« 今日から交流戦 2017 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

2017年5月31日 (水)

楽天が交流戦を先発全員安打でスタートし31勝目

巨人031000100計5
楽天22202500×計13

楽天が交流戦を先発全員安打でスタートし31勝目をあげた。
巨人の先発は菅野だったが,
今の楽天の勢いはそのエースをものともしなかった。
初回と6回にウィーラーが2本の本塁打を放ち,6打点の大活躍。
ペゲーロと茂木に続き,3人目の2ケタ本塁打となった。
投手陣は得点を取られたが,それ以上に攻撃陣が得点をあげた。
2番手の戸村が2勝目をあげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:まずは今シーズン2勝目を挙げられました戸村選手にお伺いいたします。
今日はチームが勝ち越したあとの大事なマウンドを任されました。
どんなことを意識しましたか。
戸村選手:今日はとにかく腕を強く振ることだけを考えました。

記者:その気持ちがつながって、5回はジャイアンツのクリーンナップを三者凡退。
見事なノーヒットピッチングでした。内容を振り返っていかがですか。
戸村選手:抑えられたことは良かったんですけど、
実は最後に藤田さんがファインプレーをしたとき、僕はコケてまして
藤田さんの素晴らしいプレーを見逃してしまったんで、それだけ後悔しています。

記者:味方の守備にも助けられましたが、これでチームは交流戦の初戦を
見事に勝利で飾りました。非常に良いスタートが切れましたね。
戸村選手:そうですね。初戦だったんで、本当にこの勝ちっていうのは大きいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:それでは続いてウィーラー選手に変わっていただきましょう。
今日は2のホームラン、大活躍でした。まずは1本目から振り返っていただきます。
交流戦の第1打席、チームに勢いをつける見事な先制ホームランでしたが、
振り返っていかがですか。
ウィーラー選手:打席では積極的にいこうと決めていたので、
それが良い結果になって嬉しく思います。

記者:そして2本目はノーアウト満塁で迎えた6回の打席、
試合を決める満塁ホームランです。こちらの感触はどうでしたか。
ウィーラー選手:チームがその前から非常に良い攻撃を仕掛けていたので、
それに僕も乗ってうまく打つことができて嬉しく思います。

記者:そしてウィーラー選手、今日はこの2本のホームランで
なんと6打点の活躍です(大歓声)。この皆さんの歓声を受けていかがですか。
ウィーラー選手:非常に素晴らしい応援ですね。この球場に来るたびに
いつも素晴らしいファンの皆さんの応援に後押しされています。ありがとうございます。

記者:それでは改めて、その後押しをしてくれるファンの皆様に
熱いメッセージをお願いします。
ウィーラー選手:皆さん、明日も応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:まず、今日は打線が巨人の菅野選手をノックアウトし、
先発全員安打と今年の楽天イーグルスの強さを見せつけた試合だったと思いますが、
バッティングはいかがだったでしょうか。
梨田監督:そうですね。初回から2点、2点と。6点ですか、
3回までに。日本を代表する投手で、完封勝ちも非常に多いわけで。
1試合9イニングで2点取れたら、と思ってたんですけども、
本当に打線がよく打ってくれましたね。
辛島の状態があまり良くなかったんで、
3回で代えましたけど、途中でいった戸村がきちっと抑えてくれましたので、
一時締まったゲームといいますか、相手の打線を抑えることができました。
ただ両チーム、エラーもありましたしね、もう少し短い試合時間でやらないといけないですね。

記者:たくさん打った試合の中でも、ウィーラー選手が先制の2ラン、
とどめの満塁ホームランと2本のホームラン。素晴らしいバッティングでしたが、
こちらはいかがでしたか。
梨田監督:素晴らしかったですね。
菅野選手から先制の2ランというのは非常に大きかったですし、
満塁ホームランも効きました。開幕からあまり状態が良くなかったんですが、
足を捻挫はしたりして万全じゃないんですけども、ここ十数試合は本当に状態が良いですね。
彼は明るいんで、打つとベンチが盛り上がりますから、本当に良い働きをしてくれましたね。

記者:交流戦の初戦は素晴らしい勝利だったと思いますが、それについてはいかがでしょう。
梨田監督:勝てるかどうかはわかりませんでしたが、
菅野選手を攻略できて、そして現実として勝ったわけですから、
これを弾みとして良いゲームをして勝っていきたいですね。

記者:そして明日は塩見選手が今シーズン初登板。
明日に向けて期待のほど、お願いします。
梨田監督:そうですね。今日、左の辛島が打たれて、同じ左の塩見がいくので、
今日(辛島選手が)打たれたことを頭に入れて反省材料としながら、活かしてもらいたいですね。

« 今日から交流戦 2017 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

楽天の勢いが止まりませんね。
あの菅野を相手に、巨人を相手に全員安打してしまう勢いはすごいものです。

西武は地元球場でやっているのに、セリーグ首位広島に初戦負けてしまいました。
やはり現場で応援するしかないかな?

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

楽天はこれまで,「ヒットは多くても,得点が少ない」チームでした。
しかし今は,粘りに粘った上での流し打ちのヒットや四球,
タイムリー長打,本塁打が外人以外からもどんどん打てる,
「得点力の高い」チームへと変貌を遂げているようです。
チーム打率が二割八分ほどもあるので,投手がそこそこ試合を作れば,
勝利に持っていけるチームとなりました。(「試合を作る」が合言葉?)
単に2連覇するだけでなく,記録ずくめの優勝ということになると思います。
だって今年度は,「卒パ」の年ですからね!(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から交流戦 2017 | トップページ | 昨日の部活 5/31 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ