« 高崎サークル 2016年11月 | トップページ | 「あいせだラジオ」と「ラジオdeあいせだ」 »

2016年11月 6日 (日)

『ミライの授業』

瀧本哲史著,講談社刊,1500円+税の
上記の本を楽しんでいる。

Pb061629

この本は,未来の大人である14歳(中学生)に向けて書かれていて,
文章は読みやすいし,中身も大変「やる気のスイッチ」を押してくれるものである。

歴史上の有名・無名の20人を取り上げて,なぜ彼らが大きな仕事ができたかを
わかりやすく説明している。

ガイダンス・・・きみたちはなぜ学ぶのか?
1時限目・・・世界を変える旅は「違和感」からはじまる
2時限目・・・冒険には「地図」が必要だ
3時限目・・・一行の「ルール」が世界を変える
4時限目・・・すべての冒険には「影の主役」がいる
5時限目・・・ミライは「逆風」の向こうにある
ミライのきみたちへ

5時限の「授業」は,私自身が体験してみたかった内容に満ちていて,
もしできるなら来年度40冊購入して,授業で使いたいほどだ。
(それでも,わずか6万円で済む)

脚気のことについては,板倉聖宣氏の『脚気の歴史』(仮説社)も
参考文献にあげている。

著者は,京都大学の客員准教授で,年齢非公開だが,
写真を見る限りでは若そう。
ぜひご本人にお会いしてお話したいなあ,と思っている。

瀧本哲史

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%A7%E6%9C%AC%E5%93%B2%E5%8F%B2

« 高崎サークル 2016年11月 | トップページ | 「あいせだラジオ」と「ラジオdeあいせだ」 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高崎サークル 2016年11月 | トップページ | 「あいせだラジオ」と「ラジオdeあいせだ」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ