« 今月の手品「ギロチン」 | トップページ | 侍J 3連勝で第2ラウンドへ »

2017年3月11日 (土)

「肩の荷」が下りる

何事でもそうだが,学校行事の担当者はなかなか大変だ。
最後は先生方も協力してくれるし,生徒たちが頑張ってくれるので,
ある程度は上手くいくとわかってはいても,
やはり「肩の荷」は軽くない。

まして,1~2月は個人的にしんどいこともあった時期で,
その中で「卒業を祝う会」を進めていくことは,
なかなか大変な仕事だった。

三学期の大きな行事であると言われながら,
行事縮小の流れの中で,わずか2時間である程度の充実も求められる。
しかし,昨年は全体と学年の両方を担当したのに対し,
今年は全体に集中できたので,なんとかゴールにたどり着くことができた。

今週の火曜日から仕事が忙しくなり(先生方の「アクセル」が入った),
前日の準備でそれが最高潮に達した。
当日は,夜の間にくす玉の中身が落下していない(かつて1回だけ「悲劇」が起こった)ことを確かめ,
本番の時間は,司会を担当する生徒会本部役員の近くに陣取りつつ,
記録用にと写真も撮影していた。(本当に「八面六臂」の活躍であった)

昨日職員室を歩いていたら,昨年担当した先生が,
「後ろ姿で,「肩の荷」が下りているのがわかる」とおっしゃっていた。
来年度は3年生の担当になる予定(校長先生にもお願いしてある)なので,
若手の先生がこの行事を担当する予定である。

P3092593


« 今月の手品「ギロチン」 | トップページ | 侍J 3連勝で第2ラウンドへ »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月の手品「ギロチン」 | トップページ | 侍J 3連勝で第2ラウンドへ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ