« 昨日の部活動 11/7 | トップページ | 102万アクセス達成! »

2016年11月 8日 (火)

「なのに」といったら「だから」

これも板倉さんから教わったことだが,
頭を硬直させず自由に発想する方法として,
「なのに」といったら「だから」というのがある。

人はけっこう,この「なのに」を押し付けてくる。
また,自分で自分の行動をしばってしまうこともある。

「なのに」で行き詰ったら「だから」と考える。
それが自由に考える秘訣なのではないかと思う。

【A】

「肥さんはイケメンである」と仮定しよう。
(あくまで仮定ですからね!)
しかし,モテない。
(ここは笑う所ではありません!)
「肥さんはイケメンなのにモテない」→
「肥さんはイケメン過ぎるので,
みんなが敬遠して近づかない」と考える。(笑)

【B】

自分で決めたのに,そのルールを破る。
これは普通は良くないこととされる。
しかし,頭を柔らかくして考えれば,
そのルール自体が無理だったということである。
自分が決めたルールは,自分で新たなルールに変えれば良い。
人間は自由なんだから。
そして,これは必ずしも「下方修正」を意味しない。
私の場合,最初は少し低めに目標を設定しておいて,途中で変更し,
「上方修正」をしながら気分を盛り上げていくという方法をとることがある。


« 昨日の部活動 11/7 | トップページ | 102万アクセス達成! »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 11/7 | トップページ | 102万アクセス達成! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ