« ようやくインターネット再開か? | トップページ | 3つの「敗れる」 »

2017年7月 2日 (日)

7.1 上野・野外ライブ

西武球場と似ていて,屋根はあるが外気は流れるので,
屋外なのか屋内なのかよくわからないが,
一応野外ライブということにしておこう。

【スローライフ2周年記念ライブ】

数学に強い私としては,2年前の2月開店したのだから
「2年半」というのが正確だと思うのだが,
スローライフの2周年記念ライブが昨日行われた。
おめでとうございます!

まずこういう機会を設けてくれたスローライフさんにお礼を言いたい。
若い音楽人(おとらくびと)たちに,発表の場を提供して下さった。
そして,第18番目の「トリ」として愛の世代ズも出演しすることができた。
(観客は,スローライフだったら満員の人数だったけどね)

【こんなにたくさん音楽(おとらく)の形がある】

12時頃からほぼ全編に参加したので,いろいろなグループを聴いた。
その中で感じたことを一言で言うと,
「こんなにたくさんの音楽(おとらく)の形があるのだ」ということである。
そして,その人たちが何らかの刺激を受けて,また新たな音楽(おとらく)段階へ進む。
それを垣間見ることができたことが収穫だった。こういう形の「教育」もあるんだね。

【圧巻・佐藤龍一タイム】

ライブの半ばで特別ゲストの出演があった。佐藤龍一さんである。
頭慢さんが師と仰ぎ,愛の世代ズの「おじいちゃんの唄」を編曲して下さった
そして世の中的に有名なのは,あの「竜とかおる」で一世を風靡した方である。
(かおるは,作詞家&作曲家の伊藤薫氏)
なお,検索したら「法政大学中退」と書いてあったので,龍一さんは私の先輩でもある。

このステージを観られた・聴けたことが,この日の大きな収穫だった。
歌詞に込めたメッセージとギターテクニック。しびれましたよ~!
(この日に売られていた2枚のCDも買わせていただいた)
さらに素晴らしいなと思ったのは,出演後も会場に残って,
決して上手だとは言えないような(失礼!)若い人の歌にも手拍子してあげていた。
ここに私は音楽(おとらく)人の達人の姿を見た。
音楽は,それを愛するすべての人に開かれている。平等だ。
そして,その愛し方についても自由であるということ。
上手・下手を超えた大切な境地を,スローライフさんと龍一さんは共有しているんだろうね。
いわば,音楽心というものを・・・。

【愛の世代ズのステージと「あいせだ」のぼり旗】

第18番目の出演者が,愛の世代ズであった。
スローライフなら満員だが,さすがに1000人規模の会場だと少なくなった。
最多時は,茶柱五郎さんや佐藤龍一さんが出演した午後4時頃で300人くらいだった。
「おじいちゃんの唄」「新宿の夜」「痛み止め」の3曲だった。
2人は大きな会場で,やや緊張しているように見えた。
「おじいちゃんの唄」の歌詞が反響して,私にはやや聞き取りにくかった。
たべさんの真赤な衣装とたたずまいが,るてさんの声質の良さが印象に残った。
私も会場の後方に,出来立ての「あいせだ」のぼり旗を飾って応援した。

【あいせだの★カラオケ打ち上げの会と肥さんの「皿回し」教室】

その後,7人の有志で打ち上げの会を,普通なら安く済むであろうカラオケ店で行った。
その顛末(てんまつ)は,以下のサイトでどうぞ。

あいせだの★わがままレイディオ(第82回)

https://www.youtube.com/watch?v=H9MN3jkwLDE&feature=youtu.be

PS 帰りの電車では,しゅーぞさんとのださんに大変お世話になりました。
ありがとうございました!

« ようやくインターネット再開か? | トップページ | 3つの「敗れる」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくインターネット再開か? | トップページ | 3つの「敗れる」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ