« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

気温の「緩急」

緩急の差でナイスピッチングをする投手は
見ていて頼もしいが,
気温の「緩急」は骨身に堪(こた)える。

昨日は最高気温が20℃あったのに,
今日は10℃ほどしか行かないそうで,
早くも朝方から厳しい冷え込みと来た。

冬なんだから寒いのは当たり前なのだけれど,
1回温かくなった後の寒さなので「緩急」の差で余計寒く感じる。
「春~よ来い。早~く来い♪」と歌いたくなった。snow

※ 普通こういう話題の時には「寒暖」という言葉を使うのですが,
それよりズバッと感じた「緩急」の方で書いてみました。

1月は往く・2月は逃げる・3月は去る 2017

上記の題名でよく学級通信を発行したものだった。
あっという間に3学期は過ぎていくので,
気を引き締めておくようにという戒めである。

ところが今年は,例のいやなスタートを切ってしまったので,
そのあおりを受けて,私は大変ナーバスで
長いひと月を過ごすことになってしまった。
しかしその一方で,逆に人の優しさに触れてうれしくなることもあった。
そんなひと月だった。(ブログには出せませんが感謝です)
そして,一時の感情で言葉を言ってしまうことや書いてしまうことが,
いかに人を傷つけるかを学んだ貴重なひと月でもあった。

この貴重な体験を私は無駄にしたりはしないつもりだ。
その事実と分析をほかの先生方にお話しして,
少しでもお役に立ててほしいと願っている。

82円玉

私がよく利用するまんまるは,
支払いの時8%の消費税を外税で取るので
1388円というような端数が多くなる。

麦とホップ2杯とお刺身セットとミニカレー丼が
私のグルメコースとなっていて,
たいていそれでお腹がいっぱいになるので,
支払いもたいていその額なのだ。

いつも1円玉・5円玉が不足気味のまんまるなので,
私は一計を案じることにした。
88円分を袋に入れて行き「これ88円玉です」
と言って渡すのである。
「今は忙しいだろうから,あとで数えて足りなかったら
次の時に言ってね」と付け足しつつ。

これはお店を困らせようとしているのではなく,
細かいお釣り対策用にわざと5円玉10個と1円玉32個を混ぜて
「88円玉」を作っているというわけである。

だんだん店の様子もわかってきたので,
ふだんお世話になっている分,何かでお返しがしたい。
お皿をまとめておいたり,台ぶきんできれいに拭いておくだけでも,
お店の手伝いになるだろう。

そして,さらに開発したお手伝いが,この「88円玉」というワケ。
これが信用してもらえるようだったら,私も相当信頼されているということだ。
こういうのは,コミュニケーションというのか,
それとも飲みニュケーションというのか・・・。(笑)

昨日の部活動 1/30

昨日は,午後3時15分~4時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

月曜日は平日としては部活動の時間が長いが,
職員会議や研修会があるので参加できない日が多い。
昨日も研修会(私は放送朝会の打ち合わせ)で行けなかったのだが,
そこにはコーチの姿があり,他の部にないシステムがあった。
私は体育館の戸締りに行くだけの仕事だった。
いつもありがとうございます!

1年生大会は,いい結果に終わった。
次は,モルテン杯だ。
常に新しい目標をめざして頑張ろう!

アパートの作り方(26)

昨日帰宅したら,先週よりたくさんの部材の山が
出来ているようだった。
これらが今週積み上げられていくのか?
なんとも楽しみなことである。

P1302235


2017年1月30日 (月)

1年生大会・地区大会 2017

昨日は,富士見東中において行われた
上記の大会に参加した。
7チームによる1セットずつの総当たり戦である。
木下兄コーチにお世話になった。

優勝はもちろん文句なしに富士見東中(6戦全勝)だったが,
4勝2敗で3校が並び,得失点の差で,なんと・・・
我が校の男バレが準優勝をすることができた!
また,西部選抜としてE君が選ばれ,花を添えた。

対戦成績は,以下の通り。

対鯨井中 25ー10    〇
対霞ケ関中 25ー21   〇
対勝瀬中 21ー25    ●
対向陽中 25ー20    〇
対富士見東中 9ー25  ●
対富士見西中 25ー19 〇

このところ,1年生大会・市予選で(4チーム中2位。24ー26で優勝を逃す),
市民バレー大会最下位(4チーム中4位。1回戦で26ー28で東中に敗れる)と
大事なところで競り負けていただけに,
ぜひともリベンジしたいと思っていたところだった。
昨日の戦いが今後につながればいいと思う。
いや,ぜひそうしていかなければならないだろう。

次の戦いはモルテン杯(まだ期日は未定)になるだろうが,
その前にいくつか練習試合が入るかもしれない。
とりあえずお疲れさま。

保護者の皆様,昨日も車出しと熱い応援を
どうもありがとうございました!

P1292235


沖縄で頭慢がブログを更新している!

頭慢が埼玉を去って沖縄に引越されたのは約ひと月前のことだが,
焼き鳥屋で開かれたというお別れライブにも私は行けず,
なんだか中途半端なお別れとなっていた。

昨日まんまるで1年生大会の反省会をするため,
開店までの間インターネットカフェのお世話になった。
その際何気なく「頭慢」で検索したところ,
「20Fのバルコニー」という彼のサイトが更新されているのに気が付いた。
沖縄で頭慢がブログを更新している!
さっそくそのことをコメントした。

「20Fのバルコニー」

http://20f.jugem.cc/?month=201701#

バレーボールの準優勝は,頭慢との「再会」で喜びが2倍となった。

綾小路きみまろ「笑撃ライブCD集」届く

「あれから40年・・・」というフレーズで
中高年の悲哀をネタに一世を風靡した綾小路きみまろ。
私はその計算されたしゃべりがとても好きで,
ユーキャンのCD集の案内が来たので,
たまらず注文してしまった。

P1302236

彼のしゃべりは,教員(特に社会科)には
大変参考になるように思うが,いかがだろうか。
プラスの内容をマイナスの内容にスライドさせながら,
それでいて「わかるわかるその気持ち」という笑いに持って行く。
内容・間の取り方がとてもいい感じなのだ。

あまり内容を書いてしまうとよくないが,
その雰囲気をお伝えするために,
宣伝パンフに載っているいくつかを紹介しよう。

「新婚時代は顔を見ているだけでドキドキした。
今,顔を見るたびに不整脈。(笑)
赤い糸で結ばれてると信じてた。
今,ふたりはコードレス。(笑)
この亭主と手を取り合いながら生きてた。
今,財産を取り合いながら生きている。(笑)」

ワンパターンと思うか,法則的と思かで評価は分かれるだろう。
つまり私は後者と考えるので「参考になる」と言っている訳だ。


2017年1月29日 (日)

速報!

速報1 本日,男子バレー部が1年生大会で準優勝しました!
(優勝は富士見東中ですが,その次です)

速報2 頭慢さんが沖縄での暮らしをブログで書いているのを発見しました!
(前のサイトをやめたわけではなかったんですね)

1月28日は「コピー記念日」

ページ数が多いので2回に分けようかと思っていたが,
部活前に2時間,部活後に1時間半行い,
何とか「第七巻・補遺」は1日で終了した。
730ページ=365枚=1日1枚だと1年間かかる量であった。
(これを毎日していたら,腱鞘けんしょう炎になりそうだ)

1枚5円という低価格はうれしいのであるが,
その情報は多くの愛好者が共有しているわけで,
コピー中も何回となく中断を余儀なくされた。
来年から1月28日は「コピー記念日」に制定したいと思う(個人的に)。

P1292232


アパートの作り方(25)

昨日帰宅したら,パイプ作りだが,
作業場のような,休憩場のような施設が二棟作られていた。
いよいよ材木の一斉立ち上げ(棟上げ?)が行われるのだろうか?
来週は,カレンダーも2月に入る。

P1282231


昨日の部活動 1/28

昨日は,午後1時~5時のコマだった。

コーチがホワイトボードに練習メニューを書いていただき,
それに従って行った。
後半は紅白戦で,けっこういいスパイクが見られたりして,
歓声と拍手が起きたりした。
こういう思い切ったプレーがそれぞれに見られたら,
1年生大会でも活躍できるだろう。

2年生も随行するかどうかで議論になったが,
2年生の意思に任せることにした。
昨年人数不足(3人)で参加できなかった悔しさを,
後輩がリベンジしてくれる現場を見たくはないのかな?

2017年1月28日 (土)

おでこがアチチ

朝起きておでこをさわったら,アチチという感じです。
どうやら風邪をひいた感じ。

今日も朝からコピー取り。
午後から部活だし,
明日1年生大会も行われる。

まことにタイミングの悪い発熱でR(あ~る)。

長門国府と国分寺の復原図

『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺をパラパラ見ていたら,
川瀬さんの論文の中で「不明欄」が目立った長門国分寺についての論文が
掲載されているのに気が付いた。

特に「長門国府と国分寺の復原図」は,イメージを広げるのにいいと思い,
川瀬さんにメール添付で送るとともに,「夢ブログ」にも掲載します。

九州王朝の国府寺 → 大和政権の国分寺への転用という感じがしますが・・・。

P1282229_2

写真をクリックすると拡大します。


『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺の目次

『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺を図書館で借りて,
自宅に持ち帰った。

P1272221

目次のようにしておくと便利かと思い,
街道別に並べてみた。

(1) 畿内・・・大和,摂津,河内,和泉

(2) 東海道・・・尾張,三河,伊豆,常陸

(3) 東山道・・・美濃,飛騨

(4) 北陸道・・・若狭,陸中,越後,佐渡

(5) 山陰道・・・伯耆,石見,隠岐

(6) 山陽道・・・播磨,備後,長門

(7) 西海道・・・多禰

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS1 大和の国分寺(橿原市八木町2ー6ー15)の話も出てきます。
 「江戸時代程度のものではないか」という扱いのようです。

PS2 摂津国分寺について,複数の候補があることが出てきます。
 もちろん多元的な考えのものではありません。

PS 多禰の論文の途中に,写真のような年表が掲載されていました。
741年を境に,それ以前を国府寺,それ以降を国分寺としているものです。

P1272224

P1272223


>


昨日の部活動 1/27

昨日は,朝練+午後練(金中。ただし30分間)だった。

2月に入ると一挙に下校時間が30分延び,
5時15分までとなる。
そうすると6時間授業の日でも1時間活動できるから,
「部活動」をしたという実感が出て来る。
今はわずかに30分。
自主練なしでは,部活とは言えない午後錬なのである。

本日は,午後1~5時。

明日は,午前7時正門に集合・出発で,富士見東中へ。
1年生大会・地区大会に参加する。
7チームによる,1セットの総当たり戦。(6試合する)
弁当は必要。午後2時~3時までだと思う。

アパートの作り方(25)

帰宅したところ,離騒庵さん言われるところの基礎のコンクリートの上に,
横に,これもまた離騒庵さん言われるところの土台の材木が置かれていた。
土台という言葉が厚さがわずか数十cmの角材に対して使われるというのは,
素人のイメージとあまり合わないように思うのだが…。

P1272227

|  |
|  |     ←柱(数メートルの長さの木材)
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
|  |
ーーーー
ーーーー ←土台(わずか10数cm木材)

       ←基礎(高さ50cmのコンクリート)
ーーーー

つまり私の素人的表現では「土台」(コンクリ+横柱)の上に
アパート建てられていくというイメージです。
専門的には,基礎のコンクリの上の横柱のことのみ
土台と呼ぶらしいですが,私に薄すぎる感じるのです。(^-^;

2017年1月27日 (金)

申請した本が5日間で届く!

学校の最寄りの図書館に
『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺を
貸し出し申請したことはすでに書いた。
それが昨日,図書館から「届いた」との留守電が入った。
わずか5日間!
前に『国分寺遺跡・最新調査書』を申請した時の半分以下だ。
さっそく今日取りに行って,明日の朝からコピーしよう。
730ページと聞いているので,1度には無理だろう。
(単純計算で365回もかかるし・・・)
とにかく今は,あと数時間で手に取れる喜びをお伝えして
筆を置くことにする。ヽ(´▽`)/

法政大、軍事研究を禁止 「本学の使命の対極にある」

箱根駅伝の快挙(来年度のシード権獲得)に続き,
母校のニュースが「朝日デジタル」に出ていました。

法政大、軍事研究を禁止 「本学の使命の対極にある」

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%b3%95%e6%94%bf%e5%a4%a7%e3%80%81%e8%bb%8d%e4%ba%8b%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%82%92%e7%a6%81%e6%ad%a2-%e3%80%8c%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e3%81%ae%e4%bd%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e5%af%be%e6%a5%b5%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%8d/ar-AAmgVD9?ocid=spartandhp

今季の楽天のスタート試合

来週の2月1日(水)から,いよいよ今季もキャンプイン。
楽しみがまた増える!
そこで,楽天イーグルスのサイトを訪問し,
試合の日程を確認してみた。

オープン戦の開始・・・2月24日(金) 韓国のチームと?
公式戦の開始・・・3月31日(金) オリックスと京セラドームで
地元開催の開始・・・4月4日(火) ダイエーと仙台コボスタで

楽天の試合日程

http://www.rakuteneagles.jp/game/calendar/index.html

昨日の部活動 1/26

昨日は,朝練+午後錬だったが,
30分しかないので公民館を借りての「自主練」ということになっている模様。

明日は,Pで午後1時~5時
明後日は,午前7時正門前集合。
富士見東中へ車で出かけて,1年生大会。
午前中1セットずつの総当たり戦を行い,順位を決める。
ここのところ,ストレスのたまる試合が多い。
相手は各地区の1年生。ひと暴れして,名乗りを上げよう。

また,だいぶ先だが,2月19日に1日小学校を借りての
合同練習・練習試合の話が出ている。
日曜日だし,私は大丈夫だ
何かチームが成長するきっかけがほしいと思っていたところだし…。

アパートの作り方(24)

昨日来宅したら,建設資材のヤマが3つ
ビニールシートを掛けられていた。
これらが土台の上に積み上げられていくのだろう。
いよいよ本格的になって来そうだ!

P1262219_2


2017年1月26日 (木)

メロンパンをめぐる熱い対決

昨日校外学習で浅草に行った際,
350円のホイップクリーム入りメロンパンを購入した。
とても美味しかった。

P1252194

ところが,上野への移動で地下鉄の駅まで向かうと,
もう1軒のメロンパンの店に出くわした。
説明文を読むと,「この先のメロンパンの店とは一切関係がありません」
というようなことが書いてあり,芸能人の写真が立て看板で並べられていた。

P1252195

これらを総合して考えると,
浅草には今メロンパンをめぐって熱い戦いが起きているようである。

(1) 私が後に訪問した店が先に開店して,評判になった。
(2) その評判を聞いた芸能人がこの店を訪問し,さらに人気が高まった。
(3) ところが,それを知ったある事業主が,「第2のメロンパン店」を開店させ,
 店の作りもモダンで,たくさんの種類のものを販売し,若者の人気をさらってしまった。
(4) その結果「元祖・メロンパン屋」の売り上げは激減し,苦しい状態である。
(5) 店の改装には多額の資金も必要だし,せめて「このメロンパン対決の真実を知ってほしい」
 というのが,「一切関係なし」の表示と「芸能人の写真」だった。

この推理は,いかがでしょうか?
シャーロック・ホームズ肥さんより。


東京めぐり 2017        

昨日は,中学2年生との上記の校外学習だった。
前回の時は雨で大変だったが,
今回は好天に恵まれて雲一つない一日だった。

私はまず「東京駅・南通路」という所の担当をし,
丸の内南口に生徒たちが進むことを促し,
その後浅草を経由して上野に行き,
国立科学博物館でチェックポイントをし,
最後に西所沢駅に戻った。

今回インフルエンザで何班か行けなくなったが,
行けた班はほとんど時間内に戻り,
来年度行われる修学旅行の練習ができた。

P1252183

P1252184

P1252185

P1252216

P1252212

P1252218

P1252217


2017年1月24日 (火)

アパートの作り方(23)

ついに足場ができた。
今朝何も組んでいなかったのに,
帰宅したらめちゃくちゃ高いところまで出来ていた。
すごい!

P1242182


インフルエンザが猛威を振るう

今まで所沢市内の中で,学区のことがインフルエンザで
話題となることは少なかった。
ところが今年度は,ついにそれが現実となった。

昨日は一挙に何人も休む生徒が出てきて,
その対応に追われた。
A型と呼ばれる熱の出るインフルエンザだ。

本日は「東京めぐり」という2年生の校外学習もあるのだが,
参加できない生徒がずいぶん出そうである。

発症の日を0日目と数えて,5日間出席停止というかなり重い扱いである。
治りきらないうちに学校に出てきてしまう生徒がいるのでその対策でもある。
しかし,週5日制の現在,1週間学校に来ないということは,
3~4時間分の勉強が遅れるということにもなるわけで,
本当に頭の痛い病気なのである。
社会科でいうと,太字だけで10から20習う。

昨日の部活動 1/24

昨日は,朝練+「定休日」ということだった。

朝練の時,1年生大会の対戦表を配付したのだが,
ちょっと勘違いをして富士見東中が初戦と思って,
「いきなり強豪との対決だ~」と宣伝してしまった。
あれは,間違いです。富士見東と富士見西は後半の試合。
最初は川越勢との対戦でした。訂正しお詫びいたしますっ。

なお,29日(日)は車出しをしていただけるとのこと。
ありがとうございます。
富士見東中に午前8時に集合なので,
やはり午前7時に正門に集合・出発でお願いしますね。
(1セットずつ7チームが総当たりします。お弁当も必要です)

ワークのチェックの仕方

各クラスから教科のワークを提出させたものの,
そのチェックがなかなか終わらなくて困っている先生がいる。
私の方法は,いかがでしょうか。

(1) テストの当日に回収する。(テスト勉強への利用をさせるため)
(2) 週末の部活の日にちょっと早く行き,そのクラスの分を持って教室へ。
(3) その際,ど真ん中の席に置いてチェックしていく。(個人の机に返却しやすい)

この方法だと,だいたい1クラス10分×5クラス=1時間以内に終わらせられます。

言葉遊びでストレス発散

面白くなかったら,笑ってやって下さい!

(1) 一事がバンジージャンプ!

(2) ノン・ステップ・バス・・・乗客に安全をプレゼント。
 ノン・ストップ・バス・・・乗客にスリルをプレゼント。

(3) 「いちご」一会・・・同じ味の「いちご」には二度と出会えないのだから,
 その時その時の「いちご」をよく味わいなさいという教え。(肥さんの「迷言集」より)

P1242181


「越智国」に歴史の光を当てよう!

合田洋一さんの以下の論文を,
一度紹介したことがあった。

「九州王朝」の終焉と新生「日本国」の成立
越智国にあった「紫宸殿」地名が物語るもの

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/masakisi/sisini29.html

昨日川瀬さんの「国分寺」についての論文を検討していた際,
伊予国府がどこにあったかが気になり,
そう言えば合田さんが大和政権によって消し去られた
「越智国」という話題を書いていたと思い出し,
そしてそれは今の今治付近なのだが,
九州王朝と親しい関係(友好国?)だったからこそ,
九州王朝が主導した白村江の戦いにも積極的に参加し,
太宰府の紫宸殿が危うくなった際には,
越智国にそれを置き協力をした,というつながりで
(そして,当然大和政権からは憎まれただろう)
歴史を再現できるのではないかと思い,
再び合田さんの論文をリンクさせていただいた。

「紫宸殿」や「天皇」という字地名のある越智国に歴史の光を当てよう!
それが多元的古代研究のやるべきことと思い,
「夢ブログ」でも取り上げた次第である。

合田さんの論文の後半にその話題が出てきます。
ぜひお読み下さい。

歴史から日本地理へ 2017

昨日一番早いクラスが「日本の敗戦」まで行き,
いよいよ日本地理となる。

最初に「復讐5問テスト(歴史)」をやったあと,
「所沢地図」から入ろう。

地域の地図は,だいぶ昔に,『たの授』誌に,
「地図探しっこ」という地図記号の実践をまとめたことがあって,
生徒たちに楽しんでもらえる分野である。

あの「地図記号を探す生徒たちの集中」がなんとも言えなくていい。
授業をしているなあ!という瞬間だ。
(もっとも生徒たちは,ゲーム感覚で地図記号を
探しているだけなのかもしれないが,それはそれでいいのだ)
今週は「所沢地図」で遊ぼう!(o^-^o)

お年玉付き年賀はがき 2017

皆さんはいかがだっただろうか,今年の年賀はがき。
番号が当選していましたか?

下2桁は2本当選するので,確率は2%なのだが,
私は100枚購入しているので,2本当たれば平均である。

調べてみたら,「45」というのが2枚あった。
1本はかつての同僚の先生からいただいたやつ。
もう1本はまだ使ってないやつ。

さっそく郵便局に引き換えに行った。
52円と82円の切手を2セットいただいた。
正月からちょっといい気分になった。

私の投函したもう一つの下2桁の年賀はがきも,
誰かの小さな幸せとなってくれたようである。

※ 子どもの頃,すべての番号を控えている友人がいて,
「お前の年賀はがき,当選していただろう」と確認されたが,
それはあまり気持ちのいいものではなかった。
そこで,「私はそういうやり方はやめよう」と
子どもながらに心に誓ったのだった。

つかの間の憩い

昨日は,体育科の小学校への出前授業のための曜日変更と,
3年生の私立入試(受験しない生徒たちは3時間授業)が重なり,
私としては破格に楽な1日となった。

もっとも時間があったためにいろいろな仕事もしたが,
それができるくらいの余裕があったということだ。
昔はこんな余裕がもう少しあったような気がする。
今は土日に部活もあり,平日は月曜日以外は6時間授業で,
(月曜日には職員会議などがはいるので,部活にも行けない)
生徒会本部担当なのになかなか生徒会室に行けない。
それもあと1年余りのことだけれど・・・。

PS 昨日共済のいちごが届いた。
たのめない方にも「おすそ分け」した。
お釈迦様,ご覧になっていただけていましたか?(笑)
また「蜘蛛の糸」を一本,よろしくお願いしますよ!
(昨年の「善行」により,いちご券が発見された。たぶん・・・)

昨日の部活動 1/23

昨日は,午後3時15分~4時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になったと思われるが,
残念ながら私は用事で年休をいただいたため,
お会いすることはできなかった。

そうそう,1年生大会・地区大会の日程が届いた。
7チームによる総当たり戦(1セット勝負)で行われる。
ということは,「1位通過」も「2位通過」も関係ないということで,
苦杯を喫した本校にとってはラッキーだったが,
6試合行われるその初戦は,富士見東中なので覚悟しておくように。
といっても,最初に強豪とやってしまえば,あとは楽になるので,
ラッキーな対戦となったと言えなくもない。
要は,自分たちのバレーボールができるかどうかだ。
相手が強いかどうかではない。
たとえ相手が強くても,それなりの得点が奪えないようでは困る。

地区大会まで,あと5日。
もう死に物狂いで,開き直ってやるしかない。
リメンバー24ー26!リメンバー26ー28!!(。>0<。)

午前8時富士見東中に集合なので車で行きたいが,
午後7時正門前に必要な台数が揃うだろうか。
もしだめなら,下山口駅に6時半集合ということになるが・・・。

2017年1月23日 (月)

稀勢の里の初優勝~「勝つ人の顔」

稀(まれ)なる勢(いきお)いというしこ名を持つ稀勢の里は,
長らく(19年?)誕生していない日本人横綱に昇進することを期待されながらも,
その名に反して稀なる遅い出世の道を歩んできた。
それが今場所の強い相撲で,ようやく「横綱」へとなれそうな雰囲気となった。

今場所の後半の取り組みをテレビ見ていて,
私は「勝つ人の顔」ということを考えていた。
集中していて,それでいて謙虚な態度を忘れない。
「今日の一番」に全力を賭けている感じなのだ。

別に顔で相撲をとるわけではないけれど,
そういう時期に人は勝負に勝つ(負けない)何かが宿る。
それをファンも敏感に感じ取って応援する。
それが「いい循環」をもたらして勝利に近づくということなのだろう。

千秋楽は白鳳との対戦だったが,あの白鳳が全力で勝ちに来た。
その「横綱の意地」が,ますま取り組みを盛り上げた。
その結果,稀勢の里は白鳳にも勝ち(14勝1敗),最高の形で初優勝をすることができた。
おめでとう,稀勢の里!あなたの努力がようやく報われましたね!!(o^-^o)

川瀬さんから「新原稿」が届く

川瀬さんから,昨夜「新原稿」が届いた。
我々の多元的「国分寺」研究サークル内で,
「訂正版2ー9③」と呼ばれている原稿で,
南海道(紀伊+四国)の「国分寺」についての考察である。
興味のある方は,ぜひ訪問してみてほしい。

「「武蔵国分寺」創建伽藍の復元・訂正版2ー9③」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2017/01/post-f320.html

これを山田さんと私が検討して,川瀬さんに新知見をお返しして,さらに・・・
というのが今の方法だ。
川瀬さんはご自身でも多方面の研究をなさっており,
「国分寺にだけ時間をかけるわけにはいかないよ」と言いながらも,
本当にきめの細かい研究で,私たちをリードして下さる。
当初は今と違っていたが,やはりこの方法がこのプロジェクトを進めていくのには
どうも良さそうだということで,そうさせていただいている。

一方,山田さんは川瀬さんの研究のアシストをする内容で,
時々提案の文章を書いて下さる。ありがたいことだ。
川瀬さんの「右腕」と言っても過言ではない存在で,川瀬さんからの信頼も厚い。

かく言う私は,日々の仕事の忙しさもあって,お二人の研究の足を引っ張ってばかりいる次第だが,
ようやくパソコンに写真や図の資料入りのアップする方法にも慣れてきて,
また,できるだけこまめにコメントもチェックし,交流が滞らないようには気を配っている。
あと,『新修 国分寺の研究』8冊や『国分寺の創建』2冊に関連記事がないかどうか,
細い目を大きく開いて探す日々である。(まさか国分寺の大型本を10冊も所有することになるとは,
数年前には想像もしていなかった。『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺はコピーのもの。近日入手予定)

所沢市民バレー大会 2017

昨日は,上記の大会に参加してきた。
場所は,所沢市民体育館。
最高のステージだ。
その最高のステージで,最低の戦いをしてしまった。

対東中 0ー2(18ー25,26ー28)

あと,半年死に物狂いでやっていくしかない。
新人戦で1位だったことはもう忘れよう。
1月下旬現在の順位は,最下位なのだから・・・。

➀ 東中 得セット数 4 失セット数 1
➁ 向陽中       3        3
③ 富岡中       1        2
④ 本校         0        2
    

2017年1月22日 (日)

手品の「分類」~ものや方法

だいぶ私の手品も増えてきたので,
手品の「分類」をしてみたい。
私はどんなものを使って,
どんな方法の手品をしていることが多いのだろう。

【ものによる分類】

・トランプ~変身トランプ,エレベーター式!?トランプ,あなたの引いたカード読み取る
・本やノート~『幸せの書』,マジック・ワールド
・箱~不思議な赤い箱
・カード・紙・特殊紙~白黒ピエロがカラーのピエロに,いどうくん,ハンカチが鶴に,あなたには「愛の告白」が
 見えますか
・金属~曲がるフォーク,□から〇へ
・布~ハンカチが消えた
・機械~電気を通すもの通さないもの,エナジー・スティック,THEタバコ,ギロチン,

【方法による分類】

・錯覚系~変身トランプ,エレベーター式!?トランプ,あなたの引いたカード読み取る
・ものの性質~曲がるスプーン,曲がるフォーク,ハンカチが鶴に
・色の変化~マジック・ワールド,白黒ピエロがカラーのピエロに
・形の変化~THEタバコ,不思議な赤い箱,□から〇へ,ギロチン,あなたには「愛の告白」が見えますか
・位置の移動~いどうくん,ハンカチが消えた
・電流・電位差~電気を通すもの通さないもの,エナジー・スティック

こうして「分類」してみると,様々なものを使って,様々な方法を駆使して
手品の魅力を伝えてきたことがわかる。
そして,「手品を見る時の約束」や「口上の研究」や「種明かしと科学」など,
いろいろなことも考えてきた。
これからも手品を通して,楽しい時間が増えることを願ってやまない。

【手品の入手先】

・仮説社~マジック・ワールド,あなたの引いたカードを読み取る,曲がるスプーン,エナジー・スティック,
 ギロチン,THEタバコ,ハンカチが鶴に,不思議な赤い箱
・『たの授』誌~変身トランプ,いどうくん
・100円ショップ「セリア」~エレベーター!?トランプ,ハンカチが消えた
・東急ハンズ~曲がるフォーク
・本屋(注文)~『幸せの書』
・個人(峯岸さん,肥さん)~あなたには「愛の告白」が見えますか

こんなことを満載したガリ本が作りたい。
また,さらに言えば,仮説社の本で1冊あるとうれしい。

本日中に105万アクセス達成?

このところアクセス数の伸びが著しいのだが,
この勢いで行くと本日中に105万達成かもしれない。

9月16日が100万アクセスだったので,
約4か月で5万アクセスということになる。

大さっばに書くと,
検索アクセスを含んだ総アクセスが400。
訪問アクセスが200。
実質アクセスが150くらいということになる。
(1日数回訪問される方もいるわけだ)

以上のことは,「アクセス解析」という
パソコンの機能でわかる。

飯能・日高サークル 2017年1月

昨日は,上記のサークルに参加した。
参加者は,丸屋さん,佐藤俊さん,原さん,藤原さん,上澤さん,私の6名。

私が到着した時には,佐藤俊さんが講師を務め,
電磁石の実験などをしていた。

P1212179

後半,手品を使った私の「私はどのようにして「手品先生」となったか」という
ショーを見ていただいた。こういう漫談風の講演も悪くはないだろう。

P1212180

昨日は懇親会はなしで,来月昔サークルに顔を出していた方との会を開くとのこと。
名前だけは存じ上げているMさんといっしょに飲み・語りたいものだ。


昨日の部活動 1/21

昨日は,午前10時半~1時半というコマだったが,
翌日の準備もあり,12時40分で終了した。
木下あにコーチにお世話になった。

最後は,接戦に競り負けない粘りをつけるため,
コーチ夫妻+卒業生+中3+現役2名の混合チームと対戦した。
スタートさえ悪くなければ,頑張ってくれると思う。

集合時間が遅いとのことで,午前8時半下山口駅としたい。
もちろん弁当持参である。ぜひ「夢ブログ」で良い報告をしたい。

『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺が借りられそう!

離騒庵さんと翔空さんのプッシュで勇気を得た私は,
昨日,所沢図書館・椿峰分館に
所沢市への勤務者として利用カードを作るとともに,
例の『第七巻』を検索し,借りることができるように手配した。
2週間くらいで届きそうだ。

ただ,730ページあるらしいという情報で,
コピーをとるにも時間がかかることが予想される。
まあ,5円コピーを見つけてあるので
費用はそれほどかからないが・・・。

なお椿峰分館には,かつて私が担任した生徒が勤務しているのだが,
たまたま私が手続きをしている時に顔を見せてくれ,
元気で務めていることを確認できた。
良かった~。(o^-^o)

『いきものがたり』読了!

450ページほどある厚い本だったが,
その面白さに惹かれ4日ほどで読了した。

P1172142

いきものがかりの3人の青春の有り様の面白さに加え,
著者・水野の筆の力も手伝って,
久しぶりにさわやかな読書をさせてもらった印象だ。

これから「放牧」に出ることになるのだろうが,
ぜひリフレッシュして,また「いきものがかり」として
ファンの前に姿を現してほしいものだ。

(1) 自伝の執筆
(2) 昨年夏の海老名と厚木でのライブ(3人の出身地)
(3) 10年という区切り

これらから,私は「放牧」の時期が来たと判断した。

2017年1月21日 (土)

社会科サークルの新年会 2017

昨日は,上記の会に参加した。

参加者は,7名(大石さん,篠原さん,宮崎さん,森田さん,
高橋さん,坂本さん,私)。

乾杯のあと,しばらく飲み食いをし,
いつもながらの「おみやげ資料」を披露しあった。
これが我が社会科サークルの特徴で,
私は先日購入した満州国の通貨をご覧いただいたが,
遺跡の現地説明会の資料あり,戦時債権のカラーコピーあり
授業プリントのコピーあり,新聞記事のコピーあり,
各種催し物の案内あり,「悩み相談」ありで,
7人が交流し合った。                                               

今年も元気に1年間,楽しく例会が持てたら幸いである。
皆さん,よろしくお願いいたします。m●m

満州国の通貨

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2017/01/post-d31e.html


昨日の部活動 1/20

昨日は,朝練+「金外」で雪も舞う寒い日だった。
風邪をひいてもしょうがないので,下校させた。
明日は,真ん中のコマで10時半~1時半。
ただ,卓球部が練習試合らしく,
途中で場所を変わる必要がありそうだ。
(ステージ側で12時半まで,移動,教官室側で最後まで
むけけけけけけけむむむむむむむむむむむむむけ

昨日は,朝練+「金外」であった。
しかも小雪舞い散る寒い日だったので,
早めに下校させた。

本日は,卓球部が練習試合を入れているため,
10時半~12時半・・・ステージ側
12時半~1時半・・・教官室側
ということで,移動して協力してあげよう。

ネットは,男子のものを仕舞いつつ,
女子のものを高さを上げて使うといいだろう。

明日は,下山口駅午前7時半集合で,
新所沢の市民体育館に向かう。
市民バレー大会で,先日の1年生大会のリベンジを果たそう。
合言葉は,「リメンバー 24対26!」である。


2017年1月20日 (金)

「所沢シティマラソン」についての残念なニュース

私も走ったことがあり,毎年応援している所沢シティマラソンで,
残念ながら不正行為があったというニュースを先ほどネットで見てしまった。
多くの人が参加することを楽しみにしているこのマラソンなのに,
大変残念なことであった。

所沢シティマラソン

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%89%80%e6%b2%a2%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3-%e5%84%aa%e5%8b%9d%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%82%89%ef%bc%93%e4%ba%ba%e3%82%92%e5%a4%b1%e6%a0%bc/ar-AAm0n4D?ocid=spartandhp

『いきものがたり』が半分を通過

今週に入って読み始めた『いきものがたり』。
本当に電車・バス通勤のお供となっている。

P1172142

デビュー前の苦労話は初めて聞くものも多く,
その土台があってこそ今があるという感じもしてきた。
やはり何事も1から上手くいくということはないのだ。
それを知って安心した。

私が初めて参加した横浜アリーナ(2013年9月)のライブ。
2回目の武道館(2015年5月)も,今後出て来るのかな?
今から楽しみである。

東京めぐりのしおり集会

昨日の5・6校時を使って,
視聴覚室でしおり集会が行われた。
東京めぐりの当日まであと6日しかないのだが,
そのイメージ作りも兼ねて。
何しろ一度見たことがある映像というのは
記憶のどこかに残っているわけで,
総合の担当の先生の「休日を使っての取材」の
苦労が偲(しの)ばれた。

こういう仕事はやったことがある人にしかわからないので,
その慰労と感謝を込めてここに書かせていただく。
集会が終わった時にも「シナリオまで作って,ご苦労様でした」と
言葉はお掛けしたが・・・。

私は集会の様子を写真で撮影し,6時間目には廊下に掲示した。
(模造紙に10数枚の写真を大小散りばめて)
これがその先生と生徒たちへのエールである。
中高と写真部で,新任の頃も写真部の顧問だった私は,
退職前のこの時期にまた,その技術を発揮している。
デジカメとパソコンの発明によって,写真環境は大きく変わった。

P1192143


昨日の部活動 1/19

昨日は,午後4時15分~4時45分の
わずか30分のコマだった。

間仕切りの網なしでやっていたので,
隣りのバスケットボールの方へ
バレーボールが入らないかとヒヤヒヤした。

昨日も放課後「自主練」に出かけた。
30分では,部活とは言えないものねえ。

「貧富の差」を実感させる報告

翔空さんに教えていただいたネタを,
少々加工してみた。
中学3年生の授業で紹介したら,
とても驚いてくれたので・・・。

世界の所得上位8人に「マイクロソフトのビル・ゲイツ」や
「フェイスブックのCEO」が入っているというのが現代的。
ちなみにトランプ大統領の総資産は3800億円で,
米長者番付で156位だそうです。
それでも,毎日1億円使って,それが10年間ずっと続けられるのですが・・・。

世界の所得上位8人の資産 36億人の総資産に匹敵

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170117/k10010842021000.html

2017年1月19日 (木)

第三のサイト

ニフティ―ののココログには,
3つまで無料でブログのサイトを作れることになっている。

12年前から使っているのが「肥さんの夢ブログ」。
仮説実験授業と古田史学の話題を中心に,
いろいろな発信にチャレンジしてきた。
昨年9月にめでたく100万アクセスを達成して,
翌月に新所沢・離騒庵で「夢パ」を行った。

1年前から使っているのが「多元的「国分寺」研究サークル」。
現在は,川瀬さん・山田さんともに,もともと大和政権には「国分寺」はなかったが,
九州王朝の建てた「国府寺」を改築等をし,
七重塔を加え,金泥のお経を納経するなどして
「国分寺化」していったことを論証しようとしている。

さて,「第三のサイト」についてである。
これを開設してというか,私が書いているのを伏せて書き,
これまでの教員生活を振り返るサイトとして,
最低1年間ほど書き続けようというものだ。
ゆくゆくは「ガリ本以上の書籍」を目指したい。
かつて担任した生徒たちや同一校に勤務した同僚たちの話題も
元気のあるうちに書いておきたい。(辞めてからだとパワーが心配)
また,書きたかったけれど,プライバシーの問題や現在直面している問題で
書きにくいことをストックしておいて将来の出版に備えようということもある。

ということで,第三のサイトを作るが,
いつ始めるとか,サイト名,ハンドルネームを明かすと,
その意味がなくなってしまうので,
来年4月1日(退職した翌日に公開)まで内緒ということにする。
第三のサイトに「ご期待」下さい。(o^-^o)

アパートの作り方(22)

昨日帰宅して観察したところ,
配管関係で変化が見られた。
さらに細いホースのようなものが,
上下水道の設置用に取り付けられていたのだ。

P1182140


「いいかげん」がいい加減!?

昨日『第七巻』が入手できないことを
「夢ブログ」で嘆いた。
するとありがたいことに離騒庵さんから,
「国会図書館にはあるはずだ」というご指摘をいただいた。
ありがとうございます。

もちろん私も「国内で発行された本は,
国会図書館に寄贈されているはず」という常識があったので,
「『新修 国分寺の研究』第七巻・補遺」で検索してみた。
ところが「そのキーワードに当たるものはない」という回答で,
「なんで国会図書館にないのだ!」と嘆きつつ,
アマゾンに頼ったという次第であった。

もしアマゾンに第七巻を含む8冊セットがあったら,
大枚10万円を投じていたところだったが,
幸か不幸か「在庫なし」の返事。
(「第1巻」から「第六巻」の7冊(第五巻は2冊)は
私も持っているので,その旨返信した)

さて,離騒庵さんからコメントをいただいて,
もう一度頭を整理してみた。
やはり原則に基づいて,「国会図書館に寄贈されているはず」
という所から再出発してみようと考えた。
すると「もしかしたら,検索のやり方が詳し過ぎたのかもしれない」
というグッド・アイデアに至ることができた。
そして,『新修 国分寺の研究』で「浅く検索」してみたのだった。
ヒットした!しかもピンポイントだった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-所蔵場所ごと
東京:本館書庫
-所蔵場所ごと
関西:総合閲覧室

資料種別
図書

請求記号
HM111-176

タイトル
新修国分寺の研究. 第7巻(補遺) / 
タイトルよみ
シンシュウ コクブンジ ノ ケンキュウ. 7. 

責任表示
角田文衛 編.

出版事項
東京 : 吉川公文館, 1997.11.
形態/付属資料
730p ;  27cm.
ISBN
4-642-07643-3 :

価格等
33000円

全国書誌番号
98050681

個人著者標目
角田, 文衛, 1913-2008 || ツノダ, ブンエイ 

地名件名
日本 -- 遺跡・遺物

普通件名
国分寺

NDLC
HM111
NDC(9)
185

本文の言語
jpn

国名コード
ja

書誌ID
000002659043

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり大原則「国会図書館に寄贈されているはず」は正しかった。
ということで,今回の「教訓」は,次の通り。

(1) すぐ諦めないことが大切である。
(2) だが,すぐ諦めて「夢ブログ」に書くことも大切である。
(3) 目的地に最短距離で近づこうとせず,まず周りから攻めることが大切。
(4) いいかげんは「いい加減」ということも,頭の隅に入れておく。
(5) 「急いてはことを仕損じる」(ことわざ)

離騒庵さん,あらためてありがとうございました!
さて,いつ国会図書館に行けるかな?

昨日の部活動 1/18

昨日は,専門委員会+清掃なしの日で,
午後練も1時間ほどできた。
しかし,生徒会本部の仕事を終えて
体育館に到着した時には,
「最終下校まであと5分」というのに
まだ片付けが終わっていない
男バレの姿があった。
「遅すぎる!」

実は,朝練の時,最近ボールの片付けが
いい加減になっているとの他の部の先生から話を聞き,
男バレ部内の係分担をくじ引きで決めたばかりだったのだ。

ボール係2名,真ん中の網係2名,カーテン係2名,
ネット関係(支柱も含む)6名。

本当は校訓の「自主・自律」で行きたいのだが,
そうすると「人任せ」が横行するので,
残念ながら決まりのお世話になることにした。
ホッとするとともに残念な処置であった。

2017年1月18日 (水)

残念ながら『第七巻』入手できず!

残念ながら以下のような結果のメールが届きました。

歴史の解明のためには,「高くても入手したい」と思い,
「清水の舞台」から飛び降りる気持ちで注文したのですが,
気持ちが宙に浮いています。
どこかの図書館でコピーできるものなら,
ちょっとぐらい遠くても行くのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注文番号 250-9937915-9957427:
1 / 新修 国分寺の研究〈第7巻〉補遺 [ASIN: 4642076433]
 
------------- メッセージはここから -------------
 
昨日、以下のメールを送信させて頂きましたとおり、
全8冊のセットは在庫切れとなってしまいました。
大変申し訳ございませんが、ご注文商品は在庫切れとして
処理をさせて頂きます。
尚、未読、美本の販売価格7冊セットで80000円は在庫してます。
 
ご注文頂きました商品ですが、大変申し訳ございません、
全8冊のセットは在庫切れとなってしまいました。
現在、在庫しておりますのは、一巻、二巻、三巻、四巻、五巻の上下、六巻の
7冊セットになってしまいます。
こちらは、未読、美本となります。販売価格は7冊セットで80000円となります。
まだ、アマゾンには登録しておりません、よ
よろしかったらご連絡を頂きたくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上7冊はすでに持っているので,
注文をキャンセルするメールを送りました。

2月の楽しみ

1月半ばも過ぎた。
そろそろ「2月の楽しみ」といきましょう。
どんなことが待っているかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4(土) 高崎サークル
5(日)

11(土) 浦和サークル
12(日) 地域清掃

18(土) 昭島サークル
19(日)

24(金) 学年食事会
25(土) 『たの授』公開編集会議
26(日)

※ モルテン杯がどこかに入るはず。昨年は,1月31日だった。

※ 前半に「教育論文の結果」が届くはず。

※ 2年生は歴史を終えて,日本地理へ。3年生は2月で公民が終了!
                                          

1月前半のアクセス数

久しぶりに「アクセス解析」してみました。
「資料」として掲載するので,
興味のない方は飛ばして下さい。

これまで「UU」の数は100~150だったので,
ここのところの増加の原因は,
「こんなことが・・・」か「アパートの作り方」か?

1日に数回訪問して下さる方も,
少なくないようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日付
PV(検索を含む数)
Visit(実際の訪問してくれたのべ人数)
UU(ダブリをのぞいた実際の訪問者の数)

01/01(日)
299
131
107

01/02(月)
393
140
112

01/03(火)
307
137
111

01/04(水)
350
157
132

01/05(木)
398
176
136

01/06(金)
349
162
130

01/07(土)
361
157
132

01/08(日)
319
161
139

01/09(月)
524
186
144

01/10(火)
298
174
149

01/11(水)
401
192
148

01/12(木)
500
192
160

01/13(金)
623
188
153

01/14(土)
534
182
140

01/15(日)
577
215
169

01/16(月)
589
228
195

01/17(火)
441
192
163

画用紙1枚の防災教育

太平洋プレートの端っこに生まれ,
環太平洋造山帯の上で生活してる私たちには,
一生のうちに何回も自然災害に遭遇する可能性がある。

昨日は1月17日だったので,それをきっかけに,
「画用紙1枚の防災教育」を行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月17日 死者~名 行方不明~名
3月11日 死者~名 行方不明~名
4月14日 死者~名 行方不明~名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん~には具体的な数値が入れてある。
それぞれの災害の共通点や相違点を確認したり,
支援の経験を語ったりすることが,
私のささやかな防災教育である。

※ 東日本大震災の経験は生徒たちもしているので,
イメージしやすいところである。
関西では阪神淡路大震災,
九州では熊本地震を中心にするといいだろう。
関東大震災からもう94年目である。
かつて「70年周期説」というものがあったが,
今はどうなっているのだろうか?

イチゴも人のためならず

昨日はとてもうれしいことがあった。
共済組合の券で「いちご」がもらえることを昨年教わって,
この「夢ブログ」でも紹介したことがあったが,
どこに入れたかわからなくなっていた。
その券が昨日見つかったのだ!ヽ(´▽`)/

「くもの糸」という道徳の教材があって,
[カンダタは極悪人だが,若い頃やった善行をお釈迦様に思い出してもらい,
雲の上から救出のためのクモの糸を垂らしてもらえる。・・・」という話だ。
私は昨年いただいたイチゴを職員室で配るという「善行」をしたという実績がある。
「お釈迦様ともあろう方だから,きっとそのことを思い出していただけるのではないか・・・」
と念じながら探したら,ありましたよ。イチゴの券が!

これで今年もイチゴ3パックをゲットできそうです。
でも,全部自分だけで食べないで,「おすそ分け」をしておきましょう。
情けは人のためならず。イチゴも人のためならず・・・。(笑)

昨日の部活動 1/17

昨日は,火曜日だったので,
朝練のみで「定休日」となったようだ。
(火曜日に塾通いが多いこともあって)

しかし冬場は練習時間が短いので,
それを補うために公民館練習もやっている。

保護者の方とコーチが連携をとり,
ちゃんと保険にも加入してやっており,
私としては感謝している。

しかし,それはあくまでも「自主練」ということで,
私は関与していないことになっているので,
あまりここに書くことははばかられるのだが,
たまには「感謝している」ということは書かせてもらいたい。

「歴史は夜作られる」という言葉がある。
「バレーも夜作られる・・・」かな?

【今後の予定】

21日(土)・・・10時半~13時半

22日(日)・・・市民バレー大会 午前7時半,下山口駅集合
男子は第4試合からとなるが,
今回はアベック参加の「女バレの応援」もあるので・・・。
当然お弁当も必要となります。

1回戦の相手は,東中。
勝ち上がって,向陽中と富岡中の勝者と決勝戦。
先週は失敗したので,今週はリベンジ!
「リメンバー 24対26」である。

29日(日)は,富士見東中で,1年生大会の地区大会。
午前7時正門集合で,すみませんが,遠いので「車出し」をお願いしたいです。
もしだめなら,午前6時半下山口駅集合で,電車で行くことになります。
1日となるので,お弁当も必要です。

※ モルテン杯などの予定はまだ入ってきていません。
入り次第連絡します。

『いきのもがたり』

水野良樹著,小学館発行,1574円+税の
上記の本を一昨日入手し,昨日から読んでいる。

P1172142

いきものがかりのリーダー水野による自伝で,
彼のツイッターで書いた文をまとめたものらしい。
450ページもあるが,読みやすくて,もう3分の1読了した。
現在,話はメジャーデビューの「SAKURA」のあたりだ。
いきものがかりのファンの人もそうでない人にも,
読むことをお勧めする。
「元気が出る本」である。


2017年1月17日 (火)

アパートの作り方(21)

昨日帰宅したら,たくさん置かれていた塩ビのパイプが,
きれいさっぱりなかった!
床下に配管されたのかと見ると,それもない。
いったいあの塩ビのパイプはどこへ消えたのか?
気が付くとトラックやパワーショベルもない>
それに大きな穴も掘ってあった!
これはどうしたことか・・・。

P1162139

P1172146

北側に廻って地面を見たところ,
上下水道のメーターなどの施設が・・・。
どうもこれは離騒庵さんのおっしゃる通り,
「塩ビのパイプは地下に埋められた」が正解のようです。
さすが「本職」ですね。

P1172143

P1172144

昨日の部活動 1/16

昨日は,午後3時15分~4時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

学年会が本日に延期されたため,早く部活に出られた。
これが1年間続いたら,部活も変わるだろう。

さて,どうして人間は退化するのか,という議論が
コーチとの間であった。
それは,かつて基本に忠実にプレーして信頼も勝ち得た生徒が,
上級生になると雑なプレーをして成長が止まったかに見えたからだ。

その答えは,私の中でははっきりしていて,
脳は能率よく進むことを選ぶので,
基本に忠実でなくてもある程度ボールをレシーブできると判断すると,
腰が高くなり,両腕で平らなまな板を作らなくなるのだ。
つまり「進歩」と「退化」は表裏一体のもので,よほど自分で「意識」しない限り,
脳の命ずるままに近道・短縮路・基本を忘れた雑なプレーになるのである。

では,どうしたらそれを防ぎ,基本の大切さを思い出すことができるか?
それは私もまだ模索中であるが,上記の考察から言えることは,
次々と新しいテーマ(練習)を与えて,体に基本の大切さを覚えてもらうということだろうか。
それは何もスポーツだけに限ったことではなく,日常生活でも研究活動でも同じことだ。

その最近の失敗例が,先日の「上野国分寺」の伽藍配置の件。
何回も現地に行っているので自分なりにイメージ(しかも間違った)を持ってしまい,
共同研究者の川瀬さんと山田さんにご迷惑をかけてしまった。
どうもすみません。m●m

だがしかし,その失敗があったおかげで,やる気も出て,この文も書いたし,
「「なかった」の系譜」という文章(まだ項目を並べただけだが)に取り掛かることができた。
水前寺清子の「365歩のマーチ」ではないが,人生は「三歩進んで,二歩下がる」である。
そして,幸せになりたかったら「休まないで歩け」ともあの歌は教えてくれている。

大和政権には「なかった」ということを論証してきた古田史学

題名が長いが,正確に書くともっと長いものになる。
「大和政権にはもともとその事実が「なかった」ことを,九州王朝なら「あった」と論証してきた古田史学
ないし多元史観」という感じだろうか。

今私たちは、「「国分寺」はなかった」という論証に取り組んでいる訳だが,
どういう系譜の中でこの仕事がされているのかという位置づけをしてみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【古田武彦氏の古代史三部作】 

・『「邪馬台国」はなかった』 魏志倭人伝に「邪馬台国」はなかった → 「邪馬壹国」とあった
 (ヤマト(大和)と読みたいので,「邪馬台国」と改竄した。「台」でも駄目だが・・・) 

・『失われた九州王朝』 「景行天皇の北九州平定」はなかった → 「日本書紀」が九州王朝の歴史を盗用した

・『盗まれた神話』 「ヤマトタケルの東海・関東平定」はなかった → 「日本書紀」が関東王朝の歴史を盗用した

【市民の古代】

・第3集 古田講演 「遣隋使」はなかった → あったのは「遣唐使」

・第4集 毛利一郎 ヤマトは最初の地名ではなかった → ?

・第8集 万葉集と多元史観 → もともと筑紫の万葉集が先行してあった

・第11集 「九州年号」とは何か → 700年以前に大和年号はなし(701年,初めて大宝を建元『続日本紀』)

・第12集 2種類の風土記 → 旧型(国県制)は九州王朝時代に作られたもの

・第13集 横山妙子「常陸風土記に見える「行政単位」」 → ?

古田講演「大嘗祭と九州王朝の系図」 → 持統天皇に至って確立。天武天皇は「褒美を与えた」。
                           それ以前は主催もせず,褒美も与えず。では,誰が?
 
【新・古代学】

・第4集 大越邦生 多元的「冠位十二階」 → 九州王朝の冠位を真似した

・第7集 鼎談 古田・溝口・西村 「君が代」をめぐって → もとは九州王朝の讃歌だった

【なかった】

・第二号 古田 「トマスによる福音書」 → 聖書も「複数の神」から「単数の神」に改竄した

・第五号 古田 「大化の改新」はなかった → 九州王朝の歴史だった?

【古代に真実を求めて】

・第八集 古田 「磐井の乱」はなかった → 6世紀ではなく,7世紀の唐・新羅による占領下の出来事か

・第九巻 古田 「釈迦三尊」はなかった → ?

・第十四集 今井・合田 越智国(愛媛県)に「紫宸殿」があった → 当時は太宰府から避難していた?

・第十五集 正木 筑紫にあった飛鳥 → それを盗用して大和に持ってきたか?

・第十七集 合田 斉明と天武は親子か? → 斉明は九州王朝の天皇だった? 

【その他】 

・肥沼 日本古代ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か? 
 (「作った」という記事がないのに「コースの変更」はする6300キロの高速道路。
 白村江の戦いを前に,九州王朝が全国に作った軍用道路だったのではないか?)

・川瀬・山田・肥沼 多元的「国分寺」研究(聖武天皇の「国分寺建立の詔」には「国分寺」という言葉は
 1回も出てこない。その代わりに「七重塔を造れ」「その中に金泥文字のお経を入れよう」とは出てくる。
 では,「国分寺」のもとは何だったのか?いったい誰が命じて造ったのか?その歴史の中で聖武天皇が
 やろうとしたことは?)

(未完)

2017年1月16日 (月)

こんなことが・・・(4)

題名を見て,「えっ,また落ち込んでいるの?」と思ってくれたあなた。
ありがとうございます。
転んでも只では起きない肥さんが,
1週間の時を経て復活しました!

この1週間いろいろ悩みましたが,
「この問題をどう解いていくか」という時間を持つこともできました。
それを詳しくここに書くわけにはいかないのが残念ですが,
あなたに直接お会いした時にお話しできるようにはなりました。
ぜひその節には,「あの話,どうなったの?」とお聞きください。

なんだか,つきものが取れたように気分が楽です。
これから朝シャワーして出勤します。(o^-^o)

これまで多くの仮説関係,夢ブログ関係の方たちに,
温かい声を掛けていただきました。
本当にありがとうございました。m●m

「国分寺」はなかった・・・

古田武彦著『「邪馬台国」はなかった』という本がある。
これは「魏志倭人伝」の中には,「邪馬台国」という国名はないという意味である。
(あるのは,「邪馬壹国」という名称)

それになぞらえて,我が多元的「国分寺」研究サークルの
サイトの中にも書いたのが,「「国分寺」はなかった」というフレーズである。
つまり聖武天皇が出した「国分寺建立の詔」の中には,
「国分寺」という言葉は1回も出てこないということを言いたいのである。
(九州王朝が各国に置いた国府寺を改築したりして作ったもの)
では,何が書いてあるかというと,
「七重塔」を建てよということと,
「聖武天皇(私)が金泥でお経を書くので,そこに納めよ」
ということである。

ところが,事はそう簡単には進まなかった・・・
というのが今私たちが行っている研究の内容だ。
大変衝撃的であるとともに,大変論理的な内容になると思う。

ちなみに「新古代学の扉」でサイト内検索をしたが,
まだ1件もヒットしなかった。

上野国分寺の伽藍配置図

何回も行っているのに,いや何回も行っているからか,
上野国分寺の伽藍配置図の単純間違いで,
川瀬さんや山田さんにご迷惑をかけてしまった。
もう一度しっかり頭に入れておこう!

上野国分寺の伽藍配置図

http://www.takasakiweb.jp/news/photo/2014/08/250103.jpg

それにしても,「国分寺にはいろいろな伽藍配置があり,
似たものはあっても,これほど多彩だとは,
まだ日本の(世界の)皆さんは知らない。

これを他の誰より早く知ることができている“先駆者効果”を生かして,
少しでもお2人の力になれれば(せめて,邪魔しないようにせねば)」と,
今日もまた改めて誓う肥さんであった。(^-^;

昨日の部活動 1/15

昨日は,午後1時~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

「リメンバー24 : 26
➀市民バレー → リベンジ(優勝)
➁1年生大会 → リベンジ(3位以上)」

とホワイトボードに書き,。
次の目標をはっきりさせた。

新人戦が終わり,1年生大会が行われるこの時期は,
来年を占う大切な“成長期”である。
そのためにも,昨年作った
「強いチームほど基本を大切にする」
という掲示資料をプリンアウトしようと思った。

『古代は輝いていた』シリーズ入手!

古田武彦氏のミネルヴァ書房の復刊本で,
まだ入手していなった最後のものを入手した。
(現在25冊。27冊までは予定が出ている)
『古代は輝いていた』シリーズの3冊である。

P1152138

『『風土記』にいた卑弥呼』~「日本の生きた歴史」では,
 「「時の位」論」「漢音と呉音論」「「安倍家文書」の真実ーー秋田孝季,再論」を収録

『日本列島の大王たち』~「日本の生きた歴史」では,
 「靖国神社の根源批判」を収録 

『法隆寺の中の九州王朝』~「日本の生きた歴史」では,
 「「偽史」批判」「再び多賀城をめぐって」を収録。

一度各社から出版された本も大部分が絶版となり,
このミネルヴァ書房の古田本復刊は,本当に歴史的快挙である。
私も小さくていいから,そういう仕事をしたい。

旧版の古田本は,表紙と目次をファイルに整理し,
思い出として本棚に収められている。
復刊本購入の目的は,まず「日本の生きた歴史」という増補部分を読み,
退職後本文を再読するという計画で集めている。
(ミネルヴァ書房版は,表紙はシンプルな白色に統一されていて美しい)

(1) 古田史学関係本棚(古田武彦氏の本が中心) ← ここのトップがミネルヴァ書房の復刊本
(2) 仮説実験授業関係本棚(板倉聖宣氏の本が中心)
(3) その他の本の本棚(長谷川宏氏や村田栄一氏など)

2017年1月15日 (日)

寒かったが,雪にはならなかった

昨夜は大変な冷え込みで寒かったが,
なんとか自宅辺りは雪にはならなかった。
「不幸中の幸い」というべきか。

超「西高東低」の天気図

http://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AAlS5dI.img?h=468&w=624&m=6&q=60&o=f&l=f&x=425&y=309

こんなところで・・・

こんなところで・・・という場所で
知り合いに会うと驚くものである。

ここ20年あまりお世話になっている教材屋さんと,
電車の中でバッタリお会いした。
これから昔の知り合いの先生方と飲み会だという。

彼には,選択社会の時間に縄文土器の野焼きを
何回も手伝っていただいた。
その完成率は,100%に近い。
まさに「野焼き」の名人である。
教員生活の半分以上の年数お世話になった。

この「夢ブログ」も読んでいただいていて,
用事さえ入らなかったら「夢パ」にも来ていただいた方である。

「やっぱり縁があるなあ」と思いつつ,
今形になりつつある多元的「国分寺」研究の話を聞いてもらいながら,
私はその方との長いお付き合いを思い出していた。

アパートの作り方(20)

帰宅したらハワーショベルに加えて,
塩ビの長いパイプを積んだトラックも停車していた。
私の想像では,2階から下への排水用のモノかと思う。
(その辺は,離騒庵さんの専門分野ですかね)

P1142161

P1142162

P1142163


1年生大会・市予選 2016

昨日上記の大会が行われた。
木下兄コーチにお世話になった。

2勝1敗ということで,「2位通過」ということになってしまった。
他の地区の「1位通過」のチームと試合をする公算が高い。

最後は24ー26と2点差まで追い詰めたのだが,
やはり最初の10点までが「2ー8」では,
なかなか勝つことは難しい。

【対戦成績】

対東中 25ー19   〇
対富岡中 25ー15  〇
対向陽中 24ー26  ●

会場の富岡中の体育館には,
昨日もたくさんの保護者の方々が
応援に駆けつけて下さった。
ありがとうございました!

来週末(22日・日曜日)の市民バレーも,
よろしくお願いします。
(市民体育館にて。女子の試合を優先してやるので,
男子はお昼以降の試合になりそうです)

2017年1月14日 (土)

『新修 国分寺の研究』 第七巻・補遺

『新修 国分寺の研究』 第七巻・補遺を,
値段は高いが買うことにした。

何日も考えたが,やはり買うことのメリットが大きく,
買わない場合のデメリットを考えると,「私が買うべきである」と考えた。
昨夜,アマゾンにメールを送った。

【メリット】

(1) 「補遺」まで手を伸ばして,多元的「国分寺」研究の論証に役立てられる。

(2) 手元にあることの強み=なかなか所蔵している図書館が見つからないので,
 コピーをとるという手が今回は使いにくい。

(3) 「多元的「国分寺」研究に賭けている!」という意欲を見せられる。(笑。笑えない値段だが・・・)

(4) 買わないと,別な人(大多数が一元史観の人)の手に渡ってしまうかもしれない。絶対後悔する
 「本当の歴史」を研究している多元史観の我々が入手するべきである。

【デメリット】

 たたでさえお金がないのに・・・。(涙)

上野国分寺の「2つの金堂の謎」が解けるかも!

上野国分寺(群馬県)に何回も足を運び,
研究してきた成果が出てきたように思うので,
忘れないうちに書いておきたい。
(以下は,多元的「国分寺」研究サークルのサイトに,
コメントとして書いたものである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山田さんへ 川瀬さんへ

上野国分寺の話が出てきているので,何回も上野国分寺に
足を運んだ私の経験がお役に立つかと思い,コメントします。

(1) 数年前の発掘により,これまで金堂としていた場所の南に「本来の金堂」が出現」した。

(2) 私は2015年の11月頃「夢ブログ」で「今上の国分寺が面白い」という連載をして,
 「九州王朝が建てた国分寺の地層」の上に,「大和政権があらたな国分寺を建てた」と考えた。

(3) ところが,資料館の人に質問すると,「いや同じ地層の上に建っています」といことで,
 「違う地層」に「違う王朝」が建てた別の国分寺という事実そのものを否定された。

(4) 今思うに,これは寺の伽藍配置を入れ替えたための「金堂他の移動」で,
 当然「同じ地層の上」で行われた作業だったため,「同じ地層」であるという説明となったわけだ。

(5) 川瀬さん・山田さんとの共同研究の中で,伽藍配置の入れ替えがあることが明らかとなり,
 私の認識も進歩して,「下層に九州王朝の国分寺&上層に大和政権の国分寺」から,
 「同一地層での伽藍配置の移動・改築」というイメージへと変わってきた。

(6) やはり「もとの金堂の礎石」は九州王朝の「国分寺」(国府寺)のものであった。

(7) ということは,我々の説の正しさを上野国分寺の発掘状況は素直に表している。
 これでこそ「2つの金堂の謎」は解けるのである。

いかがでしょうか?

※ 『新修 国分寺の研究』 第七巻・補遺
値段は高いが買うことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今「上野国分寺跡」が面白い!(1)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2015/11/post-9e4c.html



今「上野国分寺跡」が面白い!(2)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2015/11/post-f331.html


今「上野国分寺跡」が面白い!(3)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2015/11/post-0e1e.html

年賀状の「実験」(2)

年末の12月26日に,
上記の話題を書いたのを覚えているだろうか?

年賀状の「実験」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/12/post-211b.html

今アルバムで掲載されている「20年前より昔の卒業生
(現在30代前半~40代後半)に年賀状を送ったら,
何通ぐらい返信をもらえるだろうか?」という
ちょっと変わった「実験」である。

ア.0通
イ.1通
ウ.数通
エ.半分
オ.過半数

もう1月も半ばとなったので,その結果をお知らせしよう。
あなたの予想は,どれですか?
 ・
 ・
 ・
正解は,「ウ」で2通だった。(3通は宛先人不明で戻ってきた)
0~1通だとちょっと寂しいなあと思っていたが,
2通来たので,とてもうれしかった。

中でも横須賀に引っ越しして,最近長男が誕生した男子生徒は,
中1の時頭に大きなケガをして生死の間をさまよった経験をした者だった。
「その後元気にしているか?(元気にしていてほしい)」と思って,
願いを込めて出したものだったので,格別うれしかった。
「夢ブログ」のことも書いおいたので,読んでくれていたら有り難い。

もう一人は,割とよく年賀状をくれたのに,最近どうしたのかな?
と思っていた男子生徒からのもの。
こちらも長女が誕生して,子育てに忙しそうな赤ちゃんの写真付きだった。
「おーい,お前もついにお父さんになったのかよ~」
突っ込みたくなる1通だった。

そのほか,新任校で写真部の部長だったK君からは
本当に律儀に「現在やっている仕事」などについての報告をもらっているし,
その他の生徒たちからも何通ももらえて,うれしい年の始めだった。

私は「返信派」なので,自分から出すのは10通ぐらい。
しかし,いただいた年賀状には必ず近況を印刷して返信しているので,
住所がわからなかったら「肥さん」で「夢ブログ」サイトを検索し,
コメント欄で聞いてくれてもかまいません。
私が許可しない限り,表に出さないでやりとりができます。

遠江(とおとうみ)国分寺へ行きたい

先ごろ亡くなった永六輔が作詞した
「遠くへ行きたい」という歌は有名である。

♪ 知らない町を訪ねてみたい
どこか遠くへ行きたい ♪

今の私の心境は,「遠江国分寺へ行きたい」である。

この国分寺は,古代史の重鎮・斎藤忠氏が
その発掘調査に関わったらしい。
今,多元的「国分寺」研究サークルでも議論になっている。
(『新修 国分寺の研究』には,石田茂作氏が報告を書かれている)

P1142157

静岡県のJR磐田駅から近いらしく,
夜行バスでも行けそうな距離である。

P1142155

多元的「国分寺」研究サークル

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2017/01/post-c216.html


アパートの作り方(19)

帰宅してみると,配管の塩ビなどの資材が
運び込まれていた。
写真には写っていないが,
パワーショベルも待機している。
来週は配管と駐車場づくりあたりの作業が
まず行われるということかな?

P1132154


昨日の部活動 1/13

昨日は,午後4時15分~4時45分のコマだった。
木下兄コーチのお世話になった。

コーチの指示とは違うことをやっていて,
お叱りを受けた生徒もいるようだ。
あと半日で1年生大会・市予選だというのに。
結局4チームの1セット総当たりで争うようだ。

ただし,地区大会への参加権は
向陽中と我が校にしかないので,
上位に入った方が「1位通過」ということなのだろう。
早くそうなってサークルへと旅立ちたい。

7時半,集合・出発。
あと5時間で家を出発の予定。

2017年1月13日 (金)

第1回 「卒業を祝う会」実行委員会

昨日の出勤に弾みをつけたのは,
上記の会を私が開かなければならなかったからだ。
(そういう意味では「不幸中の幸い」だった)

ただし,時間が30分しかない。
帰りの会が終わるのが4時10分で,
最終下校時間が4時45分。
前後の移動に5分ずつかかるので,正味30分ない。
初顔合わせの22名の実行委員たちと
いろいろなことを決めなければならないのに,
わずか30分もないのに大丈夫なのだろうか?(。>0<。)

ということで,私は早めに会場に出向き,
前の黒板に会の段取りを書くとともに,
実行委員の名前は紙とサインペンを回して書いてもらった。
2枚の資料は,到着時に配付。

(1) 三役決定

・実行委員長(2年) 
・副実行委員長(2年)  クラス・氏名は省略
・学年責任者(1年)

(2) スローガン

各クラスから1つずつ出してもらい,最終的に2年5組の案に決定した。

「Thank you for everything.
~今こそ伝えよう 胸いっぱいのありがとう~」

無事第1回「卒業を祝う会」実行委員会を終えた時,
最終下校のチャイムが校内に鳴り響いた。 

いきものがかりの2種類のDVD

私の疲れた心を癒すかのような宅配便が,
昨日の夜届いた。
待望のいきものがかりのDVDたちだ。

昨年の夏,神奈川県内で行われた2つのライブが,
2種類のDVDにまとめられている。

(1) 超いきものまつり2016・地元でSHOW!!~海老名でしょー!!!~

P1122152

(2) 超いきものまつり2016・地元でSHOW!!~厚木でしょー!!!~

P1122151

海老名とは水野良樹と山下穂尊の出身地であり,
厚木とは吉岡聖恵の出身地である。
つまり,3人の出身地に「凱旋」するライブが
いきものがかり結成10周年を記念して開かれたのだ。
(収録時間は,両方とも3時間20分ほど)

私は実際に2回(横浜アリーナと武道館)
いきものがかりのライブに行ったことがあるが,
その充実した内容に大満足して帰ってきたものだった。

今「海老名でしょー!!!」の方を流しながら,
このブログを書いている。(土砂降りの雨のライブであった!)
今週はいやなこともあったが,後半はしり上がりに調子が出てきた。
この勢いで,1年生大会も「1位通過」と行きたいものだ!

PS1 DVDの中には,いきものがかりが路上ライブをやっていた頃の映像もある。
「おお,やはり存在していたか!」という感じだ。これは,うれし涙モノだ。crying

PS2 この間,いきものがかりの「放牧期間」の話が出ているが,
それもいいのではないかと思う。
聖恵さんだって「お年頃」だし,「10年やる」という約束も果たしたわけだし,
地元に「凱旋」したわけだし・・・。
しかも,ご存じのように数多くの「愛唱歌」も残してくれたのだ。
1回「放牧」してあげるのが,本当のファンというものではないかと思う。horse

アパートの作り方(18)

帰宅すると,コンクリートを流し込んだ枠が,
全部外されていた。
「この上に建物が立っていくんだなあ」と思うと,
感激も一入(ひとしお)だった。

P1122150


こんなことが・・・(3)

昨日は,なんとか頑張って通勤し,
(油断すると,気分はすぐ沈みそう)
事態を良くする方向に努力した結果,
良い方向に向かいそうだ。

今回いろいろなことを考えた。
つらい思いも味わった。
だからこそ,
「こんな気持ちを人にさせないようにしたい」
というのが私の今の心境だ。

2017年1月12日 (木)

こんなことが・・・(2)

昨日,2人の方とお会いして,話を聞いていただいた。
話をしている間は心が軽くなったが,
その後は事態も進展せず,不安な気持ちで朝を迎えた。

張り切って三学期のスタートを切るはずだったのに…。

2017年1月11日 (水)

こんなことが・・・

この「夢ブログ」にはあまり悪い話題は書きたくないが,
「こんなことが・・・」と思うようなことが私の身に降りかかってきた。
とりあえず勝手に感情で動かず,
人に相談したりして冷静に対処したいが,
「そういうことが確かにあった」ということを記しておき,
少しでも自分の心の平静を保ちたい・・・。

アパ―トの作り方(17)

縦に造られていた溝に,゜コンクリートが流し込まれた。
いよいよ土台が出来上がる感じだ。
これまで土盛やその上のコンクリートで少しずつ高くなってきたが,
これで隣りのアパートとの土地の高低差がほとんどなくなった。ヽ(´▽`)/

P1102126

2017年1月10日 (火)

アジア圏の二倍年暦とイスラム圏の多倍年暦

古田史学ではよく出て来る話題なのだが,
古代アジア圏ではモンスーンの影響からか,
(1年の半分は南風,もう半分は北風)
昔は我が国でも二倍年暦が使われていた。
(今でも太平洋地域では,そのやり方の名残がある地域も)

私たちは1年に1回歳をとるが,
1年に2回歳をとる時期があったのである!
古代の天皇は長寿ぞろいで100歳以上の方が多いが,
それは1年に2回歳をとったので多いわけである。
だから,153歳の天皇がいたとすると,
153÷2=76あまり1で76歳と半年の寿命だったということだ。
私たちは今の常識(1年に1回歳をとる)で生きているように,
古代の人たちも当時の常識(1年で2回歳をとる)で生きていた。
私たちはそのことに気が付かないだけの話である。

弥生時代の卑弥呼の頃の倭人の平均寿命を90歳と聞いて(魏志倭人伝),
中国の人たちは驚いたというが,中国でも古い時代は二倍年暦だったのが,
その頃は一倍年暦に変わっていたのを,倭人の年の数え方を知って
驚いているということでなのあった。
ちなみに弥生時代の平均寿命は40歳ほどということだ。

さて,その応用問題が「聖書」に出て来る。
アダムの時代・・・1000歳くらい
セムの頃・・・500歳くらい
「聖書」が書かれた頃の寿命・・・40~50歳くらい
つまり「聖書」が書かれた頃にはもう私たちと同じ一倍年暦で,
1年に1回歳をとるやり方をしているのが,
アダムの頃やセムの頃は違う歳の数え方をしていたというわけである。
ではそれはどのような方法か?

古田武彦氏の著作『神の運命』(明石書店)によると,
24倍年暦(月の満ち欠けの半分)1年に24回あるから,1000÷24=40余
12倍年暦(月の満ち欠け)1年に12回あるから,500÷12=40余
ということで,平均寿命はあまり伸びなかったようなのである。
つまり彼らはイスラム圏で今使われている「月の満ち欠けで暦を作る」文化圏(太陰暦)に
所属していたというなごりを「聖書」の中に持っていたのだ。
もちろん今は,キリスト教は「太陽暦」を採用している訳だけれど…。

このように昔のやり方が今と違うからといって,
単純に間違いであるということはできない。
当時は「今と違う常識があったのではないか」という
慎重な判断が必要なのである。

1月の手品は?

本日は,3学期のスタートである。
新しい月の授業の開始日であるから,
生徒たちは当然期待してくる。
何をか・・・?

これが授業の内容というなら格好いいのであるが,
私はまだそこまでには至っていないので,
手品を用意しているというワケである。
(今回は,ハンカチが消えるという古典的なやつである。
う~ん,ちょっと緊張しそうだなあ・・・)

とはいえ,入学した年の4月から
毎月1つはやってきているので,
これまでの総数は20個ほどやってきている。
「手品先生」としては,けっこうベテランの方かもね。

P1092112


昨日の部活動 1/9

昨日は,午前10時半~午後1時半のコマだった。
コーチは旅行に出かけられたらしく,不在だった。
生徒たちで運営した。

あと4日で,1年生大会の市予選。
2チームで順位を決めた後,練習試合になり,
午前中で終わる予定。

午後は,飯能・日高サークルへ行くとするか。
(高崎サークルは,行けるとしても大遅刻なので,
ちょっと無理かもね)(。>0<。)

古賀さん関係の2冊の出版物

今春は,古賀さん関係の2冊の本(雑誌)が出版される。
両方とも古田史学の内容で楽しみである。

1冊は,『失われた倭国年号《大和朝廷以前》』で,
毎年1冊ずつ積み上げてきている明石書店発行のもの。
来年か再来年には多元的「国分寺」研究のものが出版できたら素晴らしいな。

もう1冊は,『唯物論研究』というちょっと異色の雑誌。
(故・藤田友治さんの関係であろう)
「「戦後型皇国史観」に抗する学問-古田学派の運命と使命-」
というような内容らしい。こちらも楽しみ。

2017年1月 9日 (月)

残りあと1日の冬休み

12月23日から始まった18日間の長い冬休みも,
残すところあと1日となった。何をしたらいいのだろうか?

午前中・・・まだまだ不完全な片づけをもう少し頑張りたい。

10時半~1時半・・・部活動。通信の発行も。

午後・・・神保町行き=古田本購入かな。ちょっと迷っている。

この冬休みも,ふじみ野高校杯・仮説の「年末の会」・箱根駅伝(法政8位)・
年越したそばの会・いとこのKちゃんの結婚式と充実した日々だった。
なにより健康で過ごせたことがうれしい。

1月中・・・どこまでアパートが建てられるかな?
2月・・・教育論文の結果はいかに? モルテン杯でひと暴れ!
3月・・・赤門演劇祭「真田十勇士」らしいぞ!観に行きたいなあ。
4月・・・「最後の1年」が始まる・・・。

3人オフ会 1/8

昨日は,例の3人オフ会で楽しんだ。
インターネットの恐ろしさばかり取り沙汰される昨今だが,
この人類最高の発明の1つであるこれに,
果たして禁止だけで教育と言えるのかというのが,その話題の1つだった。
(この場面では,九想さんと私が話し手。翔空さんが聞き手となる)

私たちはまだ慣れていないので,失敗を時にはするが,
素晴らしい使い方をしている方も少なからずいらっしゃる。
そういう例を紹介したり,自らが明るい話題を中心にしていくことで,
インターネットへの「離陸」を支援していきたいものである。

ほとんどの家では,パソコンやスマホが日常のモノとなっている。
先生方の中にもかなり浸透している。
この現状から出発して,「いっしょに考えていこう!」という姿勢でいきたい。
そういう意味でも,3人オフ会をずっと続けていくことが,
ひとつの大切なメッセージとなるのではないかと思う。

糸井重里さんは,かつて「オンリー イズ ノット ロンリー」と言った。
「俺たちは、インターネットで確かにつながっているのさ。
孤独だなんて笑わせるぜ」と私は訳したい。

P1082111


昨日の部活動 1/8

昨日は,午前8時半~12時半だった。
コーチはいらっしゃらず,自分たちで活動した。

生徒たちに,準備と片付けについて話をした。
(だいぶ補って文章にしてみるとこんな感じです)

「準備に30分かけていたら練習になりません。
なので2年生やレギュラーの1年生も準備を
率先して準備・片付けをやってほしいと思う。
私が最初に副顧問をさせてもらったT先生は,
3年生に準備をさせていました。
それを見て2年生や1年生は,自分たちも上級生になったら,
そうするものだと思っていました。
準備をすることが「義務」ではなく「権利」だった感じでした。
下級生に準備をさせて,上級生たちがしゃべっているチームは,
本当に強いチームにはなれないと思います。
なぜなら,上級生になったら楽ができる。
試合の時だけ頑張ればいい。とりあえずレギュラーに入ればいいと,
低い目標設定に陥(おちい)るからです。
今の状態を改善しなくては,いつまでも県大会に出場できただけで
満足してしまうチーム止まりで,関東大会など,夢のまた夢です。
ぜひ2年生が先頭に立って,部活を引っ張ってほしい」

準備に30分かかったが,片付けは10分で終わった。
あの感じでやってもらえれば,準備も半分の時間でできるだろう。

午後は,富岡中で行われていた女バレの市民バレー予選に向かった。
対北野中・・・2ー1 ○
対狭山ヶ丘中・・・0ー2 ●
対南稜中・・・2ー0 〇
内容的にはハラハラ・ドキドキの場面もあったが,
2勝1敗=予選2位通過で決勝リーグに進むことができた。
1月22日(日)にはいっしょに市民体育館で決勝リーグを戦える。
顧問のK先生も「男バレと何回も練習試合させてもらい,
ありがとうございました」とお礼を言っていただいた。

我が男バレとしては,当日は2連勝で優勝カップを持って帰ることが,
今回の最大の目標となる。
目の前の試合に集中して,必ず優勝して戻ってこよう。
これから3週間は,週末に戦いが続く。

14日(土)・・・1年生大会・予選(富岡中。午前中)
 天気はいいと思うので,自転車で行きたい。正門前に,7時半。
 実際は,向陽中との順位決定戦(決勝トーナメントのための)となる。
 もちろん勝てば,別の市の2位と戦えるだろう。

22日(日)・・・市民バレー(試合は2つだが,女子の後に入れられると思う)
 優勝カップの返還も行われる。下山口駅,7時半集合。電車で行こう。
 午後にかけてやるので,弁当も必要となる。

29日(日)・・・1年生大会・決勝トーナメント富士見東中にて。
 できたら車出し&応援をお願いしたいです。よろしくお願いいたします。
 正門前,午前7時。もちろん弁当の用意も。
 「所沢にこんなに強いチームがある」ということをアピールしてこよう。
 それが今後に大きく影響する。(選抜などの際)

2月にはモルテン杯もあるが,まず1月のこの“3つのヤマ”を越えて,
次をめざしていこう。
2年生にとっては,「引退まであと半年」ということでもあるのです。
悔いのないように戦ってほしい。

2017年1月 8日 (日)

親戚の結婚式

昨日は朝から弟の車に乗せてもらって,
八王子で行われる親戚の結婚式に参加してきた。

私は新婦の叔父にあたるのだが,
同じ職場で知り合った新郎と結婚することになった。

新郎はとても優しそうで,新婦のことをよく考えてくれそうな感じだった。
若い人たちの職場のようで,にぎやかで楽しく,
後半ちょっぴりしんみりさせる,なかなかいい披露宴だった。

※ ブーケ投げは行われず,それに似たブロッコリー投げが行われた。
 最近はそういうのが流行なのかな?

※ キャンドル・サービスも行われず,新郎がビールの樽をしょって各テーブルの
ピッチャーに入れて回り,その際そのテーブルの人と記念写真を撮る趣向だった。

※ 午後2時半から午後5時半まで3時間ほど披露宴は続いたが,
若い人たちはさらに6時半から「二次会」をやるという。本当に「疲労宴」である。(笑)

とにかく,姪が幸せをつかんだことは,
叔父さんとしてはとてもうれしいことだった。
よかったね,Kちゃん。

P1072007

P1072018

P1072108


社会評論社の「学信通信」シリーズ

学生時代に,当時世に出ていた学級通信を読んで,
教員生活に夢を馳せていた。
(実際に教員になってから,たくさんの学級通信を発行した)
それがアマゾンで入手できることがわかり,
年末から注文していた
それが,昨日全部そろったので紹介しよう。

(1) 村田栄一のもの

村田栄一『ガリバー』(1973年)
村田栄一『このゆびとまれ・正』(1979年)
村田栄一『このゆびとまれ・続』(1980年)

P1082109

(2) 村田栄一の仲間たちのもの

相川忠亮『きまぐれ月報・上』(1975年)
相川忠亮『気まぐれ月報・下』(1975年)
川津晧二『生きる』(1978年)

P1082110

1973年・・・『ガリバー』が世に出たのは,私が15歳(中学3年)の時
1980年・・・『このゆびとまれ・続』は,私が22歳(大学4年)の時

ということで,私が教員を志す時期に発刊されたものだ。
それも,すべて社会評論社である。
教員は聖職者であるというより,教員も労働者である
という視点で編まれたものだと思う。

なぜ『ガリバー』を読めたかというと,赤門塾・主催の長谷川宏先生が
解説「当事者の底力」を書いていたので,
「お前も読んでみろ」ということだったと思う。
その後自分でも入手し,村田を呼んだ会にも参加した。

一度は整理したこれらの本たちをまた入手したのは,
教員生活の終わりが近づいてきたということがあって,
彼らの学級通信をもう一度読んでみたくなったからである。

私は学生時代にはこのシリーズ(長谷川宏先生を通して)と出会い,
さらに就職浪人の年に仮説実験授業と出会い,
教員をしてしばらくして古田史学と再会するという,
大変な強運の持ち主であった。
それがこの35年間でどれだけ生かせたかはわからないけれど・・・。

2017年1月 7日 (土)

今年は「酉(とり)」年

今年は「酉(とり)」という干支(えと)です。
酉年には大きな変化が起きると聞いたことがありますが,
いい変化だったらどんどん起きてほしいし,
そうでないならできるだけ起きてほしくないものです。

古田史学の会の古賀さんが,年頭雑感として
「酉年」について書いて下さっているので,
ぜひお読み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第1317話 2017/01/03
年頭雑感、「酉年」考

===========

 今年の干支「酉(とり)」にちなんで、鳥の名前を用いた九州年号(倭国年号)について考えてみました。
九州年号(倭国年号)は九州王朝(倭国)の歴史を研究するうえで貴重なヒントを与えてくれます。
九州年号には中国の王朝や大和朝廷の年号とは異なり、仏教に関するものが散見されます。
僧聴・僧要・法清などです。
九州王朝が仏教を深く崇敬していたことは『隋書』イ妥国伝にも見えるとおりです。

 「敬佛法、於百濟求得佛經、始有文字。」
 (仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、初めて文字を有した。)『隋書』イ妥国伝

 ところが前期難波宮が完成した652年からそれまでとはがらっと変わって、
鳥の名前が年号に用いられ始めます。次の通りです。

 白雉(652~660年)
 白鳳(661~683年)
 朱雀(684~685年)
 朱鳥(686~694年)

 最初の鳥名年号「白雉」改元の年に、日本列島最初の朝堂院を備える北闕様式
(北に宮殿を置く都城)の前期難波宮が完成しています。
わたしは前期難波宮を九州王朝の副都と考えていますから、この頃に九州王朝の政治思想が変化し、
初めての北闕様式の王都・王宮を造営し、
九州年号もそれまでの仏教色を有するものなどから鳥名年号に変えています。
とりわけ、「白鳳」や「朱雀」は天子にふさわしい鳥名の年号です。
この時期、九州王朝に何が起きたのでしょうか。
 なお、今年は九州年号「継体」(元年、517年丁酉)が建元されて1500年になります。
今春、『失われた倭国年号《大和朝廷以前》』を発刊しますが、
偶然とはいえ幸先の良い一年になりそうです。(つづく)

===========

古賀さんが書かれた九州年号の周辺には,
古代史の解明を待っている数多くの事象が隠されている。

                ←559年 陳(南朝)の滅亡 一の子分・倭国はどう動く?
←581年,【隋】が中国を統一する
                ←国分寺の前身の「国府寺」が各地にできる。
                ←隋に「日出ずる処の天子(多利思北孤?)」が手紙を送る。
                ←611年,定居(太宰府に首都を置く決定)
                ←618年,【隋】代わって【唐】の登場
                ←618年,倭京(日本最古の条坊都市・太宰府の完成)
                ←650年頃,前期難波宮ができる(九州王朝の副都)。評制施行?

 白雉(652~660年) ←国内に北朝との対立を意識した軍用道路(東山道など)や神籠石の施設を築造

 白鳳(661~683年) ←662~3年,白村江の戦いで,九州王朝が唐と新羅の連合軍に完敗
                ←670年,大宰府に観世音寺の創建 
                ←670年,「日本国」の登場
                ←670年代,筑紫大地震の発生(大打撃)
                ←672年,壬申の乱がおこる(近畿ではなく,九州で?)
 朱雀(684~685年)

 朱鳥(686~694年)
                ←695年,九州年号「大化」が始まる。9年間。それに「大長」が続く
                ←701年,大和政権の初めての年号「大宝」が建元される。評制→郡制

                

・・・未完・・・

ブログ以前の九想話、復活!!

九想庵の九想さんが描いている九想話に,
うれしい話題が登場した
上記の「ブログ以前の九想話、復活!!」である。
私と九想さんの交流が始まった頃の様子が出て来る。
2001年というワケだから,実に16年前のことである。
その中から,特に懐かしいものを三つほど紹介しよう。
ぜひ読んでみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽家の花見(2001年4月)

http://www.asahi-net.or.jp/~tb9e-ogwr/2001/4gatu/hanami.html


楽家の先生たち(2001年8月)

http://www.asahi-net.or.jp/~tb9e-ogwr/2001/8gatu/0803senseitati.html


楽家話(2001年11月)

http://www.asahi-net.or.jp/~tb9e-ogwr/2001/11gatu/1130rakuya.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの頃私は「メールマガジン」を週刊で発行してはいたが,
「ホームページ」なんて知らない人見られるのは
恥ずかしくて手を出せなかったし,
まだ「ブログ」という存在も知らなかった。
そんな私が100万アクセスを達成して,
「夢パ」を開くようになるとは・・・本当に隔世の感がある。

年越したそばの会 2017

バレーボールのコーチをしていただいているだけでも
有難いと思っているのに,
生徒たちの喜ぶようなイベントもやって下さって,
本当に感謝・感謝・感謝である。
ということで,今年度も上記の会がにぎやかに行われた。noodle

会場のコーチの自宅にはテレビで春高のライブが観られ,
ナイスな会をさらにナイスに盛り上げて下さる。
半分ゆであがっていたところで「いただきます」をして,
食べ終えたテーブルには新たにゆで上がったそば(うどん)が
追加されるというシステムだった。

ところが,昨年までとは違って食の細い者が多く,
なかなかそばがハケていかない。
「たくさんそばを食べられる人はバレーも上手くなる」
というコーチの理論からいうとちょっと寂しい感じではあった。
しかし,飛び入りも含め15人の胃袋の容積はやはり大きく,
普段の給食の何倍も食べられたとは思う。

最後は恒例の「決意表明」。
個人目標とチーム目標とを発表し合って,
お開きとなった。

私のコーチへの今年のプレゼントは,
旧チームの1年間の活躍をまとめたカレンダー。
背番号の話題が出たついでに,途中でさせていただいた。
なにしろ「通算勝率が8割」のチームなんて,
そう担当できるものではない。
〇〇〇〇〇〇〇〇●●というのが,1年間続いたのだ。
しかもそれだけでなく,技術の向上も素晴らしかった。
惜しかったのは,公式大会で県大会の上位に行けなかったこと。
それは,今度の代でぜひ実現してほしい。

木下兄コーチ,もう1年間お世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

昨日の部活動 1/6

昨日は,午後1時~4時半までのコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

一昨日の春高の応援と昨日の年越したそばの会で,
モチベーションはかなりアップしたと思う。
そのパワーをぜひ1月中の大会にぶつけてほしい。

1月14日(土)・・・1年生大会・市予選(富岡中にて。午前中)

1月22日(日)・・・市民バレー(市民体育館にて)

1月29日(日)・・・1年生大会・本選(富士見東中にて)

保護者の皆様,あけましておめでとうございます。
本年もまた,車出し&応援をよろしくお願いいたします。

アパートの作り方(16)

新年の作業が早朝より始まった。
測量の道具まで登場して行ったのは,
各部屋を区切るコンクリートを流し込む,
枠みたいなものを設置する作業だった。

P1062003

P1062004


2017年1月 6日 (金)

春高を応援に東京体育館へ

今回の「春高応援ツアー」は,我が男バレの先輩である
K君が選手として出場するというニュースから企画された。
当然現役の生徒たちも1年生大会や市民バレー,モルテン杯への
モチベーションを高めることになるだろうから,
「ぜひ参加させてほしい」という気持ちで出かけた。
木下兄コーチにお世話になったほか,
K君のお母様からも,生徒たちの割引券のあっせん,
大会グッズのプレゼントをいただき,ありがたかった。
さて,昨日の試合は・・・。

対東洋高校 0ー2(17ー25,14ー25)

ということで,天理高校は初戦を突破することはできなかったのだが,
東洋高校は激戦区東京の代表であり,優勝経験もある伝統校である。
その学校と高校最後の試合で対戦し,思い出を作れたことを
バレーボールの神様に感謝すべきかもしれない。
(中学校で言えば,富士見東中に2回戦で当たるようなもの)

くやしいけれど,スポーツは実力の世界。
相手に勝ちたければ,練習して実力を付けるしかないのである。

東京体育館での様子は,以下の写真で。
K君は背番号「7」。

P1052039

P1052040

P1052048

P1052050

P1052054

P1052055

P1052056_2

ところで,今回の試合相手の東洋高校は,
今バレーボール界で活躍する柳田選手の出身校である。
彼のことを紹介したサイトがあったので,リンクしてみた。

石川選手と柳田選手の春の高校バレー時代

http://そうだったんだ.com/sports/7235/

高1のT君が,東洋高校戦のボール係をしてくれたらしい。
また,来年度高校バレー会にデビューする予定の中3のM君親子は,
なんと朝からきていたらしい・・・。

★ 本日は,「年越したそばの会」+P(午後1~5時)です。

昨日の部活動 1/5

昨日は春高の応援に行くという活動になっていたが,
それは午後の活動で,私は午前中から出勤して
部活動の仕事をしていた。

(1) そばの会の準備

今年度もコーチにお世話になり,年越したそばの会が開かれる予定である。
それが本日なのだが,いつもその日に私は何かのお礼をしようと思っていて,
その作業を学校で行った。それはコーチも見ているだろうからここでは紹介せず,
当日のお楽しみということで,「夢ブログ」では明日紹介する。

(2) 応援グッズの製作

春高を応援に行くための,応援グッズを作った。
東京体育館はかなりにぎやかな会場(10000人収容)なので,
音響より視覚に訴える応援ボードにした。

板目紙3枚をガムテープで横につないで,
ピンクと黄色の色画用紙を貼り付け,文字を書いた。
(これは本人に伝わったかどうかは定かでないが,
男バレの先輩のお母様には大いにアピールした。
何枚も写真を撮っていただいた)

P1052037

P1052038

この2枚は表・裏になっていて,
回転すると反対側が出るという仕組みになっている。
得点を挙げた場合は「いいぞ・・・」が飛び出し,
失点した場合には「頑張れ・・・」が飛び出す仕組みである。
どうせ応援するなら,何か応援グッズをを作っていくと
自分も盛り上がれるというワケである。

2017年1月 5日 (木)

愛媛県に「天皇」「紫宸殿」の字地名

合田洋一さんが『松前(まさき)史談』の中に書かれた
「「九州王朝」の終焉と新生「日本国」の成立~
越智国にあった「紫宸殿」地名の物語るもの」をリンクしてみた。

興味のある方は訪問してみて下さい。
「紫宸殿」だけでなく「天皇」という字地名も出てきます。


『松前史談』

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/masakisi/sisini29.html

本当の平和教育とは(板倉さんの言葉)

よく仮説実験授業を実施している先生が,
板倉さんの言葉として引用しているものに
「本当の平和教育とは」というのがある。
(初出『たのしい授業』№67,1988年8月号。
その後『仮説実験授業の考え方』1996年12月に収録)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当の平和教育とは         板倉聖宣

私はたいへん偏頗(へんぱ)なキツイ人間です。
にもかかわらず,仮説実験授業をやってきてから,ずいぶん寛大になり,
またずいぶんいろいろなタイプの人間を好きになるようになりました。
なぜなら,仮説実験授業を好きになってくれる人を,
私は嫌いになるわけにはいかないからです。

これまで,「ああいう人はどうも好きではないなあ」
「こういう人にはちょっとついていけないなあ」と思う人はたくさんいましたけど(笑),
ところがどうも,どんなタイプの人でも仮説実験授業を好きになるんです(笑)。
ある意味では,「仮説実験授業を好きになるタイプ」というものがあるようににも思うんですけど,
実際には人相的にみても全然違いますね(笑)。
目立ちたがり屋の人もいれば,理論派の人もいるし,何も言わない人もいるーーー
いろいろな人がいるわけです。そういういろいろな人たちを私は好きになる。

教室の中でも同様のことが言えます。
先生だって人間だから,子どもたちの好き嫌いがありますよね。
「ああいうタイプの子どもが好きで,こういうタイプの子どもは好きでないなあ」
なんて思うことがあります。そして,その好きなタイプの子どもを見つめながら
授業をやっていることが多いんです。
一方,嫌いなタイプの子どもたちを敬遠し,そういう子に対してはおそるおそると
授業をやっていることが多いんです。
ところが,仮説実験授業をやっていると,
嫌いなタイプの子どもたちが活躍するということが起こってくる。
そういうのを見ていて,はじめは「こんちくしょう」と思ったりするかもしれないけど,
やっぱり活躍してしまうわけだから,それを認めざるを得ないということになります。
そうすると,「あいつはとんでもない人間だ」「あんな人間はだめに決まっている」と
思っていた人間が好きになってくる。
おそらく,仮説実験授業をやって教師が上達する一番の道は,
そうやって「いろいろな子どもたちを好きになれる」という点にあるのではないかと思われます。

そしてもっと,スバラシイと思うことは,仮説実験授業をやっていくと,
「あんな奴はどうしようもなく馬鹿でイヤだ」と思っている子どもと,
「あんな優等生大キライだ」と思っている子どもたちの間に交流が生まれるということです。
それで,子ども同士,お互いが好きになるということです。
それがヒューマニズムというものではないでしょうか。

もちろん,仮説実験授業をやっていくうちに,子どもたちは〈科学というもの・仮説実験の論理〉
というものがわかってきます。そして自分のスバラシサを発見していきます。
そして,子どもたち同士がすべての友だちを好きになると同時に,
〈科学とヒューマニズム〉〈芸術とヒューマニズム〉というものが授業の中で生かされることによって,
教師がすべての子どもを好きになる。これが本当の平和教育ではないかと感じています。

P1052036

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が仮説実験授業を選んで35年目となった。
これまでいろいろな授業書を実施して,生徒たちと楽しんできた。
最後の1年間も,この板倉さんの思いを生徒たちに伝えていきたい。
なぜなら,仮説実験授業こそ本当の平和教育であるし,
こんな私でもそんな理想的な教育をできる幸運に恵まれたのだから・・・。


1年後の為替相場を予想しよう!

「株を買ってみよう・売ってみよう」という授業を
3年生の後半の経済学習でやっている。
今はどんな先生も知る実践だが,
30年前は「生徒に株を買わせるなんて」と
眉をひそめさせるような感じだった。

バブル経済では上がりに上がり,
2ヶ月で1.5倍になる生徒も出るなどものすごかった。
バブル崩壊後は「プラスになれば上々」というデフレ傾向。
それでも生徒たちには人気の授業で,
株式面や経済面に目を通してもらうことができる良い機会であった。

さて,トランプ候補が大統領になることになって,
次なる授業として考えているのが,「1年後の為替相場を予想しよう」である。
トランプ氏としては円高にしておきたいところだと思うが,
安倍総理はどちらかと言えば円安を考えている。
そのどちらに傾いていくか,生徒たちに予想させたい。

授業というのは日々のものが中心でどうしても近視眼的になるが,
長いスパンで経済や政治を見通していくのも広い意味の社会科である。
さて,現在1ドル=115円ぐらいになっている為替相場。
1年後にはどうなっているだろうか?

  ア.1ドル=104円以下になる(円高でトランプ氏の考えている方向へ)
  イ.1ドル=105~125円でほぼ変わらず
  ウ.1ドル=126円以上になる(円安で安倍総理の考えている方向へ)

1ドルをいくらで買えるのかが問題なので,
現在の1ドル=115円が1ドル=110円になると円高で,1ドル=120円になると円安と言います。
つまり,円のドルに対する価値が高いか・安いかという比較の問題なので,
数字としては大小が「反対」になります。

つまり,円高だと農産物の輸入には有利だが,自動車の輸出には不利になります。(海外旅行はしやすい)
また逆に,円安だと農産物の輸入には不利だが,自動車の輸出には有利になります。(海外旅行はしにくい)

『たの授』1月号の感想

仮説社御中

東村山の肥沼です。
『たの授』1月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』1月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) 「たのしい授業」を届けたくて(小原さん)

生徒たちが喜んでくれる授業をしたいとは,
多くの若い先生が望んでいることだと思います。
しかし,多くの形式が求められる上に,
たのしい内容がまずなかなか思いつかない。
それなのに,1時間だけ授業を見た講師の先生が
えらそうにその授業について語って帰る。
小原さんはそういう旧来の研究授業のあり方を
「お互いにとって〈ラッキー!〉と思える関係」に
持って行けないか」と積極的な提案をしてくれています。

(2) 隣の芝生(クラス)はなぜ青い?(伊勢さん)

たのしい授業をしていると思っているのに,
なぜか自分の担任のクラスだけ授業評価が低い。
その謎を解いてくれている伊勢さん及びその背景にある
山本正次さんのアドバイスには大いにうなずけるものがあります。
同じような悩みを抱えている人は,ぜひご一読を!

(3) もしもぺリーが来なかったら(阿部さん)

私も定年が近づいてきて,「ペリーの来航」の単元も
「最後の授業」をすでに行ってしまいました。
そこへ,阿部さんが新たな角度から焦点をあててくれました。
とてもたのしいです。これはスペシャル授業として,
「いつでもやれるように準備をしておかなければ!」
と思わせる興味深い内容でした。

昨日の部活動 1/4

昨日は「部活始め」であった。
木下兄コーチも1時間ほど顔を出して下さった。

いろいろな形でのパスで,「1000回」をめざしてチャレンジした。
青山学院の「39大作戦」ではないが,
ゲーム感覚で楽しむことが,緊張からの脱出にとっては効果大だ。

3・・・3回連続の箱根&大学駅伝・出雲・箱根という3連覇の「3」
9・・・原晋監督の箱根駅伝9回出場の「9」
thank you・・・応援してくれる方たちへの感謝の「サンキュー」

これらを短い語句にして,気持ちを1つにして戦えた(楽しめた)ことが,
精神面で彼らを支えていたと思う。
良いと思ったら真似しよう。
我が男バレにとって,どんな言葉がふさわしいだろうか?

女バレとやった2セットは,前半からリードされ,
最後まで追いつけない情けない戦いだった。
「声が出ない」「サーブが入らない」「気合が入らない」と
新年ボケ三拍子で,来週からの1年生大会や市民バレーに不安を残した。
唯一達成できたのは,
“「女バレ」にやる気を出させてあげる”
(女バレは,8日に市民バレーの予選がある)
ということであった。
それは「合格」。(。>0<。)

2017年1月 4日 (水)

法政が,箱根駅伝で総合8位に!

昨日も朝からテレビ漬けの1日でした。
なにしろシード権ぎりぎりの戦いなもので,目が離せません。
ようやく6~10位に入れそうだということで,安心しました。

来年は予選会にも出なくていいし,
じっくり仕上げて「伝統校の意地」を見せてほしいな。
来年の今頃は「卒パ」も終えて,
学校の荷物の整理をしているかもね。

法政大学(次年度のシード権を獲得)

http://www.hosei.ac.jp/NEWS/campuslife/170103_1.html

YAHOO!JAPANのニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000247-sph-spo

昨日は「逆回り」の年賀状

1日は午前9時に届いて早くて驚いたが,
3日は午後1時になっても届かず,
箱根駅伝を観ながら,まだ届かないのかと待っていたら,
ようやく年賀状が届いた。(午後2時近く)

私も高校時代に年賀状の配達をしたことがあるが,
2回目の年賀状は逆回りをしないと
「不公平」になるということか。

昨日届いたのはわずか7通だったが,
20年前の卒業生からのものもあって,
とてもうれしい気持ちになった。(o^-^o)

まさしく「歴史裏付ける近代遺蹟」

7日の現地説明会に私は行けないので,
昨日全生園に行って,例の「環濠」を撮影してきた。
本当に弥生時代の遺跡かと思われた。

P1032031

P1032032

P1032033

P1032034


2017年1月 3日 (火)

「歴史裏付ける〇〇遺跡」

読売新聞の大晦日の朝刊を見て驚いた。
上記の記事が出ていたからである。
普通歴史裏付けるとくれば「古代」とか「中世」が続くことが多いが,
(私も,「何か古代遺跡が発見されたかな?」と思って見たわけだが)
今回は「 」付である。「 」が付く時は,ご用心。
なんと正解は「近代」が入るのだった。
(写真をクリックすると拡大します)

P1032041

弥生時代の環濠集落顔負けの巨大な堀(幅4m,深さ2m。
さらにその内側に土塁2m)が作られたのが,
ハンセン病のための多磨全生園だった。

記事を読んでみると,この堀は2つの大きな役割があったようだ。
1つは,患者の逃亡防止のため。
もう1つは,外部からの襲撃に備えるため。
当時,施設開設に反対する住民によって,
公務員や村長がけがをする事件が起きていたとのこと。

それにしても,目に余る大きさの堀だが,
1月中旬頃まで発掘し,その後埋め戻す予定で,
その前の7日(午前11時~午後3時)には現地見学会が行われる。
無料。詳細は資料館のホームページで。

国立ハンセン病資料館

http://www.hansen-dis.jp/

※ 私も現地見学会に行きたいのだが,
あいにくその日が親戚の結婚式となっていて行けない。
だれか社会科サークルの方で行ける人があったら,
資料をもらってきていただけないでしょうか。
とりあえず私はこれからカメラを持って現地に行ってきます。

シード権へ希望をつなぐ往路12位

今年の箱根駅伝は,4・5区の距離変更の影響か,
1区から互いをけん制し合う超スローペース。
それを生かせたか,我が母校・法政もうまくたすきをつなぎ,
9位→13位→11位→8位→12位と,
シード権(総合10位まで)へ希望をつなぐ位置につけることができた。

しかし,6強と言われる東海や山梨学院も15位・16位におり,
復路の戦いもなかなか厳しそう。
ということで,めずらしく本日の復路もテレビ観戦の半日となりそうだ。
昨日は配達がなかった年賀状の返信を書きながら・・・。

P1022014


頭も体も使って・・・

昨日は,運動不足解消のため,
2時間半ほどウォーキングをした。
以前住んでいた新所沢から南へは武蔵国分寺や武蔵国府に行けるが,
昨日は逆に東山道武蔵路を北上して堀兼神社(狭山市)まで行った。
途中のフラワーパークと呼ばれる場所が,
所沢市から狭山市へアンテナのように突き出しているのだが,
それが実は昔の東山道の跡だったというオチの場所だ。
よかったら,東山道武蔵路ツアーをやりませんか?
ということで,よく歩いたらおなかが空いて,
夕食もたくさん食べられた。(苦笑)

P1022036

頭も使い(川瀬さんの論文の2―7,2ー8,2ー9➀,2ー9➁にも
目を通すことができた!)体も使い,充実した1日となった。

多元的「国分寺」研究サークル

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2017/01/post-5ebf.html


2017年1月 2日 (月)

104万アクセス達成!

昨日はお正月だった。
「1年の計は元旦にあり」ともいうので,
多元的「国分」サークルの川瀬さんの論文を読みまくった。
(訂正版2ー4から2ー6(4A4判で30枚だから結構な量だ)
画面で見ていた時にはなかなか頭に入らなかったが,
プリントアウトしてメモしながら読んだらどんどん入ってきた。
国分寺研究を一新させるものになると考える。
ぜひ今年は,この論文に皆さんの注目が集まるといいと思う。
(本日は,2ー7から始めたい)

多元的「国分寺」研究サークル

http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2017/01/post-5ebf.html

あと,年賀状の返信を書いた。
今年は9時頃には届いて,23枚の返信だ。
新住所のため,戻されているものもあるようだ。

さらに,別項で書くが「満州国のマグネサイト貨」というのを入手した。
日本は軍票だけでなく,植民地でお札や貨幣を発行し,
末期の水ならぬ末期の貨幣の1つが,
このマグネサイト貨というわけだ。

そして最後に,日を越えて1月2日の午前1時頃,
104万アクセスを超えたという次第。
(9月16日が100万アクセスだったので,
約100日で40000アクセスということになる)
   

「満州国」のマグネサイト貨

8月25日に「陶貨(おせと)の前例」という題で,
ドイツのマイセン貨のことを書いた。

「陶貨(おせと)の前例」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2016/08/post-6e49.html

所沢のダイエー改めイオンの3階にあるコイン屋さんで,
また怪しい色をした貨幣を見つけたので報告したい。

「満州国」で作られた「1分」と「5分」の貨幣で,
マグネサイト貨とよばれているものである。

「5分」が1944年と1945年,「1分」が1945年に発行されたとか。
ほとんど「陶貨」と変わらない「マグネサイト貨」もやはり,
敗戦直前に発行されたとは,いやはや・・・。

もっとも紙幣(軍票という)の場合も敗戦と同時に紙くずとなる。
そんなことをする国が戦争に勝てないというのは,当然の話である。

「満州国」のマグネサイト貨

P1012007

P1012010


今年の元日は1秒長い

天気も良く,ゆったりと今年の元日を
過ごされた方が多いのではないでしょうか。

それもそのはず,昨日は「24時間+1秒」もあったのです。(笑)
詳しくは,インターネットのニュースをどうぞ!

今年の元日は1秒長い

http://news.nifty.com/article/technology/techall/12213-20161231-50074/

女性はなぜ「白馬の王子様」を待つのか

ちょっと気になる上記の話題が
ネットに出ていました。
「ちょっと気になった方」は訪問してみて下さい。

女性はなぜ「白馬の王子様」を待つのか

http://news.mynavi.jp/articles/2015/02/24/prince/

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年 2017

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします (o^-^o)

【仮説】 昨年は,初めて《日本歴史入門》のルネ版を
中2の5クラスで授業しました。「江戸時代の農民は,
何を一番食べていたか?」という問題も好評でした。
また,前任校で担当した男子バレー部の生徒が埼玉
県の小学校に採用されました。仮説の授業も受けて
います。これから楽しみな日々が始まりそうです。

【古田史学】 1月24日に多元的「国分寺」研究サー
クルを始めて,約1年が経ちました。早くも大きな成果
が出てきています。あなたにも,ぜひ関心を持ってい
ただきたいです。詳しくは,上記のサイト名で検索を!

【ブログ】 「肥さんの夢ブログ」が100万アクセスを
達成(12年間)し,10月23日に新所沢・離騒庵にて
達成記念のパーティー(略称「夢パ」)を開きました。
今年度は私にとっての教員最終年。「夢パ」になぞら
えて「卒パ」を開きたいと思っています。(o^-^o)

(年賀状より)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ