« 頭慢の「楽園」ライブ | トップページ | 宇多田ヒカルの新CD「Fantôme」 »

2016年10月12日 (水)

「愛の告白」は大成功でした!

高崎サークルで峯岸さんが紹介してくれた
「あなたには,「愛の告白」が見えますか?」 という資料を
さっそく授業の冒頭で試してみました。(5分くらいでできます)

Pa121445

「こんな紙を,土曜日の先生たちの会でもらいました。
11月の手品まで時間が待ちきれないので,紹介しますね」といって生徒たちに配布する。
生徒たちは,「なんじゃこれ」とか「愛の告白だってよ(笑)」とか,
さっそく興味深々です。(こういう資料は,中学生に最適かも)

「この紙に何かをすると,「愛の告白」というのが見えるというんだけど,
やってみませんか?」というと,さっそくいろいろやってくれます。
その中には,必ず紙を半分に折る生徒が出て来るので,
目ざとく見つけてその生徒の名前を言います。

「〇〇君が「愛の告白」に1番近づいています!」
突然名前を言われた〇〇君は,うれしいやら恥ずかしいやら・・・。
そして,俄然生徒たちの「やる気」が増大します。

「わかったら,黙って手をあげて下さいね。
10人までカウントしたら,やり方を教えてあげます」というと,
自分も10番以内に入りたいので,さらにスピードがアップします。
そのあと,10人ほど「〇番目」「〇番目」と言いながら作業が続き,
「では,そろそろなぞ解きをしますね」といって,紙を半分に折り,
窓のところに向かいます。(影絵のように見えるので)

Pa121447

「私は印刷されている方を内側にした方がきれいだと思うんだけど,
紙を半分のところで折って,微調整すると・・・ほ~ら見えたかな?
シーソーの下から男の子が花束をささげ,
シーソーの上の方で女の子がもらおうか断ろうか迷っているのが…。
というわけで,「愛の告白」が見えるというわけです」
みんなニコニコしながら,その映像を見ています。

「これは一種のだまし絵なので,一度「愛の告白」が見えると,
次からはかんたんにそれに見えるから,家でも試してみて」

「これは,私が考えた応用編なのですが,
恥ずかしがり屋の男の子バージョンです。
この紙を半分に折って,僕の気持ちです」と言って好きな子に渡す
というのはどうでしょう。「あれ,なんなのだろう」と
その子はあなたに興味を持つのではないでしょうか?(笑)
また,これは恥ずかしがり屋の女の子バージョンなのですが,
断る場合には,その紙を縦に半分に切って,男の子に返します。
もちろん返すのは「男の子が花束を持っている方」です。
これで「ごめんなさい。お付き合いできません」という意味になります」(大笑)

中学生というのは,なかなかめんどうくさい面もあるのですが,
こういう資料でおそらく一番ノリのいいのもまた中学生です。
残り少ない教員生活の時期になってこのようなインパクトの強い資料を
手に入れることができて,うれしいです。
峯岸さん,ご紹介ありがとうございました!(o^-^o)
こういう資料は,口上も大事だと思ったので,
恥ずかしながらそのやりとりを再現してみました。


« 頭慢の「楽園」ライブ | トップページ | 宇多田ヒカルの新CD「Fantôme」 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

中間テストの「授業の感想」の中で,
「愛の告白」のことが多数登場しました。
「さっそく家族と楽しんだ」という男子生徒。
「とても可愛らしいイラストだったので,
今小さい額縁に入れて机に飾っています」という女子生徒。
中学の先生も,いろいろ楽しいことがありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭慢の「楽園」ライブ | トップページ | 宇多田ヒカルの新CD「Fantôme」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ