« はとバスツアー 2016 | トップページ | 「愛の告白」は大成功でした! »

2016年10月11日 (火)

頭慢の「楽園」ライブ

頭慢というシンガソングライターについては,
2回ほど頭慢論を書いたことがある。

・2種類のメッセージソング~「表歌」と「裏歌」 2015.07.27
・頭慢「ハブ空港」説2015.08.11

「論」を書きたくなるほど,彼の楽曲は大いに練られているし,
また哲学的志向なのだ。

年は私より数歳下だが,歌においては大変尊敬すべき存在である。
ありがたいことに,しゅーぞ氏の紹介で,2014年12月20日に
彼とお知り合いになることができた。
なぜこんなにくわしく覚えているかというと,
私が応援団長を務めている「愛の世代ズ」と同じ日に、
頭慢氏とも出会っていることになるからだ。
(もともと頭慢氏のライブを聴きに行き,
そこで「愛の世代ズ」に出会った)
頭慢氏は「あなたが歌を歌えるなら歌を歌うべきだと思う」で,
「愛の世代ズ」は「おじいちゃんの唄」で私の心に一大ショックを与えてくれたのであった。。

その当時の私は,大変テンションが下がったていた時期で,
「こんなことではいけない,こんなにいい仕事をやっている人たちがいる。
私だって何かをやらなければ・・・」と思った。

頭慢氏のライブは,パフォーマンスとしても見事だが,
それをさらに事後「振り返り」をしているところが素晴らしい。
彼にとってライブとは,仮説を立てての実験であり,その反響は実験結果なのかもしれない。
(その点,仮説実験ライブと言えるかも)
だから,彼には「進歩」「進化」というものが可能なのだ。

今回の「楽園」ライブに,私は行くことはできなかったが,
演じられた楽曲はブログに記録されていて,思い描くことができるようになっている。
また,もしビデオが回してあれば,ライブの実際も見ることができるが,
今のところ私には入手できていない。

20Fのバルコニー

http://20f.jugem.cc/

頭慢氏のブログによると,彼はかなり大きな決断をされたようだ。
そしてそれに対して,私は何ほどのこともすることができない。
しかし,こうして同じ時代を生き,わずか2年足らずの日々ではあったが,
大きな影響を与えてくれたシンガソングライターがいたことを
せめて「夢ブログ」には書いておきたいと思った次第である。
またいつか頭慢氏のライブを聴きたい。

« はとバスツアー 2016 | トップページ | 「愛の告白」は大成功でした! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はとバスツアー 2016 | トップページ | 「愛の告白」は大成功でした! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ