« 昨日の部活動 12/9 | トップページ | 飯能・日高サークル 2016年12月 »

2016年12月10日 (土)

『たの授』12月号の感想

仮説社御中
東京の肥沼です。
(12月号の感想は早めにほしいと思うので,
ちょっと早めに書きますね!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』12月号で特に良かったのは,
次の3点です。

(1) エピクロスの学校はどこに?(吉田さん)

長年の吉田さんのギリシャ研究が,いよいよ実を結ぶ時がきました。
『オリンピックと平和』も良かったし,今回のギリシャ旅行でも大きな成果が!
昔の人は「石の上にも三年」と言いましたが,吉田さんの場合は,
「ギリシャの上にも三十年」 !?

(2) 子どもの気持ちがわかる教師への道(林さん)

林さんの連載はとても心に響くものがあり,何回も感想を書いていますが,
今回の「原子論的な考え方の魅力」も良かったです。
林さんの連載が,単行本にまとまる日を待ち望んでいます。

(3) たのしい思い出は《空気と水》で(森田さん)

仮説実験授業をはじめとしたたのしい授業には,国境はないんだなあと
改めて思いました。その後ナラ君はインターナショナル校に
転校したとのことですが,たのしかった記憶は決して消えないことでしょう。

このほか,「この初めての授業が,とても好きです」(福嶋さん)や
「多数決に優先すること」(松田さん)など,12月号はクリスマスの
プレゼントのように,たのしい記事が満載の号でした。

« 昨日の部活動 12/9 | トップページ | 飯能・日高サークル 2016年12月 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 12/9 | トップページ | 飯能・日高サークル 2016年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ