« 富岡中との練習試合 4/2 | トップページ | アパートの作り方 (50) »

2017年4月 3日 (月)

品川さんのクラス文集とその構成

先日の高崎サークルの際,お隣に座っていたことも幸いし,
私は品川さんの編集したクラス文集をいただくことができた。
それにまつわる話を「構成」グラフと絡(から)めて書いてみたい。

今から14年前,『たの授』に掲載された
竹田かずきさんの「日本国憲法とその構成」に合わせて,
私は同題のグラフを描いた。

P4030174

それは憲法の条文を1条について1mmずつ平等に描いたものだった。
長くても短くても1条が1mmなので,逆に本質が見やすくなったのであった。
以降,たのしい社会の科学の研究仲間では,「〇〇とその構成」ブームさえ起った。
(例えば,「アメリカ合衆国憲法とその構成」など)
とりあえず,分析する方法として,「市民権」を得ることができたのであった。。

さて,品川さんのクラス文集を拝見した時,
その量(220ペほど)と共に,その構成が気になった。
クラス文集の作り方として,かなり意図的・効果的に
記事が集められていると思ったからであった。

P4030173

(1) 「プロフィール」と「この1年を振り返って」 67ペ ●●●●●●・・・・・・・(●10ペ&・1ペ)

(2) 「カットコーナー」 30ペ ●●●

(3) 「保護者の思い出」 25ペ ●●・・・・・

(4) 「文集の抜粋」 1学期 20ペ ●●
             2学期 46ペ ●●●●・・・・・・
             3学期 20ペ ●●

私がサークルの中で「「卒パ」(私の退職記念パーティー)の際には,
200ページのガリ本を作りたい」と言った時,品川さんは「このクラス文集くらいのものね」と
すぐ反応して下さったのだが,そのイメージが共通してあった訳だ。

なお,(1)の「プロフィール」は,4月のスタートに書いたものではなく,
「この1年を振り返って」と同じ3月に書いたものである。
同じ子のものが見開きで見られるように配慮されている。

また,(4)の「文集の抜粋」とは学級通信「仲間と笑顔で輝いて」のことであり,
私たちがサークルの時にいただいているものである。
(このクラス文集で,一番の量を占めており,
仮説実験授業やたのしい授業の感想がたくさん載せられている部分だ)

というように,品川さんのクラス文集を「分析」してみたが,
いかがだっただろうか。

品川さんは授業者としての顔と共に,生徒指導担当者として
長年管理職からの信頼も厚いという。
私は品川さんの足元にも及ばない存在であるが,
私なりに品川さんの笑顔の背景にある“温かさ”と“緻密さ”に触れた思いがした。

品川さんは今年度から,「最後の学校」に赴任して,
仮説実験授業やたのしい授業の普及をしたいとお考えのようだ。
ぜひ充実した日々を送られることをお祈りしたい。

品川さん,今後ともよろしくお願いいたします。(o^-^o)


« 富岡中との練習試合 4/2 | トップページ | アパートの作り方 (50) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富岡中との練習試合 4/2 | トップページ | アパートの作り方 (50) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ