« 本日から,対西武2連戦 | トップページ | 仮入部>定休日 »

2017年4月19日 (水)

全国学力状況調査の生徒質問紙

昨日は,5時間もかけて全国学習状況調査というのを行った。
その中で,私が興味を惹かれたのは,
生徒質問紙の次の3つの項目だった。

質問は昨日行われた2つの教科についてのものだった。(ノーミソの記憶では)
(1) あなたは○○という教科が好きですか?
(2) あなたは○○という教科を大切だと思っていますか?
(3) あなたは〇〇という教科の内容が理解できていますか?

これを見て,なぜ興味を惹かれたのかというと,
(1)と(3)の質問の仕方が,仮説実験授業の授業評価と似ていたからである。
仮説実験授業の授業評価の場合なら,こう聞くだろう。
(1)´ あなたは,この授業書の内容がたのしかったですか?
(3)´ あなたは,この授業書の内容がよくわかりましたか?

時代は変わってきた。
「「わかる」より「たのしい」を優先してきた」
と感じたのは,私だけであろうか。
それを教員最終年(の予定)に感じることができて,
この36年仮説実験授業に関わってきた私としては,
とてもうれしかった。

しかし,仮説実験授業の授業評価は,
たのしくよくわかる授業を保障できた上でなされるべきものなのである。
それが保証されないままに授業評価だけが独り歩きすると,
個々の教師たちの首を絞めかねないかと少々気がかりな肥さんなのであった。

« 本日から,対西武2連戦 | トップページ | 仮入部>定休日 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日から,対西武2連戦 | トップページ | 仮入部>定休日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ