« 日本地理を終えて | トップページ | 肥さんの社会科かるた(再々掲載) »

2017年6月17日 (土)

中野さんの『たの授』記事

本日は,中野隆弘さんの話が聞けるということで,楽しみにしている。

演題は「悩みつつたのしみつつ私の教師生活」。
昭島市民会館にて。午後1時より。
もしよろしかったら,あなたもご一緒に。

中野さんとは,私とほぼ同じ年齢で,中学理科の先生をしていた方のことである。
その中野さんの『たの授』に掲載の記事を,「あのな検索」してみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[1]件め
年月 87年3月号 [ No.49 ] 106ぺ(3)
筆者 中野隆弘
記事 もう一つの別れ
概要 ※高校卒業前の成績会議,林君は赤点7つで進級できず。生物の授業では楽しんでくれた

[2]件め
年月 87年4月号 [ No.50 ] 156ぺ(1)
筆者 編集部
記事 編集後記
概要 ※創刊から50号,収納の箱を計画中。〈楽しさの先入観を優先〉を実践(中野隆弘)。
「授業の進め方」をプリントで説明し,さっそく《世界の国ぐに》を(肥沼孝治)。
備考

[3]件め
年月 88年4月号 [ No.63 ] 79ぺ(8)
筆者 中野隆弘
記事 俺たちだって生きているんだぜ
高校生と〈三態変化〉の授業
概要 一見,つれない高校生。授業はいつでもシーン。でも心の中は熱かった。
それを気づかせてくれた仮説実験授業。

[4]件め
年月 92年9月号 [ No.119 ] 42ぺ(8)
筆者 中野隆弘
記事 高校生だってなかなかいいじゃないか
いい授業で自信をもてるようになったボク
概要 優等生的だった僕の高校時代とはまったくちがう血の気の多い高校生たちを,
最初は「コワイ」と思っていました。

[5]件め
年月 94年9月号 [ No.145 ] 58ぺ(2)
筆者 中野隆弘
記事 チャイニーズステッキ
概要 ※2本のステッキにひもが通っている。一方を引っ張るともう一方が短くなる。
そして,ステッキをバラバラにしても同じことが。
備考
特集 『たのしい授業』153号・教室の定番ゲーム・240

[6]件め
年月 96年6月号 [ No.169 ] 95ぺ(1)
筆者 中野隆弘
記事 インビジブルゾーン
概要 ※このボールペンをケースの側面の穴にさしこむと,ペンの後ろがケースの反対側の穴から出てきます。
ところが! その状態でケースのふたを開けると,何とペンのまん中の部分が見えなくなっているのです!!

[7]件め
年月 96年7月号 [ No.170 ] 60ぺ(1)
筆者 中野隆弘
記事 バラバラ扇子
概要 ※暑い時にやるといい,単純でちょっとユーモラスな手品。「今日は暑いね」などど言いながら,
あおいでいます。この時はちゃんとした普通の扇子。そのあと,一度扇子を閉じます。そして,また扇子を開くと,その扇子は,バラバラになっています。

[8]件め
年月 97年8月号 [ No.186 ] 86ぺ(2)
筆者 中野隆弘
記事 手品「掌中のハンカチーフ」
概要 ※ハンカチが現われたり,消えてなくなったり…。不思議なことが起こるものです。
これはきっとすごい手品にちがいありません!

[9]件め
年月 00年2月号 [ No.221 ] 90ぺ(5)
筆者 中野隆弘
記事 ワイワイ楽しく評価ごっこ
「科学の授業ベストテン」をやりました
概要 ※「授業ベストテン」をやることによって,「これから頑張って意見を言ってみようかな」と思う人がでてきて,今後の授業がさらに活発になるという効果も,あるかもしれません。

[10]件め
年月 00年8月号 [ No.229 ] 136ぺ(1)
筆者 中野隆弘
記事 ギロチン これで,あなたもマジシャン!
概要 ※ギロチンの穴に指を入れ,見ている人に思いっきりカッターを押し下げてもらいます。
すると…「ホラッ! 指が切れずに無事」
備考
特集 『たのしい授業』238号教室の定番ゲーム2

[11]件め
年月 00年11月号 [ No.232 ] 76ぺ(6)
筆者 中野隆弘
記事 「先生,楽しそうだね~」と言われて
「授業がうまくいかない」と暗く悩んでいた僕の驚き
概要 僕自身が感動したことを伝えたら,楽しんでもらえた!

[12]件め
年月 01年12月号 [ No.247 ] 78ぺ(3)
筆者 中野隆弘
記事 手品で拍手(掌中のハンカチーフ/フライングライト)
概要 補教,気が重いな。でも超簡単な手品で雰囲気が変わる。
備考
特集 『ものハン』6-314,『たのしい授業』280号『学級担任ハンドブック』57

[13]件め
年月 02年8月号 [ No.256 ] 93ぺ(8)
筆者 中野隆弘
記事 《地球》の授業はおもしろ~い!
概要 最初はよく分からなかった授業書。10年ごし,3回目にやっとそのおもしろさに気づいた教師。外から内から「地球」のイメージを問い直す授業に,中学生は大感動。

[14]件め
年月 02年11月号 [ No.259 ] 66ぺ(2)
筆者 中野隆弘
記事 花とスカーフ・僕のおすすめ手品
概要 「フライングライト」「掌中のハンカチ」「花とスカーフ」など,子どもにも大人気。グッズは仮説社でも取り扱い。
備考
特集 『たのしい授業』386号『ぜったい盛り上がる! ゲーム&体育』146頁

[15]件め
年月 03年7月号 [ No.269 ] 18ぺ(17)
筆者 中野隆弘
記事 大人のための科学教室
大人の人たちとも科学を楽しみた~い
概要 仮説実験授業と出会った時,「科学って楽しい!」と,とても感激しました。
そんな感動を子どもだけでなく,大人にも味わってもらいたい! 
そこで「大人のための科学教室」を開催。宣伝・受付・授業書印刷など,全部自分でやりましたが,
大好評のうちに終了しました。

[16]件め
年月 04年05月号 [ No.281 ] 142ぺ(1)
筆者 中野隆弘
記事 踊るハンカチーフ
ウッキーなお道具箱
概要 ※紙袋から取り出したハンカチ,突然手の上で動き出し,さらに手から離れて空中に飛び上がる!
ユーモラスな手品。

[17]件め
年月 08年07月号 [ No.339 ] 5ぺ(7)
筆者 中野隆弘
記事 一風変わった科学史の本
レスリー・デンディ+メル・ボーリング『自分の体で実験したい』
概要 魅力的な題名の本。数々の驚くべき自己実験の記録が。

[18]件め
年月 09年04月号 [ No.349 ] 24ぺ(5)
筆者 中野隆弘
記事 すごいぞ! タネ!
興味と勘当が広がる《タネと発芽》
概要 植物のすごさを味わわせてくれる授業書。評価も上々。

[19]件め
年月 12年2月号 [ No.389 ] 5ぺ(5)
筆者 中野隆弘
記事 僕の進路 中学生への手紙
概要 ※転職を決意したものの僕にどういう職業がむいているか,いくら考えてもわかりません。
悩んでいるうちにふと,教育実習の楽しかったことを思い出しました。
それで,法医学教室での仕事を続けながら,教員採用試験の勉強を始めたのです。26歳の時です。

[20]件め
年月 12年5月号 [ No.393 ] 72ぺ(5)
筆者 中野隆弘
記事 叩けよ,さらば開かれん
中学生への手紙
概要 ※僕の教員採用試験奮戦記。何かをやりたいと思ったら,まずはドアをたたいてみることを奨めます。

[21]件め
年月 12年11月号 [ No.399 ] 138ぺ(2)
筆者 中野隆弘
記事 「お疲れさま」
うれしい一言
概要 ※孝枝先生というボクより若い女性の先生は,休み時間など廊下ですれ違う時に,
にっこりと笑顔で「お疲れさまでーす」とあいさつしてくれます。とても気持ち良くなります。
定期テストが終わって生徒たちが下校するとき,「子どもたちも疲れただろうな」と思って,
生徒に「お疲れさま」と言ってみました。そうしたら,ボクに反抗をしていた女の子が
「お疲れさま」と返してきてくれたのです。

[22]件め
年月 14年3月号 [ No.418 ] 59ぺ(1)
筆者 中野隆弘
記事 学年集会で「魔法使いの絵本」
中学3年生へのメッセージ
概要 ※3年生になって,今度はこの輪郭に自分らしい色をつけていきます
(「魔法使いの絵本」をバラバラめくると,先ほどの絵に色がついたものが現れる)。
新しいクラスでいろいろな色の人たちが集まりました。僕は,クラスや学年が
ステンドグラスのようになるといいな,と思います。


[23]件め
年月 15年7月号 [ No.437 ] 144ぺ(1)
筆者
記事 仮説会館だより
概要 ※●映像を観ながら牧衷氏と語る会/〈空気中の水じよう気〉(岩波DVD『たのしい科学教育映画シリーズ第2集volⅦ地学・天文編(2).1992.カラー10分)/〈時空キューブ生命-01 呼吸〉(制作:株式会社アイカム.2009.34分),〈夏の天気図〉〈梅雨-つゆ〉(ともに「たのしい科学」1958.1961/各白黒14分)を予定。/〈溶解〉(岩波DVD「たのしい科学教育映画シリーズ第1集volⅡ化学編(2)1970年/カラー18分)
●授業書・総合読本開発研究会/東京の中野隆弘さんによる「北区読本」。大会会場となる東京都北区にまつわる事物を通して,江戸時代後半,近代を通観できる内容です。会場周辺を散歩しながら,壮大な歴史を感じることができるはずです。

[24]件め
年月 16年8月号 [ No.452 ] 70ぺ(5)
筆者 中野隆弘
記事 中学1年生のたのしい研究
清邦彦編著『女子中学生の小さな大発見』(新潮文庫)
概要 ※女子中学生の発想の面白さやユニークさを見ると,とてもすがすがしく,
「中学生っていいな~」と改めて思えてきます。おススメの本です。

« 日本地理を終えて | トップページ | 肥さんの社会科かるた(再々掲載) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本地理を終えて | トップページ | 肥さんの社会科かるた(再々掲載) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ