« 2学期・第1日目 | トップページ | 昨日の部活動 9/2 »

2017年9月 2日 (土)

「9月1日問題」のグラフ

若者の自殺が夏休み明けに一番多いとする
「9月1日問題」というのをご存じだろうか。
私もなんとなくそんな気はするし,
だけど「休み明け」は9月1日だけではなく,
春休みもゴールデンウィークも冬休みもある。
それらを全部表しているグラフがないか,
前から探していた。

先ほど見つかりました。
それを掲載します。

「「9月1日問題」のグラフ」

http://jin115.com/archives/52189311.html

① 9月1日(夏休み明け)
② 4月8日(入学式・始業式=新年度)
➂ 5月6日(GW明け)
④ 1月8日(冬休み明け)

④はほかにも候補があるので,同率4位ではありますが,
明らかに「長期休み明け」に若者の自殺は多いといってよいでしょう。
では,それに対して何か対策は取られているでしょうか。

ところで,ダイオキシン問題が所沢で起きた時,
名前も初めて聞く恐ろしい物質で,まるで「お化けの怖さ」を感じました。
幸い仮説の研究会の人が分子模型を作ってくれ,
「この黒い2つの輪のようなものがベンゼン核。
この端っこの4つが塩素。これを何とかしたい」と教えてくれて,
「なるほど,こういう物質なのか。なんとか分解できないかなあ」と
頭を働かせることになったのを覚えています。

P7310730

自然界のことは分子模型が教えてくれるとしたら,社会(人間界)のことは?
そう,上記のグラフを私たちは知ることができた。
次は,なんとかしようと解決策を模索することだと思うのです。

これまで私もしてきたことで,仮説の研究会の人がよくやっていることの1つに,
暑中見舞い(残暑見舞い)を送るというのがありました。
(「お年玉付き」という楽しいものもありました。9月1日に学校に持って行って抽選です)
あるいは,9月初めにたのしいイベントを企画するのも良いでしょう。

せっかく手に入れたグラフは,「社会にも法則がある」と雄弁に語っているわけですから,
私たち学校の教員がしなければならないのは,
そのピークを減らして,より平らな,より低いグラフにしていくことだと思います。。

« 2学期・第1日目 | トップページ | 昨日の部活動 9/2 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2学期・第1日目 | トップページ | 昨日の部活動 9/2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ