« 仮説社に寄る | トップページ | 多元的古代の研究について »

2017年8月23日 (水)

『天武天皇と九州王朝』

「2つの暦が混在している日本書紀」などで,
この「夢ブログ」でも古代の暦のことを話題にしてきたが,
砂川恵伸さんという方が,10年ほど前に
上記の本を新泉社から出しているようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天武天皇と九州王朝―古事記・日本書紀に使用された暦 単行本 – 2006/12/1

砂川 恵伸 (著)

内容(「BOOK」データベースより)

天智天皇から持統天皇までの古代史を復元し、九州王朝説を補強。
古事記・日本書紀に記された干支を詳細に検討し、
上代に使用されていた暦を推理する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今中古本を注文しているので,詳細が分かったらまた書く予定。
定価は高いが,中古本だと1000円くらいなので,
気になる方はアマゾンへ。

« 仮説社に寄る | トップページ | 多元的古代の研究について »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

砂川恵伸さんの二冊は既に読んでおります。
ヒントがたくさんありますよ。おすすめです。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

うかつにも砂川恵伸さんの本は知りませんでした。
もう1冊は,何という題名ですか?

肥さんへ

肥さんとも思えぬ質問!
『古代天皇 実年代の研究』
です。

お手間を取らせて,どうもすみません。
ホント砂川恵伸さんは,ノーマークだったもので・・・。(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仮説社に寄る | トップページ | 多元的古代の研究について »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ