« 千里の道も一歩から(6) | トップページ | 昨日の部活動 7/10 »

2017年7月10日 (月)

「沖ノ島」が世界文化遺産に

宗像の「沖ノ島」が周辺遺跡を含めて,世界文化遺産に決定したそうだ。
とりあえず素晴らしいことだと思う。
あれほどの価値のある遺跡がほとんど手つかずに残されているのは,
やはり宗教上のものであり,厳しい戒律が守られてきたからだろう。
(女人禁制で女性は入れなかったし,男性もみそぎをしなければだめだった。
また,島から一木一草一石たりともを持ち出してはならず,
「不言様(おいわずさま)」と呼ばれるように情報の持ち出しも禁止されていた)

さて,この「沖ノ島」の一番肝要なところは,
誰がこの神々(宗像三神と呼ばれる女神たち)を祀ってきたかというところだろう。
通説としては,大和政権がその仕事をしてきたと言いたいところだろうが,
ここはかつて倭国(九州王朝)が治めてきた地であり,宗像神社が仕事してきた事情がある。
また,出土物にしても黄金の指輪,竜の矛先,五弦の琴,機織りミニチュア金銅製品と,
大和に類似品のないこといとまない。
ぜひこれまで行われてきた学術調査のさらに上を行くものをして,
「最大の謎」を解いてもらいたい。
その時,九州王朝という仮説があることを,決して忘れないでほしい。

PS 先日ビックロに寄ったついでに,紀伊国屋に寄ったら,
「沖ノ島」に関する本や写真集がたくさん出ていた。
なるほと,世界文化遺跡登録を目指し,頑張っていたわけだ。

「沖ノ島」が世界文化遺産に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000091-jij-soci

« 千里の道も一歩から(6) | トップページ | 昨日の部活動 7/10 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千里の道も一歩から(6) | トップページ | 昨日の部活動 7/10 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ