« 昨日の部活動 1/15 | トップページ | 「国分寺」はなかった・・・ »

2017年1月16日 (月)

上野国分寺の伽藍配置図

何回も行っているのに,いや何回も行っているからか,
上野国分寺の伽藍配置図の単純間違いで,
川瀬さんや山田さんにご迷惑をかけてしまった。
もう一度しっかり頭に入れておこう!

上野国分寺の伽藍配置図

http://www.takasakiweb.jp/news/photo/2014/08/250103.jpg

それにしても,「国分寺にはいろいろな伽藍配置があり,
似たものはあっても,これほど多彩だとは,
まだ日本の(世界の)皆さんは知らない。

これを他の誰より早く知ることができている“先駆者効果”を生かして,
少しでもお2人の力になれれば(せめて,邪魔しないようにせねば)」と,
今日もまた改めて誓う肥さんであった。(^-^;

« 昨日の部活動 1/15 | トップページ | 「国分寺」はなかった・・・ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さん

おおいに邪魔をして、引っ掻き回してください。議論は、多いほど鍛えられるのです。
肥さんがかき回しても動じないでしっかり説明できるようでなければ、他流試合などできませんから。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

ご迷惑をかけてすみませんでした。
しかし,上野国分寺には,まだまだ謎があって興味が尽きません。
(1) 「これまでの金堂・講堂」と塔の方位は,1度8分ほどのずれがあり,基壇化粧の石も違う。
(2) 南大門の付近で一度改修が行われており,その時に西側を9度北へ振るように方位が変えられている。
(3) (2)の方位に合うような建物跡も2つほど見られる。
などです。

おお、やっぱりおもしろいではありませんか!
次は、上野国分寺が有力候補に浮上しました。私だけの有力候補ですが。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

とにかく「国分寺」の謎は多いです。
それを解くには・・・,
やはり多元史観でないと無理ということですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 1/15 | トップページ | 「国分寺」はなかった・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ