« 槍鉋(やりがんな)の加工風景 | トップページ | アパートの作り方(39) »

2017年2月26日 (日)

サリンの分子模型

古賀さんの「VXガスの分子模型」へのコメントの中に,
「VXは,サリンの構造を一部変えて沸点を高めたもの」というような説明があった。
もしそうなら,同じ原子が出て来るはずだが…。

そう言えば,以前『たの授』誌にサリンの分子模型のことが出ていた。
『たの授』の古い号は表紙と目次だけ切り抜いてファイルに保存してあるので,
「あのな検索」で調べて「夢ブログ」の記事にしようと考えた。

調べてみると,1995年の5月号に,
由良さんが「分子模型から見えてくること~こわそーなサリンも
分子模型で見ればイメージできる」という記事を書いている。
「グラフで見る世界ー84」なので,裏表紙にカラー写真で載っていたのだ。

P2262450

たくさん出て来る水素・酸素・炭素に混じって,
「VXガス」と共通のリンもあるではないか。
念のため「口絵のカラーページ」を見てみたところ,
ここにも「神経ガスの分子模型」として「VXガス」やサリンが出ていた。

P2262452_1

かつて板倉聖宣さんは,これからの大切な学力の1つとして
分子模型を上げられていたが,こういうことなのかと思った。


« 槍鉋(やりがんな)の加工風景 | トップページ | アパートの作り方(39) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍鉋(やりがんな)の加工風景 | トップページ | アパートの作り方(39) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ