« 下駄を履くまでわからない・・・ | トップページ | まんまるで20年ぶりの再会 »

2017年7月28日 (金)

4枚組のクラシックのCD

コンビニでクラシックのCDを安く売っていたので,
ちょっと心を癒(いや)そうと買ってきた。

合計4枚のCDには,ヴィバルディーの「四季」から始まって,
そうそうたるクラシックの名曲が入っていて,
しかも51曲295分(5時間)で1200円+税と格安なのだが,
自分のお気に入りのものだけではないことが引っかかって,
1週間ほどレジに持って行けずにいた。

でも,うちに帰って聴いてみると,やはりクラシックはいいものだ。
なにしろ人の声がしない。(当たり前だが)
楽器の演奏が心を軽くしてくれ,安らかに睡眠がとれそうな気がした。

P7270728


« 下駄を履くまでわからない・・・ | トップページ | まんまるで20年ぶりの再会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

 CDジャケットを見る限りでは、歴史的な名盤(名演奏)ばかりそろっているようですね。
 クラッシック音楽のリズムは、基本的にはロックのリズムよりはずっとゆったりとしており、旋律(メロディー)と和音を重視した音楽だから、心にしみる度合いは深いと思います。
 疲れたときはできたら、宗教音楽を聴くのが良いですね。それかテンポのすごく遅い(アダージョかアンダンテ)静かな、むしろ陰鬱な曲が良いですよ。明るい曲よりも。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

今日は,第2巻のシューベルトやベートーベンです。
聴いたことのあるフレーズだとうれしくなってしまうのは,
私だけでしょうかね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 下駄を履くまでわからない・・・ | トップページ | まんまるで20年ぶりの再会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ