« 昭島サークル 2017年4月 | トップページ | 協会長杯・県大会の代表者会議 2017 »

2017年4月17日 (月)

楽天がサヨナラ勝ちで首位独走

日ハム000210000・0計3
楽  天000011001・×1計4

先発の岸が2本のホームランを浴び,
「今日はだめか・・・」とさすがに私も思った。
しかし楽天は,0ー3の劣勢から粘り強い攻撃を見せ,
9回にウィラーのタイムリーで同点に追いつき,
10回に聖沢のタイムリーでサヨナラ勝ちをした。

嶋捕手のセーフティーバント&一塁ヘッドスライディングの気迫が,
楽天ナインに火をつけた。
嶋を見ていると,勝つための努力をたくさんしているようにおもう。
(相手投手にできるだけ多く投げさせる。打率は低いが,出塁率は高い)

2番から4番まで並べた外国人3人のうち,2人が打率1割台でもこの強さだ。
もしあと2人も打ちだしたら,いったいどういうことになるのか?

的を絞らせない小刻みな継投策。
最後を締めた松井裕が2勝目をあげた。(6S)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーローインタビュー)


記者:サヨナラタイムリーヒット、ナイスバッティングでした。
聖澤選手:緊張しました。

記者:早速振り返っていただきますが、延長10回、
1アウト1,2塁というプレッシャーのかかる場面だったと思います。
代打で出ました。どんな狙いで入ったんでしょうか。
聖澤選手:代打ということで、初球から振っていこうと決めて、その積極性が上手くいったと思います。

記者:打った瞬間はどんなお気持ちでしたか。
聖澤選手:どういう場面で、どういうところで行ったのかよく分からなかったので、
とりあえずサヨナラなのかなと、スコアボードを確認しながら行きました。

記者:そんなタイムリーということでしたが、仲間からの祝福もありました。いかがでしたか。
聖澤選手:本当にベンチの雰囲気も良くて、味方の誰かが打つとみんなで喜んで、
すごく良いチームだと思うので、これからも全員で力を合わせて頑張っていきたいです。

記者:そしてこのヒット、ファンの皆さん、そしてチームの期待に応えました。
聖澤選手にとっても大きな1本だったのではないでしょうか。
聖澤選手:打線がすごく調子良いので、自分も遅れないように、
どんどん与えられたところで、しっかり結果を出していきたいです。

記者:そして今日は、スタンドには満員のファンの皆さんが駆け付けています。
この声援、力になったのではないですか。
聖澤選手:BLACKユニフォーム似合ってますかー! ありがとうございます。

記者:ファンの皆さん、4時間を超える長い試合を見守りました。
聖澤選手の今後の意気込みと、そして熱いメッセージをお願いします。
聖澤選手:チームがすごく良い流れなので、このままどんどん突っ走っていきたいと思います。
今後も応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○監督インタビュー

記者:見事なサヨナラ勝ちでした。
梨田監督:いやー、長い試合でしたけど、よく後のピッチャーも粘ってくれましたし、
打線のほうも何とか粘って、良いプレイも随所で出ましたし、
こういうゲームを取れるというのは、いろいろ大きいですね。

記者:本当に代打の聖澤選手が期待に応えてくれましたね。
梨田監督:そうですね。またイニングを考えれば、どうかなというところもありましたが、
そこは勝負にいかないといけないということで、
2ボール2ストライクからのフォークだと思いますが、よく打ってくれました。

記者:今日はビハインドの展開が続く中、8回にはあと1本が出ませんでした。
ただ9回、ウィーラー選手のタイムリーで追い付くというゲームになりましたが、
ウィーラー選手も確実に調子を上げてきているかと思いますが、そのあたりどうでしょう。
梨田監督:その通りですね。昨日も1本出て、良いプレイもあり、
今日もファインプレイが2つぐらいしているので、本当にスーパープレイです。
彼が上がってくるとチームが元気になるので、我々にとっては嬉しいことです。

記者:良いプレイが出たゲームと梨田監督も仰っていましたが、今日は嶋選手のバントヒット、
技ありの得点シーンというのもありました。ああいう形の得点も大きいかと思いますが、そのあたりどうでしょう。
梨田監督:そうですね。サードの守備位置をきっちり見ながら、
3点差になったところで、きちんとセーフティバント。
自らしたのですが、よく周りも見えているということで、嶋選手の存在も非常に大きいです。

記者:そして風の影響もありました、アンラッキーな面もあったと思いますが、
今日の岸選手の出来というのは監督がご覧になっていかがでしょう。
梨田監督:風がレフトに吹いていますので、大野選手のほうは多分行っていないと思うのですが。
それにしても球数が少し多いという感じはしましたが、彼に負けが付かなかったというのは大きいと思います。

記者:今日で各チームとの一巡目が終了ということになりました。
非常に良い形での一巡目だったと思いますが、
二巡目に向けてさらに大事になってくるところは、どのようなところでしょう。
梨田監督:打線が繋がることがまず一つですし、今、勝利の方程式といいますか、
そういうものが少しずつできつつあるところなので、そういうところをきちんとやっていきたいです。
そして守り、走塁の面でもっと良いように、上手く回れるようにしていきたいと思います。

« 昭島サークル 2017年4月 | トップページ | 協会長杯・県大会の代表者会議 2017 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 去年は1度もなかった<同一カード3連敗>が、今年は5カードですでに2回(泣)
2012年に優勝した次の年最下位で、その時はまー君の24連勝で楽天優勝したから、
今年もその再現かな~。でも楽天なら優勝してもいいです。
ソフバとか、巨人とか金にあかせて選手集めるチームは大嫌い!!

北活さんへ
コメントありがとうございます。

そうですか,田中マー君の24連勝で楽天が優勝した年の再来ですか!
(あの優勝決定の試合を,私は西武球場で観ることができたのでした)
それはすごい。今度は私の退職を祝って,サプライズで楽天が頑張ってくれているのかも?
だって,楽天の創設以来ずっと応援してきたわけですから,
それを知った楽天の選手会が「肥さんに内緒で優勝をプレゼントしてあげよう!
梨田監督の次に,肥さんを胴上げしよう!」と計画しているのかもしれません・・・。(笑)
と妄想は果てしなく激走するのでありました。少なくとも「春の珍事」(張本氏)ではないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭島サークル 2017年4月 | トップページ | 協会長杯・県大会の代表者会議 2017 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ