« 第48回衆議院選挙 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」8年目の(1) »

2017年10月23日 (月)

印刷ができない

一昨日の「ZEITAKUKAI」は本当に贅沢(ぜいたく)な会だった。
だいたい講師の峯岸さんと知り合いになること自体贅沢な上に,
資料を送ってくれるというアフターサービスまで付いているのだから,
本当に素晴らしい会だった。
さっそく「脳細胞の話」と「報告記」を送っていただいた。

ところが・・・。
印刷しておこうと思って,プリンターに命令するのだが,
白い紙が送られるばかりで,一向に印字されない。
さらに,カラー写真だけは印刷されるのだが,肝心の文字(黒色)が出てこない。
さて,この謎があなたには解けますか?

【予想】

ア.インクが切れた
イ.印刷方法を間違えた
ウ.その他

まず,アはすぐに消去された。
だって,先日黒色のトナーを入れ替えたばかりだから,それが原因の訳がない。
次に,イだが,「いつもやっている手順でやってもだめ」という訳だから,
ますます原因がわからない。さあ,どうしよう。

ヒントは,「カラー写真のところだけは印刷できていた」にあった。
なんで黒色の文字が印刷されないのか,トナーを取り出して調べてみた。
すぐにわかった!実は,トナーの通電部分にテープが貼ってあり,
絶電状態だったのだ。これでは「黒色」が出る訳がない。

ビニールテープをはがし,再度印刷の命令を出した。
今度は美しく印刷された資料が印刷されて出てきた。
めでたしめでたし。

そこで,この失敗を書くのが,
「転んでも只では起きない肥さんの夢ブログ」という次第。
私が失敗したということは,ほかの人も失敗する可能性がある訳だし,
肥さんだってこんなドジな失敗をするんだと思っていただければ,
それはそれで「安心材料」になるわけだから。

ずっと前に,仮説実験授業の提唱者である板倉聖宣さんに,
ある人がこんな質問をした。

「板倉先生は,どうしてこんなにたくさんの仕事を
成功させることが出来るのですか?」

板倉さんは,その質問にこう答えていた。

「成功することもあるし,それ以上に失敗することもあるよ。
だけど,みんなに報告するのは成功した時だけだからね」

「な~るほど」と私は思った。
それで,「謎は解けた」。(名探偵・肥さん)

「夢ブログ」でも同様。うまくいった話が中心ですが,
だからといって,「いつも上手くいっている」という訳ではありません。
仮説実験授業や古田史学から学んでいるので,
少しは上手くいく確率が高いかもしれませんが,
そのたまたまうまく行った時のことを記事にしているということです。
だって,「今日もご飯が食べられました」なんて当たり前の記事は出てこないので,
特別の場合だけ記録に残されるのが史料ですから・・・。

« 第48回衆議院選挙 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」8年目の(1) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第48回衆議院選挙 | トップページ | 千恵さんの「カナダ報告」8年目の(1) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ