« 砂川恵伸さんについて | トップページ | 霞ヶ関中との練習試合 8/27 »

2017年8月27日 (日)

日の神論争~アマテラスが照らした範囲は?

何か調べたりすると,その「副産物」として,
いろいろな知見が得られるものである。

昨日の砂川恵伸さんの調査の中で,「衝口発」ということばが出てきたが,
その作者・藤貞幹や上田秋成と本居宣長には論争があったという。

アマテラスは地上を照らしたというが,それはどの範囲なのか。
世界中なのか。アジアなのか。日本だけなのか。
あなたはどう思いますか。
そして,論争の結果は?

ウィキペディア「日の神論争」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%A5%9E%E8%AB%96%E4%BA%89

« 砂川恵伸さんについて | トップページ | 霞ヶ関中との練習試合 8/27 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

『記・紀』によってかんがえれば、
「日食で真っ暗闇になる程度の範囲」だったと思います。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

江戸時代にも,いろいろな「古代史論争」があったようです。
確かに日食で真っ暗になる範囲は,狭いですね。

肥さんへ

私のような回答では「つまらない」かも知れません。
しかし『記・紀』に忠実に解釈するとそうなるのは事実です。

『記・紀』にどう書いてあるかに関係なく願望を展開する
本居宣長流の人に付き合うわけにはいきません。
『記・紀』に書いてある通りに受け取れば、
答えは「皆既日食になる範囲」なのです。

読者のみなさん、話をつまらなくしてごめんなさい。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

いえいえ,真実を探求するのが歴史学なわけですから,
面白いか面白くないかが大切なのではありません。
読者の皆さんも,きっと,「へ~,そんなに狭い範囲なんだ。
面白~い」と思われたと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 砂川恵伸さんについて | トップページ | 霞ヶ関中との練習試合 8/27 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ