« 中野さんの退職記念講演会と昭島サークル | トップページ | 楽天が接戦を制し40勝目 »

2017年6月18日 (日)

「今月の手品」に託すもの

私は理科の先生ではないので,
社会の科学の授業書は実施できても
自然科学のそれはするこができない。

そんな私の願望を少しでも満たしてくれるのが,
今月の手品を使っての脳科学分野の話である。

人間は素晴らしい想像力で小さすぎて目には見えない
原子の存在を知ることができたり,
大きすぎて見ることができなかった地球の本当の姿を見られたりしたが,
目の前で行われている手品のタネを見破ることは昔からなかなかできていない。

見破ろうとしても,なかなかそれができないのは,
もちろんプロの手品師が人間の行動や認識についてよく研究しているからであり,
私たちの到底及ぶところではないという部分もある。

だがしかし,基本的にどういうところが人間の脳の弱点(錯覚など)かを知ることは,
これから社会的な生活を送っていく生徒たちにとって,
相手のうそを見破ったり,おかしい契約に簡単に実印をついたりしないなど,
「ちょっと立ち止まって,落ち着いて考える」という機会を与えられるのではないか。

柔道の受身は「転ぶ練習」であり,それをするから大怪我を防げる。
今月の手品にも「五分の魂」があるとすれば,
「脳の受身」の練習をしているといえなくもないのではないだろうか。

« 中野さんの退職記念講演会と昭島サークル | トップページ | 楽天が接戦を制し40勝目 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
マジック=魔法から連想しました。

映画「魔法使いに大切なこと」に素晴らしい言葉がありました。
この映画は、16歳になって魔法が使えるようになった魔法師の卵を、「公認魔法士」に認定するために強制的に受けねばならない「魔法師研修」の10日間を描いたものです。
ネタばれにならないようにこれ以上はストーリーの説明はしません。

You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=UPADpfKwLbI&t=2456s

1:39:38の尺ですが、その1:04:58くらいにその言葉があります。
研修講師役の余貴美子さんが語ります。中文も添えておきます。

魔法局の定めたルールに従って魔法を使えと我々は教えます。
(我門教給大家 要依拠法局制定的規則 使用魔法。)
しかし、人間はもっと柔軟で複雑なものです。
(但 是人類比規定 更自由更複雑的存在。)
OJT〔On the Job Training〕でいろいろな人生を見てきたでしょう?
(在実践職訓練的時候 看到了 很多不一様的人 吧?)
判断力を高めなさい。
(要提高 判断能力。)
そのためには魔法と真正面から向き合いなさい。
(為了 這一点 要直面面対 魔法。)

素晴らしいのは、「我々(講師)は、規則を守れと教えるが、状況によっては規則を破って良いこともあるから、そのために判断力を高めろ」と言外に言っていることです。
私は監査で規則違反を見つけたときは、その理由を尋ねました。違反した者の判断が規則を守ることより正しければ、違反を不問に付すだけではなく、規則を破ったものを評価すべきことも添えて、規則を変える必要があることを報告書に記載します。使命(ミッション)の達成が大切なのであってルールはそのために必要なだけです。講師である以上「ルールは破って良い」とは口が裂けても言えません。しかし、ルールを守っていてはミッションが果たせなかったり、人としての道に反したりすることがあるのです。そもそもルールを作るときありとあらゆる場合を検討してできているわけではないのです。ルールを作ったのは神ではないからです。このことを研修講師役の余貴美子さんが語っているのです。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

とても興味深いお話ですね。
魔法に限らず,ほかのことにも応用ができそうです。
学校のこと,古代史研究のこと・・・。

肥さんへ

そうですね。「魔法」は「技能」のたとえなのでしょうね。
余貴美子さん演じる研修講師は素晴らしい教師だと思います。
命令やルールに盲目的に従うのではなく、
どんなときにも自分の判断を優先せよ、そのために、
判断力を高めよ、と教えているのですから。
このような自立した人々を育てるのが教育ではないでしょうか。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 このような自立した人々を育てるのが教育ではないでしょうか。

その通りですね。
私もその言葉を胸に,これからの教育活動を頑張っていきたいと思います!
って,現役引退まであと1年を切ってしまいまとしたが・・。(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中野さんの退職記念講演会と昭島サークル | トップページ | 楽天が接戦を制し40勝目 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ