« 「あいせだ」のぼり旗を作ります! | トップページ | 昨日の部活動 6/28 »

2017年6月29日 (木)

楽天が接戦を制し43勝目

オ リ001000010計2
楽天10200000×計3

楽天が接戦を制し43勝目をあげた。
先発・辛島は,6回を1失点に抑えて試合を作った。
ペゲーロのソロと島内の2ランか効いた。
これで辛島は6勝目。
最後を締めた松井裕が22セーブ目をあげた。ち。

弘前での初開催(1軍戦)ということで,
太田幸司氏が始球式を行い,
梨田監督がボールを受けた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:(自身)ほぼ1ヶ月ぶりの勝利、今日のゲームを振り返っていかがですか。
辛島選手:1人ずつ何とか抑えることができて、ヒットを打たれながらでしたけど、
何とか少ない失点で抑えることができて良かったです。

記者:ご自身のピッチング、今日は何が一番良かったですか。
辛島選手:まあ、そんなに凄く良いというものは特になかったですけど、
何とか細川選手のリードに引っ張られて、抑えることができました。

記者:改めてバッテリーを組んだ細川選手のリードはいかがでしたか。
辛島選手:最高でした。

記者:ピンチの場面でも三振あるいはダブルプレーと、上手くリードしてくれたのではないですか。
辛島選手:そうですね。サインに思い切って僕はミットを狙って投げるだけだったので、
バックの皆さんも守っていただいて感謝しています。

記者:そしてこの29年ぶり青森での公式戦ですが、スタンドの雰囲気いかがでしたか。
辛島選手:始まる前からすごい盛り上がりで、この声援が力になりました。ありがとうございました。

記者:青森のお客さんに一言メッセージをお願いします。
辛島選手:今日はたくさんの声援ありがとうございました。なかなか青森では試合がないので、
仙台のほうにまた応援に来て下さい。よろしくお願いします。

記者:今ファンの方から「来年もまた来いよ」と言われました。
辛島選手:それは僕が決めることではないので。できればまた来年もやりたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:3回1死1塁の場面で1番バッターとしてどういう意識であの打席に入ったのでしょうか。
島内選手:後ろにはペギー(ペゲーロ選手)やいいバッターがいるので
なんとか繋げようと思って打ちました。

記者:それが結果ホームランになりました。手ごたえはいかがだったでしょうか。
島内選手:はい、よかったです(大歓声)。

記者:「1番バッターは出塁することが全て」と仰っていましたが、結果ホームランになりました。
ご自身としてはどうだったのでしょうか。
島内選手:からし(辛島選手)も頑張って投げていたので、なんとか打ってやろうと思って打ちました。

記者:交流戦明けて、1番バッターに座って今一つ手ごたえ、自分として納得いかない打席も
あったと思うのですが、今日の青森でのゲームがきっかけになりますか。
島内選手:そうですね。これをきっかけに爆発していきたいと思います。

記者:改めて満員に膨れ上がったこの青森でのファンの方にメッセージをお願いします。
島内選手:とおるちゃん(細川選手)の為に集まってくださって本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

« 「あいせだ」のぼり旗を作ります! | トップページ | 昨日の部活動 6/28 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「あいせだ」のぼり旗を作ります! | トップページ | 昨日の部活動 6/28 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ