« 3冊のワークのチェック | トップページ | あいせだの★わがままレイディオ(おまけ編) »

2017年10月13日 (金)

「朝賀」もなかった!(2)

701年に始まった「朝賀」のその後を追ってみよう。
 (698年の記事は,「常の通り」と,事実を偽っていると考え,潤色とみなしました)

701年・・・★天皇は大極殿に出御して官人の朝賀を受けられた。

 その儀式の様子は,大極殿の正門に烏形の幡を立て,
 左には日像・青竜・朱雀を飾った幡,右側には月像・玄武・白虎の幡を立て,
 蕃夷の国の使者が左右に分かれて並んだ。
 こうして文物の儀礼がここに整備された。
 (この詳しい説明も,第1回にふさわしいと思います)

702年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。
703年・・・元日は朝賀をやめて,親王以下百官の人たちは,太上天皇のもがりの宮に拝礼した。
704年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。
705年・・・記事なし

706年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。
707年・・・欠文
708年・・・記録なし
709年・・・記録なし
710年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。(平城京への遷都)

711年・・・記事なし
712年・・・記事なし
713年・・・記事なし
714年・・・記事なし
715年・・・★天皇は大極殿に出御して官人の朝賀を受けられた。

716年・・・雨のため朝賀はとりやめた。
717年・・・記事なし
718年・・・記事なし
719年・・・朝賀の儀式を行わなかった。大風があったからである。
720年・・・大宰府から白鳩の献上があった。親王と近臣を殿上で饗応し最高の歓びを味わい終わった。
 そして,身分に応じて物を賜わった。(この年,「刻み」入りの駅鈴支給。「日本書紀」の完成)

721年・・・武蔵・上野の二国からぞぞれ赤烏を献上してきた。尾張国は「小鳥が大鳥を生みました」と
 言上した。(何れも祥瑞)
722年・・・天皇は朝賀を受けられなかった。そして次のように詔した。(元明帝の崩御)
723年・・・記事なし
724年・・・朝賀の儀式を行わなかった。雨が降ったためである。
725年・・・山背国と備前国から,それぞれ白燕を一羽献上した。

726年・・・記事なし
727年・・・朝賀の儀式が中止された。雨天のためである。
728年・・・朝賀の儀が中止された。雨天のためである。
729年・・・群臣と内外の命婦を中宮に招いて宴会を行ない,身分に応じて絁を賜わった。
730年・・・朝賀の儀をとりやめた。雨天のためである。

731年・・・天皇は中宮殿に出御して,群臣に宴を賜わった。美作国から連理の木を献上した。(祥瑞)
732年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。
733年・・・天皇は中宮に出御し,侍臣たちと宴を催された。その他の五位以上の者には,
 朝堂で酒食を賜わった。越後国から白烏を献上した。
734年・・・天皇は中宮に出御し,侍臣と宴を設けられた。五位以上には朝堂で酒食を賜わった。
 但馬・安芸・長門の三国がそれぞれ木連理を献上した。
735年・・・天皇は中宮に出御して,側近の臣下と宴を催し,また五位以上の官人には,
 朝堂殿で饗応した。

736年・・・記事なし
737年・・・記事なし
738年・・・天皇は中宮に出御して,近侍の臣下と元日の宴をもたれ,五位以上の官人を朝堂で饗応された。
信濃国が神馬を献上してきた。総身黒色で,たてがみと尾のみが白色であった。
739年・・・出雲国より祥瑞の赤烏を献上し,越中国より白烏を献上してきた。(紅白でおめでたい?)
740年・・・★天皇は大極殿に出御して朝賀を受けられた。

741年・・・★天皇が初めて恭仁京において朝賀を受けられた。宮の垣がまだ完成していないので,
 とばりを引き回らして垣のかわりとした。
742年・・・すべての官人が朝賀した。大極殿がまだ完成しないため,仮に四阿殿を造り,
 天皇はそこで朝賀をうけた。石上・榎井の両氏がこの度はじめて大楯と槍をたてた。 
 (大嘗祭と同じ儀式を行った)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総じて,「701年以降は,大和政権の天皇により朝賀は行われていった」と言えると思う。
その画期が,700年と701年にあることは,昨日見た通りである。
実際に準備は進められていたが,「唐の承認」を受けて,晴れて行えるようになったのだと思う。

PS 通勤の電車に乗って,しばらく前にJames Mac さんの「古田史学とMe」に
「賀正礼」のことでご厄介をかけたことを思い出した。

賀正礼

« 3冊のワークのチェック | トップページ | あいせだの★わがままレイディオ(おまけ編) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 この記録を見ていくといろんなことがわかりますね
1:近畿天皇家が朝賀の儀式を執り行ったのは701年が最初であること。
2:朝賀の儀式が通例となったのは710年の平城遷都以後。715年以後は確実。
3:喪に服すべき時とか、天候が悪いなどの理由で中止されている。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

この年表は,一種のグラフ(年図)となっているので,
「朝賀の歴史」が浮かび上がってくるようです。
古代史研究にもグラフは大変有効だと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3冊のワークのチェック | トップページ | あいせだの★わがままレイディオ(おまけ編) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ