« 「愛の世代ズ」のライブ 7/1 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

2017年5月31日 (水)

研究授業の「予行演習」

めったにやらないことであるが,
研究授業の「予行演習」を2クラスでしてみた。
その際感じたこと・考えたことをメモしておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 自分が感極まってしまいそうになった

授業プラン「初めての災害ボランティア体験記」
(松川さん原作・中林さんブラン化)は大変素敵な話なので,
文を読んでいると授業者の私が感極まってしまいそうになった。
これは良いことなのか,悪いことなのか・・・。
しかし,内容を伝えるというのが私の第1の仕事なので,
そこはグッと我慢して読み続けなければいけない。
やはり予行演習というものは,やっておくものだと思った。

(2) 授業評価の項目について

いつもの仮説のプランと同じように
「たのしさ」と「わかりやすさ」で書いてもらったが,
ことが災害についてのものだけに,「たのしさ」と「わかりやすさ」が
③ー➄や②ー④などという逆転するものが何人かあった。
これは生徒たちの率直な気持ちの表れだと思うが,
評価項目に付いて「たのしさ」から「役に立ちそうか」「元気が出たか」に
変えようかどうか,少々迷っている。多くは➄と④の評価なのだが・・・。

【たのしさ】 2クラスの合計

➄ 25人
④ 21人
③ 12人
②  5人
①  3人

【わかりやすさ】 2クラスの合計

➄ 35人
④ 17人
③  9人
②  3人
①  0人

(3) 「評価の項目の変更」についての私の思考のあり方

(2)について書きながら,私は35年間仮説をやってきて,
これが最後の研究授業かもしれないと感傷に浸りつつ,
最後の最後まで「生徒たちの授業評価と感想」を重視できたなあという
安堵の気持ちが湧いてきてうれしくもあった。
現在はこれまで通り,「たのしさ」「わかりやすさ」で聞こうと思っている。

« 「愛の世代ズ」のライブ 7/1 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ
 この課題の授業評価を「楽しい」と評価するのは逆に難しいですね。
 「楽しい」を残しつつ、もう一項目「今後の人生に役立ちそうか」とでもいう評価項目を入れてみたらどうでしょうね。
 授業そのものはいろいろ考えて楽しくはあっても、題材そのものが重いものなので、「楽しい」と評価できない生徒もいることでしょう。この点「役にたちそうか」なら、確実に彼らは自分の人生にも思い至ったと思いますので、ちゃんと評価してくれると思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

「授業評価を3項目にする」という手もありましたね!
それには気が付きませんでした。
時間がたっぷりあれば改善できたかもしれませんが,
掲示物を作ったり,ほかの先生の授業も見に行かなければならず,
今回の改善は果たせませんでした。
他の人へのアドバイスということで,生かしていきたいと思います。
「新しいタイプの授業プランなので,新しい評価の仕方も必要だった」
ということでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「愛の世代ズ」のライブ 7/1 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ