« 社会科サークルをまたも欠席 | トップページ | 昨日の部活動 11/17 »

2016年11月17日 (木)

「上京から、現在までについて・・・(あいせだ歴史)」によせて

一昨日3分の1やっておいた「割り付け」の残りを今朝までに終え,
(全部で81ページとなりました)
冊子の「前書き」みたいなものを書いてみました。
週末にコピーをとり,綴じる予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「上京から、現在までについて・・・(あいせだ歴史)」によせて

「愛の世代ズ」(以下,「あいせだ」と書く)の応援団長をしている肥さんです。
そろそろ家業の中学教師を「卒業」する時期が近づいているおじさんです。

私は2014年12月10日,私は立川の音楽酒房「農家」であいせだと知り合いました。
その日は,旧知のしゅーぞ氏が頭慢氏のライブになんとなくさそってくれ,
私もなんとなく行ってもいい気分の日で,たまたまそこに遊びに来ていたのが
「あいせだ」という,本当に偶然が二重にも三重にも重なった日でした。
(運命と言えば,運命かも)

ライブ後のオープンマイクで,私は初めて彼らの「おじいちゃんの唄」や
「新宿の夜」などの楽曲を聴き,「これは注目に値する人たちだ。
「おじいちゃんの唄」はまれにみる反戦歌(語り歌だが)である。
今後もぜひ応援したい!」と直感が働き,駅までの帰り道にそのことを告げたが,
それは社交辞令としてよく言われることらしく,彼らには「社会的地位の高い人」
(社会科の先生ではあるが)と私は写ったようでした。

しかし,お互いブログをやっていることが幸いし,彼らの「あいせだ★ブログ」と
私の「肥さんの夢ブログ」を通して,彼らとの交流が始まりました。
そのやりとりはとても楽しく,いくつかのライブに追っかけ的に参加したこともあって,
次第に「誤解」も解けていったように思います。

彼らのお得意コーナーの「あいせだラジオ」(のちに「ラジオdeあいせだ」)とともに,
「あいせだ★ブログ」に連載されていた自伝が,この冊子の「上京から、現在までについて
・・・(あいせだ歴史)」です。にこやかな笑顔の陰に,これまでの彼らの壮絶な生き様が
隠されていたのに気が付くのに,時間は掛かりませんでした。
そして,不器用ではあるがある意味純粋でもある彼らを応援していこうという気持ちが高まりました。
今回「最終回」を迎えるということを聞き,全部通して読んでみたい,
またCDとして「おじいちゃんの唄」が形を残したように,
この彼らの自伝を形として残しておきたいと思ったのが,この冊子を作ろうと思ったきっかけです。

最初は「あいせだ」と私の2冊だけの「家宝」にしようと思いましたが,
とりあえず10部作って希望者に読んでいただくことにしました。
将来の私の夢としては,「おじいちゃんの唄」の大ヒット!とともに
この「上京から、現在までについて・・・(あいせだ歴史)」がベストセラーとして
本屋に横積みになることを考えていますが,
「その原作としてこの冊子がまず存在しなければならない」と考えました。
もし希望者がたくさんいるようなら,部数を増やして印刷することも考えております。
ご意見お聞かせ下さい。

           2016年11月25日(金),「あいせだ祭・冬」(in Slow Life)の日に

« 社会科サークルをまたも欠席 | トップページ | 昨日の部活動 11/17 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

それはぜひ読みたいですね。ともあれ、お疲れさまでした。
肥さんはマメだなぁ~

小泉さんへ
コメントありがとうございます。

では,3番目の読者ということで登録いたしました。(笑)
「あいせだ祭・冬」の時にお渡しする予定です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科サークルをまたも欠席 | トップページ | 昨日の部活動 11/17 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ