« 台風22号 きょう夜関東最接近 | トップページ | 東村山郷土研究会の文化祭展示に出かける »

2017年10月29日 (日)

天王森と牛頭(ごず)天王

東村山市久米川町付近には,「天王森」という地名があって,
以前から気になっていた。
今回東村山の郷土史の会に入れていただくにあたって,
「きっかけの論理」ということで,これについて調べてみることにした。

まず「天王森」は八坂神社や白山神社に関係あるらしいということで,
祀られている祭神の1人である「牛頭(ごず)天王」から検索してみた。

ウィキペディア「牛頭天王」

いろいろ書いてあるが,奈良時代以前に関係があるということ,
どちらかというと「悪役」なのかな,ということで興味を引いた。
(前の支配者は,悪役にされるから)

なお,「新古代学の扉」でサイト内検索をしたところ,
1件だけヒットした.以下のものである。

「温湯碑」建立の地はいずこに(合田さん)

未完

« 台風22号 きょう夜関東最接近 | トップページ | 東村山郷土研究会の文化祭展示に出かける »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風22号 きょう夜関東最接近 | トップページ | 東村山郷土研究会の文化祭展示に出かける »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ