« 新学期が始まった(4) 2017 | トップページ | 楽天が美馬の好投で9勝目 »

2017年4月16日 (日)

定年制はいつから,どうしてできたか?

山田さんのコメントが,ノーミソに刺激を与え,
こんなサイトを見つけさせてくれました。
興味のある方は,訪問してみて下さい。

定年制はいつから,どうしてできたか?

http://www.kigyoujitsumu.jp/business/topics/15984/

« 新学期が始まった(4) 2017 | トップページ | 楽天が美馬の好投で9勝目 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

肥さんはいいサイトを見つけるすごい能力をお持ちですね。
このサイト、記事を気持ち良く読むことができました。
定年後の私にはとても共感することが多かったです。
明治時代より江戸時代のほうが社会に包容力があるような感じですね。
明治時代はなにかギスギスしているような印象を強くもちました。

定年を待たずに首をきられそうな方たちがいますよ。

学芸員の受難時代が来たようです。

― 遺跡を破壊する者はいずれ人間も破壊する -

有川 浩さん、『博物館戦争』も書いてください。

遺跡を観光材料にして儲けようとする者がいる。
「文化」よりも「金(かね)」を尊ぶ者たちだ。
学芸員は遺跡を大切にする気持ちがある。だからまず学芸員が攻撃される。
次は遺跡そのものも金儲けの目的に沿うように破壊されるだろう。

朝日新聞DIGITALの記事である。
http://www.asahi.com/articles/ASK4J5R1QK4JPTJB00H.html?iref=comtop_8_04
………………………………………………………………………………………………………
「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相

山田さんへ
コメントありがとうございます。

お褒めいただきありがとうございます。
では,座布団のおすそ分けを…。(笑)

〉 「文化」よりも「金(かね)」を尊ぶ者たち

なるほど,結局そういうことなんですよね。

〉 「学芸員はがん。連中を一掃しないと」

こういう発言をする人が大臣とは,
信じられない気持ちです。

発言撤回も報じないと不公平だと思う。

毎日新聞のニュース・情報サイトの記事です。
https://mainichi.jp/articles/20170417/k00/00e/010/164000c
……………………………………………………………………………………………
山本地方創生担当相
「がんは学芸員」発言を撤回
毎日新聞2017年4月17日 09時31分(最終更新 4月17日 09時32分)

山本幸三地方創生担当相は17日、
外国人観光客らへの対応を巡り「一番のがんは文化学芸員」とした発言について
「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」と述べた。
東京都内で記者団に語った。(共同)
……………………………………………………………………………………………
(注)「(共同)」とあるのは「共同通信社」、ニュースの卸業者です。朝日新聞、毎日新聞などはニュースの小売業者です。

山本幸三地方創生担当相が述べた「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」について、
山本大臣に限らないことですが、一つ疑問があります。「おわびしたい」、この部分です。

「誰におわびしているのか不明」なのです。
普通、世の中では、おわびする場合には、
「おわびしなければならない相手」が必ずいて、
たいていは目の前でおわびするだろう。

報道関係者を目の前にしているのだから、
その相手はおそらく「国民」なのではないかと思われるのであるが、
だとすれば「国民のみなさまに」と明示するべきである。

しかし、この場合はもっと適切な「おわび相手」がいる。
山本大臣が「がん」と攻撃した学芸員の方たちである。
最もお詫びしなければならない人々をないがしろにしている。

「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」ではなく、
「適切ではなかった。反省しており、(その発言は)撤回し、
私の不適切な発言によって傷つかれた学芸員の皆様には心からおわびしたい」
というのが、人としてするべきおわびの言葉ではないだろうか。

それがないということは、
単なるポーズ(心の中はそうではない)と思われるが、
皆さんはどうおもわれますか?

毎日新聞の社説がでた。
山本幸三地方創生担当相の「一番がんなのは学芸員。一掃しないとだめだ」発言に対してです。

「文化財保存の大切さや、学芸員の職務を全くわきまえない」だけではなく「がんの例えは、がん患者や家族への配慮がまるでない」とも指摘している。
「無理解とおごりによる放言というべきで、撤回して済むものではない。」その通りです。がん患者や家族へのおわびも無かったということです。

長いが全文をお読みください。
https://mainichi.jp/articles/20170419/ddm/005/070/043000c
……………………………………………………………………………………………………
社説
山本地方創生相の放言 無理解とおごりの表れだ
毎日新聞2017年4月19日 東京朝刊

 文化財保存の大切さや、学芸員の職務を全くわきまえない発言だ。

 山本幸三地方創生担当相が文化財観光の振興をめぐり、「一番がんなのは学芸員。一掃しないとだめだ」と語った。訪日外国人旅行者(インバウンド)による地方創生を、観光に関心がない学芸員が妨げているとでも思っているのだろうか。

 しかし学芸員は、資料の収集、保管、展示、調査研究などを行う専門職員である。文化財保護法は文化財を保存し、かつその活用を図ることを目的とする。山本氏は、こうした制度への理解を著しく欠いている。

 京都市の二条城について「文化財のルールで火も水も使えない。花が生けられない。お茶もできない」と述べた。これには事実誤認がある。

 昨年のイベントでは能や生け花が実演されており、二条城の関係者は「勝手に間違ったイメージを作っているのでは」と疑問を呈した。

 さらにがんの例えは、がん患者や家族への配慮がまるでないものだ。

 無理解とおごりによる放言というべきで、撤回して済むものではない。

 政府は昨年3月、2020年の訪日外国人の目標を年間2000万人から4000万人に倍増させた。

 目標達成に向け「観光ビジョン」を作っている。そのアクションプログラムには、学芸員や文化財保護担当者らに対し観光振興の講座を新設することなどが盛り込まれている。

 保存が中心だった学芸員の仕事の幅は広がりつつあるといえる。

 文化財を地域振興に活用するには適切な管理が求められる。いったん壊れたら元には戻せず、活用により価値が失われては意味がない。

 観光活用を進めるにも保存の知識を持つ学芸員が必要なのである。

 それにしても、今村雅弘復興相ら相次ぐ閣僚の失言は目にあまる。

 安倍晋三首相も東京都内の商業施設で、地元・山口県の物産を積極的に販売するよう「そんたくしていただきたい」とあいさつした。

 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、官僚が首相の意向をそんたくしたのではないかと国会で追及されたことを皮肉るようにも受け取れる。

 責任を自覚しない言動が過ぎるのではないか。「1強」政権による気の緩みとみられても仕方ない。

「一番のがんは文化学芸員」発言に対する毎日新聞の続報です。

衆院本会議で学芸員に対する自らの発言について陳謝して頭を下げる山本幸三地方創生担当相の写真付きでした(国会内で2017年4月18日、川田雅浩撮影)
ロンドンの大英博物館が「観光マインドがない学芸員を全員くびにした」といったことも事実無根だとの話のようです。大臣がデマをまき散らして、デマ発言は撤回すればそれで済む国のようです。デマ方言をさせるもとになった事実無根の話を大臣にするような「英国人の友人」をお持ちのようです。友人は選んでほしいものです。
https://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00e/040/261000c
………………………………………………………………………………………………………………
山本創生相
発言を訂正 大英博物館解雇「事実なかった」
毎日新聞2017年4月21日 11時06分(最終更新 4月21日 11時07分)

 山本幸三地方創生担当相は21日午前の記者会見で、ロンドンの大英博物館が「観光マインドがない学芸員を全員くびにした」との自身の発言について、「事実はなかった」と訂正した。英国人の友人から聞いた話に基づき発言したが、改めてその友人に確認したところ事実関係の誤りが判明したという。

 山本氏は3月9日の参院内閣委員会で大英博物館が行った大規模改修について「一番抵抗したのが学芸員で、そのときは観光マインドがない学芸員は全部くびにした」と述べた。大英博物館は毎日新聞の取材に「事実誤認」と否定している。

 山本氏は今月、国内の学芸員についても「一番のがんは文化学芸員」などと発言し、謝罪、撤回している。【遠藤修平】

福島原発事故の自主避難は「本人の責任」、記者に「うるさい」と言った今村復興相がまた問題発言を行った。一私人の発言でも、我さえよければいいという発言には悲しい思いをすが、国民を導く大臣それも復興相がこの発言をするのはとても悲しい。

朝日新聞DEGITALの記事です。
http://www.asahi.com/articles/ASK4T64WWK4TUTFK01H.html?iref=comtop_8_01
……………………………………………………………………………………………
東日本大震災「東北で良かった」 今村復興相が発言
2017年4月25日18時41分
原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを「本人の責任」と発言したことについて、記者会見の冒頭で「感情的になってしまった」と陳謝する今村復興相=今月7日、青木美希撮影

 今村雅弘復興相は25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について被害の規模を述べた後、「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった、これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な甚大な(被害)があったと思う」と述べた。今村氏は講演後、記者団に対して発言を撤回したが、被災地から批判を招きそうだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新学期が始まった(4) 2017 | トップページ | 楽天が美馬の好投で9勝目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ