« 片付けは「2500円」の得! | トップページ | 104万アクセスは,お正月の楽しみ »

2016年12月31日 (土)

『L I F E ~人間が知らない生き方』

麻生羽生・篠原かをり共著,文響社刊,1430円+税の
上記の本を入手した。

Pc301991

まえがきがわかりやすいと思うので,
転載させていただくことにする。

「46億年の歴史のある地球で、
生命が誕生したのは40億年前。

現在、地球上の生物は
約870万種類にのぼると言われる。

永い歴史の中で、繫栄する種もあれば、
残念ながら消える種もあった。

その中で、私たち人類の祖先、
猿人が生まれたのは700万年前。

地球の歴史を365日の
カレンダーであらわせば、
まだ12月31日出来事である。

つまり、私たちはあまりにも若い。

他の生物たちに比べ、
私たちの生き方はあまりにも
「定まっていない」のである。

あなたは、知っているだろうか。

ネコがすり寄ってくる理由を。

イルカが、ジャンプする理由を。

カパビラが「草原の支配者」と
よばれる理由を。

キリンが実はアフリカでも
1~2位を争う強さを持つことを。

ライオンに立ち向かう
小動物がいることを。

ナマケモノの
お釈迦様のような生き様を。

私たちは、知らない。
生き物たちがどのように生きてきたか。
そして私たちは、どう生きればよいのか。

本書では20種類の
生き物たちの知られざる生態から
人間が生き残るための「戦略」と「習慣」を学ぶ。

時に、よい師匠として、
時に反面教師として。

その先に、人間ならではの
生き方が見えてくるのである。

ではさっそく、ご覧いただこう。」

このようにして,20種類の動物たちが紹介されていく。
漫画・解説文・豆知識という構成で,大変わかりやすい。
(週刊少年サンデーが初出らしい)

20種類の動物たちが教えてくれる教訓は(こちらは目次から),

「ペンギン・・・出る杭は打たれる(が,出る杭が世の中を変える)penguin
ライオン・・・失敗は成功の母
パンダ・・・こだわりは身を滅ぼす
ネコ・・・我は我,人は人なりcat
キリン・・・人は見かけによらぬもの

ミツバチ・・・仕事は追うても仕事に追われるな
ハダカデバネズミ・・・おごれる者は久しからず
ラッコ・・・過ぎたるはなお及ばざるがごとし
カピバラ・・・和をもって貴しとなす
ゾウ・・・生まれながらの長老なし

リス・・・使わぬ宝はないも同然
イルカ・・・古きを捨て,新しきを得よ
ウシ・・・持つべきものは友
タコ・・・疑心,暗鬼を生ず
ラーテル・・・竜の髭を蟻が狙う

ナマケモノ・・・あきらめも心の養生
ゴリラ・・・汝の敵を愛せよ
ダンゴムシ・・・同じ轍は踏まない
イヌ・・・細き流れも大河となるdog
カンガルー・・・前進あるのみ」

と様々である。
興味のある方は,ぜひご一読を。
私としては「こういう本が欲しかった!」
という感じです。(o^-^o)

« 片付けは「2500円」の得! | トップページ | 104万アクセスは,お正月の楽しみ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 片付けは「2500円」の得! | トップページ | 104万アクセスは,お正月の楽しみ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ