« 私はどのようにして「手品先生」になったか | トップページ | 103万アクセス達成です! »

2016年12月 3日 (土)

周期律表 元素記号の覚え方 語呂合わせ

翔空さんへの
「ニホニウム」の記事のリンクのお礼です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「水兵 リーベ 僕の船」 

※ リーベとは、ドイツ語で「愛している」という意味です。

H 水素

He ヘリウム
 
Li リチウム

Be ベリリウム

B ホウ素

C 炭素

N 窒素

O 酸素

F フッ素

Ne ネオン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで軽い元素が10個覚えられる。
なかなかの「語呂合わせ」だと思います。

※ 人口の多い国の覚え方 ~ 生徒たち・卒業生たちに好評です

「人口多いは,中印米国,
インドネ,ブラジル,パキスに,ナイジェ,
バングラ,ロシアに,我がニッポン(チャチャチャ)」

板倉聖宣さんは,上の元素記号10個の語呂合わせから
人口の多い国ベスト10を発想したことは
ほぼ間違いないのではないでしょうか。
(私がちょっと変えています)

« 私はどのようにして「手品先生」になったか | トップページ | 103万アクセス達成です! »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

わたしも翌日閃いて、
覚え方を脳の記憶野から
思い出して載せてみましたが、
元素記号が定かでなかったので

あとでと思いましたが
先を越されてしまいましたね。

元素記号の覚え方も円周率も覚え方も惑星の覚え方も
不思議と頭の中にしっかりしまってあるものですね。
たまに思い出すのが大事なようですね。


翔空さんへ
コメントありがとうございます。

検索すれば,いくらでも覚え方は出てきそうですが,
10個ぐらいが「みんなも覚えておくといいよ~」と言える個数かと思います。
覚え方というのは,なかなか難しくて
「どの程度でいい」というブレーキの掛け方が大切だと思うからです。

高校の物理の先生は「ここまでが必要だ」ということで、その先を教えてくれました。

「名前ある船、さくら丸、カカすぐ手袋もってこい、銅亜鉛」

Na ナトリウム
Mg マグネシウム
Al アルミニウム
Si 珪素
P リン
S 硫黄
Cl 塩素
Ar アルゴン
K カリウム
Ca カルシウム
Sc スカンジウム
Ti チタン
V バナジウム
Cr クロム
Mn マンガン
Fe 鉄
Co コバルト
Ni ニッケル
Cu 銅
Zn 亜鉛

私は面白いのでその後も考え、結局103番(当時の最後)まで全部覚えました。
友達と「周期表七並べ」を作って遊んでいました。

あじすきさんへ
コメントありがとうございます。

30個まで覚えさせるやつですね。
いくらなんでも物理の先生が
「10個まででいい」というわけにもいかないでしょうから,
そう言ったのだと思います。
私は2年までで理系科目がすべて終わったので,
「10個で十分」という次第です。
もっとも,百人一首は全部覚えましたけどね。
それはとても役に立っています。

あじすきさま

その先をご提示いただきありがとうございます。
私の記憶野の開拓のために、覚えてみようと思います。
知るは楽しみなり、覚えるもまた楽しみなり、思い起こすもまた楽しみなりです。

(お借りします)翔空

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私はどのようにして「手品先生」になったか | トップページ | 103万アクセス達成です! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ