« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

「いつもカルタはバッグに入れてありますよ!」

全部で7種類の「社会科カルタ」を,
3年間でやることにしている。
その都度配ってもなくしてしまう生徒が多いので,
3年の後半に「総合編(全部掲載したもの)」を出すことにしているが,
昨日はたまたま上記のような発言に接したので,
また,これもたまたまエコキャップを撮影したカメラがポケットにあったので,
「ドラえもん」の「どこでもカメラ」ように喜んでくれた。
喜びは2人でシェアしないとね。happy01

P2272458

肥さんの社会科かるた

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/11/post-848f.html

PS 「学校をかえよう」(川瀬さんのサイト)の最新記事は,
多元的「国分寺」研究サークルのリンクでした。
ありがとうございます。

★「多元的『国分寺』研究サークル」★ NEW!17.2.25

歴史を学ぶ中学生のために(再録)

本日は,出授業のクラスとの「最後の授業」である。
5年前に書いた文章を,再び贈ろうと思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歴史を学ぶことは,人類の過去の成功例と失敗例を学ぶことであり,
同時に未来をどう創っていくかのヒントを得ることでもあります。
大変意義のある勉強と言えるでしょう。

しかし,歴史は注意して学ばないと,「その歴史を書いた人の主張を
そのまま受け入れてしまう」ということにもなりかねない面があります。
そこで,歴史を学ぼうとするあなたにぜひ覚えてほしいことを
いくつか書いてみることにしました。

(1) 歴史は「勝者の歴史」であることがほとんどである

歴史は誰によって書かれるかというと,「勝者」によっての場合がほとんどです。
「敗者の歴史」は歪(ゆが)められたり,消されたりすることがあるのです。
例えば,ひどい乱暴者の王が描かれたあとで,
「だから私たちは彼をやっつけたのだ」などと書いてあることは,
歴史書にはよく出てくる表現です。
しかし,本当にその王が乱暴者だったのかは「死人に口なし」ですから,
実際のことはわかりません。ただ,これだけは言えるでしょう。
「歴史の著述者は,そう信じてもらいたい」のだということです。
たとえば,日本の古代史で蘇我馬子や蘇我蝦夷,蘇我入鹿の名前には
動物が入れられていますが,明らかに「人間以下のもの」
という意識が働くように細工されているように考えられます。
元の字はきっと「いい意味」の漢字が使われていたに違いないのです。
それをわざと「卑しい字」を使って悪い印象を与えようとしているのです。
なぜかといえば,蘇我氏を倒した中大兄皇子と中臣鎌足の側の歴史が
そのようなイメージを描かせたかったからだということだと思います。
さらに,和気清(きよ)麻呂が道鏡に「和気穢(きたな)麻呂」と
改名されてしまうなどという話なども大変わかりやすい例です。

(2) 「普通のできごと」は記録されないのが普通である

私たちは日記に「昨日はごはんを食べた」「今日もごはんを食べた」
「明日もごはんを食べるだろう」なとどは書きません。
それはあまりに当たり前のことで「残しておこう」と思わないからです。
もし書く気持ちになるとすれば,それは異常事態の時で,
「昨日はごはんを食べられなかった」「今日もごはんを食べられなかった」
「明日はごはんを食べられるだろうか」というような時です。
だから,「江戸時代の農民はあわやひえばかり食べていた」
「米を食べることはできなかった」などと書いてあるとしたら,
やはり異常事態の時と考えるべきなのです。
もちろん江戸時代の農民がつらい思いをしたことはたくさんあったでしょう。
冷害や干ばつで米が採れないのに重い年貢を課せられていたり,
せっかく生まれた赤ちゃんを口減らしのために
間引いたこともしばしばだったと思われます。
しかし,物質不滅の法則に従えば,江戸時代の農民も平均的には
米の飯を食べていると言わざるを得ないのです。
農作業は力仕事ですから,あわやひえ(小鳥のえさ)では体力が持ちません。
この件については,板倉聖宣著『歴史の見方考え方』(仮説社)を参照のこと。

(3) 本当の歴史を知ることはできるか

では,世の中に「勝者の歴史」があふれ,「普通のこと」が残らないとすれば,
どのようにして本当の歴史を学ぶことができるのでしょうか。
それにはいくつかの方法があります。

1つは,先ほど書いた板倉聖宣さんの取った方法で,
自然科学の法則や原理をもとにして歴史を検証していく方法です。
板倉さんは,仮説を立て史料を探していけば,
探していた史料は必ず発見できると言っています。
それは自然科学でいう「実験」のようなものと言ってもいいでしょう。

もう1つは,利害関係のない第三者(たとえば外国史料)の記述を優先して採用したり,
2つの歴史書(古事記と日本書紀など)を比較検討するという形の研究をすることです。
この方法で進んだ研究をしている人に古田武彦氏
(『「邪馬台国」はなかった』が代表作)がいるので,
彼に歴史研究法を学ぶのもいいでしょう。

「本当のこと」が知りたいとすれば,
それはあなたに素晴らしい歴史研究者の素質があるということです。
ぜひ自分に興味があることから始めて,
いっしょに歴史を研究していきましょう。
歴史の研究は,きっとあなたの人生に
ステキなうるおいを与えると思いますよ!(o^-^o)

懐かしい教科書

生徒たちにとっては懐かしい,
光村図書・小5・国語を教室に持ち込んで,
題名を言いながら見せてみた。

P2262457

私「ついに見つけてきましたよ。「千年の釘にいどむ」で~す!」
生徒たち「お~っ!」

私「「大造じいさんとガン」もあるよ!」
生徒たち「お~っ!」

私「「わらぐつの中の神様」で~す!」
生徒たち「お~っ!」

私「「生物は円柱形」は覚えているかな?」
生徒たち「お~っ!」

人間は,言葉が見つからない時,
「お~っ!」というらしい。(笑)

でも,うれしい反応でした。
651円出しただけのことはある。(o^-^o)


エコキャップの貯金箱

上記の団体が「もう回収は行わない」と連絡してきていて,
生徒会室に「貯金」してあった分を昨日持って行ってもらった。

要するに「回収とガソリン代のバランスが逆転してしまう」ということなのだろう。
古新聞,アルミ缶,プルトップ,エコキャップなど,
これまでいろいろ回収に協力してきたが,
採算に合わないほど回収が進んだのなら仕方がない。
(生徒会室がきれいになっただけ,良かったと言えるかも)

午前9時から職員玄関に用意しておいたのに,
回収に来たのは給食を食べている時だった。
ああ無情。(。>0<。)

P2272457

2017年2月27日 (月)

「信濃国分寺」に行きたい

昨夜上田市のYさんと「信濃国分寺」について電話で話をした。
地の利を生かして,調べておられ,
私はかなりいけるという感触をつかんだ。

まだオフレコで「夢ブログ」には書けないが,
1度「信濃国分寺」の僧寺と尼寺を訪問してみたい。
(始発で出発して,午後から高崎サークルに出るか)

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡

http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-811.html

「ファイト」は夢パ・ブロガーの強~い味方

この週末の3日間だけで,私周辺の3つのブログが,
中島みゆきの「ファイト」を扱った。

「九想話」・・・就職の面接からの帰り道,ラジオのイヤフォンからこの曲が流れてきた。
  ↓
「肥さんの夢ブログ」・・・今回は「闘え私!」という副題と「私の敵は私です」が心に残った。
  ↓
「あいせだ★ブログ」・・・子どもの頃買ったCDのB面に「ファイト」が。自分の成長と「ファイト」。

「ファイト」は「夢パ」に参加したいろいろな人の心に,
それぞれの人生の時期おいて響く名曲だ。
そこから山田さんには,「地上の星」や「テールライト」にも話題をふっていただいた。
また,「ファイト」ではないが,中島みゆきの古いLPのことを話題にした
生出庄翔空庵(古いレコードの中にこんなレコードがあった。「はじめまして」84.1)もあった。

アパートの作り方(39)

昨日は,囲いの内側に侵入してみた。
外装も内装もだいぶ進んでいるようだった。

P2262447

P2262448

P2262449

2017年2月26日 (日)

サリンの分子模型

古賀さんの「VXガスの分子模型」へのコメントの中に,
「VXは,サリンの構造を一部変えて沸点を高めたもの」というような説明があった。
もしそうなら,同じ原子が出て来るはずだが…。

そう言えば,以前『たの授』誌にサリンの分子模型のことが出ていた。
『たの授』の古い号は表紙と目次だけ切り抜いてファイルに保存してあるので,
「あのな検索」で調べて「夢ブログ」の記事にしようと考えた。

調べてみると,1995年の5月号に,
由良さんが「分子模型から見えてくること~こわそーなサリンも
分子模型で見ればイメージできる」という記事を書いている。
「グラフで見る世界ー84」なので,裏表紙にカラー写真で載っていたのだ。

P2262450

たくさん出て来る水素・酸素・炭素に混じって,
「VXガス」と共通のリンもあるではないか。
念のため「口絵のカラーページ」を見てみたところ,
ここにも「神経ガスの分子模型」として「VXガス」やサリンが出ていた。

P2262452_1

かつて板倉聖宣さんは,これからの大切な学力の1つとして
分子模型を上げられていたが,こういうことなのかと思った。


槍鉋(やりがんな)の加工風景

山田さんに「つっこみ」をしていただき,
槍鉋の加工風景のYouTubeを見つけることができました。
ありがとうございました!

槍鉋の加工風景

http://www.youtube.com/watch?v=SWL7Ep8JGsU

ちなみに,槍鉋もアマゾンで売っていました。
これは買いませんが…。

アマゾン「槍鉋」

http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%A5%E6%AD%A6%E8%80%85-%E6%A7%8D%E9%89%8B-2%E6%9C%AC%E7%B5%84-%E6%A1%90%E7%AE%B1%E5%85%A5-18%EF%BD%A524mm/dp/B00VK1D13Q

『たの授』公開編集会議&飯能・日高サークル 2017年2月

仮説実験授業関係の2つのスポットを訪問した。

【巣鴨の仮説社】

第4土曜日は『たの授』公開編集会議が行われているので,
行ける日には行くようにしている。
(これでも「編集委員」の1人なのだ。全部30名くらいいる)

編集会議と言っても,各地から送られてくる資料に目を通し,
◎ぜひ載せたい〇載せたい等の印とコメントを書いていくだけなのだが,
その際に旬の話題を知ることができるので,とても楽しみにしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・『たの授』4月号の「続刊のことば」をどうしようか?(これまで板倉さんが書いてきたが)

・山路さんが作られた『あなた お葬式 どうする? ~無神論者の
葬式について考えるための資料集』(900円+税)が大変好評である。

・これも山路さんの編集による木下さんのガリ本が増刷されているとのこと。

・高畠さんが資料を持ってきていて,披露されていました。
「「せ~のっ!!」でめくる喜び」「「わからない授業はつまらないとは限らないという話」(宇宙への道)」
「これがホントのエコバッグ!?」

・荒川さんに「1月の編集会議」のテープ起こしをいただきました。

・「理科の教材費が余っていたら,ぜひ仮説社で使って下さい」とのこと。授業書,絵本,実験道具・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【飯能市立富士見公民館】

仮説社を出発するのが遅くなったので,飯能・日高サークルの例会には「終了30分前」に到着した。
かつてサークルの「後継者」と言われていた田中さんに会えるというので,参上したのだった。

丸屋さん・明石さん・原さん・細田さん・私の5人。
ちょうど佐々木敏夫さんの「時代と赤ちゃんの名前~戦時中の名前」みたいのをやっていた。
皆さんにVXガスの分子模型と「千年の釘に挑む」&「和釘」を見せることができた。(別項参照)

「山葵」での懇親会は,佐藤さんも合流して楽しいものだったが,
本日のメインイベント「田中さんに会うこと」は,田中さんに急用が入ったため果たせず。
解散後,有志3人で「焼き鳥屋」に寄って二次会ということになった。。

光村図書の小5の国語

「千年の釘に挑む」が載っている
光村図書の小5の国語の教科書(651円)を入手した。
8ページにわたり,文章と写真が掲載されていた。

P2262457

P2262452

P2262453

P2262455

P2262456

これに先日入手した「和釘」を加えれば,
「法隆寺の木」から出発した教材探しの旅は,
一応区切りがついた気がする。

P2142380


アパートの作り方(38)

昨日の朝,屋根が出来ているのを発見。
朝日に輝いていました。

P2252451


長門と信濃の「国分寺記事」のお引越し

上記の2つの「国分寺記事」とコメントを,
「多元的「国分寺」研究サークル」のサイトの方へ
お引越しをしました。

今後のコメントは,そちらの方へお願いいたします。

多元的「国分寺」研究サークル

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2017/02/post-017c.html

楽天の練習試合の結果(4)

2月25日(土)

楽天001006200計9 〇
西武000101140計7

2月26日(日)

楽天003100002計6 〇
西武101200000計4

2017年2月25日 (土)

VXガスの分子模型

金正男氏を殺害したと言われるVXガスの分子模型を,
仮説の会の方(北海道の林さん)が分子模型にしてみたようです。
リンクしてみますね。

VXガスの分子模型

http://www.mlist.ne.jp/archive/attach/tanosya17/e7929d89c884b13aa4b9f9fb793554ca/901/

「VXガスの分子模型を作ってみました。
ガスというのに、砂糖分子なみの大きさで少しビックリ!
常温で液体というので、なぜガスかと思ったのですが、霧吹き状に
して使うようです。科学用語のガスの使い方ではないんですね。
リンと硫黄を断ち切ると無害になるそうです。
水酸化ナトリウムで断ち切ることができるようです」とのこと。


中島みゆきの「ファイト~闘え私!」

今日の九想さんの「九想話」は,
中島みゆきの「ファイト」だった。
何回聴いてもいい曲だ。

いつもは「闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう」
という所に目が行くのだが,
本日は「闘え私!」という副題と,
「私の敵は私です」というフレーズに感じるものがあった。

九想話「ファイト」

http://blog.goo.ne.jp/qsou/e/d3ea9a15e18466a5fe152b15cc7d6176


時間があったので,
ウィキペディアも読んでみた。
時間のある方は,こちらにもお付き合い下さい。

ウィキペディア「中島みゆき」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D

今週末の楽しみ 2/25・26

今週末は,テスト前なので,
土曜日と日曜日の過ごし方が大きく違う。

土曜日・・・『たの授』公開編集会議や飯能・日高サークルへ出かける。(o^-^o)

日曜日・・・部活の通信作りやテスト問題作りのため学校に行く

本当は日曜日も学校に行かなくてよいのだが,
来週木曜日(社会科のテストの前日)にアパート関係の用事が入っていて,
午後は年休をもらう予定なので,その分先に仕事を進めておきたいのだ。

金曜日以降は,テストの実施&採点,部活の再開,モルテン杯の抽選と続くので,
週末の高崎サークル(堀江さんの「禁酒法と民主主義」の講座)はビミョー。
年末の会で私は同講座を受けているので,今回は採点に力を注ぐかなあ。
テストが2日目の,それも最後の時間ということだしね。(。>0<。)

朝練と午後錬

普段は感じなくなっていることだが,
テスト1週間前となり,朝練と午後錬がなくなって,
やはり時間的な余裕が大きい。

朝練には30分,午後錬には1~2時間,
(出ている時も,技術指導は「コーチにおまかせ」だが,
2通りの指導が入ると入ると生徒が混乱するので)
この季節だと関わっているわけだが,
その時間を他に回せるわけだから,
授業も楽だし仕事も進む。

ついでに体が楽なことで
心も軽くなるから,ストレスも少なくなる。
しかし,それはほんの数日で,
その次には「テスト作り」「採点」が待っている。

今回は歴史で,範囲も短いので,
高得点を期待しているのだが,どうだろう?

美味しい週末

別に「プレミアム・フライデー」に協力した訳ではないが,
(金曜日は午後3時に退社して,消費を促進する)
昨日は職場の人たちとの食事会で中華の店(離宮)に行ってきた。

前菜・・・

P2242447

炒め物・・・

P2242448

蒸し物・・・

P2242450

やはりお金を出すとそれなりに,美味しいものに出会える。
もちろん毎日という訳にはいかないけれど。

紹興酒が10年ものでまろやかだったので,
調子に乗って飲み過ぎてしまった。(o^-^o)

2017年2月24日 (金)

祝 「夢ブログ」10000記事!

アクセス解析によると,
「夢ブログ」が足掛け12年で,10000記事を越えました!

実はこの記事は,10003件目のもので,
ピタリ10000件目は,
「マルチ人間ではない肥さんの多忙な1日」でした。

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という言葉もありますので,
今後も時間と体力の続く限り,拙文を書き続けていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。m●m

「武蔵国分寺」の参道口の復原写真

ウィキペディア「武蔵国分寺」を眺めていたら,
「武蔵国分寺」の参道口の復原写真が載っていることに気が付いた。

「武蔵国分寺」の参道口の写真

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e3/Musashi_Kokubunji.jpg

楽天の練習試合の結果(3)

楽天のサイトが練習試合の結果を載せていた。
その後の結果を転載しよう。

2月19日(日)・・・対中日 ●1ー4

2月21日(火)・・・対日ハム ●8ー11

2月22日(水)・・・対巨人 〇4ー0

2月23日(木)・・・対ヤクルト ●1ー3

接戦を落としているのが残念だ。
これが逆になってくると上位争いができるのだが・・・。

マルチ人間ではない肥さんの多忙な1日

川瀬さんが山田さんへのコメントで解説して下さったように,
私はマルチ人間などではなく,
太平洋の荒波に翻弄される小舟のような存在である。
その私に多忙な1日が襲い掛かってきた。

1~4時間目まで3つの授業があり,
1時間だけあった「空き時間」も職員会議の
2つの提案資料作成のため潰れる。

5時間目は卒業を祝う会の練習で,
本来息が抜ける立場だったが,
昨日はあいにく講評の係で,写真係をやると共に話をした。
(かなり良くなっていたので,ほめることが中心だった)

そのあと,生徒たちを下校させて保護者会。
私は司会で,話はしなくてよいが,
どこで話が終わるかわからないので気が抜けない。
幸い4人の先生方は持ち時間を守ってくれたので,
全体会は予定の50分でピタリと終了。
その後担任の先生方はクラス懇談会へ。
私はもう一人の副担の先生と,椅子&長机の片付け。

さらに帰りしな,自転車に乗ってまず組合の事務所へ。
遅れていた書類を届け,さらに建設会社へ。
ここでの話は別項で。
ふ~,疲れたー!(。>0<。)

なんとか多忙な1日を頑張れたのも,
テスト期間に入って部活動がなかったからかな・・・。

アパートの作り方(37)

昨日帰宅したところ,内装用の板状のもの?
たくさん積まれていた。
こういうものを専門的になんと呼ぶのだろう。
次第に外から中に重点が移ってきているような気がする。
なにしろ4月には使用開始する訳だから・・・。

午後6時に建設会社に集合して,
母と私で銀行から融資してもらう資金の書類を作った。
単なる資金の融資ではなく,抵当権の移動や
市からの土地の譲渡もからんでくる厄介な内容だ。
とてもプロの力を借りなくてはやっていけない。

P2232446


2017年2月23日 (木)

「信濃国分寺」の伽藍配置は?

長野県上田市のYさんより,
「地元の上田市にある「信濃国分寺」は何伽藍配置か?」
というご質問をいただきました。

これっていわゆる東大寺(国分寺)式ってやつでしたっけ?
山田さんと連絡を取りたいということでしたが,
ちょっと失念してしまいましたので,「夢ブログ」に書きますね。

信濃国分寺資料館ホームページ

http://museum.umic.ueda.nagano.jp/kokubunji/park.htm

Aさんとまんまるにて歓談

初対面の方だが,Aさんという方とまんまるで歓談した。
前任校の保護者の方で,若い頃は極真空手をやられていたそうだ。
今はトレーナー的なお仕事にもかかわっておられ,
我が校のバレーボールのコーチとちょっと似た立場かな。

障碍を持った方たちとの関わり方の意見も私と話が合う感じで,
今後の展開が楽しみ。
雄谷良成さんという方を尊敬しておられ,
私も興味をもって検索してみた。

雄谷良成

http://www.okamura.co.jp/magazine/wave/archive/1512oyaA.html

雄谷良成(おおや りょうせい)
1961年金沢市生まれ。

社会福祉法人 佛子園理事長、公益社団法人 青年海外協力協会 理事長、
全国生涯活躍のまち推進協議会 会長、日蓮宗普香山蓮昌寺 住職
幼少期は祖父が住職を務めていた日蓮宗行善寺の障害者施設で、
障害をもつ子どもたちと寝食を共にする。
金沢大学教育学部で障害者の心理を研究。
卒業後は白山市で特別支援学級を立ち上げ、教員として勤務。
その後、青年海外協力隊員としてドミニカ共和国へ派遣。
障害者教育の指導者育成や農村部の病院の設立に携わる。

帰国後、北國新聞社に入社。メセナや地域おこしを担当。
6年間勤務した後、実家の社会福祉法人佛子園に戻り、
「星が岡牧場」「日本海倶楽部」などの社会福祉施設や、
「三草二木 西圓寺」「Share金沢」などさまざまな人が共生できるコミュニティ拠点を作るほか、
社会福祉法人としては初めてとなるJR美川駅の指定管理も手掛けている。
現在は輪島市と提携して町づくりに「輪島KABULET」取り組んでいる。

気持の余裕が対応の余裕に

突然ほかの先生や生徒から
用事が入っても対応できるように,
昨日は授業プリントを3時間分
(×5クラス=15時間分)印刷した。

この気持ちの余裕が,
人と対応する時の気持の余裕につながる。
備えあれば憂いなし。
男子は外に出たら,
「7人の敵」がいるかもしれないので

昨日の部活動  2/22

昨日は,朝練+午後4時15分~5時+自主練だった。
木下兄コーチにお世話になった。

一昨日のボールの貸し出しについて,
他の部の先生にご迷惑をかけたようだ。
誰が自主練に持って行くかを,はっきりさせておいてほしい。
男バレは特別扱いされているわけではない。
(逆に,かなり羨ましがられてはいるので,要注意!)

3月11日(土)に霞ケ関中が来校してくれることになった。
翌日のモルテン杯のいい練習になると思う。

2017年2月22日 (水)

リニューアル版「歴史を見る物差し」

仮説社から発売されている「歴史を見る物差し」の
リニューアル版が送られてきた。(私も少しアドバイスした)

P2222413

今回の版には「幕府誕生」ということで,
1185年を明記し,中世の始まりとした。
また,「関ケ原」の1600年も画期としている。
(両者は,天皇による「征夷大将軍」の任命より,
実質的な権力の樹立を重視している点で共通している)

値段は,540円+税。
身近に置くことで,歴史に親しめる好教材である。

ただし,多元的古代の重要な画期である701年はスルーされているが,
一元史観の商品のことなので,それは致し方のないところだろう。
私が創る「歴史を見る物差し・多元的古代編」だとしたら,
以下のようになるだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

縄文時代         弥生時代(前半)  弥生時代(後半)        662か663年    701年~
                                              
各地の黒曜石の    出雲に主権国家  倭国=北部九州に主権国家 白村江の戦い    「大宝」の建元
産地を中心に「くに」  (神無月・神在月) (「国譲り」=主権の移動)   (倭国の滅亡    (日本国が書紀で
                           倭国は年号も持っていた。  =主権の移動)    倭国史を抹殺)
                           512~700年。ほかに日本              隼人国・蝦夷国が
                           国(大和)・関東王朝・東北王              最後の抵抗。
                           朝等もあった。

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが今考えている「肥さんの「多元的古代」物差し」である。
値段はいくらにしようかな?

「卒パ」のためのメモ

来年のことを言うと鬼が笑うというが,
最近は「イメージがないところには実現性がない」とも言うし,
「まだ早い」のは承知の上で上記の話題を考えてみる。
(こういうことを考えるのは楽しいし)

第一部・・・仮説実験授業を体験してもらう

「夢パ」ではmineさんに「「邪馬台国」はどこだ!」をやっていただき,
大変好評だったので,今回も踏襲する。
授業プランとしては,「狭山丘陵の自然と歴史」(肥さん作成)を考えている。
小中学生にも何回も授業してたのしさの保証付きだし,
「「邪馬台国」はどこだ!」は歴史の授業プランだったので,
地理というか環境の方面も味わっていただきたいと思った。

第二部・・・愛の世代ズのミニライブを鑑賞

これも「夢パ」と同じだが,「新宿の夜」や「おじいちゃんの唄」を中心に,
その後の新曲も披露してもらって盛り上がりたい。
できたら,音響にも配慮したいところだ。(アコースティックも捨てがたいが)

第三部・・・肥さんの手品&イリュージョンの世界

これもまた「夢パ」を踏襲してのものだが,新作も取り入れて,
「夢パ」参加者にも満足していただけるようなものにしたい。

その他・・・「夢パ」でやり忘れたおみやげの鈴プレゼントのリベンジを行う。
豪華引き出物(ガリ本・手品グッズ・その他)など,
これからいろいろ企画していきたいと思っている。

三部構成は「夢パ」でうまくいったのを踏襲しているが,
もっと楽しそうなことが出てくれば当然入れ替える気でいるので,
ぜひご提案をお願いします。

前回も参加者からいろいろなお祝い・記念品をいただき,
私の目の前に飾り,毎日眺めさせていただいています。

なお時期ですが,「夢パ」と違って,「卒パ」はゴール間近がふさわしいと思うので,
2月か3月が適当と考えています。
「夢パ」は100万アクセス達成記念だったので,翌月(10月)に行いましたが…。

新たな「夢パ」報告(写真70枚掲載!)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/10/post-b431.html

アパートの作り方(36)

学校から東村山市役所まで,
飛ばしに飛ばして35分掛かる。
足がつりそうな状況で東村山市役所に駆け込み,
印鑑証明書と住民票を請求した。

これは今週と来週に行われる
2つのアパートの契約に必要なもので,
私が用意しなくてはいけないものなのである。
(ほかにも10個くらい必要)

おまけに母の用意する分もアドバイスしなければならず,
頭の中が学校とアパートとその他のことでごちゃごちゃしている。
(そういうナーバスなところにマイナス情報も入ったりするし)

しかし,3月中にアパートが完成し,4月から経営できるように,
建設会社と銀行の案内に従ってやらなければならない。
もうひと頑張りである。

昨日の朝気が付いたのだが,
今まで合板だった外装に「透湿・防水・防風」のための
ボードが貼られていた。
だんだん住居らしくなってきた。

P2212411


生徒会朝会のナイスフォロー2つ

生徒会朝会は職員会議と並行して話が進められ,
担当職員がなかなか相談に乗れないのが苦しいところである。
しかも,3件あったうちの1件が急に立ち消えになる偶然も重なった。

しかし,その後本部の有志が昼にフォロー放送を入れて,
「名誉挽回」をした。
また,ある先生から私のフォロー発言をほめていただいた。
ありがとうございます。

だがしかし,そういうことがなくても生徒会朝会が盛りだくさんの
メニューを用意して,集まった人たちに満足のいくものでなければならないだろう。

もし内容が少なければ,委員会の委員長にお願いするなどもできたろうし
(学区内がインフルエンザが多いらしいから保健安全委員とか),
頭を柔軟に働かせてみたいところだ。

2月の放送朝会がステップアップ作戦の報告で盛り上がっただけに,
みんなの期待も大きくなっている。

昨日の部活動  2/21

昨日は,朝練+「定休日」+自主練だった。

木曜日からはテスト期間に入るので,
火曜日だが活動があった模様。

3月12日(日)にモルテン杯があることはお知らせしたが,
その翌週アザレア杯があるというファックスが届いた。
3月18日(土)それで,会場が毛呂山高校と坂戸桜中となり,
移動が入るので車が用意できるようなら参加したい。
ご協力お願いいたします。
朝7時に出発して,午後まで掛ると思われます。

2月24日(金)までに返事をしなくてはならないので,
ちょっと忙しいです。(。>0<。)

2017年2月21日 (火)

月曜日は楽しくスタートしたい

昨日は朝の電車で久しぶりにIさんにバッタリ出会い,
お互いの近況を話した。
小学校の先生であるIさんは,再任用2年目で,
「子どもたちといる時は元気だけど,
家に帰るとぐったりしている」ということだったが,
この年齢(3年先輩)になっても,
子供中心主義でいられることが素敵だなと思う。

Iさんは仮説はやらないのだが,作文の会の実践家で,
子どもたちのいいところを見つけていく方法を知っているから,
いつまでも成長していけるのだろう。

また,その後学校でもう1つ午前中いいことがあったのだが,
午後はその反動で急降下。
帰りしなにまんまるで反省会を行い,
なんとかバランスを保って1日を終えた次第。
本当に,月曜日は楽しくスタートしたいものだ。

昨日の部活動 2/20

昨日は,朝練+午後3時15分~5時のコマだった。
職員会議を終えて体育館に到着した時には,
すでに下校した後だった。
これが常態というのはやはり問題だ。

しかし,我が男バレ&女バレには
木下兄コーチという強~い味方がいるので,
こういう状態が続けば続くほど差がつくということだろう。
それが他の部の顧問からするときっとうらやましいのだろう。

2017年2月20日 (月)

メットライフドーム

上記の球場名を聞いてピンと来る人は,
まだ少ないのではないだろうか。

実は,昨年まで「西武プリンスドーム」と呼ばれていた球場が,
メットライフ生命という外資系の会社に命名権を譲り,
今シーズンからそう呼ばれることになったのだ。

最初に聞いた時,プロ野球を観に行く時には危険なので,
「ヘルメットを持参して,自分の人生(ライフ)は自分で守りましょう」
という警告なのかと思ってしまったのだが,どうも命名権の移動らしい。

でも,長年西武球場とか西武ドームと呼んできたのに,
プリンスドームにも慣れないうちから急にメットライフドームと呼べだなんて,
なかなか厳しいものがあります。(5年間の契約とのこと)

ちなみに,この名前の付いた球場がアメリカにはあるそうです。

メットライフスタジアム

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0

「三寒四温」へもう一歩!?

三寒四温という言葉がある。
冬から春になって行く時には,一挙にはいかず,
行っては戻りしながら春になっていく様を言ったものだ。

今朝「今週の気温の予想」を7つ並べたら,
3つの「寒」と4つの「温」になるかと思って調べてみた。
(東京。15℃以上を「温」とする)

本日(20日)・・・最高気温 19℃ 最低気温 3℃
    21日          11          4
    22日          12          1
    23日          17          6
    24日          15          7
    25日          10          3
    26日          11          3

ということで,4つの「寒」と3つの「温」でした。
「四寒三温」ということなので,四と三が逆転すれば「三寒四温」。
そこまで,もう一歩という結果でした。

「三寒四温」は冬の季語

http://nazenani-komichi.net/3089.html

楽天の練習試合の結果(2)

2月18日(土) 対起亜 8ー2 〇

2月19日(日) 対中日 1ー4 ●

点数だけはわかったが,詳細はわかりませんでした。

「ダイアモンド」のCDを持っていたような・・・

このところ山田さんの「ダイアモンド」考で盛り上がっているが,
なんだか私は「ダイアモンド」のCDを持っていたような気がして,
探してみたら・・・ありましたありました。(o^-^o)
当時のミニのCDである。(中学生は知らない?)

P2202408

P2202409

P2202410

私は当時「ダイアモンド」もさることながら,裏面の「M」が好きだったので,
このCDを購入したのだった。
1989年なので,肥さん31歳の頃の話である。

ちょうどこの頃,私は古田史学と再会した。
(さすがに高校生に『「邪馬台国」はなかった』は難しかった。

古田史学は再会28年目で,これは仮説の35年目に次ぐ記録である。
私は自分を飽きっぽい性格と思っていたが,ホンモノを見つけるとそうではないのかも?

再会のきっかけは,カッパブックスの『吉野ヶ里の秘密』であった。
読んでいくうちに,「あれ,この人の本を読んだことがあるぞ!」と気づき,
それから古田本の渉猟(しょうりょう)が始まったのだった。

28年前の「ダイアモンド」や古田史学との“つながり”が,
肥さん的に見つかったことがうれしい。
「ツッコミ」の山田さんのお陰である。(笑)


「バレーボール大好き」のオーラが溢れていました

昨日は,「バレーボール漬け」の1日だった。

まず午前8時半~12時半は女バレとの部活。
木下弟コーチにお世話になった。

最後は1年VS2年の練習試合。
両軍かなりメンバーを欠いての一戦だったが,
26ー24で2年生が接戦を制した。
1年生は前半リードしたが,「勝てるかもしれない」と思ったところから
プレッシャーが出始めて,勝利を逃した。
経験の差が勝敗を決したと思う。
でも,1年生にはあと1年4か月の「寿命」があるよ。
頑張れ!

午後からは,朝霞七小で大人のチームと合同の練習試合。
木下兄コーチにお世話になった。

何しろバレーボールの経験が長い大人たち。
中学生がやろうとすることなど先読みしてプレーしてくる。
スビート,迫力,経験と三拍子相手がリードしている訳だから,
なかなか勝てないのは無理もない。
(私が到着して2戦目でこの日の初勝利?)

しかし,このような機会を組んでいただき,
自分たちの力のまだ足りないところを実地に教えていただけたので,
それをバネにモルテン杯(3月12日に決定)や
協会長杯め県大会(5月)を戦っていけると思った。

昨日の午後,朝霞七小の体育館には,
「バレーボール大好き」のオーラが溢れていました。(o^-^o)
このオーラに包まれたことが,生徒たちにとって
技術とはまた別な「意欲」という大切な宝物を
お土産に持たせていただけたと感謝しています。
参加された皆様,ありがとうございました。m●m

2017年2月19日 (日)

竹内三郎さんを招いて「“仮説実験授業”って何だっけ?」講演会

昨日は,明星大学で行われた上記の会に参加した。
私のカウントでは,18名の人たちがいた。

早く着き過ぎた佐竹さんや荒居さんとお話ができて楽しかった。
「荒居さんの音楽」という言い方をしたら,その表現はほかの人もしていたらしい。
『たの授』3月号か4月号の臨増は「音楽特集」(荒居さん監修)のようだ。

また,久しぶりに有馬さんに会えた。
特別支援を担当しているとのこと。
特支には特支の大変さがあるんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開始時間が近づいたが,竹内さんが遅れるという連絡が入り,
急きょ小原茂巳さんが資料発表でつないだ。
「まちがえるたのしさ と あたるよろこび~特別支援学級での「たのしい科学の授業」」

私は前にサークルで読ませていただいたことがあったのですが,
仮説実験授業の報告というのは,何度聞いても心躍るものがある気がします。
特別支援の小学校で授業書《空気と水》の授業の報告(石田先生)でした。

20分ほど遅れて竹内さんが登場。
昨日『たの授』の編集作業で,遅くまで頑張ったらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下,竹内さんの話のエッセンスです。(文責は肥沼)

〇 何かを答える時,「仮説実験授業を知っている人」としては,何と答えるか。
そんな時,たいてい「おめでとうございます」と言うのではないか。
自分の頭で考えている人には,やはり「おめでとうございます」となる。

〇 考えているという状態は,「選択肢を作れる」ということではないか。
山本俊樹さんも,それをほめてくれた。
「メール de サークル」というメーリングリストで活動されている。

〇 「板倉聖宣さんと旅をすれば」という資料。
「「出発点としての仮説実験授業」という視点から」という副題が付いている。

〇 発想法は,「進退窮まらないための方法」である。
「あきらめる」というのも,1つの重要な選択肢ではないか。

〇 「仮説実験授業は誰でもできる」という時,
(ほかにやることがあるので)「やる気がしないよ」という人がたくさんいてほしい。

〇 「竹内さんは気楽でいいね」と言われ,気が付いたら鼻歌を歌っていた。

〇 すごくうれしかったことは,板倉さんもSF(タイムトラベラー)が好きでなかったこと。

〇 みんなが元気で,それぞれが違ってくれていないと困る。なるべく違う先生に担当してほしい。

〇 「科学と契約を結ぶ」ということは,「わからない」ということを言えること。

〇 特に威張っている人には,「わからない」と言うと効果がある。

〇 人間の「弾力性」は素晴らしい。「おばあちゃんの家でやってみた」という子がいても予想変更しないし,
「ここでやってみろ」とも言われず無視されるだけ。

〇 人間は,自然物としては「ほとんど同じ」である。

〇 選択肢・・・意見の違う友達。

〇 査読制度の試み・・・「3人の人が選ぶと採用」という『たの授』のシステム。
見事な失敗を載せたい=典型的な失敗。

〇 『教室は間違うところだ』という本は,キライ。「間違えないように教えてくれよ」

〇 多様な意見がすばらしい。自分だけで考えるのは,とても難しい。
複数の人の考えを聞いて判断する。

〇 「ごんぎつね」「最後の授業」の読み取り。その間違い。

〇 その授業書が完成した時に,「どんなことがうれしかったですか?」。

昭島サークル 2017年2月

明星大学の学生食堂にて,
メガメンチカツというランチを食べた後,
部屋に戻って昭島サークル(たのしい教師入門サークル)に参加した。

人数は,21名。
資料は,15点だった。

(1) 木下さん~書くことを楽しく…ものづくりと手品をネタに
(2) 佐竹さん~「みっけ!9」村上しいこ『とっておきの詩』(PHP研究所)の紹介
(3) 綿貫さん~中学2年生の定期テストでこんな出題をしてみました
(4) 竹谷さん~私の仮説実験授業デビュー~授業の成功・失敗は誰が決める?~ ←フレッシュマン登場!
(5) 山路さん~苦手からいつのまにやら好きになる~「自信と希望」を取り戻す授業~

(6) 小原さん~「楽しい授業」の成功体験を!~授業書を使った(模擬)授業~
(7) 田辺さん~犬塚清和氏からのメッセージ ←1月からルネ高の職員になったそうです!
(8) 岡田さん~悩み相談(人から怒られた時 その時どう考える? どうする?) ←いろいろな意見が出る
(9) 市原さん~ボクの教室便利グッズ➀~ラクして楽しく過ごすためのアイテムたち~
(10) 市原さん~しくじり先生,今年度を振り返る➀~来年度にいかせることを考える(前半戦)~

・・・ここで私は帰宅しました・・・

(11) 伴野さん~一体どうすればイイ?~すぐキレやまと~
(12) 佐竹さん~なんでこんなにたのしいんだろう~仮説実験授業がたのしい理由~
(13) 田辺さん~「オレ,中学校に行ってないから」~いい反応してくれる“噛み付き”少年現る~
(14) 田辺さん~「理科が好きじゃないから“3”」~ボクの授業のたのしみ方~
(15) 肥沼さん~麻生羽呂・篠原かをり共著『L I F E ~人間が知らない生き方』(文響社)の紹介

PS1 21人もの方が参加したので,引き続き理科室で行われました。

PS2 トイレに行った際,お財布を落とすという大失敗。教職センターの山田さんのご配慮で無事発見!

PS3 仮説関係の先生方も,いろいろなトラブルに遭っていることを知った例会でした。

2017年2月18日 (土)

新聞の発行部数とテレビの視聴率とブログのアクセス数

私はあまりお金のことにピンと来ない人だったが,
昨日ある先生と話をしていて,
題名の3つのことがつながった。

新聞の発行部数とテレビの視聴率とブログのアクセス数は,
お金で換算する人がいるということだ。
つまり多くの人が読む新聞や多くの人が観るテレビや
多くの人が訪問するブログは,広告収入が期待できるということである。

例えばこの「夢ブログ」に訪問する人は,1日100人~150人で,
頼んでもなかなか広告は付かないと思うが,
もし1万倍になって100万人~150万人となったらどうだろう。
多くの人の目に触れることが期待できるので,
少なからぬ企業が広告を付けるよう打診してくるのではないだろうか。
(バレーボール用品のメーカーや教育誌やダイエット本?)

ある先生との会話のきっかけとなったのはY新聞で,
学校に無料でクラス数が配られたり(15クラスなら2000円分),
ファミリーレストランにテーブルごとに無料で置かれていたり(20席なら3000円分)するのは
なぜなんだろうと思ったことがあったからだ。

上記のことを考えると合点がいく。
新聞を印刷していないのに,何部印刷していると言ったら嘘になるが,
印刷して発行はしているが,無料で学校の教材にしていたり,
サンプル紙としてファミレスに置いている部数も「発行部数」には含まれる。
つまり「何部発行していますよ」と企業にうったえられるのだ。
インターネットの普及で家庭への販売収入が減る時代となり,
新聞社は少しでも広告収入でもうけようと力を入れている。

日本新聞協会

http://www.pressnet.or.jp/data/finance/finance01.php

今週末の楽しみ

心身ともに疲れる1週間だったが,
今週末はなかなかいいぞ!

本日は明星大学にて,2つのたのしいイベントに参加する。(o^-^o)

午前中~竹内三郎さんの「仮説実験授業って何だっけ?」の講演会
午後~昭島サークル(たのしい教師入門サークル)の2月例会

明日は,テスト前最終の休日練習を各地で過ごす。(o^-^o)

午前中~女バレの部活動をみる。
午後~朝霞七小で男バレの練習試合を行う。

18日は冬の嵐となるでしょう

昨日は20℃くらいまで気温が上がり,
「春一番」ということだったが,
本日は一転,上記の天気予報が発表されているので油断なく!

天気予報

http://weather.yahoo.co.jp/weather/

同人誌『飛行船』に古田説登場

今「新古代学の扉」サイトを見ていたら,
古賀さんの「洛中洛外日記」に,
同人誌『飛行船』なるものが出ていることに気が付いた。
転載しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第1333話 2017/02/11

同人誌『飛行船』に古田説登場

 徳島市の「飛行船の会」(代表:竹内菊世さん)が発行されている
同人誌『飛行船』第20号(平成28年11月)のコピーが合田洋一さん
(古田史学の会・全国世話人、「古田史学の会・四国」事務局長)から送られてきました。
古田史学の会・四国の白石恭子さんから頂いたものとのこと。

 同誌に掲載されている大北恭宏さんの「大知識人・坂口安吾」というエッセイ中に
古田先生の九州王朝説が紹介されていました。
そこには「ここで登場していただく先生がいる。古田武彦先生だ。
古田先生は、日本の古代史の大学者だ。
私は、今も、古田先生の本を、貪るように読み続けている。」と紹介され、
多元史観・九州王朝説を正しく説明されています。

 日本各地の様々な分野で活躍されている人々の間に
古田説が静かに確実に広がっていることが見てとれました。

肥さんのホームページ(お引越し)・・・これも再掲載

三か月ほど前に1回掲載したのですが,
「十数年前の卒業生さん」が社会科かるたにコメントを下さったので,
調子に乗って再掲載をもう1つ。

肥さんのホームページ(お引越し)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/11/post-848f.html

肥さんの社会科かるた(再掲載)

「肥さんの社会科かるた」を掲載していた
兄弟サイト「肥さんのホームページ」はなくなってしまったのですが,
この「夢ブログ」にその内容は移動してあるので,
リンクする形で,再掲載いたします。

十数年前の卒業生さん,
コメントどうもありがとう。

肥さんの社会科かるた

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/11/post-ced3.html

アパートの作り方(35)

昨日帰宅したら,屋根に向って長い梯子が掛っていた。
瓦を載せるわけではないが,
何か屋根にする材料を運び上げるためだろう。

P2182405


昨日の部活動 2/17

昨日は,朝練+午後練(「金外」と呼ぶ外での活動)だった。
新入生保護者会の日だったので,「金中」の部活はかわいそうだった。
ゆるま湯のような空気の中,生徒たちはインタロ周りを5周ほどして帰った。

2017年2月17日 (金)

「最低気温0℃,最高気温19℃」の予報

昨日は4月並みの温かさ(14℃)で,とても驚いた。
「もう春が来たんじゃないか」なんて思ってしまった。

しかし,自然はそんなに甘くない。
本日の予報は「最低気温0℃,最高気温19℃」だというのだ。
朝方の冷え込みが厳しく,午後には春真っ盛り。
1日で北海道と沖縄が味わえると言えるかも・・・。

「寒すぎる」「暑すぎる」とぼやいてばかりでは,ストレスがたまるので,
ここは1つ,「1日で無料の北海道・沖縄ツアーを味わう会」を結成し,
寒暖の差の大きな1日を楽しみたいものだ。(笑)

PS ちなみに,明日の最高気温は「9℃」です。
まるでジェットコースターに乗っているような感じです。(苦笑)

アパートの作り方(34)

昨日の午後は年休をいただいて,
アパート関係の仕事をした。

アパートを建てるには,
土地を担保に銀行から資金を融資してもらうのだが,
(もちろん担保にできる土地があるだけ幸せだが)
銀行だって正式な契約のためには様々な資料を求めてくる。
実印の印鑑登録証明書もよく出て来るのだが,
市役所の開いている平日は,こちらも学校に勤務しているわけで,
「10日後だから用意は簡単」とは言えないのである。

建設会社と銀行がリードしてくれるとは言え,
アパートを建てるというのもなかなか大変だ。
それでも,3月いっぱいに完成させるために頑張る。(o^-^o)

生徒たちは「千年の釘に挑む」を習っていた!

最初のクラスであまり反応がなかったので
生徒たちは習っていないのかと思ったが,
次のクラスではすぐ反応があって,
生徒たちは小5の時,国語で「千年の釘に挑む」を習っていたことが判明した。

クラスによる反応の違いは小中問わずあると思うが,あまりの差に驚いた。
しかし,これだけ反応がいいクラスがあったということは,
彼らにとっては3年前の国語の授業をすぐ思い出せたわけで,
習った直後ならかなり印象が強かったと思われる。

よく「他の教科でもやったと思うけど・・・」という言い方をするが,
今回は久しぶりに「小学校でもやったと思うけど・・・」というセリフを使った。
小5の光村図書の国語の教科書をぜひ入手したい。

楽天の練習試合の結果

いよいよプロ野球の話題だ。
楽天の練習試合・オープン戦の結果を報告していきたい。

2月14日(火)

ハンファイ400000000計4
楽    天50011100×計8

2月16日(火)

ハンファイ000000000計0
楽    天00020000×計2

昨日の部活動 2/16

昨日は,朝練+午後練+自主練だった。
「4月の陽気」で,汗をかいたかも。

明日は,「金外」。
土曜日は,「真ん中」。
そして,日曜日は朝霞七小へ。

午前8時に下山口駅集合。
自分たちであちらへ到着してほしい。
私は女バレを見た後,午後合流する予定。

コーチから以下のメールが入った。
「9:30~45 解錠
10:00~ パス開始
10:30~ 試合
という時間割になりそうです。
ですので、北朝霞駅9時15分到着で
大丈夫かと思いますので
宜しくお願いします。」

2017年2月16日 (木)

説明文「千年の釘に挑む」

一昨日届いた和釘を早速授業に持って行き,
生徒たちに触ってもらった。
1列に1本配り,縦に移動していった。

「1000年もつ1本250円の釘に触るのは,
一生のうち一度あるかないかのチャンスだよ」
とにぎにぎしく宣伝して・・・。

法隆寺の建築の教材が国語に出ているのだが,
その時この和釘の話も思い出してくれるといいな。

「法隆寺を支えた木」と「千年の釘に挑む」

http://yaplog.jp/kaori_nu/archive/98

「千年の釘に挑む(本文)」

http://nonbe.way-nifty.com/blog/2007/10/post_fd8e.html

上記の話が,光村図書の小学五年の国語に出ているようだ。
その教科書も入手してみたい。
とりあえず,その文章を掲載したサイトを見つけました!
good job !! ヽ(´▽`)/

人間は五感(見るだけでなく)を使って学んでいく。
触る(土器や石器,金属器にも触らせた)経験も,
大切な歴史教育だと思っている。( ^ω^ )

PS 本日は多忙&疲労のため,
社会科サークルは欠席いたしました。
録画していただいた倉本聰のDVDも,
次回までお預けということになってしまいました。
ああ無情。(。>0<。)

アパートの作り方(33)

昨日帰宅したら,アパートの周囲を囲んでいる網の南側で,
写真を撮れる場所があった。
アルミサッシの窓やドアの枠がはめられているのを発見。
持っていたデジカメでさっそく撮影しておいた。

P2152402

P2152401


昨日の部活動 1/25

昨日は,朝練+午後錬(専門委員会があったので,
かえって活動時間は30分延びた生徒も)
木下兄コーチ夫妻にお世話になった。

19日(日)は,午前8時に下山口駅に集合し,
電車と徒歩で朝霞七小に行くが,
私は女バレを午前中みてから行くので,
私が見送った後自分たちで移動してほしい。
午後からは追いつけるが,それまではコーチと共に活動。
午後1時半までには追いつけると思う。
(地図も渡す予定です)

テスト後の話だが,3月に入ったら
どこかで3年生との「引退試合」もやる予定。
1・2年生はぜひ頑張ってほしい。

2017年2月15日 (水)

和釘が届く

アマゾンに注文していた和釘が昨日届いた。
1本250円もする手作りの釘だ。

P2142380

なんでこんなものを買うのかというと,
生徒たちに「実物」を触らせてあげたいからだ。

「釘の話」自体も興味をわかすものだが,
さらに今の釘と和釘を比較してもらうと,
よけい実感が伴うと思うのだ。

生徒たち200人ほどに触ったもらい,
「法隆寺の木」を教える国語(や技術)の先生にプレゼントできるなら,
私の出費も決して高くはないと思う。
たった1回飲み会を減らせばいいのだから・・・。
(といっても,減らさないけどネ!笑)


「古田史学会報」に古賀さんの菊花紋の論文

「古田史学会報」に古賀さんの菊花紋の論文が載った。
「九州王朝の家紋(十三紋)の調査」という題名である。

九州王朝の家紋については,私も江田船山古墳の鉄剣や
無文銀銭で話題に参加しているので,
古賀さんの論文が載ることはうれしい。

ちなみに「肥さんの夢ブログ」という言葉も出てきて,
たいへんびっくりした。
「7度西偏」の寺社の例として,
中臣印達神社をあげていたためだ。

P2142382


昨日の部活動 2/14

昨日は,朝練+「自主練」が行われた模様だ。
今週はもう1日,木曜日に入っている。

体調管理もバレーボールのうちだ。
ケガと病気にならぬよう(なっても軽く済ますよう)気を付けてほしい。
やはりここでも「うがい」「手洗い」といった基本が大切だ。
(私は授業が終わるごとに,うがい&手洗いを励行している)( ^ω^ )

アパートの作り方(32)

ここ数日大きな変化があったので,
それを書いておく。

外装とともに内装も始まりそうである。
屋根には緑色のシートがかぶされ,
そして内装の準備か網が2階の屋根の高さまで掛けられた。
外から中を見ようとしても難しい。

P2142362

P2142379


2017年2月14日 (火)

北朝鮮の金正男氏,マレーシアで殺害か

ネットのニュースで,上記のものを見た。
「兄弟なのに」と私たちは思うが,
「兄弟だから」と彼らは思っているのだろう。

源頼朝が弟・義経の存在が目障りだったように,
兄・正男氏が目障りだったのだろうか。
真相がやがてわかることだろう。

北朝鮮の金正男氏,マレーシアで殺害か

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6230118

1009はありがとう

先ほど翔空さんのサイトを訪問したら,
上記の話題が出ていた。

1009はありがとう

http://blogs.yahoo.co.jp/sky44uk/63819839.html

短くて内容が楽しい。
こういう話題があると,
「学校で生徒たちに話そう」という気持ちになる。
「釘の話」もなかなかよかったが,
「1009はありがとう」の話もすごくいい。

私はだいぶブログ関係に助けられているなあ。
逆に私は「助けているのだろうか?」
ちょっと不安です。(^-^;

バレンタインデーの前日に

昨日は,バレンタインデーの前日だった。
「不要物を学校に持ってこないように!」だけではさびしいので,
ローマ帝国時代のバレンタイン神父(司祭)さんの話をすることにしている。
2月14日は,バレンタイン神父さんの命日だからである。
別にそれでチョコレートの数が減るとは思えないが,
私のやるべき仕事かなと思うから。

バレンタインデー(ウィキペディア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC

祝 106万アクセス達成!

帰宅して「夢ブログ」を開いたら,
アクセスカウンターが「1060008」でした。
本日,106万アクセスを達成いたしました!
ご愛読ありがとうございます!!

9月16日に100万アクセスを達成してから,
なんと5か月で6万アクセスですから,
たとえこれが検索アクセスを含むものではあっても,
月に10000以上となかなかの数値です。
(本当に大切なのは「中身」ですが・・・)(^-^;

これからも「中身」の充実に力を入れていきますので,
どうぞよろしくお願いいたします。
まずは,お礼まで。m●m

昨日の部活動  2/13

昨日は,午後3時15分~5時のコマだった。

学年会を終え,体育館に向かった時には,
もう誰もそこにはいなかった。
月曜日は会議の日でこうなることが多い。
せめて終了時間には間に合うようにしたいものだ。

風邪で体調を崩している者が少なくない。
早めのケアをして,あと6日頑張ろう。(o^-^o)

2017年2月13日 (月)

もうすぐ106万アクセス

アクセスカウンターを見たら,
106万アクセスまであと150ほど。
今日中に達成するのはほぼ間違いないでしょう。
帰宅を楽しみにして,「行ってきま~す!」(o^-^o)

久しぶりの地域清掃

毎月行われている地域清掃に,昨日久しぶりに参加してきた。
川清掃と緑道清掃の2つがあって,今回私は緑道清掃の方に行った。
(生徒会の生徒は,部活とも相談しながら参加することになっている)

落ち葉が大量にたまっている秋は大変だったが,
さすがに冬は落ち葉も少なく草も伸びず,
1時間で作業は終わり,飲み物までいただいて解散した。

川清掃も冬は水量が少なく夏ほど手間もかからないが,
何しろ上流まで行くという作業があるので,
2時間近くやっていたようだ。

3月は「大清掃」ということで,にぎにぎしくやるらしい。
カレンダーを見たら,部活の時間と重なっていたが…。

P2122366


昨日の部活動 2/12

昨日は,午後1時~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

男女総計30人ほどをいっしょに動かし,
最後は混合チームを4つ編成して戦わせる
という「離れ業」を見せていただいた。

好きなスポーツだからこそできるのだろうと思うが,
同じ学校の後輩たちにその魅力を伝えていただけて,
本当に感謝である。
1人でも多くの生徒たちが,中学を卒業しても
何らかの形でバレーボールを続けてもらえるとうれしい。

男バレは,今週末の朝霞第七小の合同練習・練習試合に向けて
トレーニングを積み重ねていく。(その先にあるモルテン杯も視野に入れて)

2017年2月12日 (日)

天平型の和釘は,耐用年数40倍

山田さんの「釘の話」に興味を持って,
「釘 耐用年数」で検索したところ,
以下の本のサイトにヒットしました。

『「釘」が危ない』

http://www.taishinken.jp/book/b002

もしかしたら現代の鋳物(鉄を溶かして鋳型に入れて形を作る)の釘は,
とても「儚(はかな)い命」なのかもしれない。
それに対して,天平型の和釘は鍛えられていて,
なかなか心(しん)まで錆(さ)びない。
だから千年経っても大丈夫。(イナバの物置ではないが…)

今までその両者の違いが分かっていなかったけれど,
1000対25ですから,なんとその耐用年数は40倍なのですね。

天平型の和釘 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
現在の鋳造釘 〇

もうひとつ。
「古民家に学ぶ」というサイトを紹介します。
和釘の写真が出ています。

古民家に学ぶ

http://kominka.hamazo.tv/e2767193.html

おまけにもう一つ。

「インターネットで和釘が買えるか」と思って,
「和釘 注文」と検索してみました。

アマゾン(和釘)

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=
%E5%92%8C+%E9%87%98+%E8%B2%A9%E5%A3%B2&tag=yahhyd-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=138072455690&hvdev=c&ref=pd_sl_2d1qtq55ob_b

今やアマゾンでは,和釘も扱っていました!ヽ(´▽`)/
ただし,10本2500円ほど(45ミリ)。
これを高いと思うかどうかは,あなたの価値観にかかっています。
もちろん私は・・・(o^-^o)

2017年2月11日 (土)

浦和サークル 2017年2月

昨日の午後は,浦和サークルに参加した。
会場は,浦和の岸町公民館。
参加者は,須崎さん,荒川さん,山本さん,
桜井さん,長谷川さん,肥沼さんの6名だった。

資料は,以下の11点。
発表時間は,自己申告制で行われた。

P2112356

(1) 肥沼さん~最近の話題(「夢パ」の大成功・教え子が先生になる・教育論文に応募した)
(2) 肥沼さん~「エレベーター式!?トランプ」の実演と販売(3個売れ,累計57個に)
(3) 肥沼さん~国分寺史跡地図&多元的「国分寺」研究サークルについて

(4) 荒川さん~『たの授』公開編集会議の記録
(5) 荒川さん~グラデーションとパステルカラー(現在,図工の専科をやっているらしい)

(6) 須崎さん~生物の多様性について(生物は現在も,「進化の途中」だということ)
(7) 須崎さん~新総合読本(案) 「草と木」

(8) 山本さん~新座楽しい科学映画の会「雪の結晶」のまとめ
(9) 山本さん~2冊の本の紹介・青木理著『日本会議の正体』(平凡社新書)と
 ユヴァル・ノア・ハラリ著・柴田裕之訳『サピエンス全史』(河出書房新社)

(10) 桜井さん~授業プラン「光であそぼう! ~カラーで見えるってどういうこと?~」

P2112357

P2112359

P2112358

偏光板を使うと,光と遊べる気がした。

お刺身を美味しく見せる電球は,青色や紫色が少ない暖色中心スペクトルの電球だった。

光の三原色の合成が,白色の背景ところでは不十分で(私は透明になると予想したので),
さらに緑の黒板を背景に使ってやっていただいたら,本当に白色だった。ありがとうございました!

(11) 長谷川さん~力のはたらき調査結果・・・〈力のたし算〉の授業をした学校とそれ以外の学校

浦和サークルは理科系の話題が多く,
運動不足の人が急に運動すると筋肉痛になるように,
私は普段使わない「理科脳」をいっぱい使って,
「理科脳痛」になってしまいました。(笑)


「武蔵国分寺」散歩

運動を兼ねて,「武蔵国分寺」に行ってきた。
いくつか「収穫」があった。

(1) FGという伽藍地区画溝のGに近い数十m(塔から東に42m)には
「生産緑地」みたいに木が植えられていた。

P2112325

(2) GHという伽藍地区画溝のGに近い数十m(塔から南に42m)には
コンクリのブロック塀の痕跡があった。

P2112326

なんで角FGHが直角に曲がっていることに発掘者が気が付いたかというと,
当時の「ブロック塀に沿って掘ってみた」からか?
(今は周辺地域も買い上げられているが)
こんなことは「発見」とは言えないけれど,現地を歩いていて「気が付いたこと」だ。
今まで図面からだけの情報だったが,これからは実際の風景としてイメージすることができる。

P2112333

地上にはいまも瓦片がたくさん落ちていた。

(3) 中門跡に「遺跡の平面再現」が作られつつある。

P2112349

あの「謎の石の山」は撤去され,カラーでコンクリ上に図が描かれていた。


P2112352

○○寺の心礎もはるか50m向こうに保存されていた。

資料館で10枚ほど史跡地図をもらい,浦和サークルへと向かった。
開始時間前に主宰者の須崎さんと話をしたら,
なんと須崎さんは,昨年7月に「武蔵国分寺」に行かれたそうだ!

3月の楽しみ

まだちょっと早いが,3月の楽しみです。

2月いっぱいで,3年生の出授業がなくなる!
(8時間くらい余裕が出るか)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月3日(金)・・・『たの授』3月号発売
4日(土)・・・高崎サークル(堀江さんの「禁酒法と民主主義」の会)
5日(日)・・・練習試合?(どこかでモルテン杯があると思うのだが・・・)

9日(木)・・・卒業を祝う会

11日(土)・・・飯能・日高サークル
12日(日)・・・平林先生の会があるらしい

15日(水)・・・卒業式

18日(土)・・・昭島サークル

24日(金)・・・修了式

29日(水)・・・東日本たの授フェスティバル(北トピア)
30日(木)・・・東日本たの授フェスティバル(北トピア)

「寺院の移築」について

「夢ブログ」の兄弟サイトである多元的「国分寺」研究サークルのサイトには,
「寺院の移築」の話が少なくありません。
なので,読者の方々の中には,
「寺院の移築なんて,そんなに簡単にできるの?」
と思われた方もいることでしょう。

先日そのサイトでのコメントの中で,
山田さんがそのことをわかりやすく説明されていました。
こんな話(古代建築物は「動産」である)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読者の方へ
「移築」という言葉が簡単に使用されているのに驚かれているかも知れませんが、
古代建築物は釘をほとんど使わずに木の部材同士を組み合わせて建てられているものなので、
それほど遠いところでなければ、解体して運んで移築できるものなので「(不動産ではなく)動産」なのです。
しかし、移築先が遠すぎる場合は新造したほうが安上がりになることがあります。
因みに、現代の木造建築の(法定)耐用年数も、使用される釘の耐用年数をもとにして定められているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「なるほど!」と納得していただけたら,うれしいです。
私たちは釘を使って,木材と木材をつないだりしていますが,
これをあまり使いすぎると,せっかく木の耐用年数は長いのに,
「釘を使ったために,かえって耐用年数を短くする」ということも出てくるわけですね。
これを知っただけでも,古代建築物の見方が変わってくるような気がします。(o^-^o)

「一石二鳥」が意欲につながる

ただ課された仕事をやるのは,人間なかなかつらいものだ。
意欲が湧いてこない。
そんな時私は「一石二鳥」を利用して,
意欲を増やすことを意識している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 先ほど『たの授』2月号の感想を「夢ブログ」にアップしたのだが,
それと同時にそのコピーを仮説社に送信した。

(2) 〈仮説〉と〈古田史学〉関係の文章は「夢ブログ」で書き始め,
それを修正して提出(印刷や送信)することが多い。

(3) 〈昨日の部活動〉は,部活動の報告であると同時に
これからの予定を書くので,二重の意味を持たせている。
(もちろんその後,紙でもお知らせします)
大会の結果なども,一度「夢ブログ」に掲載したものを
紙に印刷して配付している。

(4) 「アパートの作り方」の連載は,現在進行形のことを掲載し,
自分の記録となるとともに読者の皆さんにも楽しんでいただいている。

(5) 「未完」でもなんでも,仕入れた情報やニュースをアップしておくと,
あとで「再利用」できることがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで,私は「夢ブログ」を使い,「一石二鳥」で意欲を高めつつ,
過ごさせていただいているというワケなのである。(o^-^o)

『たの授』2月号の感想

仮説社御中
『たの授』2月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』2月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) 思い出いっぱいの日々(牛山さん)

高校社会の牛山さんは,仮説実験授業の授業書をする環境を切り開いて,
生徒さんたちから絶大な支持を得ています。
中学社会の私はとても牛山さんのようにたくさん授業書はできないけれど,
ほぼ同世代の牛山さんの生き方に注目して,ここまでやってきました。
今回も離任式でのあいさつがとても良かったです。

(2) 学ぶことの意味(林さん)

仮説実験授業を日常的にやっている先生は,
板倉さんの「たのしく学びつづけるために」を読んで,
さらに「今までやってきたことの意味」を確認することができるのでしょう。
そのような「学ぶことの意味」を確認できるような授業は,
仮説実験授業を除いてはないのが残念なところです。

(3) 最後の授業で〈吹き矢の力学〉(山路さん)

大学生だって,たのしい授業は大好きです。
いや自分の経験からも大学の講義で「たのしい」と感じるものは
かなり少ないわけで,そういう経験をした大学生たちが
小学校の先生になっていくのは,とてもいいことだと思いました。

昨日の部活動 2/10

昨日は,朝練+午後練4時15分~5時15分のコマだった。
私が用事を終えて体育館へ向かったのは,
下校時間を過ぎてからだった。
しかし,体育館は戸締めがしていなかった。
体育館はみんなで使っているのに残念である。

2017年2月10日 (金)

日本地理の授業プリント10枚作る

日本地理のUSBが見つかって喜んでいたら,
あらら・・・がっかり。
統計資料のところが古いのだ!

そこでその部分を3年後の新しいものに差し替えて,
「新しい地理プリント」の出来上がりとなった。
(本文は前と変わらない文章なのでそのまま使用)

昨日は10時間分のプリントを作ったが,
1からやるよりははるかに簡単で,
空き時間と自習監督の時間でできた。

中学は1枚できるとそれが5クラスで使えるので,
2月いっぱいのプリントができ,しばらく他の活動に力が注げる。
(部活・生徒会本部の熊本大地震・サークル・国分寺等)

「世界の人口」というサイト

昨日は,「世界の人口」というところを授業した。
その際紹介したのが「世界の人口」というサイトである。

世界の人口

http://arkot.com/jinkou/

人口爆発というイメージも
次々と「世界の人口」では加算されていくので,
迫力をもって伝えられる。

今の生徒たちはインターネットは身近なものなので,
サイトの紹介をすると,けっこう訪問してくれる。
「21世紀型の宿題」の出し方と言えるかもね。

国連が予想した2050年の世界の人口は,約90億人。
それは今14歳の生徒たちが33年後の47歳で迎える現実だ。
そしてその時,私は91歳・・・。

昨日の部活動 2/9

昨日は,朝練+午後練が午後4時15分~午後5時15分のコマだった。
折からの雪で,体育館は「冷蔵庫」と化した。
ジャージで行ったのだが,あわててジャンバーを取りに戻った。
もしあのままやってしまったら,風邪をひいていたかも・・・。

2017年2月 9日 (木)

卒業を祝う会の練習が始まった

昨日の6時間目。
いよいよ今年度の「卒業を祝う会」の練習が始まった。

武道場で「結団式」(実行委員長や担当の先生のあいさつ)をした後,
1年生と交代して体育館に乗り込んだ。

整列,ひな壇への登壇,歌の練習,講評。
まだ1回目なので拙さがたくさんあったが,
約1か月後の3月9日の本番に向けて頑張ろう。
今年度は私は立場が変わって,
生徒会本部の担当として応援することになっている。
(この日は,練習の様子を写真撮影し,即日学年の廊下に掲示)

久しぶりに「GDPボックス」の授業

久しぶりに「GDPボックス」の授業をした。

前にやった株の結果が出て(多くの生徒がプラスだった)
雰囲気も盛り上がったのだが,その後半の時間,
教科書の「世界の国ぐにのGDP」グラフの後に,
「1人当たりのGDP」グラフとして,扱ったのだ。

020

Photo

これには中3の生徒たちも大喜び。
「各国のGDPが飛び出ていたのでわかりやすかった」
「人口とGDPの関係がよく分かった」
「国によって人口とGDPが大きく違うことに驚いた」
等,うれしい感想をたくさんもらうことができた。

実はこの教材は,岡山県の宗さんという高校社会の先生の作品なのだが,
全国でも「5つしかない」ということは,世界でも「5つしかない」という
超レアものなのである。(我が家の家宝の1つ)
なので,これを提示するだけで,1つの授業ができてしまうというくらい
大きな説得力を持つ。

もし使ってみたい方がいらしたら,お貸しします。(送料のみ負担を)
発泡スチロールなので持ち運びも楽で,送料も1000円くらい。

実は,私の勘違いでこの出授業のクラスにはもう見せたと思っていた。
ところが「世界の国ぐにのGDP」グラフを教科書で見た際,
「1人当たりのものは,すでにGTPボックスで見せましたが・・・」と言ったところ,
「先生,まだ見せてもらっていませんよ~」ということで見せていないことに気づき,
この日のお披露目となったのだった。
これを中学卒業前に見せられて良かった~!happy01

やはり一流の教材は大きな魅力があり,
その魅力はすぐに生徒たちにも伝わる。
宗さんは「2015年版を最後にする」とおっしゃっていたが,
今年はそれを作る年(2017年)となった。
私はもちろん「絶対買い」です!

方針変更の「変更」

ワークを使っての方針変更は,やめることにした。
2クラス試しにやってみたが,
両クラスとも同じような反応だった。

せっかく「歴史」について好意的な評価をくれた生徒たちに
喧嘩を売るような授業方法の変更を押し付ける訳にはいかない。

従来の方法を取ることにする。
やはり日常的に「新幹線授業」は無理だ。
ただし,まとめのところはワークで済まし,時間短縮する。
幸い2年前の授業プリントが15時間分USBに入っていた。
これを使って3月いっぱいまでは食いつなげる。
歴史は終戦までやっているので,4月は地理で行ける。
(同僚の先生とも話したが,これで行こう)(o^-^o)

昨日の部活動 2/8

昨日は,朝練+午後錬+(自主練)であった。
木下兄コーチにお世話になった。

少し女子よりはやく上がり,
生徒たちは下校して行った。

2年生にとっては,あと4ヶ月が勝負だ。
学総体は6月(昨年は例外的に5月31日だった)にあるので,
今からそれを見据え頑張っていこう。
市民バレーでのくやしさをリベンジするには,
戦国・学総体での優勝を狙うしかない!

そのためには,2年生がリーダーシップをとって声を出し,
成長しつつある1年生が思い切ってプレーすることだ。
新人戦のようにがむしゃらに戦った先に、
バレーボールの神様はきっとご褒美を用意していることだろう。(o^-^o)

2017年2月 8日 (水)

「シリアで5年間に1万3000人処刑」のニュース

もう寝ようと思って,サイトのニュースを開けたら,
ショッキングなニュースが飛び込んできた。
シリアで5年間に1万3000人が処刑されたのではないかという
アムネスティーの報告であった。


「シリアで5年間に1万3000人処刑」のニュース

http://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170207-50094/

多元的「国分寺」研究サークルについて

最近国分寺についての記事が多いぞと感じられていると思います。
それはその通りで,私が載せているからです。
「難しいよ」とか「興味がないよ」という方もいらっしゃると思いますが,
これも私の活動の1つですので,お時間の許される限りでいいので,
ちょっとのぞいてみて下さるとありがたいです。

そもそも「夢ブログ」には,仮説実験授業や多元的古代といった,
普通のサイトには登場しない話題がたくさん出てきます。
もちろん「学校での活動」や「アパート建築」や「ダイエット」といった
フツーの話題もでてきますが,このサイトの2つの特徴を上げるとすれば,
仮説実験授業と多元的古代の話題と言っていいでしょう。

【仮説実験授業】

1963年,板倉聖宣さんによって提唱された授業方法で,
自然科学の法則を教えたりするほか,今は社会の科学の分野にも広がり,
私は授業書《世界の国ぐに》や《世界の国旗》,《日本歴史入門》などで,
多くの生徒たちと社会科の勉強を楽しんできました。私が就職浪人している年に出会い,
今も研究会に足を運び,さらに若い先生たちにも知ってもらいたいと「夢ブログ」で取り上げている次第です。

【多元的古代】

一昨年亡くなった古田武彦さんによって切り開かれた古代史の研究方法で,
大和政権が701年=大宝元年建元に誕生する前に,我が国で政権を担当していたのは
九州王朝だとするものです。またさらにその他にも,出雲王朝や関東王朝など,
各地に多元的な政権があり,歴史を形作ってきたというものです。
今は「日本書紀」で大和政権が大昔からずっと政権を担当しているように描かれ,
歴史教科書もそれに追随して書かれていますが,700年以前は「本当の歴史」ではないと・・・。
それを研究するのが,多元的古代というわけです。だからこの「夢ブログ」にも,
「九州年号が,6世紀初頭から7世紀末まで使われてきた」などという話や,
662年の白村江の戦いで倭国(九州王朝)が唐と新羅の連合軍に敗れ,滅亡。
その後を受けて大和政権が701年から元号を作り始め(それまでは九州年号),
平成まで続いている(南北朝時代は,2系統に分かれたりしたが・・・)という話題が,
時々登場したりして,驚かれていた方もおられると思います。
その政権の移動の歴史は「日本書紀」によって隠されているため,その研究をしようと
古田さんによって励まされた市民の人たちが立ち上がったというのが,ここ40年の研究動向です。
私も「日本古代ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」というものを書いたりしていますが,
一番最新で,川瀬さんや山田さんと協力して進めているのが多元的「国分寺」研究なのです。
基本的には,聖武天皇が出したと言われる「国分寺建立の詔」には「国分寺」という言葉は
1回も登場せず,「七重塔を建てよ」「そうすれば,そこに金泥文字のお経を納めるぞ」ということを
書いているに過ぎない。これは九州王朝が建てた国府寺に新たな施設を付け加え(新設や改造),
大和政権があたかも昔から「国分寺」を建てた錯覚させる方法を取っていると考えて進めているものです。
なので,細かい話(改造の証拠はあるか)なども出てきますが,基本的には上記のこと
(九州王朝の国府寺 → 大和政権の「国分寺」)を証明しようとしています。
つまり,歴史を書き換える可能性が高い研究を進めているといっても過言ではないかもしれません。

仮説実験授業も多元的古代も,私が生きているうちに誕生し,発展し,私はその恩恵を受けてきました。
その私ができることは,この2つの研究をさらに未来の先生たちや生徒たちに伝えるという仕事です。
なので,この「夢ブログ」がこのような話題を多分に含みながら,昨年100万アクセスを迎えられたことは,
私にとっては大きな喜びでした。多くの人たちにこの2つの研究の価値を受け入れ,評価してもらえたと
思ったからです。私があと何年生きることができるかは,神のみぞ知るですが,生ある限り
この2つの研究を進め,未来の人たちにバトンを渡したいと思います。そうすれば,私も「生まれてきた甲斐」
があるというものです。今後ともよろしくお願いいたします。また,夜更かししてしまいました。(^-^;

なお,いっしょに多元的「国分寺」研究をしてみたいという方のために,
ブログのサイトで「多元的「国分寺」研究サークル」を1年ほど前から開設しています。
興味のある方は,ぜひのぞいてみて下さい。

多元的「国分寺」サークル

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/

異常乾燥

インフルエンザの大流行にも関係がありそうな最近のカラカラ天気。
この異常乾燥は何だろう!

確かにアパートの建築上は,雨や雪に見舞われないことはいいのだが,
人間の健康上はやはり「ある程度のお湿り」が必要なようだ。

私は授業後はうがいをするようにしているし,
自分の部屋にも洗面器にタオルを浸したものを置いている。

それでも乾燥は忍び寄ってくるのだが,できる限りの努力はしたい。
健康維持のためにも機械には頼らない工夫で通したいと思っている。

学習方法の変更は難しい

(1) 復習5問テスト
(2) 丸読み
(3) 授業プリントを解く
(4) 答え合わせ
(5) 解説
(6) ビデオ等

これまで教科書を使った授業は,
以上のパターンで行ってきた。

日本地理に入るにあたって,
ワークを使う方式に変えたいと思ったが,
ハイペースと感じたようでなかなか難しいことを感じた。
やはり時間はかかっても,慣れている今までの方法でいくか。
思案のしどころである。もう1日考えよう。
(来期も私が担当できるという保証があればなあ・・・
たぶんそうだと思うのだが・・・)

アパートの作り方(31)

昨日帰宅したら,屋根の板は全面となっていて,
(一昨日は全面ではなかったようだ)
雨が降ろうが槍が降ろうが(笑)大丈夫となった。

ただ,明日は雪の可能性があるらしいので,
できるだけそれに遭わないように工事をしているのかもしれない。
冬の関東地方は晴天が多いが,時に雨や雪になる時も。
自然が相手の「外の仕事」なのだと改めて思う。

P2112322


昨日の部活動 2/7

昨日は,朝練+「定休日」だった。
私も気持ちに余裕を持って,放課後を過ごすことができた。

勉強と部活の両立は,中学生にとって永遠の課題だが,
私たち教員にとっても同じことが言えると思う。

2017年2月 7日 (火)

どなたか録画していただけませんか?

九想話を読んで,下記の番組を観たくなった。
ぜひDVDに録っていただけませんでしょうか?

〉 「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHk総合22:25~23:14)を観た。
〉 「『いつだって、人間は面白い』脚本家 倉本聰」だった。

再放送が,2月13日(月)午後3時10分~3時59分にあるそうです。
NHKの番宣サイトの解説がとても観る気にさせてくれました。
読むだけでも刺激を受けるので,ぜひ訪問してみて下さい。

NHKの番宣サイト

http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0206/index.html

アパートの作り方(30)

昨日帰宅したら,「屋根」のべニア板が取り付けられていた。
日曜日にほんの少し雨が降って心配したが,本当に「少しだけ」で良かった。

母もこのことを気にしていて,大雨が降る夢を見たという。
母独特のユーモアかもしれないが・・・。

とにかく多少の雨なら内部への侵水を防げる「屋根」が付いたことで,
心の平安が保てることはうれしいことだ。
カラカラ天気は,アパートにとっては都合がよく,
恵みの雨はかえって「悲劇の雨」というのが今回の私たちの立場だ。

P2062283_2

P2062284


生徒会本部の新たな試み

この冬生徒会本部では,
昨年春に行った熊本の大地震の募金後の様子を知るべく
熊本市内の中学校の生徒会本部にアンケートを送ることにした。
(現在熊本市内には,43の中学校があり,中には1000人以上のものも)

(1) 生徒会担当の手紙
(2) 本部作成のアンケート
(3) 生徒会新聞のサンプル

以上の3つの紙を封筒に入れて,住所を書き,切手を貼って
昨夜ポストに投入した。
果たして返事はくるのか。また,どんな返事がくるのか。
生徒たちと共に首を長くして待ちたいと思う。

昨年の4月14日,の大地震は起きた。
まだ入学式・始業式からわずか1週間の出来事だった。

昨日の部活動 2/6

昨日は,朝練+午後3時15分~5時15分のコマだった。
職員会議と生徒会の活動で,午後は1秒も出られなかった。
木下兄コーチのご指導のもと,2時間しっかり活動したと信じている。

私は誰もいなくなった体育館で,1人戸締めの仕事をした。

2017年2月 6日 (月)

美濃国分寺の回廊内の「不明建物跡」

昨日掲載した美濃国分寺の伽藍配置で,
回廊内の塔の西側に「不明建物跡」と呼ばれているものがある。
これが金堂だったとすれば法起寺式という伽藍配置なのだが,
金堂は奥の中央と決めてしまっているので,「不明建物」となっているのだ。

美濃国分寺の「不明建物跡」

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m103258-91793/up.jpg

多元的「国分寺」研究サークルとしては,
川瀬さんや山田さんの言われている通り,

かつて・・・法起寺式の伽藍
改造後・・・一見大官大寺式の伽藍=大和政権の国分寺

という仮説を立てたいところだ。
それには,「不明建物」=もとの金堂だった,と言えることが必要だが,
仮にも一度金堂だった建物跡が「盛土のみで地業なし」で済むのだろうか
という問題でちょっと前進できないでいる。
(もしかして,「完全犯罪」をするために証拠隠滅が図られたか?
その割に瓦はたくさん残されているようだが…)

P2062288

写真をクリックすると拡大します。

美濃国分寺は,先行寺院をそのまま利用した!?

美濃国分寺については,「川瀬さんと山田さんで検討済み」ということらしいのだが,
その頃『新修 国分寺の研究』第三巻で美濃が扱われていなかったこともあり,
私の頭をスルーしてしまっていたようである。

『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺には,P223~266まで40ページ以上にわたり
美濃国分寺についてくわしく八賀晋氏が論文を書かれており,
その末尾の部分に大いに興味をそそる部分があったので,
本日も「写真掲載」させていただく。(なにしろ今午前3時なもので)

「美濃国分寺では,僧房など掘立柱建物が存在するが,
この掘立柱建物群も先行寺院の建物を
そのまま国分寺の堂宇として利用した可能性が大きい」
とありました。

また,「美濃国分寺の場合,国分寺として機能した各堂塔は八世紀に建立されたものである。
使用された軒瓦の形式は八世紀の代表的文様構成を示しており,
基壇化粧,規模も前身寺院とはまったく異なったものであったと考えている。
ただ,伽藍配置は先行形式を踏襲する点が特徴があり,
その歴史的背景は今後十分検討する必要があろう」とも。

白鳳期の豪族の氏寺だったという言葉も出てきますが,
「条里地割と異なっている」という事実も気になるところです。

もしかして,これが九州王朝の国府寺 → 大和政権の国分寺への改築の証拠となるか,
もうすでにお二人の間で「検討済み」ということですが,念のため載せますのでご教示を。

P2062282_2

P2062281

(写真をクリックすると拡大します)


楽天のキャンプレポート

かつては乏しかった楽天の情報。
「日刊スポーツ」の小さい記事を見つけては,
喜んでいる私だった。

今はインターネットで,2月1日から始まったキャンプの様子も,
即日知ることができるようになった。

2月14日からオープン戦が始まる。
昨年はもう少しというところで4位になれなかったが,
今季はAクラスに浮上してパリーグの優勝争いをしてほしい。

楽天のキャンプレポート

http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00000070.html#camp0204

『縄文時代史』

勅使河原彰著,新泉社刊,2800円+税
の上記の本を神保町で見かけた。

P2082290

縄文時代の専門家である勅使河原さんには,
(当時学校の事務の先生をしながら,明治大学で教えていた)
私が30代の頃,選択社会科で,
縄文時代を教える講師に来ていただいた関係だ。
その後著書も何冊か読ませていただいた。

著者紹介によると,昨年古希を迎えられたそうで,
読んだ感想に古希のお祝いを添付したい。

内容は,以下の通り。

内容詳細:縄文時代とは、どんな時代だったのか?
激変する自然環境のなかで、縄文人はどのように自然と折り合いをつけて
独自の縄文文化を築き上げたのか。
最新の発掘と科学研究の成果をとりいれて、縄文時代のはじまりから終焉までを描く。

目次:1 縄文文化の誕生(最終氷期の環境変動/ 「草創期」という時代 ほか)
2 縄文人の生活と生業(竪穴住居の出現と定住集落の形成/ 新しい環境の創造 ほか)
3 縄文人の社会(住居の営みと集落の仕組み/ 集落と村落のつながり ほか)
4 縄文文化の発展と限界(縄文文化の広がり/ 東西日本の地域差 ほか)
5 縄文から弥生へ(日本列島の自然と農耕の条件/ 農耕社会の形成 ほか)


『東山道武蔵路』

青井傑著,民主文学館,1600円という本を神保町で見つけ,
今アマゾンで注文した。

P2082316

「古代七道のひとつ東山道。K市に見つかった遺構を歩いていた婦人が突然悲鳴をあげた。
いったい何があったのか-。
表題作をはじめ、つましい庶民の暮らしにも影を落とす戦争の痛ましさを描き、
平和の願いを鎮める佳篇群。」
と解説には書いてあった。

著者の紹介としては,満州事変の年である1931年に生まれ。
東京都で中学社会の先生をなさり,組合の役員もされた方のようだ。
私の研究対象である「東山道武蔵路」は,
青井さんの「東山道武蔵路」とは違うのだが,
いきなり書店の本棚にこの題名が出てきたので驚いた。
お元気なら85歳になられているはずだ。
住所が出ていたので,読んだ感想と私の研究の話を書いてみたい。


昨日の部活動 2/5

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

卒業生たちを何人も呼んでいただき,
(高3が2人,高1が1人,中3が1人)
最後は彼らとの練習試合を3セットほどした。

「チームとしての練習をまだしていない段階にしては,
なかなかいい状態」というのがコーチの評価で,
前年度の「勝率8割チーム」の思い出から
今年度の「1・2年合同チーム」の構想へと,
コーチの思考も大きくシフトチェンジしているのだなと思った。

2月19日(日)の朝霞第七小での合同練習・練習試合が
期末テスト前の休日練習の最終日となる。
この日は,朝から1日バレー漬けだ。

2017年2月 5日 (日)

伊豆国分寺の回廊の「凹み」について

山田さんからご質問があった
伊豆国分寺の回廊の「凹み」について,
該当箇所を写真で撮影したので掲載したい。
(『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺のP144~145)

P2052279

(写真をクリックすると拡大します)

山内昭二氏は特にこの件についてコメントしていないように思いますが,
明らかに塔との重なりを避けて曲げているように感じました。
全面発掘すればわかるのに,このような場合は8回掘ったわけですね。


アパートの作り方(29)

昨日帰宅したら,2階部分の部材が組み上がっていた。
昨日持って来たのだろうか。すごい量のはずである。
とにかく天気予報は,本日の午後から雨。
日曜だけど,ビニールシートは掛けてくれるのだろうか?

P2042275

P2042276

P2042277

P2042278

P2052280


高崎サークル 2017年2月

昨日は,上記のサークルに参加してきた。
参加者は,11名(品川さん,美里さん,峯岸さん,永島さん,唐澤さん,
新井さん,星野さん,藤倉さん,市原さん,加邊さん,肥沼さん)。
場所は,高崎青年センターだった。

【スタート講演】

スタート講演は,肥沼さん。「こんなことが・・・ナーバスだった2017年1月
(たのしい教師と学校現場)」という題で,この1か月の生活を振り返った。
長年教員生活をやっていると,いろいろなことがあるが,
仮説実験授業とたのしい授業を武器に2月からまた元気な状態に戻れそうであった

P2042264

【ケーキタイム】

P2042263

【資料一覧】

(1) 肥沼さん「こんなことが・・・ナーバスだった2017年1月(たのしい教師と学校現場)」
(2) 肥沼さん「100円ショップの手品・四次元!?(ハンカチよいずこへ・・・)」

(3) 峯岸さん「肥沼さんのお悩み相談に対する返信~どんな励ましがいいのかな?」
(4) 峯岸さん「高崎サークル2016年度データ問題集」 ←みんなで予想しました
(5) 峯岸さん「高崎サークル・会計報告2016(4年目)・ここ3年間の人数&収入の比較」
(6) 峯岸さん「続・サークルの言葉 2017 ~この一年間の成果は」 
(7) 峯岸さん「道徳アクティブラーニング論について考える」
(8) 峯岸さん「3年1組学級通信オレンジ・授業書《じしゃく》より」
(9) 峯岸さん「クレヨンで描く〈ろう画〉体験講座・2月11日(土)仮説社にて 講師・峯岸さん」のビラ
(10) 峯岸さん「大人の悩み相談ゲームー子育て編ー」

(11) 品川さん「サークル5周年目にあたり思うこと」 ←峯岸さんの「続・サークルの言葉」とともに

(12) 市原さん「たのしい教師のスタート研究会」のビラ
(13) 市原さん「保護者会で「悩み相談ゲーム」」
(14) 市原さん「ボクの教室便利グッズ➀」
(15) 市原さん「春を信じて待つ冬」 ← この中に収録された「たのしい教師の仕事術」の資料は◎

(16) 峯岸さん紹介「初めての災害ボランティア体験記」(松川さん・原文&中林さん・授業プラン化)

(17) 新井さん提供「〈赤パンツがやってきた〉原作・塩野広次&絵・国友光他の紙芝居」
(18) 新井さん提供「指示語入門プラン〈おさるのもんちゃん〉(作・絵 前崎彰宏)の紙芝居」

(19) 永島さん「2017年1月例会の記録DVD」

なお,今年度の品川賞は,毎回の記録を撮っていただいている永島さんに決定しました。
おめでとうございま~す。(なお,受賞記念講演は,6月の予定です。お楽しみに!)

P2042272

【例会の様子】

P2042266

P2042270

P2042274

P2042273

昨日も,高崎サークルの時間をたのしむことができました。参加された皆さんのお陰です。
今回はまた,いつもとは違うスタート講演をさせていただいたことで,
私としてもいい経験となりました。(この経験が皆さんの「参考にならない」ことを祈ります。笑)
1月は終わりました。「鬼は外~」たのしく2月を過ごし,3月例会で報告したいです。


2017年2月 4日 (土)

高崎サークルと私のこの1年

スタート講演というシステムは,市原さんが「発明」してくれたものであり,
高崎サークルをより充実させてくれる要素の1つです。
私もそのシステムを利用して4回もさせていただき,
その都度自分の教育実践を報告をしてきました。
本当にありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年3月 出席 スタート講演「今サイコーの春2016へ」

      4月 欠席 「第4回花咲くコンサート」「あいせだ祭・春」
     
      5月 欠席 「学校公開日(〈いろいろな種〉の標本づくり)」

      6月 出席 峯岸さんのスタート講演「僕と夏の大会」

      7月 出席 「「エレベーター式!?トランプ」の紹介・販売」 

        夏の大会(群馬県・伊香保温泉) 県大会のため欠席

      9月 出席 市原さんのスタート講演「2016年の夏を振り返る」

      10月 出席 スタート講演「祝!肥さんの夢ブログ・100万アクセス達成記念講演」

      11月 出席 峯岸さんのスタート講演「僕を育ててくれた先生たち」

      12月 スタート講演「私はどのようにして〈手品先生〉となったか」+手品の実演

2017年1月 欠席 「1年生大会・市内予選」

      2月 出席 スタート講演「こんなことが・・・ナーバスだった2017年1月」
             (たのしい教師と学校現場)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12例会・8出席・4講演 打率は?(笑)

節分と豆まき

昨日は節分で,給食にも煎り豆のきなこまぶしが出た。
また,まんまるに行った時にも小さい袋で「福豆」をいただいた。

P2042258

せっかく四季のある国に生まれたのだから,
できるだけ季節を感じながら暮らしたい。
年中行事は心を育てるのに役立つ。
子どもの頃大声で「鬼は外~」と言うのは,
ちょっぴり恥ずかしかったけれど・・・。

大人になって古代史を勉強したら,
鬼と言うのは「その土地の以前の支配者」ということを知った。
今の支配者がそういう扱いで「鬼扱い」をしたのだろう。
だって,その方が新しい支配者には都合がいいから・・・。
だけど心の中で地元の人は,「ああ,鬼と呼ばれる前の支配者の方が,
今の支配者よりずっと良かったなあ」と思い,
きつく「鬼は外~」などと言わなかったり,
いつまでも末社として祀ったりしたのだと思う。

そして,自分の支配が認められる範囲において,
新しい支配者も以前の支配者のことを尊重せざるを得なかったのだろう。
各地に伝わる鬼を含めた祭りには,
そういうストーリーが垣間見られるものがある。

クモ膜下出血

最近亡くなった方の死因が上記のものだと聞いて,
ウィキペディアを読んでみた。
50~60歳で多く,女性の方が2倍多いと書いてあった。

クモ膜下出血

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A2%E8%86%9C%E4%B8%8B%E5%87%BA%E8%A1%80

「地図記号かるた」に燃える

地図記号探しをたのしんだ所沢地図も終わり,
昨日は一番進んでいるクラスが
「地図記号かるた」を行った。

地図記号は小2くらいで教わっているので,
中学では+αしたものを用意した。
最近では,「図書館」「老人ホーム」「博物館」
という新しい地図記号も扱うようになった。

「出門」として,自分で地図記号を考えるのもいいと思っている。(o^-^o)

昨日の部活動  2/3

昨日は,朝練+午後4時15分~5時15分だった。
「金外」のため,主にインタロ周りを行ったようだ。

足をねんざした生徒がいるらしい。
十分ケアしてほしい。
「12人で全員バレー」が,私たちの生き残る道だ。

本日は,午後。明日は,午前。
昨日は怪しい情報が流れてしまった。
予定表で確かめてみてほしい。(。>0<。)

2017年2月 3日 (金)

日吉廃寺の「三変化」

『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺に収録されている
伊豆国分寺についての山内昭二氏の論文を読んでいて,
その中に日吉廃寺という寺についての情報が載っていた。

「七変化」とまではいかないが,
創建時・・・二金堂式?
第二次・・・法隆寺式
第三次・・・法起寺式
と「三変化」していると考えられるということだ。

P2032257

今進めている多元的「国分寺」研究で,
九州王朝の国府寺 → 大和政権の「国分寺」への
改築の証拠を探しているところだが,
「三変化」している寺があるとするなら,
国府寺を別な形式に改築しようというアイデアも
案外簡単に出るかもしれないと思った。


休み時間になってもやめない地図記号探し

授業というものは,後半になると「あと何分でこの授業は終わる」などと
生徒が思うのは仕方がないことである。
だって,そんなに将来役立つかどうか怪しい内容に,
1日6時間も付き合うということになるのだから・・・。

ところが,今やっている「地図さがしっこ」は,
仮説の授業とはまた違うが,
「休み時間になってもやめない授業」なのだ。
それは主に2つの理由がある。

(1) 市内の小中学校の数は「47校」と正解がわかっているので,その時間内に達成したい。
(2) 同じクラスの生徒が「神社」と「寺院」をたくさん見つけていて,それに追いつきたい。

これらが生徒たちの「頑張りたい」「負けたくない」という気持ちに火を付けるようだ。
教える方としてはうれしいが,自己評価表を書いてもらわないと私も困るので,
「は~い,あと3分でチャイムですよ~。自己評価表を書いていない人は,そろそろ書いてね」
などとうれしい注意をすることになる。(次の時間は,「移動教室」だったりするし)

「所沢市の市域をたどらせる」というのは,なかなか大変(市界と県界が混じったりして)なのだが,
それを越えた先に上記のような楽しみがあるので,私もやめられない。(o^-^o)

アパートの作り方(28)

昨日帰宅したら,朝積み上げられていた木材はなくなり,
1階の天井部分までにパズルのように納められた。
不思議な光景だった。
どのようにしてはめ組んだのか知りたかったなあ。
(人力?クレーン?)

P2022256

P2022253

P2022254

P2022255


昨日の部活動 2/2

昨日は,朝練+午後錬(1時間)+自主練(2時間)だったと思う。
木下兄コーチにお世話になった。

1年生の中で,ブロックやクイックのタイミングが取れてきて,
これはなかなか成果が表れなかったことなので,
コーチと共に喜んでいる。
やはり回数(量)はいつかプレー(質)に現れてくるというもので,
ようやくそれが実現してきたのだろう。
試合の相手チームにとっても1年生のそれは脅威だろうし,
それ以上に味方のチームにとっては「うれしい誤算」だ。
盛り上がること,この上なし!
数点でもこれで稼げるようになれば,2年生への負担も減る。
モルテン杯までに磨きをかけて,また「ひと暴れ」してこよう。

本日は「金外」。1時間走る?
明日は,午後1時~5時。(K先生にお願いする) ※これが正しい。
明後日は,8時半~12時半だったと思う。(私が担当)

そうそう2週間以上先になるが,
期末テスト前の最後の休日練習として,
大人のチームと合同練習・練習試合を組むことになった。
(つまり木下兄コーチのチームということだが)

2月19日(日),午前8時下山口駅集合。お弁当が必要です。
西武線秋津駅でJR武蔵野線の新秋津へ。
そのまま乗車して,北朝霞駅へ。
そこから徒歩10分の朝霞第七小学校が会場。
貸し切りのようで,そこを会場にバレー漬けの1日を経験する。

2017年2月 2日 (木)

所沢地図で作業する

日本地理の導入として,
所沢地図を使って何時間か作業している。

(1) 地図折り,所沢の市域の確定
(2) 地図記号探し「文」(47校)「神社と寺院」(100以上)
(3) 地図記号探し「郵便局」「工場」「果樹園」「畑」ほか
(4) 地図記号かるた

その後,日本地理の教科書を進めていく。
5問テスト+丸読み+授業プリント+ビデオなど。

あるクラスの「得意教科アンケート」(12月)で,
「歴史」と回答した者が3分の1いたようだ。
「得意である」というのはちょっとオーバーだが,
「好きである(少なくとも嫌いではない)」
という意味で書いたのだとしたら,
これはなかなかの人数である。(o^-^o)

東京めぐりの係会議

昨日の学活の前半を使って,上記の会議が行われた。
私は学習係だったのだが,12月は出張が多くて,
資料集の作成に貢献できなかった。
(A先生にお任せしてばかりだった)

時間のない中多くの生徒が作成した資料集は,
今回のプラン作成の際にも利用され,
修学旅行ではさらにバージョンアップされること必至である。
そいうい意味で「いい仕事しましたねえ」という挨拶となった。

行く前の楽しみと行った先での楽しみ(メロンパンの戦い)が,
今回の東京めぐりを楽しくさせてくれたのは間違いない。

昨日の部活動 2/1

昨日は,朝練+午後錬(4時15分~5時15分)+「自主練」
ということになったようだ。
部活の時間(最終下校)が2月に入って30分延長になった。
本日も同じ日程である。

学校だよりに,西部地区1年生大会の準優勝と
E君の優秀選手賞の記事が出て
とてもうれしかった。

ところが・・・
先ほど学校のホームページを見たところ,
「祝・準優勝」とはあるものの,
何部がそうなったのか出ていないのを発見!
明日アップしてもらわなくては・・・

学校のホームページ

http://www.tokorozawa-stm.ed.jp/kamiyamaguti-jh/

2017年2月 1日 (水)

高崎サークル2月例会に向けて

1月例会は親戚の結婚式への出席のため参加できなかった。
2月例会には必ず出たいと思っていたが,予想外の参加となりそうだ。

(1) スタート講演 「こんなことが・・・ナーバスだった2017年1月」
(2) 手品「消えたハンカチ」(古典的なやつ)・・・100円ショップで買える
(3) 多元的「国分寺」研究の話・・・興味を持ってもらえているようなので,最近の情報を

この3つでお邪魔しようと考えている。
部活のシェアの方も相方にお願いしてOKをいただけた。
あとは,自分の体調だけだ。

「ぽたぽた日記」その後

離騒庵さんの「ぽたぽた日記」を先ほど訪問してきた。

すると,「パート3」が始まり,またそれとは別に「屋号編」も始まったようである。
カウンター数はあまり多くないのだが,
地道に1つのことをコレクションするサイトもいいなあ。

ということで,リンクします。
ぜひご訪問を・・・。

ぽたぽた日記

http://supernorio.cocolog-nifty.com/blog/

歴史をいったん「終了」

歴史を「日本の終戦」のところで,
いったん終了させた。

これからは日本地理をしばらくやって,
3年生のスタートで戦後史をやり,
公民につなげたい。

日本地理は,所沢地図からスタート。
数時間地図で学んで,地図記号かるたへ。
さらに地理の教科書で日本の地誌をやっていきたい。

ミニ授業書の《日本の都道府県》や《沖縄》を,
うまく取り入れられるといいな。(o^-^o)

自己評価シートの面接 2017

ドジなことに,自己評価シートの管理職との面接が
翌日だと気が付いたのは一昨日だった。
昨日はその準備で,空き時間はパソコン打ち。
ようやく放課後までに作って管理職に資料を渡したが,
まさに「泥縄」のものだった。

詳しい話はここでは書けないが,
1月に入ってからのこともあり,
また私の方が2人より年上であるということもあり,
さらに私のアピールポイントを素直に認めていただいたこともあったので,
私も受け入れるところは受け入れることにした。
こういうことは「勝ち負け」ではないので。

部活動での仕事(1年生大会の準優勝)や
生徒会本部の活動(直前の放送による生徒会朝会の運営),
学年掲示板への生徒たちの活動の写真掲示(他学年への波及)なども,
私にとって有利に働いたと思っている。
日頃の活動を認めてもらえるというのは,やはり励みになる。

しかし,私にとってのこの1か月は,忘れられないものとなった。
資料類が散逸しないように袋に入れることにしている。

生徒会本部の活動と私

かつては土曜日に,生徒会本部の生徒たちと
いろいろな行事の相談をしたりして過ごしていた。
私も若かったし,生徒たちに与えられた時間も多かった。
今は冬季なので,金曜日や月曜日の放課後のわずかな時間だ。

昨日は「インフルエンザ対策」と銘打って,
生徒会朝会が放送で行われた。
これは,各専門委員会から12月に行われた
ステップアップ活動の取り組みの結果報告もあって,
とても有意義に時間を使えたと思う。
実は,放送で行う生徒会朝会の発案は私だった。
校長先生が「朝礼はやりたいけれど,
3年生にインフルエンザが増えては困るなあ」と
おっしゃっていたのを聞きつけて,「それでは放送で」となったのだ。
しかし,これは教務の先生も「前回いつやったか覚えていない」
というほど珍しいことで,本部役員は短時間に下準備をよくやったと思う。
私の決断が10%,本部役員の頑張りが90%と言っていいだろう。(o^-^o)

本部役員たちとはようやく息が合ってきており,
(7人中5人が2年生で,入学以来社会科を教えてきていることもあり)
熊本の大地震に対しても,直後の募金だけで終わっていることを残念に思い,
現地の生徒会本部と連絡を取り合えないかということで,
アンケートを送ろうという話になっている。
そんなことをやろうとしていたら,本部役員の1人が
熊本市の中学校一覧をリストアップしてきてくれた。
なんだか20年前の本部の活動と似てきてなんだかワクワクしてきた。
(あの頃は,「いじめ討論会」や「ダルに―育英資金」など手幅広くやっていた。
また文化祭では「ハモネプ」や「屋上からの告白」というかなりテレビ的なものも。
さらに三送会で「オズの魔法使い」の上演も!私も端役で出演した)

さて,空き時間で私がアンケートに同封する手紙も書きあげ,
封筒に住所を書き,切手を貼ればすぐ郵送できるところまできた。
2月の主な活動は「卒業を祝う会」であるが,このくらいはやれるだろう。
また心が燃えるものが増えてうれしい。ヽ(´▽`)/

アパートの作り方(27)

昨日帰宅したところ,いよいよ部材の組み立てが始まり,
それに続く部材も組み立てを「今や遅し」と待っているかの風景だった。
柱の一本一本というよりブロックというかパズルというか,
塊(かたまり)として組み立てていく不思議な光景であった。
ああ,1日年休をとって,その様子を眺めていたいものだ。

P1312236

P1312239

P1312242

P1312244

昨日の部活動 1/31

昨日は,朝練+「定休日」だったので,
特にニュースというべきものはないが,
顧問として保護者向けにバレーボール通信を発行していることは,
管理職の先生にも認めてもらえていることがわかった。
あと,ちょうど1年生大会で好成績を上げたのもタイミングが良かった。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ