« 『日本書紀』の書名の「書」の字について(中小路駿逸氏) | トップページ | 覚せい剤取締法 »

2017年8月19日 (土)

「高梨沙羅が失格」の理由

ボクシングでは「計量」という検査があって,
その階級の制限をオーバーできないが,
スキージャンプにも「計量」があるとは知らなかった。

なんでも,履くスキー板の重量に対して
「軽さ制限」があるというのだ。
つまり空を飛ぶのには軽い方が有利なので,
選手が無理な減量をしないための措置だという。
(ボクシングは相手に対するダメージの問題か)

ボクシングは・・・重いとダメ
スキージャンプは・・・軽いとダメ

なかなかスポーツの世界も大変なんだなあ。

ちなみに高梨沙羅の場合制限ギリギリを狙っていたら,
思いのほか気象条件が厳しくて,発汗で軽くなり過ぎてしまったらしい。
同様のことは,男子でも原田選手があったという。

ちなみに,私のダイエットの場合は,
「重さ制限」ということになるのかな。
先ほど何回目かの「-6キロ」を記録いたしました。ヽ(´▽`)/
あと5日後の「計量」(人間ドック)までに,
あと2キロ減らせるだろうか?

« 『日本書紀』の書名の「書」の字について(中小路駿逸氏) | トップページ | 覚せい剤取締法 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『日本書紀』の書名の「書」の字について(中小路駿逸氏) | トップページ | 覚せい剤取締法 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ