« 楽天が接戦を制して13勝目 | トップページ | 「夢パ」から半年の歳月が流れた »

2017年4月24日 (月)

2校との練習試合 4/23

大井東中と新座中の2校をお招きして,
練習試合を行った。
その様子を略報しよう。(➁は15点マッチの2年生戦)

対大井東中 6ー0(25ー15,➁15ー4,➁15ー8,27ー25,25ー14,25ー21)

対新座中 4ー1(25―10,➁15ー10,➁13ー15,25ー15,25ー18)

対大井東中では,もつれた4セット目が27ー25の試合で,入りが2ー8だった。
また対新座中で,この日の唯一の敗戦を喫したのも,最初のサーブミスが原因だった。
先取点や前半の入りは,勝負の流れに大きく影響する。
この日の最終戦であった対大井東では,4点差で勝ったわけだが,
こちらのサーブミスが「2」に対してあちらのそれが「6」。
「6ー2=4」で,まさしくサーブミスの差で勝たせてもらったと言えるだろう。

今回の2校は,1回戦で当たる鯨井中と2回戦で当たると思われる新曽中のことを
想定しての練習試合であった。
たとえ相手の出方は違っても,こちらの攻撃と守備がしっかりできていれば,
最後はこちらに勝利の女神が微笑むことがわかっただろう。
怖いのは相手校ではなく,自分たちの油断と自滅する弱い心である。
「バレーボールの神様」に見捨てられないように,努力を続けたいものである。
「神様の好物」は,大きな声と-豊富な運動量。
そして私たちが目指している「全員バレー」なのだから・・・。

« 楽天が接戦を制して13勝目 | トップページ | 「夢パ」から半年の歳月が流れた »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が接戦を制して13勝目 | トップページ | 「夢パ」から半年の歳月が流れた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ