« 楽天が,勝利に等しい引き分け | トップページ | 9月の楽しみ »

2017年8月31日 (木)

『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』

圓尾和紀著,ワニブックス,1200円+税の
上記の本を入手した。

P8310005_2

この本を入手したきっかけは,先日の「夢ブログ」の話題で,
「1日3食はいつから?どういう理由で?」でリンクしたからである。

著者は管理栄養士をされていて,和食を推奨されている。
とはいっても,全部の食事をそうせよと言っているのではなく,
高カロリーになりがちな晩ごはんについて,
「ごはんと味噌汁」を推奨しているのだ。

ごはん・・・玄米または分づき米(3分・五分・七分)
味噌汁・・・季節の野菜を使った具だくさんな味噌汁

漬物はというと,偽物が多くて,「添加物漬け」の野菜らしい。
なので,本物が手に入ればいいが,それは自分でやるしかないのだろう。

大学生の時,長野県でナチュラリストの会の人に食べさせていただいた自然食が,
圓尾さんの本の食事の例に近いかもしれないと思い出した。

血の滴るようなステーキを贅沢だと思うか,
それとも圓尾さんの玄米と具だくさんの味噌汁を贅沢だと思うかは,
その人の生き方や人生観,年齢によっても違うだろう。

退職を少し先に控えた私としては,後者の方を贅沢と考える。(値段も安い)
医食同源というが,いい食事を食べることで,健康も維持できたら幸いである。

カラダヨロコブログ(圓尾さんのブログ)

http://karada465b.minibird.jp/

« 楽天が,勝利に等しい引き分け | トップページ | 9月の楽しみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

肥さんは、退職後の準備として料理を勉強したら、
いかがですか?お母さまの今後の事も有りますから…
自分の食べるものは、自分で作るスローフードダイエットです。
買い物から後片付けまで自分で、しなければならないので、
自然と作る量が減り、ダイエットになりますよ。
自分の食べたいものを、自分の好きな味付けで食べる
最高です。外食は、カネを取るために量が多いですから
ラーメン ライス 餃子は中国人も、ビックリですよ。
退職後は自由なので、1日何食ではなく、腹が減ったら食べればいい。
高い金を出して、旨くもない外食は馬鹿らしくなりますよ。
いま、じぶんは、母の夕食を作りながら、一杯飲んでる
究極のキッチンドリンカーです。店で飲む麦とホップより
家で飲むえびすビールですよ。

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

大変私の役に立ちそうなアドバイスです。
さすが「理想案」さんです!

またいつか,自転車で散歩する
ポタリングにご一緒させて下さい。

今は麦とホップがメインですが,
恵比寿ビールが美味しいのは存じております。
その唯一の欠点は,美味しいを通り越して美味し過ぎるので,
食べないで飲んでしまうことだと思います。(^-^;

旨い酒は、つまみは要らない、だから、ダイエットになるのよ。
うまいご飯もおかずは要らないよ。

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

ダイエットとアルコール中毒の見極めが,
なかなか難しいところですね。
だんだんビールの量が増えていきそうですが・・・。

退職後は社会的制約がなくなるので、
自己管理能力が、必要です。
酒と女とギャンブルにはご用心!
競輪なら教えてやるよ

離騒庵さんへ
コメントありがとうございます。

自己管理能力が「ない」ことには,自信があります。
なので,競輪はご遠慮させていただきますね。(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が,勝利に等しい引き分け | トップページ | 9月の楽しみ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ