« 川瀬さんから「新原稿」が届く | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

2017年1月23日 (月)

稀勢の里の初優勝~「勝つ人の顔」

稀(まれ)なる勢(いきお)いというしこ名を持つ稀勢の里は,
長らく(19年?)誕生していない日本人横綱に昇進することを期待されながらも,
その名に反して稀なる遅い出世の道を歩んできた。
それが今場所の強い相撲で,ようやく「横綱」へとなれそうな雰囲気となった。

今場所の後半の取り組みをテレビ見ていて,
私は「勝つ人の顔」ということを考えていた。
集中していて,それでいて謙虚な態度を忘れない。
「今日の一番」に全力を賭けている感じなのだ。

別に顔で相撲をとるわけではないけれど,
そういう時期に人は勝負に勝つ(負けない)何かが宿る。
それをファンも敏感に感じ取って応援する。
それが「いい循環」をもたらして勝利に近づくということなのだろう。

千秋楽は白鳳との対戦だったが,あの白鳳が全力で勝ちに来た。
その「横綱の意地」が,ますま取り組みを盛り上げた。
その結果,稀勢の里は白鳳にも勝ち(14勝1敗),最高の形で初優勝をすることができた。
おめでとう,稀勢の里!あなたの努力がようやく報われましたね!!(o^-^o)

« 川瀬さんから「新原稿」が届く | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川瀬さんから「新原稿」が届く | トップページ | 昨日の部活動 1/23 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ