« ソフトバンクとの首位攻防3連戦 | トップページ | 最近の天気は「変化球投手」か »

2017年7月26日 (水)

三者面談の舞台裏(「転記」の歴史)

担任の先生は,先週末から約一週間
三者面談を行っている。
その舞台裏で,副担任は健康診断表と
歯科検診の結果を書類に転記する作業を行っている。

最初は部活動の県大会の忙しさで,
とてもこの作業には加われないと思っていたが,
一昨日書いた通りの結果になってしまったために,
私にも時間の余裕ができたため,
授業プリントをつくったあと,その作業をした。
(養護の先生の配慮で,やりやすくしていただいていた)

この転記作業は,私の中では三つの「転機」がある。
最初新任のころは「養護教諭の仕事」とされ,
30クラスもの作業を一人でやっていたように思う。

それが,数的に多すぎたのと,
「担任クラスの生徒の健康状態を知っておいた方がよい」
という教育的な理由から,担任の仕事となっていった。
これが第二段階。

そして,夏休みに三者面談を行う今のやり方で,
「担任が三者面談をやっている間に,
副担がやっておいてあげる」という方式に変わった。

私は第二段階が長かったし,今でも「担任の仕事」という意識が強いが,
学校規模や学年のそれまでの流れもあるので,
今年は「最後の年」でもあるし,お手伝いしているという次第。
おかげで,「転記の歴史」を振り返ることもできた。(o^-^o)

« ソフトバンクとの首位攻防3連戦 | トップページ | 最近の天気は「変化球投手」か »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトバンクとの首位攻防3連戦 | トップページ | 最近の天気は「変化球投手」か »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ