« 昭島サークル 2016年12月 | トップページ | いつかまた秩父に行きたい »

2016年12月19日 (月)

秩父一中への遠征

昨日,秩父一中への遠征を敢行し,
合計4チームによる練習試合を行った。
木下兄コーチにお世話になった。

私にとっては,「初めての秩父一中」で,
約10年前に前任校で秩父一中の訪問を得て以来の
「宿願」が果たせる訪問だった。
退職前に訪問できてうれしかった。
しかし,戦いはそうやすやすとはいかなかった。
時間の経過とともに,それを書いてみよう。

●対熊谷東中 17ー25
〇対秩父一中 25ー17
〇対深谷南中 25ー16
〇対熊谷東中 25ー17
〇対秩父一中 25ー18

・・・・・・昼食・・・・・・

●対深谷南中 20ー25
●対熊谷東中 16ー25
●対秩父一中 23ー25
〇対深谷南中 25ー20
●対熊谷東中  7ー25
〇対秩父一中 25ー21

合計6勝5敗ということで,
まったく振るわなかったわけではないが,
まだまだ努力の余地がたくさんあるということがわかった。

スポーツの試合なので当然勝ったり負けたりするが,
その中身を見てみると,生徒によってかなりの差があった。
しっかり自分の仕事が果たせた生徒は,
それなりの準備がされていたと思えたし,
コートの中にはいたが,レギュラーとは言えない様な
イレギュラー的プレーの連続の者もいた。
素直にその結果を受け入れ,次のステップに生かしてほしい。
昨日に限らないが,我が校の戦い方の気になる処を2~3点。

(1) 試合開始直後・・・なんとなく試合を始めてリードされる
(2) 試合途中・・・追いつきそうで追いつけないまま相手ペースになる
(3) 終盤戦・・・せっかく逆転したのに,最後に再逆転されてしまう

このパターンを次のようにしていきたいと思う。

(1)´ 1点でもリードして,最初の10点までを戦う
(2)´ そのリードをさらに広げていく
(3)´ 5点以上のリードで「20点以降」を迎え,
 控え選手にも出場機会をもたらす

つまり,積極的に攻めていって,試合の主導権を握るということだ。
そのためには,やはり声を出し合って自らを励まし,
同時に相手に対するプレッシャーとすることを自覚してもらいたい。
ぜひ,昨日学んだことを今週末のふじみ野高校杯(旧大井高校杯)で
生かしていってもらえたらと思う。「秩父遠征の成果が出たね」と・・・。
(この大会は,先輩たちが過去大活躍しているというデータもある!)

たくさんの保護者の方々に,応援・車出しをいただいた。
ありがとうございました!m●m

【今週の日程】

月・・・午後2時~4時半
火・・・定休日
水・・・午後3時~4時半
木・・・午後2時~2時半 → 大会前日なので,公民館が取れるといいなあ。
金・・・いるま野高校杯(1日目)
土・・・いるま野高校杯(2日目)

« 昭島サークル 2016年12月 | トップページ | いつかまた秩父に行きたい »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昭島サークル 2016年12月 | トップページ | いつかまた秩父に行きたい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ