« 秩父一中への遠征 | トップページ | 国民1人当たりの「来年度の予算」 »

2016年12月19日 (月)

いつかまた秩父に行きたい

今回は部活の遠征ということで秩父を訪ねたが,
これまでも何度か秩父に関りを持った思い出があるので,
それを書き留めておきたい。

(1) レッドアロー号

最初にレッドアロー号ができた時,家族で長瀞に出かけた。
西武に特急が走るなんて,電車が好きだった私にとって夢のようだった。
あれは小学生の頃だった。

(2) 教育実習生仲間

大学4年の時母校の東村山二中に教育実習に行った。
その時の実習生仲間に秩父出身の先生がいた。
上宮地という住所は,秩父の中心街の住所なのだと,あとで知った。

(3) 多元的古代史の旅

1学年下の宇津木君父子と群馬県に古代史の旅に行く時,
秩父の古墳や和銅鉱山を訪問した。30代の思い出。

(4) 映画「草の乱」のエキストラ

上記の映画の撮影のため,10月から12月の3か月のうち4日間秩父に通った。
40代の良き思い出である。歴史の授業でも秩父事件の際にこの撮影の話をしている。

(5) 秩父旅行

30~40代で,教職員の旅行や友人関係やサークルののそれで,
何回か秩父を訪れている。
和銅鉱泉に泊まったり,美味しい蕎麦屋に行ったり,
日帰りでもよし,泊ってもよしの距離にある。
いつかゆっくり秩父を訪ねたい。
その時はもちろん泊りで,秩父の地酒を呑んで,
のんびり数日滞在してきたいものである。

« 秩父一中への遠征 | トップページ | 国民1人当たりの「来年度の予算」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父一中への遠征 | トップページ | 国民1人当たりの「来年度の予算」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ