2部 ~ 奥野皐さんによる語り「風の神と子ども」(新潟県の昔話)
       「六人男、のし歩く」(グリム童話)

第3部 ~ 句会(1人2句ずつ俳句を作り,約50句の中から1人5句に投票する)

第4部 ~ 宴会&自己紹介

Pb040067

Pb040069

Pb040075

Pb040072

Pb040073

Pb040074

(写真をクリックすると,拡大します)


山田宗睦さんの会の方と出会う

昨日の長谷川先生の会は,
長谷川先生を通して多くの方とお近づきになれた会でもあった。

古田史学の関係では,山田宗睦さんの会の方に会えて,
私も何回か日本書紀講座に通ったことがあるので,
まだご存命でいらっしゃると聞き,喜んだ。
1925年生まれなので,現在92歳である。
これはもうぜひ,100歳まで頑張ってもらうしかありません。

会に参加された方へのおみやげにと,
「私と赤門塾の略年表」「肥さんの関連サイト」等の資料を
持って行ったのがよかった。(o^-^o)

ウィキペディア「山田宗睦」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%AE%97%E7%9D%A6

「運慶展」が良いらしい

友人の長岡君の話によると,
上野の東京国立博物館で行われている「運慶展」が良いらしい。
本日の午後に行ってみようかな?

「運慶展」の公式ガイド

http://unkei2017.jp/

ソフトバンクが延長サヨナラ勝ちで日本シリーズ制覇

ソフトバンクが3連勝のあと,DeNAが2連勝して,
福岡に戻って行われた第6戦。
ソフトバンクが延長サヨナラ勝ちで日本シリーズ制覇した。
DeNAは,2倍の11安打を放ちながら,
チャンスにもう一打が出なかった。

第6戦の結果

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017110401/top

2017年11月 4日 (土)

東山道武蔵路と天王森

私は5年ほど前に,
「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」
という長い題名の論考を掲載していただいた。
(「古田史学会報」2012年2月号)

最近では,いろいろなところで話題に出せるようになり,
うれしい限りである。
また,それの姉妹作である「九州王朝は,駅鈴も作ったか?」
というのも「夢ブログ」内に書いた。

それと並行して,東村山市の久米川町から本町に広がる
「天王森」という地名について気になっていた。
「旧東村山の大字・小字」地図によると,
東山道武蔵路(地図の中央を南北に通る直線道路。現在の府中街道)と
それに沿って広がる天王森という字地名がある。

Pb040063

(地図をクリックすると,拡大します)

今回東村山郷土研究会の会長さんと知り合うことができて,
牛頭(ごず)天王のことを教えてもらうことができた。
これがどうもスサノヲの関係らしく,ということは出雲王朝の関係ということで,
話が膨らんできているところだ。

ところで,古代日本ハイウェーが九州王朝の作った道だとしたら,
出雲王朝のものらしい天王森とどのように結びつけたらいいのか。
それを昨日考えてみた。

それはすでに,「白山神社と牛頭天王像」で書いた通りだが,
出雲王朝時代にあった細い南北の道(天王森が隣接)を,
九州王朝が白村江の戦いに備えて幅12mにも拡大したものだということだ。
今までは「何もない荒野に道路を作ったのかも」と考えていたが,
出雲王朝がその基礎を作っていたとしたら,だいぶ手間も省けるという訳だ。
(それでも相当大変な土木工事であることに変わりはないが・・・)

出雲王朝のもとには,10月に全国の神々(人間だと思うけど)が集められたようだ。
それを今でも神無月(出雲では逆に,神在月)と呼んでいる。
その時神々は飛行機に乗っていくわけにはいかない。(時は弥生時代ですから)
海に面していない地方の神々は道を利用して出雲まで行ったであろう。
なので,当然出雲王朝が支配したであろう弥生時代前半にも道はあった。
(もしかしたら南北方位だけに,「公用道路」だったかも)

私にとって道は「研究の宝庫」である。
まさに「“道”との遭遇」なのであった。(笑)


正福寺の「地蔵まつり」

残念ながらカメラに収めることはできなかったが,
検索したら11年前に群馬県の男の方が行かれた記録があって,
雰囲気をよく伝えていると思いましたので,
リンクさせていただきたいと思います。

ツトムさん家の写真日記。

http://blog.goo.ne.jp/ttmida/e/2d718393e34be86e5fdf9a2a42a6ee0e

白山神社と牛頭天王像

昨日は,大失敗した。
せっかくの正福寺の「地蔵まつり」に,
カメラを持っていき忘れた。

合唱コンのビデオのダビングを2時間分して家を出発した。
白山神社と古鎌倉街道を見学しながら,正福寺に向かった。
正福寺には何回もいっているが,その建築と木彫りのお地蔵さんの件で,
国宝になっている東村山市の文化財である。
しかも,11月3日は地域おこしで盛り上がる「地蔵まつり」であった。
晴天のため,入間基地のブルー・インパルスも空を飛んでいる。

そんな中カメラを持たないみじめな私がいた。
まるで,バットを持たずにバッターボックスに入る打者のようなものだ。
あるいは,マウンドに球を持たずに上がった投手のような・・・。
チャンスの神様に後ろ髪はない・・・。
昔の人はよく言ったものだ。

本日は白山神社と古鎌倉街道の案内板,
そして正福寺の写真をリベンジしてくるが,
「地蔵まつり」でにぎわう境内の様子(数百人)は,
1年後までお預けということになってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし,転んでもただでは起きない肥さんとしては,
牛頭天王について,考える時間はもてた。
これは,九州王朝以前の支配者(出雲王朝,出雲朝廷)のことを
表しているのではないかと。
7世紀半ばに造られた東山道武蔵道だが,
何もないところに巾12mの高速道路をいきなり作ることはできないだろう。
幅1~2間の道路はすでにあって,それを拡張したのが軍用道路ではないかと。
そして,その元の道路を造った建設主は,出雲王朝・出雲朝廷ではないかと。
だって,弥生時代前半と思われる時代に,出雲に地方の支配者たちは集められ(神無月),
中央の支配(大国主?出雲では10月のことを,「神在月」と言うそうだ)を受けたからである。
そして,スサノウは古事記で乱暴者に扱われているが,
実は出雲王朝の主人(もしかしたら「天王」と呼ばれていたかも!)
それを九州王朝が「国譲り」で奪い取って,支配権が移動し,「天皇」となり,
大和政権は「昔から日本列島の支配者であった」という日本書紀のストーリーから,
「天皇」と名乗ってきた。(実際に名乗れたのは,文武天皇からで,持統までは大王だったが)

出雲王朝の天王 → (九州王朝の天皇) → 大和政権の天皇

というように,支配者の名称は変容してきたのではないかと思ったわけである。
これは単なる妄想か,それとも今まで誰も考えなかった正解か,
それは後世の人が判断するであろう。
今はインターネット的には良い時代なので,2017年11月4日の真夜中に,
私がそのように考えたことをアップして,皆さんに読んでいただける時代である。

そんなひらめきがあったのは,次のいくつかの学習が元になっている。

(1) 支配者は,以前の支配者のことを悪く言う。(牛頭ごず)
(2) しかし,地元の人は「祭神」として,あがめている。(天王の呼称を残す)
(3) 支配者としても,地元の信仰心までは支配できないので,祭神や末社としての扱いを
 「見て見ぬふり」をすることとなる。
(4) 周辺の東山道武蔵道の沿道に広がる「天王森」は,昔の出雲王朝の領地であったことを表す。

福岡県に伝わる鬼夜の火祭りでは,鬼は闇に隠れて逃げることが出来ていたり,
同じく福岡県のある神社では,ニニギの侵入を拒む前支配者の動作が行事に残っている。

白山神社が出雲系の神社であるとするなら,牛頭天王は出雲の関連のものである。
大国主が「国譲り」のあと,神となって,出雲大社に祀られたというが,
それが地方ではこのような形で祀られたのではないか。

自転車で暗い夜道を走らせながら,私の頭はそんな妄想(あるいは,ひらめき)が,
去来していたのでありました。(これも白山神社に祀られていた石彫・牛頭天王像が,
とても格好良く,立派な表情で,簡単に「悪者」とは思えなかったからであった)

東村山の白山神社

https://tesshow.jp/tama/emurayamakiyose/shrine_kumegawa_hakusan.html

白い参拝記

http://893ginger.blog55.fc2.com/blog-category-124.html

牛頭天王信仰とその周辺

http://blog.goo.ne.jp/gozutennou/e/8e57770e6b0c9148c1deccec54edcd4f

ウィキペディア「出雲大社」に興味深い記事があった。
「祭神の変化」というものである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祭神の変化

出雲国造新任時に朝廷で奏上する出雲国造神賀詞では
「大穴持命(大国主大神)」「杵築宮(出雲大社)に静まり坐しき」と記載があるので、
この儀式を行っていた平安時代前期までの祭神は大国主神であった。

やがて、神仏習合の影響下で鎌倉時代から天台宗の鰐淵寺と関係が深まり、
鰐淵寺は杵築大社(出雲大社)の神宮寺も兼ねた。
鰐淵寺を中心とした縁起(中世出雲神話)では、出雲の国引き・国作りの神を素戔嗚尊としていたことから、
中世のある時期から17世紀まで祭神が素戔嗚尊であった。

14世紀「当社大明神は天照大御神之弟、素戔嗚尊也。
八又の大蛇を割き、凶徒を射ち国域の太平を築く。」と杵築大社(出雲大社)の由来が記され、
1666年(寛文6年)毛利綱広が寄進した銅鳥居に刻まれた銘文には
「素戔嗚尊者雲陽大社神也」と記された。

さらには、鰐淵寺の僧侶が経所で大般若経転読を行い、社殿では読経もした。
また、江戸時代初期には社僧が寺社奉行と杵築大社(出雲大社)の運営管理に関する交渉を実施していた。
ところが、杵築大社(出雲大社)内は仏堂や仏塔が立ち並んで神事が衰微したため、
寛文7年(1667年)の遷宮に伴う大造営の時、
出雲国造家が神仏分離・廃仏毀釈を主張して寺社奉行に認められ、
仏堂や仏塔は移築・撤去され、経蔵は破却された。
これに併せて祭神は須佐之男命から、古事記や日本書紀などの記述に沿って大国主大神に復した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要するに,大国主神≒素戔嗚尊というわけで,
説明板によれば,「牛頭天王は,素戔嗚尊と同体」というのですから,
牛頭天王像は出雲の支配者像と言って良いのではないでしょうか。
(「神仏習合の結果,そうなっていった」というサイトもありました)

昨日の部活動 11/3

昨日は,午跡1時~5時のコマだった。
木下兄コーチのコマだった。

コーチは早くも,12日(日)と13ひ(月)の予定を出してこられた。
「このように戦えば,ベストで戦える」というシュミュレーションである。
それもこれも,全員が揃(そろ)っていてこそ,意味がある資料である。
スポーツマンにとっては,当日にピークを持っていくように努力するのが仕事。
中学生といえども,それは同じであることを自覚してほしい。

本日(4日)・・・10時半~1時半
明日(5日)・・・午前8時,正門前に自転車で集合。所沢高校へ。
 午前中の予定なので,弁当は要りません。

PS ボール入れの修理ができた。
これで,県大会の勝利へ1cmは近づいた。
勝利へは,地道な努力しかないのだ。

2017年11月 3日 (金)

神谷明日香さんの特許の話

サイトを見ていたら,なかなか良さそうな動画が見つかった。
神谷明日香さんの「私が小学生なのに特許をとったワケ」というものだ。

「スチール缶とアルミ缶の分別」という課題を,
小学5年の夏休みの自由研究で行い,
その後その方法で特許を取った。

記念講演の中では,分別の実験も出てくる。
温かい家族関係の中で,発明はされるのかなあ。
私にはそう思えた動画だった。

神谷明日香:私が小学生なのに特許をとったワケ

https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20161004-00000000-ted&utm_source=taboola&utm_medium=exchange

スペインのカタルーニャ州

スペインからの独立の動きがあるカタルーニャ州。
それを知るのに検索してみた。
ウィキペディア「カタルーニャ州」がけっこう詳しく出ていたので,
リンクしてみました。

ウィキペディア「カタルーニャ州」


ところで,板聖宣著『世界の国ぐに』(仮説社)は
私が最も授業に利用してきた授業書だが,
その有効性はこの「夢ブログ」でも
たびたび紹介してきたところだ。

Pb040064

私はこの授業書を,中学に入学してきたばかりの生徒たちに,
「入学祝い」として実施してきた。
第1部の「いろいろな世界地図」なら,わずか3~4時間でできる。
ある国を調べるのに,面積・人口・GDP・1人あたりのGDP・貿易関係
などの観点で理解していく。

(1) カタルーニャ地方の面積は?
(2) カタルーニャ地方の人口は?
(3) カタルーニャ地方のGDPは?
(4) カタルーニャ地方の1人あたりのGDPは?
(5) カタルーニャ地方の貿易(移出)関係は?


ピラミッドに未知の大空間

科学の進歩が,古代史を解明するカギになりそうだ。
また,名大(前回はカブトムシの角)が登場しましたね。

ピラミッドに未知の大空間

https://news.nifty.com/topics/jiji/171102204098/

この三連休の予定 11/3~5

この三連休の予定を書いてみる。

【11月3日(金)】

午前中・・・国宝・正福寺の見学会(東村山郷土研究会関連)
午後・・・部活・P

【11月4日(土)】

午前中・・・未定
午後・・・長谷川先生の会へ(部活11~14時は,相方の先生にお願いして)

【11月5日(日)】

午前中・・・部活・A → 所沢高校と練習試合
午後・・・未定

未定のところは,合唱コンクールのビデオのダビングなどになりそうだ。
私は当日ビデオ撮影を担当したもので・・・。

合唱コン 2017

昨日,今年度の合唱コンクールが行われ,
ミューズ・大ホールを響かせた。

各学年の金賞と銀賞の曲は,以下の通りだ。

【1年生】

金賞・・・変わらないもの
銀賞・・・今の僕には

【2年生】

金賞・・・光のなかで
銀賞・・・きらめく瞬間

【3年生】

金賞・・・ヒカリ
銀賞・・・そのひとがうたうとき

5年前に担任のクラスが金賞をいただき,
親善音楽会に出場した「そのひとがうたうとき」は,
今回本命と思われたが,「ヒカリ」という曲にかわされた。

山岡智子さんの「合唱をすてきにしあげるとっておきの方法」にも
収録されていないところをみると,新しい曲なのかな?

YouTubeの「ヒカリ」

https://www.youtube.com/watch?v=DUQleycb2vM


楽譜・混声四部合唱とピアノのための「ヒカリ」

http://www.panamusica.co.jp/ja/product/21041#1

逆転,また逆転の日本シリーズ

一時はソフトバンクの4連勝に終わるかと思われた
今年度の日本シリーズ。
ところが,第4戦で流れが変わり,
さらに勢いに乗って,DeNAが2勝目あげた。
逆転,また逆転の第5戦をリンクしてみた。

第5戦の報告

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017110201/top

2017年11月 2日 (木)

県大会の日程(訂正)

県大会の日程が違うのでは?
というご指摘を受けました。
もう一度確認してみました。

どうも第2日は県民の日(14日)であると勘違いしていたようです。
すると平日を2日使うことになり,それはそれで変な感じなのですが,
事実は事実だからしかたありません。
以下のように訂正いたします。
ご指摘ありがとうございました。

県大会まで,10日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新人   11/12(日)男子→新座市総合体育館
      11/13(月)男女→川越総合体育館
      11/15(水)男女→川越総合体育館

昨日の部活動 11/1

昨日は,午後4時半~5時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

昨日は合唱コン前日で,「実行委員会の生徒たちとの打ち合わせ」
「全員の先生方との打ち合わせ」「実行委員の先生方との打ち合わせ」
「先生方との合唱練習」があり,体育館に行ったら,もうとっくに部活動(県大会出場のため,
午後5時半まで)は当然終わっていた。
私はいったい,いくつ体を持っていればいいのでしょう?

ボール入れの周りの布をコーチにプレゼントしていただきました。
ありがとうございます。
黒色を基調としたかっこいいボール入れです。
大切に使いましょう。

また,11月7日(火)に市民体育館が借りられました。
時間は,午後7時~9時です。
県大会前に広いところで練習できるとはラッキーですね。

さらに,11月19日(日)に東村山四中が来るかもしれません。
「かも」が付いたのは,顧問の先生が都大会の審判に
呼ばれるかもしれないからです。

県大会まで,あと10日。

日本シリーズで,DeNAが一矢報いる

これまで日本シリーズ3連敗となっていたDeNAが,
ようやくソフトバンクに一矢報いたようだ。(6ー0)
しかも強力なソフトバンク打線を,
見事に抑えての完封勝利。
これで形勢が逆転するのか,はたまた「一矢」だけにとどまるのか。
少なくとも,それが注目になる第4戦での勝利であった。

第4戦の報告

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017110101/top

あいせだ歴史 4コママンガ編。(その2)

いろいろな形で,私たちにエンターテイメントを
提供してくれている「愛の世代ズ」。

最近始まったシリーズは,4コママンガ編。の「あいせだ歴史」で,
早くも第2話で肥さんを登場させていただきました!

ぜひ「あいせだ★ブログ」の「あいせだ歴史」を見て下さい。
そこには「愛」が・・・あるかもしれないよ。

あいせだ歴史 4コママンガ編。(その2)

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12324582800.html

福ちゃんde手品(4) 「変身トランプ」

福ちゃんde手品の4回目は,「変身トランプ」だった。
この手品は簡単にでき,しかも応用もきき,
生徒たちと共に作り,口上も教えられるという素晴らしいものだ。
手品はコミュニケーションと考える私にとっては,格好の社会科教材なのである。
結局人間は「社会的存在」なのですから,
コミニュケーションというのはとても大切なものなのだ。
前にやった時のものをリンクしてみます。


2年選択で「変身トランプ」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2009/06/post-2395.html

合唱コンまでの仕事

いよいよ本日は,合唱コンクール。
これまで私がやってきたことは・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・学年掲示物 ~ 早くもテスト明けに掲示!(昨年は確か合唱コンの数日前でした)

・プログラム原稿の校正 ~ これはお得意,いつでもどうぞ

・プログラムの印刷(両面刷り・1350部) ~ 空き時間の関係で・・・2人で分担

・廊下に練習風景の写真掲示 ~ これはお得意。頼まれなくても

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の1年と思って慣れない仕事を引き受けたが,
やはりなかなか難しいものがあった。
やはり「餅は餅屋」という昔の人の金言に勝るものはなかったです。

名大が,カブトムシの“角の謎”を解明!

カブトムシの角って,ユニークだ。
あれがどのようにして形成されるかを,
名古屋大学が解明した。
インターネットのニュースをリンクしてみたので,
興味のある方はどうぞ!

カブトムシの“角の謎”を解明

https://news.nifty.com/article/technology/techall/12158-1685453/

2017年11月 1日 (水)

勝手に所沢マラソン!?

この春から夏にかけてのダイエット。
念願の-8キロを達成したが,その後2カ月が経過して,
その結果を報告しよう。

現在1キロ戻って,-7キロです。
給食を3分の2盛りにしているので,大幅には増えていません。
(1人前食べていたら・・・きっとこれくらいでは済まないでしょう)
しかし,夏休みのように汗はかけない秋です。
これからの日々は,運動に掛かってくるかもしれません。

12月の所沢マラソンをやるつもりだったのですが,
締め切りに間に合わず「勝手に所沢マラソン」に
エントリーしようかと思っています。

つまり,レースが終わった後に,同じようなコースを走るのです。
何千人もの参加者にペースを狂わされることもなく,
マイペースで走れるという利点もあります。
コースは,西武球場からの下りを利用して,まず高橋の交差点をめざし,
さらに右折して下山口駅を通過,西所沢駅へ向かう途中の岩崎の交差点まで。
(途中からほぼ平らというのもいいです)
あなたも,「勝手に所沢マラソン」5キロの部に
エントリーしませんか?(笑)

なぜ練習を繰り返すのか?

明日合唱コンクールが予定されている。
我が市の中学校は,ほぼミューズ(文化センター)で行われ,
特に大ホールはプロの音楽会の会場にもなるところで,
そこで演奏できることは,まことに幸せなことである。

さて,今回は,「なぜ練習を繰り返すのか?」という哲学的な問題である。
考えてみると,練習というのは,ばかばかしい行為である。
なぜなら,「精神は反復を嫌う」の言葉通り,その意味がわからない人にとっては,
同じことの繰り返しであるとも思えるからだ。

しかし,私たちは「やはり練習は必要である」と思うわけだ。
練習が足りないと正しい音程で歌うことはできないし,
また安定的なハーモニーを生み出すことも出来ない。
そして,それはわずか数分間の演奏なのに(であるからこそ),
貴重な思い出や感動が得られることにもつながることを知っているからである。

練習の「量」がやがて「質」に変わることを知っている人は,練習をいとわない。
いやむしろ,「量」を重ねることによって,さらに「質」を生み出そうとして努力する。
そこに苦しさはない。むしろ喜びがある。
だから,「練習は裏切らない」という言葉も生れてくるのである。

これは,分野を限った話ではない。
音楽をはじめとした芸術でも,スポーツでも,もしかしたらブログでも,
同じことが言えるのではないかと思う。(o^-^o)

『銀座に生きる』を読了

銀座に小料理屋「卯波」を構える鈴木真砂女さんは,
波乱万丈の半生の末に,
「今生の いまが倖せ 衣被(きぬかつぎ)」という句を詠む。

その話をかつて瀬戸内寂聴さんから聞いていた私は,
いつかその人の半生を描いた『銀座に生きる』を
読んでみたいものだと思っていた。

それが今回インターネットで取り寄せて読む機会を得た。
とても苦労をされてきていて,私などの語るところではないが,
ぜひ読んでみることをお勧めする本である。

上記の句以外にも,
「あるときは 船より高き 卯波かな」
「羅(うすもの)や 人悲します 恋をして」
「鴨引くや 人生うしろ ふりむくな」
などの句が,私はいいと思った。

ソフトバンクが強すぎる!

プロ野球は日本シリーズに入っているが,
パリーグのCS2で楽天に3連勝した勢いをそのままに,
DeNAにも3連勝して,王手をかけた。

なにしろ投手陣が豊富だ。昨日も・・・゜,
武田ー石川ー嘉弥真ー森ーモイネロー岩嵜ーサファテ
と7投手を繰り出し,的を絞らせない。
ベンチに入れているほとんどの投手が,
「使い物になる投手」なのだから,
短いイニングだったら0点に抑えられるのだ。

まあ,そのソフトバンクに2勝した楽天は,
なかなか健闘したともいえるのだが,
ちょっとレベルの差が並ではないのだ。

最近行われたドラフト会議では,
3回も抽選に外れてしょげていた工藤監督だが,
プロ野球の発展のためにも,
それくらいのハンデはお願いしたいものだ。

楽天ファンとしては,則本・岸・美馬の三本柱を,
すべて撃ち込まれた傷がなかなか癒(い)えないのである。(。>0<。)

北辰テストの範囲

今度の日曜日に北辰テストがある。
埼玉県の学力テストで,高校に持って行って
偏差値などで「確約」をもらったりするのに使う。
特に10月と11月は受験者が多く,
クラスの過半数が受けるようである。

なんで私とそのテストが関係するかというと,
そのテスト範囲を終えていないと,
「教えてもらっていないから解けなかった」
ということになるからである。

公民は週に4時間あるので,
追いつかれることはないように思っていると,
意外や意外,知らないうちにテスト範囲が
あっという間に追いついてくる。
学校というところは行事やテスト期間には
授業がスローペースあるいはストップする訳でして・・・。
今回は「もう少し」というところで,なんとか生き延びた。(^-^;

次回12月は,さすがに今のペースでは追いつかれるので,
飛ばせるところは飛ばしてやっていくつもりである。
現行の教科書は受験に出にくい分野が前半にあり,
4月から飛ばしてやると生徒たちが面食らうのでそれもできず,
結局スローペースでやるしかなくて困る。(。>0<。)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ