« 昭島サークル 2017年2月 | トップページ | 「バレーボール大好き」のオーラが溢れていました »

2017年2月19日 (日)

竹内三郎さんを招いて「“仮説実験授業”って何だっけ?」講演会

昨日は,明星大学で行われた上記の会に参加した。
私のカウントでは,18名の人たちがいた。

早く着き過ぎた佐竹さんや荒居さんとお話ができて楽しかった。
「荒居さんの音楽」という言い方をしたら,その表現はほかの人もしていたらしい。
『たの授』3月号か4月号の臨増は「音楽特集」(荒居さん監修)のようだ。

また,久しぶりに有馬さんに会えた。
特別支援を担当しているとのこと。
特支には特支の大変さがあるんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開始時間が近づいたが,竹内さんが遅れるという連絡が入り,
急きょ小原茂巳さんが資料発表でつないだ。
「まちがえるたのしさ と あたるよろこび~特別支援学級での「たのしい科学の授業」」

私は前にサークルで読ませていただいたことがあったのですが,
仮説実験授業の報告というのは,何度聞いても心躍るものがある気がします。
特別支援の小学校で授業書《空気と水》の授業の報告(石田先生)でした。

20分ほど遅れて竹内さんが登場。
昨日『たの授』の編集作業で,遅くまで頑張ったらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下,竹内さんの話のエッセンスです。(文責は肥沼)

〇 何かを答える時,「仮説実験授業を知っている人」としては,何と答えるか。
そんな時,たいてい「おめでとうございます」と言うのではないか。
自分の頭で考えている人には,やはり「おめでとうございます」となる。

〇 考えているという状態は,「選択肢を作れる」ということではないか。
山本俊樹さんも,それをほめてくれた。
「メール de サークル」というメーリングリストで活動されている。

〇 「板倉聖宣さんと旅をすれば」という資料。
「「出発点としての仮説実験授業」という視点から」という副題が付いている。

〇 発想法は,「進退窮まらないための方法」である。
「あきらめる」というのも,1つの重要な選択肢ではないか。

〇 「仮説実験授業は誰でもできる」という時,
(ほかにやることがあるので)「やる気がしないよ」という人がたくさんいてほしい。

〇 「竹内さんは気楽でいいね」と言われ,気が付いたら鼻歌を歌っていた。

〇 すごくうれしかったことは,板倉さんもSF(タイムトラベラー)が好きでなかったこと。

〇 みんなが元気で,それぞれが違ってくれていないと困る。なるべく違う先生に担当してほしい。

〇 「科学と契約を結ぶ」ということは,「わからない」ということを言えること。

〇 特に威張っている人には,「わからない」と言うと効果がある。

〇 人間の「弾力性」は素晴らしい。「おばあちゃんの家でやってみた」という子がいても予想変更しないし,
「ここでやってみろ」とも言われず無視されるだけ。

〇 人間は,自然物としては「ほとんど同じ」である。

〇 選択肢・・・意見の違う友達。

〇 査読制度の試み・・・「3人の人が選ぶと採用」という『たの授』のシステム。
見事な失敗を載せたい=典型的な失敗。

〇 『教室は間違うところだ』という本は,キライ。「間違えないように教えてくれよ」

〇 多様な意見がすばらしい。自分だけで考えるのは,とても難しい。
複数の人の考えを聞いて判断する。

〇 「ごんぎつね」「最後の授業」の読み取り。その間違い。

〇 その授業書が完成した時に,「どんなことがうれしかったですか?」。

« 昭島サークル 2017年2月 | トップページ | 「バレーボール大好き」のオーラが溢れていました »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
いつも刺激をいただいていますが,
昭島サークル&竹内さんの話のまとめ,スゴすぎました。
「ありがたい」のひとことです。
エッセンスなのに(だから?)それだけで,
ものすごく頭の運動になります。
じっくり味わいたいと思います。
いつもありがとうございます!

mineさんへ
コメントありがとうございます。

私は「読者に資料や講演を報告する」という方法で,
もう1度サークルや講演会の内容を楽しんでいます。
mineさんのお役に立ったことがわかって,さらにうれしいです。

高崎サークルでお世話になっていることがたくさんあるので,
(例会の案内,車での送迎,当日の運営,茶菓の用意,アフターサービスの速報など)
今回の報告がそのお礼の一部にでもなればと思っています。

そういうやり取りが可能になっているのも,
パソコン&インターネットの発明と普及が大きいのでしょうね。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭島サークル 2017年2月 | トップページ | 「バレーボール大好き」のオーラが溢れていました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ