« 社会科サークル 2017年5月 | トップページ | 一石「四」鳥の町・新所沢 »

2017年5月18日 (木)

天武紀の「東山軍」「東海軍」は「軍用道路」仮説の例証か?

私は5年前の2012年2月号の「古田史学会報」に,
「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」
という文章を掲載していただきました。

古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2011/12/post-aa30.html

それに関連して,本日山田さんからうれしいメールをいただきました。
以下に紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼さんの「古代官道は九州王朝の軍用道路である」との仮説に従って
『日本書紀』を探してしたところ、例証に近いと思われることを
天武紀(壬申の乱)で見つけました。
「東山軍」、「東海軍」が出てきます。
東山道と東海道の方面軍だと思われます。
次の表題でブログに載せておきました。
発表するほどのことではないので、
興味を持たれたらのぞいてみてください。

「○○道」はやはり軍管区であった
― 天武紀の証言 ―

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2017/05/post-72f3.html

肥沼さんの仮説「古代官道は九州王朝の軍用道路である」
というのはかなり強力な仮説だと思います。
発見には仮説が一番大切だとつくづく思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勤務校と同じ所沢市にある南稜中学校の校庭の地下に埋まっていた幅12mの道路が,
もし軍用道路であったなら,日本書紀には「誰がこの道路を作ったか」について
何も書いていない(誰でも知っているので書けない?)のですから,
私の考える九州王朝である可能性も決して低くないということです。

東の上遺跡(所沢市立南稜中学校の校庭の地下)

http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/bunkakyoyo/bunkazai/shishiteibunkazai/siseki/bunzai_20100416165910041.html

この古代史の謎が,私の生きているうちに解けるかどうかはわかりませんが,
いっしょに研究をしている山田さんの発見により,真実解明に大きく前進したと
私は思うのでありました。(また「やる気のスイッチ」が入ってきましたよ!)
山田さん,本当にありがとうございます。
そして,今後ともよろしくお願いいたします。m●m

« 社会科サークル 2017年5月 | トップページ | 一石「四」鳥の町・新所沢 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

〉また「やる気のスイッチ」が入ってきましたよ!

お役に立てて光栄です。
私の尊敬する人は、仮説を提唱する方です。
「古代官道は九州王朝の軍用道路」
「聖武詔勅に国分寺はなかった」
私は肥沼さんの仮説に従って例証を探している
(というか仮説が頭にあるため目にとまる)だけです。
偉大なのは優れた仮説を提唱される方です。
「東山道十五國」も西村さんの仮説に基づいています。

科学という分野では、偉大な仮説を提唱された方が偉大な科学者なのです。
肥さんの仮説に基づいてこれからもやっていく所存です。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

過分のお褒めの言葉,「身に余る光栄」です。
これからも山田さんに喜んでもらえる仮説をひねり出せたら幸いです。
もしかしたら,仮説実験授業と古田史学の「二足のワラジ」が
上手くいっているのかもしれませんね。
仮説にも古田史学を知っている先生がいるし,
古田史学の中にも仮説をご存じの方がいらっしゃいますから。
私は両者はとても「似ている」「近い」とものと感じてきました。

悪気のない素朴な疑問です。評督の上部に都督いるという古田先生の説で考えた場合には、後代の潤色と見るのもあるかもしれませんね?

上城さんへ
コメントありがとうございます。

なんだかビミョーな表現ですが,
もう少し解説願えますか?

景行紀125年に出現する都督が、評督そして都督という組織が成立しているときに、まだ存在しているとは思えません。また、天武紀以降の九州王朝と近畿天皇家の位置関係は難解で、手に余ります。

上城さんへ
コメントありがとうございます。

ご教示ありがとうございます。
まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科サークル 2017年5月 | トップページ | 一石「四」鳥の町・新所沢 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ