« バラの花言葉は,本数によって意味が変わる | トップページ | 昨日の部活動 10/27 »

2016年10月27日 (木)

日本シリーズ 2016

これまであまり興味がわかなかった
今年の日本シリーズ(広島VS日本ハム)。
それが2勝2敗になっていると聞いて,
俄然興味が湧いてきた。

この4試合は,いずれもホームチームが勝っている。
やはり慣れた球場で,地元のファンの声援を受けると,
いつも以上の力が出せるのだろうか・・・。
ずこちゃん,心理学的にはどうなのでしょう?

どうせなら第7戦までもつれ込んで,
プロ野球ファンを楽しませてほしい。
これまでの対戦とこれからの日程をリンクしてみた。

これまでの対戦とこれからの日程

http://www.nikkansports.com/baseball/professional/jpseries/2016/

« バラの花言葉は,本数によって意味が変わる | トップページ | 昨日の部活動 10/27 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

特に3,4戦は、目の離せない手に汗握る
野球ファン冥利に尽きる

8,9回の攻防は、見ごたえがありましたね。
5戦もワクワクドキドキが続きます。

肥さんありがとうございますhappy02
実は、私も昨日全く同じ疑問を持ちました!!
想定外の広島負け続きとあって、
カープファンから「アウェーだからだ!」と言われそれ以上追究できず、
悶々と試合を待っています。
何千人の「声援」か「ブーイング」、地元という「絶対的な安心感」は
選手(チーム)の集中力へ大きく影響、
メンタルトレーニングしてると思いますが、
目に見えない「流れ」とかへ、お手伝いになってる事は
感じずにはいられないですね。

一見ぶっ飛びますが、私の仮説は
「人間の五感を超えた感覚的な能力併せて、選手も観てる側も戦ってる」

長文失礼いたしました(。>0<。)

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

昨日の第5戦は,日本ハムが勝ち,
先に王手をかけることになりました。
強いチーム同士のガチンコ勝負は,
本当に見応えがありますね。

ずこちゃんへ
コメントありがとうございます。

〉 「人間の五感を超えた感覚的な能力併せて、選手も観てる側も戦ってる」

昨日読み終わった池谷裕二・中村うさぎ『脳はこんなに悩ましい』(新潮文庫)には,
後半に「“勘”を脳科学する」という部分があって,
「勘は「経験によって培われた無意識で自動的な判断力」だと考えています」と
池谷氏も語っています。
ずこちゃんの指摘とピッタリだと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バラの花言葉は,本数によって意味が変わる | トップページ | 昨日の部活動 10/27 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ