« 大和政権には「なかった」ということを論証してきた古田史学 | トップページ | アパートの作り方(21) »

2017年1月17日 (火)

昨日の部活動 1/16

昨日は,午後3時15分~4時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

学年会が本日に延期されたため,早く部活に出られた。
これが1年間続いたら,部活も変わるだろう。

さて,どうして人間は退化するのか,という議論が
コーチとの間であった。
それは,かつて基本に忠実にプレーして信頼も勝ち得た生徒が,
上級生になると雑なプレーをして成長が止まったかに見えたからだ。

その答えは,私の中でははっきりしていて,
脳は能率よく進むことを選ぶので,
基本に忠実でなくてもある程度ボールをレシーブできると判断すると,
腰が高くなり,両腕で平らなまな板を作らなくなるのだ。
つまり「進歩」と「退化」は表裏一体のもので,よほど自分で「意識」しない限り,
脳の命ずるままに近道・短縮路・基本を忘れた雑なプレーになるのである。

では,どうしたらそれを防ぎ,基本の大切さを思い出すことができるか?
それは私もまだ模索中であるが,上記の考察から言えることは,
次々と新しいテーマ(練習)を与えて,体に基本の大切さを覚えてもらうということだろうか。
それは何もスポーツだけに限ったことではなく,日常生活でも研究活動でも同じことだ。

その最近の失敗例が,先日の「上野国分寺」の伽藍配置の件。
何回も現地に行っているので自分なりにイメージ(しかも間違った)を持ってしまい,
共同研究者の川瀬さんと山田さんにご迷惑をかけてしまった。
どうもすみません。m●m

だがしかし,その失敗があったおかげで,やる気も出て,この文も書いたし,
「「なかった」の系譜」という文章(まだ項目を並べただけだが)に取り掛かることができた。
水前寺清子の「365歩のマーチ」ではないが,人生は「三歩進んで,二歩下がる」である。
そして,幸せになりたかったら「休まないで歩け」ともあの歌は教えてくれている。

« 大和政権には「なかった」ということを論証してきた古田史学 | トップページ | アパートの作り方(21) »

部活動」カテゴリの記事

コメント

「365歩のマーチ」肥さんの応援歌でしたか。
「一日一歩、三日で三歩。3歩すすんで2歩さがる」ということは、一歩前進するのに5日かかる。
月火水木金、陰陽五行説、発見。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 「365歩のマーチ」肥さんの応援歌でしたか。

そうかもしれません。(笑)小学生くらいの時,すごく耳にしていましたから。
まあ,時間は掛かっても,歴史の解明が一歩進めばいいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和政権には「なかった」ということを論証してきた古田史学 | トップページ | アパートの作り方(21) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ